名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中山秀征の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山秀征のプロフィール

中山秀征、なかやま・ひでゆき。日本のタレント、俳優、司会者。群馬県出身。渡辺プロダクションの新人募集オーディションに合格。お笑いコンビ「ABブラザーズ」を結成。テレビドラマ、バラエティ番組、CM、ラジオ番組などで活躍。

中山秀征の名言 一覧

多くの人は最短距離で夢や正解を目指します。しかし、蛇行する中で自分にも見えていなかった武器や適性が磨かれることもある。


人から裏切られることはありますが、仕事は自分を裏切らない。やった内容だけ返してくれる。


僕自身まだまだ目標を目指した山登りの途中。最終的にどんな景色が見えるのかは、登りきってみないとわからない。50代、60代が楽しみです。


(ABブラザーズ)コンビ解散後「もう1回、最初からやり直そう」と決めて、地方局の街頭レポートでも、イベントの司会でも、使ってくれる仕事は何でもやりました。役者としても「主役をやったのに」というプライドは捨てました。


僕は自分の肩書きを固定するつもりはありません。なぜなら、番組によってその時その時の役を担っているという意識でいるから。


重要なのはバスでの移動時間やロケの待ち時間。そこでの世間話からゲストの魅力が浮かび上がってくることもあります。会議室や机の上で考え、準備してきたデータよりも、違う話で盛り上がったのなら台本は思いきって変えてしまう。用意してきたものは、保険として役立ったと思えばいいんです。


僕はこの先も「生涯テレビタレントです」と言って歩んでいきます。テレビの中で楽しいことをやっていく、その道を極めたい。それは会社員としてプロになりたいという考えにも近いかもしれません。バラエティ、ニュース、ドラマを問わず、求められる役を担うことができる人。それがエンターテイナーではないか、と。


振り返って思うのは、与えられた仕事には必ず価値があるということ。テレビの世界は面白いもので、製作者は他の番組を見て、使おうかどうかを判断します。つまり、テレビに出ていることが、一番のプロモーションになるんです。だからこそ、仕事では絶対に手を抜いてはいけない。


テレビ番組の司会者に年長者が多いのは、人生経験が豊富だからだと思います。僕も40を過ぎて、20代だったら反発しちゃうようなゲストにも大人な対応ができてますから(笑)。


トークをプロレスに例えるなら、司会者はゲストの技を引き出すことが役目。ゲストに新人がきたとして、当然、こちらのほうが実力は上です。秒殺することも可能ですが、そこに魅力は感じない。たどたどしくロープに振られたとしても、きちんと返ってきます。相手が新人であろうと、ベテランであろうと、互いの持っている技を最大限に見せ、お客さんに満足してもらう。僕はそういうやり方が好きなんです。投げたら投げられ、技をかけられたらかけ返す。そういうトークをフルタイムで視聴者にお届けすること。ストロングスタイルの司会者が目指すところです。


大半の人はやりたいこととできることの違いに悩み、好きなことと生業の線引きをしなければならない時を迎えます。僕の場合、好きなことは歌でしたが、生業になりませんでした。そこに後悔があるかと聞かれれば、胸を張って「ありません」と答えます。歌では本物に敵わなくても、エンターテイナーとしてなら戦える。若いうちに谷間に落ち、そう気づけたのは幸せなことでした。


初めて会う人の場合、相手も緊張します。トークが探り合いになることもしばしばです。そんな中で、「話しやすかった」「楽しかった」と言ってもらえるように、まずは腹を割ること。大切なのは、先方の腹を割らせるのではなく、こちらの腹を割ってみせること。恋愛のエピソードが欲しければ、まずは僕が話す。すると、ゲストも「このレベルの話が欲しいのか」と理解して、フォーカスしてくれます。つまり、相手の話を引き出したいなら、まず自分のことを話せということ。放送では切っちゃえばいいわけですから。


オーディションを受けても落ち続け、「ダメなのかな……」という弱気も顔を出し始めた頃、事務所にお笑いセクションが作られることになったんです。「これからのテレビはバラエティの時代になるんだぞ」「そこで売れれば、おまえがやりたい歌も、芝居もできるから」と言われて。こちらも若いですから、希望を持ちますよね。でも、自分でネタを作ったこともなければ、コンビでトークをしたこともない。それでも藁にもすがる思いでしたね。やらなければ、群馬の実家に帰るだけですから。事務所の提案でABブラザーズというコンビを組んだのは、生き残りのための苦肉の策。誰かに求められてのスタートではありませんでした。それでも翌年、小堺一機さんの「いただきます!」という番組のレギュラーが決まり、そこから1年で一気に人気者に。オーディションに落ち続けていたのが、嘘のような展開でした。


