中山秀征の名言

中山秀征のプロフィール

中山秀征、なかやま・ひでゆき。日本のタレント、俳優、司会者。群馬県出身。渡辺プロダクションの新人募集オーディションに合格。お笑いコンビ「ABブラザーズ」を結成。テレビドラマ、バラエティ番組、CM、ラジオ番組などで活躍。

中山秀征の名言 一覧

多くの人は最短距離で夢や正解を目指します。しかし、蛇行する中で自分にも見えていなかった武器や適性が磨かれることもある。


人から裏切られることはありますが、仕事は自分を裏切らない。やった内容だけ返してくれる。


僕自身まだまだ目標を目指した山登りの途中。最終的にどんな景色が見えるのかは、登りきってみないとわからない。50代、60代が楽しみです。


(ABブラザーズ)コンビ解散後「もう1回、最初からやり直そう」と決めて、地方局の街頭レポートでも、イベントの司会でも、使ってくれる仕事は何でもやりました。役者としても「主役をやったのに」というプライドは捨てました。


僕は自分の肩書きを固定するつもりはありません。なぜなら、番組によってその時その時の役を担っているという意識でいるから。


重要なのはバスでの移動時間やロケの待ち時間。そこでの世間話からゲストの魅力が浮かび上がってくることもあります。会議室や机の上で考え、準備してきたデータよりも、違う話で盛り上がったのなら台本は思いきって変えてしまう。用意してきたものは、保険として役立ったと思えばいいんです。


僕はこの先も「生涯テレビタレントです」と言って歩んでいきます。テレビの中で楽しいことをやっていく、その道を極めたい。それは会社員としてプロになりたいという考えにも近いかもしれません。バラエティ、ニュース、ドラマを問わず、求められる役を担うことができる人。それがエンターテイナーではないか、と。


振り返って思うのは、与えられた仕事には必ず価値があるということ。テレビの世界は面白いもので、製作者は他の番組を見て、使おうかどうかを判断します。つまり、テレビに出ていることが、一番のプロモーションになるんです。だからこそ、仕事では絶対に手を抜いてはいけない。


テレビ番組の司会者に年長者が多いのは、人生経験が豊富だからだと思います。僕も40を過ぎて、20代だったら反発しちゃうようなゲストにも大人な対応ができてますから(笑)。


トークをプロレスに例えるなら、司会者はゲストの技を引き出すことが役目。ゲストに新人がきたとして、当然、こちらのほうが実力は上です。秒殺することも可能ですが、そこに魅力は感じない。たどたどしくロープに振られたとしても、きちんと返ってきます。相手が新人であろうと、ベテランであろうと、互いの持っている技を最大限に見せ、お客さんに満足してもらう。僕はそういうやり方が好きなんです。投げたら投げられ、技をかけられたらかけ返す。そういうトークをフルタイムで視聴者にお届けすること。ストロングスタイルの司会者が目指すところです。


大半の人はやりたいこととできることの違いに悩み、好きなことと生業の線引きをしなければならない時を迎えます。僕の場合、好きなことは歌でしたが、生業になりませんでした。そこに後悔があるかと聞かれれば、胸を張って「ありません」と答えます。歌では本物に敵わなくても、エンターテイナーとしてなら戦える。若いうちに谷間に落ち、そう気づけたのは幸せなことでした。


初めて会う人の場合、相手も緊張します。トークが探り合いになることもしばしばです。そんな中で、「話しやすかった」「楽しかった」と言ってもらえるように、まずは腹を割ること。大切なのは、先方の腹を割らせるのではなく、こちらの腹を割ってみせること。恋愛のエピソードが欲しければ、まずは僕が話す。すると、ゲストも「このレベルの話が欲しいのか」と理解して、フォーカスしてくれます。つまり、相手の話を引き出したいなら、まず自分のことを話せということ。放送では切っちゃえばいいわけですから。


オーディションを受けても落ち続け、「ダメなのかな……」という弱気も顔を出し始めた頃、事務所にお笑いセクションが作られることになったんです。「これからのテレビはバラエティの時代になるんだぞ」「そこで売れれば、おまえがやりたい歌も、芝居もできるから」と言われて。こちらも若いですから、希望を持ちますよね。でも、自分でネタを作ったこともなければ、コンビでトークをしたこともない。それでも藁にもすがる思いでしたね。やらなければ、群馬の実家に帰るだけですから。事務所の提案でABブラザーズというコンビを組んだのは、生き残りのための苦肉の策。誰かに求められてのスタートではありませんでした。それでも翌年、小堺一機さんの「いただきます!」という番組のレギュラーが決まり、そこから1年で一気に人気者に。オーディションに落ち続けていたのが、嘘のような展開でした。


