中山雅史の名言

中山雅史のプロフィール

中山雅史、なかやま・まさし。「ゴン中山」の愛称で知られる日本のプロサッカー選手、解説者。日本プロサッカー選手会名誉会長。静岡県出身。筑波大学体育専門学群卒業後、ヤマハ発動機サッカー部(のちのジュビロ磐田)に入部。ジュビロ磐田、コンサドーレ札幌、アスルクラロ沼津、日本代表などで活躍。4試合連続ハットトリックを決め世界記録を更新した。

中山雅史の名言 一覧

盛り上げ役でもなんでもいいから、できることはなんでもやろうと思った。とにかく走り回り、最後まで諦めずボールを追うなんて当たり前。他にアピールするモノなんてないのですから。


競り合いでボールを奪うには、気持ちの強さが左右する。僕なんか下手くそだったから、気持ちの部分がなければ全く勝負にならない。それは敵チームに対してだけではなく、自分自身にもです。


日本の選手は代表から小学生まで技術は高い。でも勝ちきれないことがある。そこに「気持ちがのらない」と接戦では勝てません。とくに球際にその強さが求められます。


与えられたチャンスに得点できない度に自分の未熟さを思い知らされた。同時に、次への活力にもなっていった。こういう目には見えない気持ちの部分が一番重要。


僕にスランプはない。あれは一流の選手がなるもの。得点できないのは、ただ未熟なだけ。スランプと言えば逃げることになる。だから、まず自分の力がないと認める。


プロだったら頑張るのは当たり前。大事なのは、どう頑張るか。


僕は下手なプレイヤーで幸せでした。下手なことが悔しい。試合後に「なんであのプレーができなかったのかなぁ」と反省点が出て、イラついて眠れません。でも、その気持ちが成長の活力になる。


プロは決められた状況でやり尽くす。たとえ、年齢でフィジカル面が落ちても、それを感じさせたら負け。


自分に甘くするのも自分で、一番厳しくできるのも自分。


僕は諦めの悪いプレーが特徴。最後までボールを追いかけるし、諦めが悪いからゴール前で相手がヘディングしそうな所にも飛び込んでいく。


暗くやっても楽しくないですし、同じ時間を練習するんだったら、気持ちを高めてやるほうが自分を成長させてくれる。


いまも昔もただうまくなりたいだけなんですよ。自分のイメージしている「こうなりたい」という姿に近づきたいんです。


いまも「のびしろ」がたくさんある。欲張りたいね。一歩でも理想像に近づきたい。
【覚え書き|40代になってからの発言】


負けず嫌いな性格は子供の頃から。年齢に屈するのも嫌ですし、とくに若手には負けたくない。


いちばん自分を伸ばしてくれるものはゲーム(試合)の緊張。


ケガからのリハビリはつらいけれど、「誰も見てないけど、こういうのが力になるんだ」と自分を盛り上げながらやっていくしかない。実際、ケガからの復帰を重ねたことが強さにもなっている。


サッカーを続ける以上、マゾじゃなければいけない。続けていれば、ケガはつきものだし、僕も痛みのない身体がどういうものか忘れてしまった。


もう50歳のラインが見えている。それでも、負けず嫌いな性格がそうさせるのか、自分に負けたくないというか、妥協だけはしたくないんですよ。妥協したら、その先はないんじゃないかって思えて。


最近思うのは、「あきらめるために頑張る」ということ。この「あきらめる」は「明らかに極める」って意味で使っています。自分が極めたいと思うものがあるから、工夫するし、高い意欲を持ち続けられる。これからもサッカーを極めるために、全力で取り組んでいきたい。


「課題は?」と聞かれた時の答えはずっと変わらない。「すべて」ですよ。ひとつひとつのプレーをちょっとずつでもレベルアップできたらと思い続けている。動きの質をはじめ、技術的な部分もね。


何試合も連続でハットトリックを決めたこともあります。それでも、試合後は反省しましたね。満足できなかった。あと1点とれたかも、と自分に足りないプレーを考えてしまう。とにかく試合で回ってくるチャンスを逃したくない。


僕は試合も練習も、先頭に立って走りました。最年長の選手が先頭に立てば、「年下のおまえらがやれないわけないだろ」というプレッシャーになるんです。そういう役割を担うことも、チームに必要とされる部分なんだと思ってやってきましたね。


