名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中山泰男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山泰男のプロフィール

中山泰男、なかやま・やすお。日本の経営者。「セコム」社長。神奈川県出身。東京大学法学部卒業後、日本銀行に入行。名古屋支店長、政策委員会室長などを経てセコムに入社。顧問、常務取締役、総務本部長などを経て社長に就任。

中山泰男の名言 一覧

飯田(亮・創業者)は言葉の天才ですね。当社は積極的にCSRに取り組んでいますが、飯田は「社会と恋愛できる会社にしたい」と言っていました。このような名言はいっぱいあります。


あの折(東日本大震災のとき)は世間で「想定外」という言葉がよく使われましたが、今の我々のキャッチフレーズは「想定外を想定内に」。それがセコムの役割です。


社長就任時、飯田(亮・創業者)からは、「まあ明るくやってくれ」と言われました。明るく伸びやかにおおらかにとい豁達(フータ)の精神です。


やらされ感ではなく、やりたい感ですよ。それぞれの主体性を発揮でき、モチベーションが上がることが大事。そのため全員経営は必然。社員がワクワクする会社、社員が成長を感じて自己実現できる会社にしたい。


経済学者のシュンペーターが言っているように、異物と異物が結合してこそイノベーションが生まれる。それには自由闊達で、オープンな組織が必要。


メッセージは最初はメールで、その後は精力的に社内の会合に出て直接伝えています。本部長会議や各ラインの会合、地方にも出向き、当社のグループ企業にも出かけています。


人は無形資産です。バランスシートに表れる有形資産の価値を大きく評価する時代から、無形資産重視の時代へと移りつつあります。その意味では、当社の強みである経営理念を具現化できる人財は、他社には簡単に真似ができない高い参入障壁と言えるでしょう。


日銀とセコム両社には大きな共通点がありました。それは「信頼」です。日銀は信頼がなければ業務が成り立たない。同じようにセコムも信頼がないと成り立ちません。絶対に失っていけない基盤は「信頼」で、両社が一番大切にしている共通項です。


いまは激流の時代。一人一人が主体性を持って動かないと早く正確に転覆せず辿り着くことはできない。まさに「全員経営」でないといけない。何のために仕事をしているか、高い目的意識を持っている。これは「全員経営」の必須条件。


社長と常務とでは景色が違う。常務の時も言うべきことは言いましたが、やはり自分のラインを重視していました。社長は気持ちと責任範囲が違います。最後までやり遂げなければなりません。


社長になってから、創業者の飯田(亮)の言葉「もう5分考えろ」が、大変重要だと認識するようになりました。一旦考えても、実際もう一回考えると「あの判断は必ずしも正しくなかった」と思うことがときどきあります。結論を出しても、もう5分さらに考えることを、より意識するようになりました。


セコムには創業者の飯田(亮)の素晴らしい理念があり、「事業と運営の憲法」をつくっています。ここに「セコムの行う社会サービスシステムは、高度な技術に立脚した革新的最良のものでなければならない」と書いています。つまり、必要なのはイノベーションです。


(飯田亮・創業者は)元気で週に3~4日は出社しています。ほぼ毎日、私とも話をします。セコムを築き上げてきた人ですから、大変な経験と直観と知識を備えている。これはすごいものですよ。大変、勉強になりますね。ただ、何か「ああせい」「こうせい」と言われることはない。教えてもらうことが多いですね。


我々はお客様の安全・安心という大事なものを守っているわけです。その中には重要な情報があります。それを知っている人が別の会社でも働いているとお客様が知れば、どう思うでしょうか。働き方の多様性は必要です。そのことを最大限に尊重しつつも、副業については、「情報管理はセコムの本業そのものである」との考え方に照らしてなかなか難しいというのが、現時点での私の考えです。


しばらく前は、会社が社員を選んでいる時代でした。だから、退職する人が出ても、また採ればいいと考える。ところが、特にこの数年でフェーズが大きく変わりました。社員か会社を選ぶ時代になっているのです。そこで選ばれ続けるために、この会社は自分たちもやりがいがある、満足できる、自己実現できる、いい仲間もいるという会社でなければなりません。そのような会社であれば、志望者も増えるし、退職者も減っていきます。


単に人手不足を補う手段として、新しい技術を使っているわけではありません。何が真の競争力になるでしょうか。それは人財です。人を活かすために技術をとことん活用しようという考えです。最新鋭の技術により、省力化するところは省力化しますが、ホスピタリティなど人ならではの仕事は減るどころか増えてくると思っています。