中山秀征の経歴・略歴

中山秀征、なかやま・ひでゆき。日本のタレント、俳優、司会者。群馬県出身。渡辺プロダクションの新人募集オーディションに合格。お笑いコンビ「ABブラザーズ」を結成。テレビドラマ、バラエティ番組、CM、ラジオ番組などで活躍。

他の記事も読んでみる

福井泰代

もともと私は趣味でいろいろな発明をしていたのですが、ヒットするとすぐ類似のものが出て来て真似される。だからそれを前提に考えて、どうすれば類似商品が出て来てもスタンダードになれるかを考えました。


石角友愛

既にアメリカではデータをただ持つのではなく、生かすことに価値がシフトしている。優秀なエンジニアに解析してもらうためにデータを公開している企業もあるくらいです。日本でも後れを取らないためにデータミーティングから始めて意識改革をしないと大変なことになると思います。


桑原豊(経営者)

自分たちの仕事ぶりをきちんと見てくれる店長には、スタッフは信頼感を抱きます。そして店長の話に耳を傾けるようになります。だから、店舗の運営がいい方向に回っていくわけです。


カルロス・ゴーン

成長させるためには、スタッフ部門に置くのではなく、本当に厳しい環境に送り込み、自分で解決を図ることができるようにすることが大切。


パトリツィオ・ディ・マルコ

ブランドが投資対象として売買されることは、一抹の寂しさも感じます。ただ財政的基盤がないために、我々の職人が生き残れなければ、それはもっと寂しいことになります。仮にグッチに問題が起こって、それに耐える力がなければ、消えるのはグッチだけではありません。グッチの職人たちとサプライチェーン全体が消えてしまう。約4万5000人の職がなくなるのです。それを見逃すことは、私にはできません。
【覚書き|ファッションブランドのM&Aが活発化していることについて語った言葉】


ピョートル・フェリクス・グジバチ

とくに「give」の精神は重要。利他主義の人の下には、サポーターが集まります。彼らがエンジンとなって、新しいことが始まるのです。一方、自分の利益ばかり優先する人の下には、サポーターは集いません。


西田公昭

「言ったことを言ってないことにする」手口のひとつは、聞いた側にプレッシャーをかけるやり方。つまり、「言うことを聞かなければ、どうなっても知らないぞ」と圧力をかける。過去の発言について、「言った」と指摘するとマズいのではと思わせるのです。特に集団状態でこの状況に陥ると面倒です。集団のなかで同調圧力が生まれ、誰も指摘できない状況が生まれてしまいます。ブラック企業のカリスマ経営者や、ハラスメント上司に、誰も文句が言えない状況などはまさに典型です。集合的無知が生まれ、「おかしいと思っているのは自分だけなのでは……」と、みんなが考えてしまう。場の雰囲気に流されて、まさに「裸の王様」の寓話の通りになってしまうのです。


佐藤優

外界の騒音をシャットアウトして、自分の内側の声にそっと耳を澄ましてみる。そんな時間が、雑音に溢れたいまの時代にはとくに必要。


海部俊樹

自分の言葉にこだわり、演説や答弁では原稿を読まない主義を貫きました。言葉に命が宿らないからです。


桑畑英紀

部下が報告を渋る原因はたいていその上司本人の誤解にあります。報連相は部下から上司への一方向のものだという思い込みです。報連相の意味を紐解くと、報告は「結果や経過を相手に告げること」ですが、連絡は「情報や気持ち、考えを互いの伝え合うこと」。相談は「問題・課題について互いに意見を出し合い、何らかの解決策を導くこと」ですから、双方向が基本です。しかし実際には、双方向の連絡や相談にはなりにくいのです。


酒巻久

私の考えでは、仕事に必要なのは「技術力(専門力)」と「相手力(人間力)」のふたつの力だと思います。技術力とは、ある分野についての専門的な知識や技術を持ち、与えられた課題を的確にこなす能力。相手力とは、相手の立場に立ってものごとを考え、相手をその気にさせて動かす力のことです。


鎌原正直

困難を乗り越え、今こそ未来に向けて新たな挑戦の「スイッチ」を入れるべき時。