名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中山愼一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山愼一のプロフィール

中山愼一、なかやま・しんいち。日本の経営者。「ナカヤマ精密」社長。大阪出身。大学卒業後、大手製薬会社を経て中山精密工具(のちのナカヤマ精密)に入社。熊本統括責任者などを経て社長に就任。著書に『ヒューマシン・カンパニー 「人のような機械」と「機械のような人」が織りなす超精密加工の物語』。

中山愼一の名言 一覧

心がけているのは上から押しつけないこと。まずは自分で考え、判断してもらいたい。そのために挑戦しやすい環境を整えています。


ものづくりには、作ったことのないものに挑戦する面白さがあります。生み出すまでには様々な苦しみがあるからこそ楽しい。


人生は一度きり。何事も先延ばしにせず、その時に自分ができることを精一杯行っていけば誰しも成長できるはず。


「できないと言わない」が当社のモットー。


中山愼一の経歴・略歴

中山愼一、なかやま・しんいち。日本の経営者。「ナカヤマ精密」社長。大阪出身。大学卒業後、大手製薬会社を経て中山精密工具(のちのナカヤマ精密)に入社。熊本統括責任者などを経て社長に就任。著書に『ヒューマシン・カンパニー 「人のような機械」と「機械のような人」が織りなす超精密加工の物語』。

他の記事も読んでみる

村田昭治

いま日本は判断の難しい混迷のなかにあることは事実だ。そこで大事なことはリーダーが判断し、決断し、実行する、それへの自信だ。その自信は強固でなければならない。


ロバート・キヨサキ

「経済的自由」を手にしたいなら、お金に関して貧しい現実しか知らない人や、悲観的なことしか言わない人と付き合ってはならない。あなたの成功を手助けしてくれない人、あろうことかあなたの足を引っ張ろうとする人と付き合うには、人生はあまりにも短い。彼らは、「空が落ちてくる」と杞憂する人に等しい。


クリスティアン・クルツケ

革新を生み出すためには、どうすれば新しい時代を切り拓けるのかをつねに考え続けることが大切です。視野を広げて情報にアンテナを張りつつ、チャンスが訪れたときに機敏に動けなくてはなりません。


なぎら健壱

40代は、みなさん忙しいのはわかります。でもね、「入院してみろ」とは言わないけど、50代、60代、あとになってからアタフタしないように、40代で一度、何でもいいから自分にとってホッとできる時間を無理矢理にでも作ってね。これからの生き方を見直すというのは、利口なやり方なんじゃないかと思いますね。


羽生善治

これから日本がどうなっていくかはわかりませんし、わからないことは考えない。それは、思考をストップさせるという意味ではありません。わからなくても、とりあえず目の前で何かを選んでいかなくてはいけないし、進まなくてはいけないからです。


三橋規宏

最も重要なのは即断即決力である。「いったん本社に持ち帰って……」などと構えていては勝機を失ってしまう。


村上アシシ

フリーランスになる人は、最終的に自分のポートフォリオを組んだほうがいい。私の場合はコンサルタントと執筆に落ち着いていますが、今後はプラスアルファで投資したり、スモールビジネスを立ち上げたり別の方法でも稼げるようにしたいと考えています。これからの時代収入源を増やすというのは40代、50代を迎えるにあたって重要だと思います。


塚越友子(水希)

自己防衛のために責任逃れをするタイプへの対処方法は、周りが誰も尻拭いをせず、本人に責任を取らせるよう仕向けると効果的です。


赤羽雄二

ホワイトボードに記入する際の注意点は、会議参加者の発言を必ず具体的に書くということです。たとえば、ある課題に対して「新たな設備投資が必要で、コスト高になるので反対」という意見がでた時は、「コスト高で反対」と省略せずに必ず反対理由が分かるように記入してください。お互いの見解にズレがあると、議論をまとめる際に余計な時間がかかります。


三宅裕司

実は言うと、僕は30代半ばから後半にかけて、「俺たちひょうきん族」への出演のオファーをいただき、欽ちゃんファミリー入りを誘われたこともありました。芸能界で生き抜くという視点で考えれば、勢いのある番組に乗っていくのも選択肢のひとつだったかもしれません。でも、僕はどちらの誘いも断りました。スーパー・エキセントリック・シアターの座長でしたからね。みんな、三宅カラーを勉強していたのに、その座長が他の人のカラーに染まっちゃうというのは、劇団員に申し訳ないでしょう。


栗山英樹

うちみたいなトータルの年俸が限られているチームは、戦力を余らせるわけにはいかない。選手の能力を小分けにし、袋に詰め、来たるべき時に備えるのも、監督の仕事。


山内隆司

リーダーにとって最も大切なことは、正確に優先順位をつけて、優先順位の高い仕事から確実に手をつけていくことです。私はいま大成建設の社長という立場にいるわけですが、社長としても同様の考え方でいます。いま、会社にとってプラスになる仕事は何か。その度合いが、最も高いものから手をつけていこうとつねに考えています。