社会から「セコムがあるから助かる」と思われる企業にしたい。「気付いたらセコム」というくらい、空気のように溶け込んで、30年後、50年後「セコムのおかげで助かった。ありがとう」と言ってもらえる会社、そしてお客様の潜在ニーズを常に先回りし、サービスを創造し、社会とともに持続的な成長を目指していきます。


中核を担うのが「あんしんプラットフォーム」です。セコムが培ってきた社会とのつながりをベースに、セコムと想いを共にする産官学などのパートナーが参加して、暮らしや社会に安心を提供する社会インフラで、一人ひとりの不安やお困りごとに対して、きめ細やかな切れ目のない安心を提供することで、多様化する安心ニーズに応えていきます。


社員が満足すればこそ良質な商品・サービスが提供でき、社会から信頼が生まれる。正の循環です。セコムの社員には、社会に役立ちたいという「セコムの想い」があります。「セコムのおかげでこんなに助かっている、ありがとう」と言われるのが一番の褒め言葉なのです。社員満足を原点とした全員経営、それによってしなやかで強い持続的成長をしていきたい。


社長就任後、すぐに社員に対してメッセージを打ち出しました。1つ目は従業員満足を原点にした全員経営で持続的成長を図ること。2つ目は「トンネルの先の光」という言葉を僕はよく使いますが、経営者が大きな方向を示すこと。3つ目はお客様の目に見えているニーズだけではなく、その後ろにある潜在的ニーズである「まだ見ぬ安心」を探り出して先読みして手を打っていくこと。


(社長と会長の交代は)社外取締役などいろいろな人の考え方があり、基本的には指名報酬委員会と取締役会で議論した結果です。その理由は一言、「将来のセコムの企業価値を向上させていくためには、ここで人心を一新した方がいい」。そこに尽きます。お二方の功績はもちろん大きい。それは認識した上で、将来を見たときに一新が必要だったということです。長い時間をかけて議論してきました。


創業者の飯田亮は、インターネットがなかった時代に専用回線を使い警備をネットワーク化しました。その意味では、当社は「IoT企業の先駆け」と言っても過言ではありません。最新技術という点では、人工知能を活用し、第一人者を自負している画像認識に磨きをかけています。たとえば、監視カメラが捉えた映像を人工知能で解析し、不審な行動をとる人物や群集の異常な状態を自動検出するシステムを開発。これによって、異常検出の精度と対応のスピードが飛躍的に向上しました。


一人ひとりの不安やお困りごとに対して、きめ細やかに応えていきます。一人ひとりというのは大事なポイントです。テクノロジーの進歩がそれを可能にしました。IoTやAIの進歩によって一人ひとりのニーズが細かく分かる。一方で新たなリスクも生じてきます。変わりゆく社会の中で、それらを捉えて、あるいは先んじて、変わらぬ安心を提供し続けます。そのために、セコムはこれからも変わり続けていきます。


当社は、最初は警備業として創業しましたが、社会に安全・安心を届けたいという強い想いから、根幹としてのセキュリティ事業、人の命を守るということで医療や健康分野、そして情報通信にもウイングを広げ、今では7つの事業セグメントがあります。これら複数事業分野の強みとかけあわせることで安全・安心で、快適・便利なサービスを、新たな社会システムとしてお届けしています。


セコムの強みは、全員経営が社風に馴染むということ。社会を良くしたいというセコムの想いは社員に浸透しています。休日でも、道端で倒れている人に出会ったら、近くのAED(自動体外式除細動器)を使って助けるなど、自然と身体が動いてしまう。それは根底に「社会に役立ちたい」、「人々に安心を提供したい」という想いがあるからで、それがセコムの強さです。また、危機の時にはセコムには「一家総出」という言葉があって、社員が一丸となって対応します。その求心力と集中力はすごいものがあります。


イノベーションを起こすために自由闊達なコミュニケーションがほとばしる、オープンな組織を目指す。


日本経済の活力を高めている主役は民間企業だと改めて思い「機会があれば民間企業でしかるべき役割を担いたい」と考えていた。

【覚え書き|日銀からセコムに転じたことについて】


中山泰男の経歴・略歴

中山泰男、なかやま・やすお。日本の経営者。「セコム」社長。神奈川県出身。東京大学法学部卒業後、日本銀行に入行。名古屋支店長、政策委員会室長などを経てセコムに入社。顧問、常務取締役、総務本部長などを経て社長に就任。