名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中山素平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山素平のプロフィール

中山素平、なかやま・そへい。日本興業銀行頭取。東京商科大学を卒業し、日本興業銀行入行。経済同友会代表幹事。晩年は新潟にある国際大学を設立し初代理事長に就任し99歳で死ぬまで経営に携わった

中山素平の名言 一覧

問題は解決されるためにある。


人生に片付かない問題はないと信じている。


私利私欲の人、自己顕示の人は全然評価しない。大きなスケールでものを考える人は、右であれ、左であれ、共感を覚える。
【覚書き|交友関係が広く、主義や立場を超えた人付き合いを行っていたため、ゲテモノ食いというあだ名がつけられていた。そのことについてどう思っているかと問われての発言】


経営者や後継者の条件にはどのような時代にも共通したタブーがある。すなわちなりたがる人を社長にしたらダメということです。


中山素平の経歴・略歴

中山素平、なかやま・そへい。日本興業銀行頭取。東京商科大学を卒業し、日本興業銀行入行。経済同友会代表幹事。晩年は新潟にある国際大学を設立し初代理事長に就任し99歳で死ぬまで経営に携わった

他の記事も読んでみる

佐々木常夫

不況下での踏ん張りどきや組織の改革時は、3年くらいかけてダラダラと計画を実行してはいけません。痛みがいつまでも続くと思えば、部下がモチベーションを維持できなくなるのは当然です。それゆえ、痛みを感じる暇もないほどドラスティックかつ短期間で達成できる計画を実行しなければならないのです。


山本良一(経営者)

当社は今年、「くらしのあたらしい幸せを発明する。」というグループビジョンを設定いたしました。暮らし方、楽しみ方の両方で、どんどん新しいことをお客様に提供していくにはどうしたらいいのか。百貨店の魅力というのは、非日常の空間であったり、新しいものに触れるワクワク感だったりすると思うんです。新しいビジョンに「発明」という言葉を使ったのは、発見とか提案と言われてもお客様に大して刺激を与えることができない。お客様に「え、こんなものがあるの?」とか「こんなことができるの?」と言ってもらえるように、新しい何かを発明していく。そういうレベル感でやっていこうと。


厚切りジェイソン

インターネットさえできれば、どこででも仕事はできます。常にパソコンを持ち歩いて、芸人としての仕事の打ち合わせや収録の合間、待ち時間などに楽屋で仕事をしています。


徳重徹

ロジックで考えることには限界がある。論理の枠の中で考えている限り、従来の発想を超えるようなイノベーションが起きるはずはない。


飯久保廣嗣

適切な質問を重ねることで、本質的・論理的に問題解決や意思決定を行うことができます。英語の辞書で「クエスチョン(質問)」を引くと、ちゃんと「ロジック(論理)」という意味が込められていることがわかります。さらに「チャレンジ」という意味もあります。欧米人にとって質問することとは、既存の組織を変革するためのまさにパワーを得ることを意味しているのです。


坂本孝

失敗を恐れず挑戦できる人は、たとえ失敗しても、そのぶん成功に近づいていることがわかっているので、一度や二度の失敗で諦めることなく、成功するまで続けることができるのです。


和田秀樹

いい情報を持っている人ほど、情報を人に教えることを惜しまない。


円山法昭

物を買うときでもサービスを受けるときでも、「もうこれでいいや」と思考を停止して、目の前のもので妥協する人がいますが、それではいつまで経ってもマネーリテラシーは高まりません。「本当にこれが一番良い条件なのか」「もっと良い条件のものはないか」。常にそんな意識を持ち、最善のものを探し出すことが重要ですし、マネーリテラシーの高い方々はそうしていると思います。


吉田浩一郎

思考を深めるためには、十分な睡眠が不可欠だと思います。1日の睡眠時間は5時間ほどですが、もっと欲しい。昼に仮眠の時間がとれないときは、移動中のタクシーで寝ることも多いですね。


杉良太郎

できれば若いときから海外に行き、観光コースではないところを見て、日本のぬるま湯のような環境が当たり前ではないということを知るといいでしょう。視野が広がります。


桜井弘(櫻井弘)

最近、声が小さい人が増えています。コミュニケーションをメールなどで取れるため、対面して話す機会が減っているからでしょうか。でも、声の大きさは話し方の基本中の基本ですからね。声が小さい人は、クチを大きく開けて話す。語尾をハッキリさせることを意識すればいい。私自身、語尾が聞き取りにくい話し方でしたが、意識して語尾を発音し、さらにジェスチャーも加えるようにしました。手を動かしながら「~です。」「~します。」と講演したら、アンケートに「語尾がハッキリしている」「メリハリがある」という意見が増えました。語尾を意識するだけで印象が変わるんです。


和田秀樹

新しいビジネスや商売を考えるために専門知識や特別なスキルは必要ありません。自分の日常感覚で十分なんです。安く浮かせたいと誰もが考えそうなもの。いつもならこういう習慣がある、でも不景気だから我慢しなきゃいけない人たちがいる。彼らに対して、その我慢する何かを安く提供できるサービスがあれば、必ず需要はあるはず。