中山真由美(整理収納アドバイザー)の名言

中山真由美(整理収納アドバイザー)のプロフィール

中山真由美、なかやま・まゆみ。日本の整理収納アドバイザー。神奈川県出身。著書に『心も整う「捨てる」ルールと「しまう」ルール』『捨てられずにいる不要品の「捨てどき」がわかる本』。

中山真由美(整理収納アドバイザー)の名言 一覧

すっきり整理するためには、手放す仕組みを上手に作ることが大切。保管期間やスペース、総量に制限を設けることが基本ルール。

書類の整理は、見出しがついている個別フォルダーに書類を挟み、そのフォルダーを箱型のファイルボックスにフォルダーの見出しが分かるように入れるのがおすすめ。見出しから内容が分かるので、書類がすぐに見つかって管理が楽。

個人的な興味・関心で購入した本は、「読んだら手放す」が基本。また必要になったとしても、大抵の本は手に入る。もう二度と読まないかもしれない本の保管のために、家賃を払う方がムダ。

雑誌の情報は生もの。同じテーマの特集でも、新しい号には必ず最新の情報が掲載される。常に最新の情報に触れるためにも、古い雑誌は潔く捨てましょう。

中山真由美(整理収納アドバイザー)の経歴・略歴

中山真由美、なかやま・まゆみ。日本の整理収納アドバイザー。神奈川県出身。著書に『心も整う「捨てる」ルールと「しまう」ルール』『捨てられずにいる不要品の「捨てどき」がわかる本』。

ページの先頭へ