名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中島一明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中島一明のプロフィール

中島一明、なかじま・かずあき。日本の経営者。「ベルフェイス」社長。兵庫県生まれ、福岡県育ち。「社長.tv」「ベルフェイス」などを設立。

中島一明の名言 一覧

「同業他社が使っているから」という理由で導入するのはお勧めできません。目的と目標をよく吟味すべきです。


もし(新しいシステム導入の旗振り役になる)適任者がいなければ、SaaS事業者に事情を相談するのもひとつの手ではと思います。カスタマーサクセスに対する情熱がある会社なら、きっと親身になって解決策を提案してくれるはずです。


私どものサービスを使いこなしているお客様には、必ずといっていいほど、業務改革に熱心なリーダーがいらっしゃいます。


私どものベルフェイスでは、顧客が遠方に分散しているお客様や、組織が小さく顧客対応がままならないお客様に対し、訪問営業に代わる手段としてオンライン商談を提案しています。ですから生産性向上は私どもにとっても大きな関心事です。


多様な業務に対応した優れたサービスが誕生しています。きっとSaaSという言葉を意識することなく利用されているユーザーも多いのではないでしょうか。インストール型のソフトと比べて、むしろ使いやすいくらいです。「業務システムは使いにくくて当たり前」という常識はすでに過去のものになったのではないでしょうか。


(新しいシステムの)導入を中途半端に現場任せにせず短期決戦でやりきる会社が導入に成功しやすいですね。私たちのサービスは営業を効率化するためのツールです。徹底して使っていただければ顧客訪問に費やす時間とコストを大幅に削減できます。しかし業務改革には現場の反発がつきもの。どうしても時間をかけて導入しがちですが、時間をかければかけるほど、効果が出づらいのです。もちろん会社の規模や業種にもよりますが、1年かけてゆっくり移行させるくらいなら、3か月くらいでパッと変えてしまったほうがいい。以前、導入のタイミングで、上司の了承を得ない限り、訪問営業を禁止にしたお客様がいらっしゃいましたが、短期間でやり切り、効果を実感されていました。


中島一明の経歴・略歴

中島一明、なかじま・かずあき。日本の経営者。「ベルフェイス」社長。兵庫県生まれ、福岡県育ち。「社長.tv」「ベルフェイス」などを設立。

他の記事も読んでみる

安西祐一郎

自分が何かを判断するときに、やはりたくさん情報を持っていたほうがいい。誰かが情報を制御する可能性もあるし、限られた情報の中では判断を誤る可能性が出てくる。


豊田章男(モリゾウ)

成長とは、たとえば当社であれば、「トヨタが成長すると世の中がよくなる」と言っていただけるようなものが理想。


菊原智明

結局、要求を丸呑みすると、客はどんどんモンスター化するもの。子供が泣き叫ぶ度にお菓子をあげていたら、どんどん増長してわがままになるのと同じです。かといって完全に突っぱねれば、お客を失ってしまいます。そこで有効なのが「交換条件」を出す方法です。たとえば「棚の取り付けサービスをするかわりに、モニターとしてウェブで紹介させてください」とか「10万円の値引きをするので、お客様の知り合いを2人紹介してください」など。ダダでは譲らないのです。こんなふうに交換条件を出すことで、お客とギブ&テイクな横並びの関係が築けるうえに、客からテイクしたもののおかげで自分の成績も上がる。まさにメリットだらけの根回し法なのです。


ケリー・マクゴニガル

結果的に悪いことをしてしまった人のほとんどは、よいことをしたいと思うところから始まっている。


梶村尚史

ゲームやネットサーフィンを深夜に行なうのは不健康ですが、朝ならば覚醒を促せるのでメリット大。また、「朝食に美味しいパンを用意しておく」といった小さなお楽しみも、ベッドを抜け出す推進力になります。


寺田和正

基本的に、運は自分で努力して呼び込むものです。


豊田昌洋

当社はM&A(企業の合併・買収)をしていますが、その事業に将来性があるかという1点を見ています。その時、業績がよくても、将来マーケットがなくなる恐れのあるものには絶対に手を出しません。逆に、今は業績が悪くとも将来性があるものには取り組もうと。


樋口武男

人を動かすのは、結局、率先垂範とコミュニケーションです。私は社員の一人一人と朝に晩にマンツーマンで徹底的に会話するようになりました。胸襟を開いて自分の思いや考え方を伝え、ときに自分の弱い部分もさらす。相手の話にもじっくり耳を傾け、互いの本音で語れるように心がけました。結果、一体感が増した山口支店は一年後に社員一人あたりの売上高、利益率で全国トップになりました。
【覚書き|山口支店長時代を振り返っての発言】


中野信子

世の中には「すぐにはやらなくていいこと」も確実にあります。すぐに取りかかれない人というのは、無駄なことを選り分ける能力が高いともいえるのです。だからすべてのことを無理にすぐやろうとはしない、というのも手。やるべきことと、やらなくていいことのメリハリをつければいいのです。


眞保智絵(鳥海智絵)

リーダーとしてすべきことはたくさんありますが、いろいろな人に活躍してもらう仕掛け作りをして、社員一人ひとりの多様性を生かしながら、1つの方向に向かって進むことができる組織を作っていきたいですね。


澤本嘉光

人が口を挟んでくるというのは、みんながその企画を良くしようと思ってくれている証拠。そのように考えています。


勝俣恒久

社員には、いま自分の行っている仕事が、自分以外の社員や、陰で汗を流す縁の下の力持ちがあってこそ成り立っているんだということをしっかりと理解して、そのうえで自分の仕事に誇りを持って取り組んでもらいたい。