中山真由美(整理収納アドバイザー)の名言

中山真由美(整理収納アドバイザー)のプロフィール

中山真由美、なかやま・まゆみ。日本の整理収納アドバイザー。神奈川県出身。著書に『心も整う「捨てる」ルールと「しまう」ルール』『捨てられずにいる不要品の「捨てどき」がわかる本』。

中山真由美(整理収納アドバイザー)の名言 一覧

すっきり整理するためには、手放す仕組みを上手に作ることが大切。保管期間やスペース、総量に制限を設けることが基本ルール。


書類の整理は、見出しがついている個別フォルダーに書類を挟み、そのフォルダーを箱型のファイルボックスにフォルダーの見出しが分かるように入れるのがおすすめ。見出しから内容が分かるので、書類がすぐに見つかって管理が楽。


個人的な興味・関心で購入した本は、「読んだら手放す」が基本。また必要になったとしても、大抵の本は手に入る。もう二度と読まないかもしれない本の保管のために、家賃を払う方がムダ。


雑誌の情報は生もの。同じテーマの特集でも、新しい号には必ず最新の情報が掲載される。常に最新の情報に触れるためにも、古い雑誌は潔く捨てましょう。


中山真由美(整理収納アドバイザー)の経歴・略歴

中山真由美、なかやま・まゆみ。日本の整理収納アドバイザー。神奈川県出身。著書に『心も整う「捨てる」ルールと「しまう」ルール』『捨てられずにいる不要品の「捨てどき」がわかる本』。

他の記事も読んでみる

三枝匡

コアコンピタンス(競合他社に真似できない能力)に当たる仕事を他人様に委ねると、事業の堕落を招くというのは経営のセオリーです。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

士業のなかには、落ち目になりつつあるものも多い。IT化で仕事がなくなる可能性もある分野が増えている。間違いなくお金になると思われてきた税理士や司法書士でさえも、単に手続き業務をしているだけでは危うくなるでしょう。「資格を取れば安心」ではなく、どう活かすかが鍵になる。コンサルティング力や専門的ノウハウを磨くなど、自分通りに資格活用の戦略を立てるのがポイントです。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

大人は心にいろいろ抱えることが多いために、無意識に険しい顔になってしまいがちです。けれど、見回してみてください。きっと素敵だと感じる経営者の表情は、どこか子どもの笑顔に近いのではないでしょうか。周囲の人に「不安」ではなく、「安心」を与える経営者には、素敵なことがたくさん待っているように感じるのです。


石井裕(工学者)

本当にやりたいことがある人、やることがとても大切だと信じている人、そして、やれるだけのエネルギーがある人にとって、(仕事と生活の)インバランス、つまりバランスが取れていない緊張感も非常に大事です。過労死しろとか、家庭をないがしろにしろと言っているのではないですよ。ただ、バランスを優先するとジャンプしにくくなる。バランス自体がある種、ボトルネックになる側面もあります。


ヴェルナー・バウマン

評判と現実は、分けて考えなければならない。モンサントが健全な経営のもと、とても安全な製品を提供している組織でなければ、我々は買収しなかった。ただし、少なくともコーポレートブランドは我々に比べて少し劣っているので、バイエルという名称に一本化することにした。業界全体としても事業や製品の説明を強化し、批判している人々とも対話を深める必要がある。


ロバート・キヨサキ

フィードバックというものは、肯定的なものであろうと否定的なものであろうと、あなたが人間として成長したり、人格を形成したり、ビジネスをやり抜く体力をつけたりするのに欠かせないもの。


野村克也

気の弱い奴を叱ると、自信をなくす。気が弱いかどうかは、すぐ見抜ける。弱い奴ほど強く見せたがる。すぐ怒鳴ったり、声が大きくなるような奴は弱い証拠だね。どこかの監督でもいたな(笑)。


高橋洋(経営者)

一番大切なのは、ご利用者と心を通わせること。地域との関係づくりに注力し、順調にご利用者の紹介の輪が広がっています。


井上貞治郎

巫女は白髪の老婆だった。御幣を上げ下げしているうちに、体が踊りだす、目がつりあがる。巫女は上ずった声で言った。「他はいかん、いかん。紙じゃ、紙の仕事は立て板に水じゃ……」。よし、これで決まった。それから50年、私はカミのお告げに従って、紙にしわを寄せながら生きてきた。
【覚書き|29歳のとき、これからどんな仕事で生きていくか悩んでいたとき、占い師に意見を聞きに行ったことを振り返っての発言】


酒巻久

能動的な働きをしてもらうには、実践を見てもらうのが一番早い。キヤノン電子では、他社の社員を招き、私どもの作業工程を見せることがあります。ボランティア的な取り組みです。実際に見てもらって、彼らに考えるきっかけを与える。そして、自分たちにもできるんだと思ってもらうことが早道です。その中には、約2年で利益率が2%から11%まで上がった会社もあります。


岩佐琢磨

少し誤解があるかもしれません。じつはパナソニックはニッチなものもたくさんつくっています。たとえば1個10万円もする音響スタジオ専用の照明もつくっているし、松下の創業製品である二股ソケットもまだ販売しています。なので、ニッチだから企画が通らないということはありません。


米長邦雄

自分にとっては消化試合でも、相手にとって重要な対局であれば、相手を全力で負かす。


木村惠司(木村恵司)

働く人間すべてにとって、土台になるのはチャレンジする精神です。これがなければ、働く意味がないといってもいいでしょう。失敗することを恐れずに、進んでこそやりがいが生まれます。チャレンジして失敗したとしても、それは、次に成果を上げるための準備段階だと思えばいいのです。


本田直之

英語ができればインターネットでの情報収集力で差がつけられます。また、世界的にM&Aが増加しており、ある日突然英語を話す上司の下につくという可能性も高いのです。


鈴木宏彦

羽生(善治)二冠は対局中の昼休みに他の対局を一通り見て回ります。そこで互いがどういう戦略でぶつかり、今に至ったのか、1局につき数分で情勢を解析する。そこから得たヒントを、後日の自分の対局に活かすのです。瞬時の判断を繰り返すことで情報と分析が蓄積されていきます。


ページの先頭へ