中山素平の名言

中山素平のプロフィール

中山素平、なかやま・そへい。日本興業銀行頭取。東京商科大学を卒業し、日本興業銀行入行。経済同友会代表幹事。晩年は新潟にある国際大学を設立し初代理事長に就任し99歳で死ぬまで経営に携わった

中山素平の名言 一覧

問題は解決されるためにある。


人生に片付かない問題はないと信じている。


私利私欲の人、自己顕示の人は全然評価しない。大きなスケールでものを考える人は、右であれ、左であれ、共感を覚える。
【覚書き|交友関係が広く、主義や立場を超えた人付き合いを行っていたため、ゲテモノ食いというあだ名がつけられていた。そのことについてどう思っているかと問われての発言】


経営者や後継者の条件にはどのような時代にも共通したタブーがある。すなわちなりたがる人を社長にしたらダメということです。


中山素平の経歴・略歴

中山素平、なかやま・そへい。日本興業銀行頭取。東京商科大学を卒業し、日本興業銀行入行。経済同友会代表幹事。晩年は新潟にある国際大学を設立し初代理事長に就任し99歳で死ぬまで経営に携わった

他の記事も読んでみる

家本賢太郎

仕事と家庭の両立などというと、とくにベンチャー企業では、「理想的だけど現実的には難しくて無理」という会社が少なくないのですが、小回りの利くのがベンチャーの強みです。まずは目の前のできることから実践しています。


北野武(ビートたけし)

作法というのは、突き詰めて考えれば、他人への気遣いだ。具体的な細かい作法をいくら知っていても、本当の意味で、他人を気遣う気持ちがなければ、何の意味もない。その反対に、作法なんかよく知らなくても、ちゃんと人を気遣うことができれば、大きく作法を外すことはない。駄目な奴は、この気遣いがまったくできていない。人の気持ちを考えて行動するという発想を、最初から持っていないのだ。


齋藤正勝

株価で例えるなら、誰もがPER(株価収益率)を高く評価してもらいたいと思いがちですが、実力以上の割高なPERは下がるだけです。一方、割安のPERは実力を発揮すれば上昇トレンドに入れます。実力は割安に評価された方がおいしいと思うべきです。次のチャンスにつながったら、また期待以上に応えていけばいいのです。


平野信行

いつも口を酸っぱくして言うんですが、私どもは国内にしっかりと軸足を置いて、そのうえでさらなる成長の機会を海外に求めていきます。これは次の10年も揺るがない。


泉谷直木

戦略は最終的に実践に落としこめないと意味がないので、実践できる戦略をどう組むか。三実主義と言っているのですが「実在」「実物」「実践」が重要。これを意識すると非常に力が付きます。


中山讓治(中山譲治)

私は想定外の事態のシミュレーションを毎朝、出社前にするようにしています。以前は前日の晩にしていたのですが、夜にすると寝られなくなってしまうのですよ。シミュレーションは、第一三共の社長になるよりずっと前、サントリーにいたころからしています。最初は予測の精度が低かったのですが、繰り返すうちに、精度が上がってきた。いまでは想定外の事態が起こることは、ほとんどなくなりました。


假屋崎省吾

花の修行をしながらマクドナルドでアルバイトをする日々。けれども、将来の望みが見えていなかった一方で、「たとえお金にはならなくても、一生、花の仕事に携わっていこう」という気持ちに迷いはありませんでした。不安であっても、毎日が充実している。そんな不思議な精神状態だったことを覚えています。
【覚書き|修業時代を振り返っての発言】


池上彰

ホリエモン(堀江貴文)が出所後、対談をしたんです。彼はフジテレビを買収したくて、ニッポン放送株を買い占めようとした。「あなたはフジテレビを買うための踏み台にされたニッポン放送の社員の気持ちを考えたことがありますか?」って聞いたら、びっくりした顔をして「考えたこともないです」って。「小説をあまり読んだことがないでしょう?」って聞いたら、「読んだことがない」って。「だから失敗したんだよ」って話をしたんですけど。ツイッターで「池上からお説教された」って書いてたみたいですけど(笑)。やっぱり彼も刑務所に入っている間、膨大な本を読んで、だいぶ変わりましたね。最近、また会う機会があったんですが。体は痩せましたけど、人間は丸くなりました(笑)。


岸見一郎

職場の人間関係がどうしてもうまくいかず、自分に自信が持てないということもあるかもしれません。そのときは、仕事は人生の課題の一つにすぎないと考えてみてはいかがでしょうか。


小笹芳央

職場でエースと呼ばれる人材は現状を俯瞰し、自社のビジネスとの関連性を見つけ、すべきことを具体的に考えられる。だから成果を上げられる。


中村勇吾

手帳を楽しんでいる人が書く姿は、独特のリズム感があって観察に値するぐらい面白いですよ。「ほぼ日手帳」のプロモーション動画では、そんな書く楽しさを映像で最大限に伝えて、見ている人に手帳を書いて楽しんでいる気分になってもらえればと考えました。


みうらじゅん

伝えたい主題をより目立たせるようにするのが「編集」という作業。ある意味、「自分」を消していくこと。


田中仁(経営者)

私が気を付けているのは、社員一人ひとりが能力を発揮できる環境や仕組みが整っているかどうかです。常に社長がいないと会社が回らない状況ではまずい。


梁石日

若い頃に使った金は死に金だったけど、小説を書くことで生き金となったかもしれない。


横山邦男

日本郵便は社会インフラとしての側面を持ちますが、だからといって赤字を垂れ流すのは許されない。郵便事業の採算性を高めつつ、それ以外で黒字化できるビジネスを育てる必要がある。


ページの先頭へ