名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中島信也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島信也のプロフィール

中島信也、なかじま・しんや。日本のCMディレクター、映画監督、ミュージシャン。福岡県生まれ、大坂育ち。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業後、東北新社に入社。テレビCMのディレクターとして活躍。東北新社常務取締役、武蔵野美術大学客員教授、広告学校教授などを務めた。

中島信也の名言 一覧

事前に打ち合わせておけば、現場で共有する情報は最低限で済む。


CMの絵コンテは1枚に収めるのが原則。撮影現場は多くの人が慌ただしく動いている。枚数の多い絵コンテをめくっている余裕はありません。だから、一目で全体を見て意図を理解してもらうことが重要。


中島信也の経歴・略歴

中島信也、なかじま・しんや。日本のCMディレクター、映画監督、ミュージシャン。福岡県生まれ、大坂育ち。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業後、東北新社に入社。テレビCMのディレクターとして活躍。東北新社常務取締役、武蔵野美術大学客員教授、広告学校教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

川村益之

一般のビジネスマンは、会社の中に限られた社会で閉じている人があまりにも多い。気心の知れた職場の仲間と飲むのは気が楽ですが、新たな気づきを得るのは難しいでしょう。


村田昭治

創造には、困難、リスク、モツレはつきものだ。それは新しい秩序を構築するのに突き破らねばならない関門だ。


糸井重里

未来を悲観的には見ていません。「自分がどうしたいか」という意志や動機を持った時に、「生命のうねりみたいなもの」が起こって、予測した前提を覆すことができるんだと思います。


濱田純一

資金面で制約がある中、我々にできることはカネには代えられない東大の魅力を高めることです。そのために、国際的な研究ネットワーク作りを教員任せにせず、大学として支援する。学部では、英語だけで修了できるコース「ピーク」を昨年から始めました。まだ毎年30人程度の規模ですが、さらに増やします。日本語が壁となり優秀な留学生が来ないのなら、こちらが英語でやるしかない。


奥田隆司

経営危機に陥ったのは、事業環境の変化に素早く対応できず、業績が急激に悪化したことが原因です。しかも環境変化の激しい液晶パネル関連の事業への依存度が約70%と高かった。今後は機動性と柔軟性を高め、1本足経営から脱却する。いたずらに規模のみを追わないという経営理念に立ち返り、小さくても稼げる事業を積み上げたい。


茂木健一郎

困難なことにぶつかると、当然脳は緊張します。大きな課題を乗り越えるためには、自分をできるだけフロー状態に近づけて、あらゆる視点から解決策を導いていかなくてはなりません。ユーモアを持って脳を前向きにすると同時に、リラックスした状態にすることで、それが可能になります。


山川直輝(漫画原作者)

ドライな主人公が活躍するマンガが少なかったので、だったら自分で描いてみようと思いました。モデルにしているのは中学生時代の自分。でも、世の中には私みたいな合理主義者は少なからず存在するのではないかと。当初はそんなごく狭い読者層をターゲットに見据えていたんです(笑)。

【覚え書き|『100万の命の上に俺は立っている』について】


常見陽平

自分の成果に対して、悲観や楽観ではなく、「客観」であたることが大切。ときには成果の出せないこともある。「そんなこともあるさ」と淡々と客観視できる人のほうが伸びる。


山田義仁

オムロンがこだわるのは製造ラインの「高度10m以下」での制御。「インダストリー4.0」や「スマートファクトリー」など、製造現場から遠く離れた領域には手を出しません。これらの領域ではオープンな外部連携を志向していきます。


渡邉幸義

社員一人ひとりが利他の心を持ち続けられるためには、ただ言葉で伝えるだけでは不十分で、日ごろから利他の目線になれる仕組みをつくることが大事です。その一つがすべての部署への就労困難者の配置です。私は、社員が多様な人たちと接することで、自分とはまったく異なる視点で物事を見られるようになってほしいと願っています。他者の目線を理解して初めて、思い込みや先入観からではなく、本当の意味で利他の行動が取れるようになるからです。実際、社員たちは、社長の私が頭が下がるくらい、人にやさしく、協力し合って成果を出してくれています。


吉永泰之

社内には為替の分は気にするなと言っています。というのも、我々にはどうすることもできない問題だからです。むしろ、為替の影響を除いて増益ならいいと言い続けています。


孫正義

プラットフォーム化していくことについては、やはりどれだけ大きな絵を描くかということに尽きる。それは、勇気がいること。多くの場合、大きな絵を描くと、「ホラ吹き」と言われたり、「ドン・キホーテ」のように見られたりするので。