いまの若い選手はうまいし、強いですよ。なんでコイツらは若くて、こんなにいろいろできるんだよって。こっちはこの歳になってもまったく会得できてないのに……と。うらやましくてしょうがない。吸収しなくてはいけないことが多すぎますよ。


僕みたいなベテランが一生懸命やっていれは若手はサボれないし、それだけでもう利用価直があるわけです。お金をもらっているわけですからチームにどれだけ還元できるかですよ。


年齢を意識したくない。40という数字に寄りかかるような自分がいるのは悔しい。40歳。それは40年生きてきた表れではあるけれど、一般常識にはめ込みたくないなという気持ちはある。


うまい選手って、すぐにやめちゃうでしょう。ヒデ(中田英寿)とかジダン(元フランス代表)も、自分の限界というのか、天井がわかってしまうのかな? 僕なんか天井どころか、今でもまだ伸び代があるんじゃないかと思ってますから。そう思わなきゃ、続けられないです。


できれば華麗でうまいスーパープレイヤーになりたいですよ。そのほうが気分もいいですから。でも、下手だったから、諦めが悪いというか、次への渇望、もっとうまくなりたいという欲望がうまれ、さらに挑戦していくという力に変わっていったとしたら、下手くそでよかったのかなと思います。


できるだけ多くの人にサッカーの面白さを伝えたいけれど、僕の解説でその魅力を伝えられているのか、不安はあります。中継後はスタッフに「あの場面の解説どうでした?」と聞きに行きます。そこで「表現をこうしたほうがいいかも」等と言ってもらった次から取り入れたり。


最近はやればやるほど、解説の難しさを実感しています。サッカーはボールと選手が常に動き続けるスポーツ。「今のパスはいいプレーだな」と思って説明し始めても、目を離した隙に、試合は違った展開になっていることもたくさんありますから。だから、的確な言葉で、短く、わかりやすい表現を常に考えてます。


日本代表への思いは40代になったいまもあります。「いきますよっ」と言うのは簡単ですけどね(笑)。俺もバカじゃないですから厳しいのはわかってますよ。でも、可能性はゼロではないと思いますから、まずはジュビロ磐田での練習、試合の評価を高めていくこと。自分自身が納得のいく試合ができたら、結果にも出てくる。その積み重ねが道を開いていく。そこはベテランも若手も同じ。


ケガかストレスになっているのは、サッカーをやれているからなんですよ。だから、「ああ、ここかもっとよくなってくればいいのに」「もうちょっとここで足が伸ばせればいいのに」「股関節に柔軟性が出てくれば」とイライラすることもできる。それも現役だからこそ。そう思うと、ほら、すごく幸せなことでしょう(笑)。


現実問題として年々フィジカル的な能力が落ちているのは、数値として出てくる。じゃあ、そこでなにもせずに衰えを受け入れるのか。鍛えて、維持し、なるべく緩やかな曲線にしていくのか。当然、常に向上できればいいと思ってトレーニングに励んでますよ。欲振りだからね。それに、俺が最後までやってると若手も手を抜けないでしょう(笑)。


解説の仕事をするようになってから、余計、ピッチに立ちたくなったんですね。やる人と見る人では壁が置かれちゃうわけです。ピッチ解説のときなんか、選手たちのウオーミングアップを見ているだけで、「ああ、幸せなところでやらせてもらっていたんだな」と思いましたから。自分を表現する場所があって、それを応援してくれるサポーターがいる。あんな素晴らしいところって、他にはないですから。


第一線を退いてから約2年半がたちますが、いまだにトレーニング中心の生活を送っています。汗をかくことが今の仕事にもいいウォーミングアップになっています。別にプレーするわけじゃなくて、テレビ番組への出演や試合解説の仕事なんですけどね。事前に体を動かしておくと、気持ちが落ち着き、集中力も高まります。心身ともにベストな状態で本番に臨めるんですよ。まだアスリート感覚が残っているのかもしれません。


年配の方、主婦や小学生など番組ごとに視聴者層を考えて、言葉を選んで伝える必要性を感じます。例えば「バイタル」という言葉はファンには説明不要のサッカー用語。番組や伝える状況によってはわかりやすい言葉として、守備と中盤の間、攻撃にも守備にも非常に重要なエリア、と細かくいう必要もあるので使い分けていくように心掛けているつもりです。


