名言DB

9413 人 / 110706 名言

中山真由美(整理収納アドバイザー)の名言

twitter Facebook はてブ

中山真由美(整理収納アドバイザー)のプロフィール

中山真由美、なかやま・まゆみ。日本の整理収納アドバイザー。神奈川県出身。著書に『心も整う「捨てる」ルールと「しまう」ルール』『捨てられずにいる不要品の「捨てどき」がわかる本』。

中山真由美(整理収納アドバイザー)の名言 一覧

すっきり整理するためには、手放す仕組みを上手に作ることが大切。保管期間やスペース、総量に制限を設けることが基本ルール。


書類の整理は、見出しがついている個別フォルダーに書類を挟み、そのフォルダーを箱型のファイルボックスにフォルダーの見出しが分かるように入れるのがおすすめ。見出しから内容が分かるので、書類がすぐに見つかって管理が楽。


個人的な興味・関心で購入した本は、「読んだら手放す」が基本。また必要になったとしても、大抵の本は手に入る。もう二度と読まないかもしれない本の保管のために、家賃を払う方がムダ。


雑誌の情報は生もの。同じテーマの特集でも、新しい号には必ず最新の情報が掲載される。常に最新の情報に触れるためにも、古い雑誌は潔く捨てましょう。


中山真由美(整理収納アドバイザー)の経歴・略歴

中山真由美、なかやま・まゆみ。日本の整理収納アドバイザー。神奈川県出身。著書に『心も整う「捨てる」ルールと「しまう」ルール』『捨てられずにいる不要品の「捨てどき」がわかる本』。

他の記事も読んでみる

伊庭正康

リクルート時代、元々仕事が速かったわけではありません。広告営業は忙しく午前様も当たり前。ですが、「このままだと自分が駄目になる」と思い、残業を止めようと決意しました。移動の予定を同じ沿線上でまとめたり、移動時間にメールを返信。「期限内に終わらせる」という姿勢に変わることで、自分がやるべきこと、人に任せることが明確にできるようにもなりました。


枝川義邦

ノースカロライナ州立大学のヘス博士らは、60歳以上の男女約100人を集めて記憶学習のテストを行ないました。彼らを2つにグループ分けし、一方には、「年をとると記憶力が衰える」という情報を与えました。もうひとつのグループには、「記憶テストの成績に年齢は関係ない」という情報を与えました。すると驚くべきことに、後者の「記憶力と年齢は関係ない」と教えられたグループのほうが、成績が良かったのです。このテストから見えてくるのは「思い込み」は現実になる、ということ。あなたが「もう40だから仕方ない」と思い込むことによって、記憶力は低下してしまうのです。


豊田圭一

早めに提出した方がフィードバックを受けやすい。僕は単純に仕事が早くできたわけじゃなくて、自分が楽をするために、できる範囲でさっさと出しちゃう。ただそこで1つ必要になってくるのは、チャチなプライドを捨てること。「おまえそんなのしかできていないのか」と言われる可能性もありますが、そこは甘んじて受け入れます。後は、早く返した方が、クオリティが少し低くても許してもらえるんじゃないかという、弱い気持ちなんですよ。さっさと提出していたら、先方も「ここはもっとこうして欲しいな」と言える余裕がありますし、こっちにとっても楽ですよね。


加藤俊徳

孫(正義)さんだって、いきなり億単位のお金を動かせるようになったわけではないと思います。最初は100万円、次は1千万円、そして1億円といった感じで、ビジネスに投じる金額を少しずつ増やしていったはずです。徐々に大きなお金を動かす経験をして、それを脳も経験してきた。つまり、経験することによって脳やお金のキャパシティを多くしてきたのでしょう。


酒巻久

上にいる者は、改革を行う者を守ってやらなければならない。


原田隆史

心をきれいに、強くするには小さな習慣を決めて毎日続けることです。たとえば、「ゴミ出しをする」「近所の清掃をする」「20分ウォーキングする」といったところでしょうか。小さな生活習慣でも、毎日続けていると、「自分もやればできる」という自己肯定感が高まり、自信がつくものです。そして、この小さな成功体験を積み重ねると、セルフイメージが改善されます。それが、大きなことを成し遂げるパワーにつながるのです。


野村克也

俺は他の選手と違い、野球エリートではなく、京都の貧乏育ち。ある意味、最初から諦めていた。だから、いつも自分を変える努力ができた。そう思っているんだよ、今でもな。


山崎将志

日本人は感情を顕わにするのが得意とは言いがたい。しかし、同僚が「大口の新規受注が取れた」とか、「激戦の末、コンペを勝ち取った」というような感動的な場面では、アメリカ人くらいのオーバーアクションで相手に賞賛を伝えたい。その際は、ガッツポーズ、バンザイなどのアクション付きで伝えて欲しい。それくらいやれば相手も社交辞令のお世辞ではないことが伝わるはずだ。


伊藤寛(イトマン)

自分から本物になろうという訓練が出来ていないと目先の利益にとらわれてしまう。最近政治家、経営者の中に利に世話しすぎる人が目立ちます。


辻本憲三

ゲームの世界もワインの世界も挑戦を続ければ、その都度新しい発見がある。これからも楽しんで仕事を行っていきたい。


北村守(経営者)

学生時代はラグビーをやっていた体育会系ですが、社会人になってからは学生の頃のように運動の時間を作れなくなりました。そのため、運動できなくなってからは「ストレスを溜めないことが健康に良いだろう」と考え、極力ストレスを感じない生活を心掛けています。もともと性格が楽観的ということもありますが、食べたいものを食べ、趣味の読書では好きな本を読むなど、我慢せず、やりたいことをやっています。この生活のおかげか、年の割に白髪も少なく、肩こりもなく、二日酔いもしなければ、出張で海外に出掛けても時差ボケにもなりません。


吉越浩一郎

天才経営者ならともかく、私のような凡人には、千里眼のような能力はない。バブルの時は、これが日本の実力だと勘違いしていたくらいだ。そんな私が個別の施策を考える上でとった方針は、TTPであった。TTPといっても何かの化学物質ではない。他社のよいところを「徹底的にパクる」(TTP)ことを信条としたのだ。残業削減、早朝会議、「さん」づけ運動も、元は他の会社の制度をパクったものである。


大川祐介

起業当初は目の前のことに夢中で、職人の地位向上を念頭に置いてはいませんでしたが、その頃からの数多くの疑問が現在のサービスにつながっています。多くの方々が課題と考えている建設業界の負のスパイラルを転換し、未来の担い手が「かっこいい」と思って率先して参入してくる業界に変えていきます。


二宮清純

固定観念と先入観を疑うことが重要です。私の仕事の場合、人に話を聞く際、下調べが大切なのは言うまでもありません。でも、取材相手に会う前には、それらの情報はすべて忘れて、頭の中を真っ白にしておくのです。取材相手がこんな人だというイメージを事前につくってしまうと、違っていたとき修正が利かないから危険なのです。


小山五郎

人を裁く前に、自らを律せよ(小山五郎、こやまごろう、三井銀行社長・会長・相談役、三井グループの重鎮として尊敬されたが剛腕な性格のため人斬り五郎・ケンカ五郎と呼ばれる、戦後日本金融界の中心人物の一人、東京商工会議所副会頭、全国銀行協会連合会会長、群馬県出身)