名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

中山真由美(整理収納アドバイザー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山真由美(整理収納アドバイザー)のプロフィール

中山真由美、なかやま・まゆみ。日本の整理収納アドバイザー。神奈川県出身。著書に『心も整う「捨てる」ルールと「しまう」ルール』『捨てられずにいる不要品の「捨てどき」がわかる本』。

中山真由美(整理収納アドバイザー)の名言 一覧

すっきり整理するためには、手放す仕組みを上手に作ることが大切。保管期間やスペース、総量に制限を設けることが基本ルール。


書類の整理は、見出しがついている個別フォルダーに書類を挟み、そのフォルダーを箱型のファイルボックスにフォルダーの見出しが分かるように入れるのがおすすめ。見出しから内容が分かるので、書類がすぐに見つかって管理が楽。


個人的な興味・関心で購入した本は、「読んだら手放す」が基本。また必要になったとしても、大抵の本は手に入る。もう二度と読まないかもしれない本の保管のために、家賃を払う方がムダ。


雑誌の情報は生もの。同じテーマの特集でも、新しい号には必ず最新の情報が掲載される。常に最新の情報に触れるためにも、古い雑誌は潔く捨てましょう。


中山真由美(整理収納アドバイザー)の経歴・略歴

中山真由美、なかやま・まゆみ。日本の整理収納アドバイザー。神奈川県出身。著書に『心も整う「捨てる」ルールと「しまう」ルール』『捨てられずにいる不要品の「捨てどき」がわかる本』。

他の記事も読んでみる

斎藤広達

ロジカルシンキングの第一歩は仮説の構築。仮説とは、文字通り仮の説明。目の前にある事実から推論をひねり出す作業だ。例えば、「待ち合わせをしている友人が来ない」という時に「約束を忘れたのかな」と想像する「原因探求」型の仮説もあれば、「社会保障の財源が足りない」という現実を前に「消費税率を上げるべき」と考える「問題解決」型の仮説もある。


樋口潮

日々劇場でこれだけのお客様に喜んで頂いている。本当に夢を与える仕事なんだと思います。だから出演する彼らには「おごるな。けどステージでは英雄になり自信を持て!」と言っている。いまのような先が見えない時代に、そんな仕事ってあまり無いですから。


市瀬豊和

このたびは、スポーツを通じた経済の活性化、社会との共存共栄、人材輩出による社会への貢献を目的に掲げる「一般社団法人慶應ラグビー倶楽部」専務理事として、組織の進化に努めていくことになりました。ボランティアではありますが、逆に会社組織にはない熱い議論を戦わすので、勉強になります。


荒川詔四

タイヤは国際規格商品なので規格さえ満たせば誰でも参入できる。新興国メーカーは非常にアグレッシブで、我々は危機感を持っている。新興国メーカーはものすごい安値でやっている。そういう土俵で戦って勝てるとハナから思っていない。


落合陽一

これからの日本社会では、会社に雇用され、労働し、その対価をもらうという従来の働き方から、好きなことで価値を生み出す働き方に、考え方も仕組みも転換することが求められてきます。これまで「ワーク・ライフ・バランス」が重要と言われていましたが、近い将来、「ワーク・アズ・ライフ(ライフとしてのワーク)」の時代がやってくるのです。


柳澤大輔

話題性だけ先行するものって、カヤックは意外に少ないんです。実はちゃんと考えていて、基本的には論理的に筋が通っているものしかやってないんです。サイコロ給というのも、サイコロ振って面白いというだけじゃなくて、ちゃんと意味があって振っていたり。


安藤宏基

インスタントラーメン業界が誕生してから今年で52年になりますが、工場や設備の老朽化が進んでいる。それらを刷新するために、3年間で約750億円の設備投資を行ないます。ラーメンの会社がこんなに巨額の設備投資をやるなんて想像できないと思いますが、これができるのも、付加価値創造型の技術が生まれて、それが利益を生んでいるからです。つまり、技術革新がドライブ・コア(原動力)になって、そのエネルギーでリノベーション(刷新)を一気に進めていくのです。


柳井正

ビジョンなき事業は売った方がいい。


大須賀正孝

私は毎晩、眠る前に布団の中で、その日一日の言動を思い出して反省するようにしています。社員にきついことを言いすぎていなかったか、と。


竹鶴政孝

ウイスキーづくりは設備ではない。人の心だ。


鈴木喬(経営者)

「世にない新しいもの」は、比較対照ができません。つまり、「売れる」「売れない」の判断ができない。だから会議をして考えれば考えるほど、変なものになっていく傾向があります。議論すればするほど、分からなくなりますから、エイヤっとやらないとダメ。


堀切功章

(茂木友三郎名誉会長は)自らもそうですが、若手社員にも本を読ませるんですよ。月に1回読書会をして、選んだ本をA4の紙2枚にまとめさせる。もう10年以上やっているんですね。若い者には本を読め、と。自分はそのエッセンスを、と。なかなかいいアイデアだと思って。一挙両得ですね。