どうして「ゴン」という愛称になったかって? それは僕が大学時代、ポッチャリしてて『オレたちひょうきん族』というテレビ番組が流行っていて、その中でビートたけしさんが演じていた「鬼瓦権造」にそっくりだったからです。諸説ありますが、これは本当の話ですよ。


中山雅史の経歴・略歴

中山雅史、なかやま・まさし。「ゴン中山」の愛称で知られる日本のプロサッカー選手、解説者。日本プロサッカー選手会名誉会長。静岡県出身。筑波大学体育専門学群卒業後、ヤマハ発動機サッカー部(のちのジュビロ磐田)に入部。ジュビロ磐田、コンサドーレ札幌、アスルクラロ沼津、日本代表などで活躍。4試合連続ハットトリックを決め世界記録を更新した。

他の記事も読んでみる

益田ミリ

時間をかけて考えてから机に向かっています。描く時間よりも、考える時間のほうが長いですね。むしゃくしゃするようなことがあったとしたら、それがどういう感情からきているのか、じーっと考えて、ああ、こういうことかと自分自身、納得してから描いている感じです。


安永竜夫

構想を具現化、実現化して、ビジネスの骨格をつくるにはたくさんの人と会って話をする必要がある。ここにもっと労力と神経を使うべき。


岩瀬大輔

僕は多くの人と会っているし、ノートに記録する情報量も膨大です。しかし、その場で記録するだけで終わらず、あとで思考を深めるプロセスを欠かさないからこそ、仕事の効率やスピードもどんどん高めていけるのだと思います。


小松俊明

必要とされる人材とは、社内という狭い世界観ではなく、業界全体、さらには世の中全体という広い世界観の中で自分の能力を生かそうとしている人。常に吸収モードにあることが、仕事やお金に困らない人の条件。


上田輝久

大きな方針を会社が決めるのはもちろんですが、その範囲内であれば、若手でも権限を与えて自由にやらせる。こうした気風が当社の強み。


入山章栄

経営学では、優れたリーダーほど情景が浮かぶような言葉を使うことが明らかになっている。


ガルブレイス

バブルがいつ崩壊するか予測するのは誰にもできない。ただ、過去のバブルは例外なくはじけている。


阿刀田高

井上ひさしさんとは、様々な文学賞の選考会でご一緒したが、そういうときも「この作者はここを、こういうふうに褒められたら嬉しいだろうな」と思うようなことを述べていた。決して作品の評価に対して甘い人ではないが、作品や作家の「いいところ」をとらえて評価することの上手な人だった。


大島康朋

家業に携わったのは高校を出てすぐ、父が病気とわかったときでした。とはいうものの、そんな若造に父の代わりは務まらない。そもそも社員たちはずっと年上です。悩んだ時期にある人から「大島、仕事は年齢じゃない。結果だ」と諭され、自分の担当だった営業活動で答えを出すことに専念しました。少しずつ実績をあげるようになると、私を見る社内の目が変わりました。それが私にとって、仕事、ひいては経営の原体験です。


小山昇

管理職の中には「マネジメントとは人を管理することだ」ととらえている人が多くいます。しかしそれは誤りです。人の管理と考えると、自然とその人物を好きか嫌いかで判断・評価してしまうからです。人材の優秀さと管理職の好き嫌いには、相関関係など存在しないはずです。人の好き嫌いに関係なく、仕事の管理をすればするほど、組織は明るくなります。


塚越恒爾

饒舌は、かえって自分の言葉を卑しめます。言葉を卑しめるということは、自分を卑しめることと同じです。


大久保幸夫

まだ誰もやっていない領域なら、短期間でトップに立てる。その領域でエッジを立てていくという戦略が必要だ。


藤野英人

一般の人の知見の程度や心情を知るという点では、実名のフェイスブックよりも匿名が許されているツイッターの方が有効だと考えています。匿名の投稿の方がその人の本音が出るからです。


町田勝彦

メーカーの経営者は10年くらい腰を据えて経営にあたるべきだ。


梅原勝彦

私は社長の座を退きました。代表権のある会長として残ってくれという声はあったものの、こんなにアクが強く、なおかつ人気がある人間が会長にいては(笑)、何も変わらない。だから相談役になり、代表権も返上しました。


ページの先頭へ