名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

中山茂の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山茂のプロフィール

中山茂、なかやま・しげる、80年代東京外為市場で一世を風靡した為替ディーラー。スイス銀行、マリン・ミッドランド銀行、マニハニ銀行、バンカーズ・トラスト銀行の各チーフ・ディーラー、元ファースト・インターステート銀行太平洋地区副支配人を経てシンガポールを拠点とするファンド・リンクスのCEO

中山茂の名言 一覧

相場が始まるとき、シナリオを作って、”売り”で入るか、”買い”で入るか決める。たとえば、売りで入っても、売っても売っても手ごたえがないことがある。その逆もある。要するに、そんなときは自分のシナリオが間違っていたと判断し、作戦を変える。”手ごたえ”といのは、射撃でもいいし、弓でもいいけど、遠くの的を撃ったとき、当たったときは離れていても感覚的に分かるようなのと似ている。当たったときは確かな手ごたえがあるけど、外れたときは全然手ごたえがない


「いつ来るか?それは神のみぞ知る話だが、必ず来る」(円売りの巨大バブルが膨らみ続けていた時期に、いつバブルが崩壊するかと問われ)


基本的には、最近のマーケットはスペキュレーション(投機)の要素が極めて大きい。それは、短期ばかりでなく、中期的にも相場は基礎的な需給とは違った方向に動き得るということになる。しかし、所詮、スペキュレーションの玉は苦しんだら吐き出さざるを得ない玉。したがって、長い相場を見るときには基礎的需給を何よりも重視する。


為替市場でのファンダメンタルズは唯一経常収支だけ。


中山茂の経歴・略歴

中山茂、なかやま・しげる、80年代東京外為市場で一世を風靡した為替ディーラー。スイス銀行、マリン・ミッドランド銀行、マニハニ銀行、バンカーズ・トラスト銀行の各チーフ・ディーラー、元ファースト・インターステート銀行太平洋地区副支配人を経てシンガポールを拠点とするファンド・リンクスのCEO

他の記事も読んでみる

築山節

朝の時間を有効に活用するキーワードは、「手・口・足を動かせ」です。朝の脳はぼんやりしています。覚醒度は低い。そこで、起床後2時間、脳の運動系と呼ばれる機能を使うことでウォーミングアップをするのです。ウォーキング、部屋の片付け、朝ごはんづくり、家庭菜園、ゴミ出し、丁寧な歯磨き・洗顔など、ごく簡単にできることはたくさんあります。


テリー伊藤

遅咲きの人たちの共通点は、才能に勝る努力家であること。諦めないこと。そして「成功する自分」をイメージしていたこと。


守安功

面接で「起業に向けて勉強したい」などという人がいますが、仕事は勉強や自己成長のためにするのではなく、成果を出すためにするものです。成果を出すために努力して、その結果、成長するものだと思います。勉強や成長を目的に仕事をしたり会社を選ぶのは間違っていると思います。


山崎貴

傍から見ると「無茶だろ?」っていうプロジェクトに惹かれてしまう部分はある。


宮本亜門

常に新しいことに挑戦したいという気持ちはありますが、オリジナリティそのものを目的にすることはない。


越智通勝

ベンチャー経営者なら創業時は自ら現場に出て指揮を執るべきです。24時間ずっと仕事のことだけを考え続ける。人に任せたりせずに、オールマイティーに仕事をこなせるようにならなければ社員も付いてきません。だから創業時にあまり優秀な幹部がいるのも問題です。経営者がその幹部に頼ってしまって、自らの能力が磨かれない可能性があります。まずは自分に付いて来てくれた社員をどうやって食わせるか。現場に出て経営者自ら汗をかく。それでいい。


山口ひろみ(経営者)

必要以上に女性を持ち上げる必要はないと思いますし、やはり、男女の別なく一から育てていくことが大事であろうと。そうやって主任や係長、課長という立場になっていけば、実力に見合った仕事の内容になっていくわけですから、後は上がるも下がるも本人たちの努力次第です。


柳井正

僕は常日頃から会社というのは、何も努力せず、何の施策も打たず、危機感を持たずに放っておいたらつぶれる、と考えている。


奥田務

まずはグループ内の各企業が強くなって、きちんと利益を生むこと。強い企業が集まることでグループの強みも増していく。シナジー効果は、その過程で追求すべきものでしょう。


高橋晋平

嫌われてそうと感じる相手には、逆に懐に飛び込む。話せば相手の立場がわかったり、イメージと違う面も知ることができる。思い込みを捨てられます。


デービッド・アトキンソン

世界の「観光立国」の成功要因を分析すると、いくつかの条件を備えていることが浮かび上がってきます。それは「気候」「自然」「文化」「食事」の4つです。このうちのどれかを伸ばして差別化を図ることもできるかもしれませんが、それには限界があります。そるやはりすべて揃っているのが理想であることは、言うまでもありません。


高橋誠(経営者)

「IoT世界基盤」という考え方は、トヨタさんと進めていたグローバルなネットワークづくりから始まった。お客様がIoTで海外進出する際、新たなネットワーク構築には大きな労力がいる。幸いにも、我々は多くの海外キャリアと良い関係にあり、我々と契約していただくことで、世界のネットワークと一挙に接続できる。