中山秀征の経歴・略歴

中山秀征、なかやま・ひでゆき。日本のタレント、俳優、司会者。群馬県出身。渡辺プロダクションの新人募集オーディションに合格。お笑いコンビ「ABブラザーズ」を結成。テレビドラマ、バラエティ番組、CM、ラジオ番組などで活躍。

他の記事も読んでみる

西口尚宏

イノベーションとは一度挑戦してすぐにできるほど易しいものではありません。何度も試行錯誤しながら練習しないと一生できません。人はありとあらゆることを練習しながら身に付けます。しかし、日本人はそういったイノベーションの練習や教育の機会がなかった。したがって、企業が社員に練習させるほか、イノベーションを身に付ける方法はないと言えます。裏返して言えば、練習すればするほど、イノベーションは実現できるということを意味しています。経営者は社員にどんどんイノベーションの練習をさせることが重要なのです。練習もさせずに成功だけを期待するのが一番まずい経営です。


佐々木常夫

部下の仕事をきちんと見ていれば、ムダは削れる。最近は自分の仕事で手一杯という管理職が増えていますが、上司はもっと部下の仕事に手を突っ込むべきです。


小笹芳央

リクルート時代、自分が今、取り組むべきなのはコンサルティングだという強い信念がありました。そこで会社の上層部に掛け合い、事業部を立ち上げました。しかし、立ち上げたばかりの事業がすぐに軌道に乗るわけがありません。常にMVPを獲得していた私の評価は、初めて通信簿でいう「普通です」になった。しかし私は、全く気にしませんでした。事業が軌道に乗れば、後から大きな評価となって返ってくるのですから。それに通信簿にはしょせん、私の将来(独立や起業)を評価するハンコなど押せませんからね。


丹羽宇一郎

自分の仕事に関することを、一流のレベルになるまで勉強すること。残業が多いのもいいとは言えませんが、早く帰って遊んでいてもいけない。毎日、30分でも、勉強の時間を取るべきです。


後藤卓也(花王)

仕事のコツを学ぶのは普段から上司や先輩とコミュニケーションを密にとっていれば、それほど難しいことではないと思います。


渡辺康幸

長く接すれば、お互いにいろいろな面が見えてきます。部下が上司を見るポイントも、仕事の能力だけではないはずです。人間的な面まで理解できて結びつきは強まるのだと思います。


宇佐美里香

ずっと世界一を目標に空手を続けてきたので、それを達成したときの感動はこの先二度と味わうことはないだろうと思えるものでした。選手としてやるべきことはやりきったという気持ちから、大会の翌年に引退を決めました。


藤原弘治

アメリカで様々なチャレンジャーに触れ合えたことは刺激になったかもしれません。日本の外に出て、多種多様な人種、価値観に触れる中で自分の生きている意味、誰かのために頑張るというチャレンジ精神を植え付けられた感じがしています。


成毛眞

大事なのはコストをかけずにやるということです。できることなら、何かにかこつけたりして、工夫してダダでやる。できることなら、他の会社にやってもらうのがいいでしょう。


プラトン

不正を非難する人とは、己が不正をなす事を怖れて非難するにあらずして、不正を破らんことを怖れて非難するなり。


相武紗季

今回、初めて舞台に挑戦します。大勢の人の前に立つのが苦手なので、自分で「やります」と言ったものの、不安はあります。でも、この仕事を始めて8年目での初挑戦。デビューしたてのときみたいな心境で、稽古、本番へ飛び込んでいきたいなって。きっとわからないことばかりだと思うので、誰かになにかひと言でも教えてもらったら、そのひと言にしがみついて毎日を過ごしていこう、と。


青木擴憲

好調なのは一言で言うと、お客様のニーズに各事業が対応できているということだと思います。


中松義郎(ドクター中松)

巷でみんながやってることを僕がやっても意味がない。何の話題にもなってない、その先をやってるわけ。


岩田松雄

自慢話は事実を淡々と、失敗話はむしろおもしろおかしく大げさに。


児玉和

グンゼという社名の由来をご存じでしょうか。グンゼとは「郡の是」。地域社会の方針という意味があります。今でいうCSR(企業の社会的責任)のことです。


ページの先頭へ