中山愼一の名言

中山愼一のプロフィール

中山愼一、なかやま・しんいち。日本の経営者。「ナカヤマ精密」社長。大阪出身。大学卒業後、大手製薬会社を経て中山精密工具(のちのナカヤマ精密)に入社。熊本統括責任者などを経て社長に就任。著書に『ヒューマシン・カンパニー 「人のような機械」と「機械のような人」が織りなす超精密加工の物語』。

中山愼一の名言 一覧

心がけているのは上から押しつけないこと。まずは自分で考え、判断してもらいたい。そのために挑戦しやすい環境を整えています。


ものづくりには、作ったことのないものに挑戦する面白さがあります。生み出すまでには様々な苦しみがあるからこそ楽しい。


人生は一度きり。何事も先延ばしにせず、その時に自分ができることを精一杯行っていけば誰しも成長できるはず。


「できないと言わない」が当社のモットー。


中山愼一の経歴・略歴

中山愼一、なかやま・しんいち。日本の経営者。「ナカヤマ精密」社長。大阪出身。大学卒業後、大手製薬会社を経て中山精密工具(のちのナカヤマ精密)に入社。熊本統括責任者などを経て社長に就任。著書に『ヒューマシン・カンパニー 「人のような機械」と「機械のような人」が織りなす超精密加工の物語』。

他の記事も読んでみる

山元峯生

国際線に進出して20年経ちました。我々にはまだ、当時の「追いつけ追い越せ」の一生懸命さが残っていると思います。


御手洗冨士夫

会社が始まるのは8時半ですが、7時には役員が全員そろっています。でも、これは私が始めたことではなく、朝会というキヤノンの伝統です。それで、7時45分くらいには役員会議室に集まってきて、8時半まで意見交換をする。


斉藤由多加

音声認識しない言葉には、シーマンが逆ギレします。ユーザーに責任転嫁する発想で、認識率の低下という問題を解決しました。


唐池恒二

トップが夢を語り、それを全員で共有する。「夢見る力」で目標へと向かうことで、エネルギーが湧き上がってくる。


本田健

不安だからこそ、挑戦してみたい。「できるかどうか」が分からないから、ドキドキするし、面白く感じる。この不安を「よし、やってやるぞ」とエネルギーに変えることが重要。


吉山勇樹

「ワークライフ・バランス」という言葉がありますが、私は「ワークライフ・シナジー」だと考えています。つまり、仕事がうまくいけば私生活もうまくいくし、その逆も成り立つ、という相乗効果の関係にあるわけです。


知識賢治

プロジェクトを進めるとき、他部署の人間と意見がぶつかったとします。そのとき、目線が低い人は、「理解してくれない相手が悪い」と考える。そして、「自分のやるべき仕事はやった」と勝手に満足するわけです。でも、私にいわせれば、それは相手に腹落ちさせられなかったことを相手のせいにしているだけです。目線が高い人は、あくまでプロジェクトを成し遂げるために、相手がわかってくれなければ、何度も話し合いを続ける努力をしたり、「ここはいったん引いて、別の機会につなげよう」と戦略を練ったり、ときには土下座するくらいのことをしてでも結果を出そうとするでしょう。


安達洋

外資系企業に勤めたとき、ある日本人上司はカタカナ英語丸だしでした。そのぶん、彼の英語は主語と述語が明確で、「結論→理由」という論理構造もクリアでした。カタカナ英語で、いつもスムーズに交渉を進めていたのを覚えています。英語はパソコンと同様、仕事を進めるための道具にすぎません。大事なのはどれだけ流暢に話すかではなく、それを使ってどんな成果を出すかです。


金丸恭文

当然、チャンスを与えれば、一定の失敗と一定の成功が出てきます。でも失敗したとしても、最初なら小さな失敗で済ませることができます。そして成功すれば、次にもっと大きなチャンスを与える。そうやって、今の実力以上の仕事を任せることで、個人のスキルやノウハウがストレッチされていく。その繰り返しです。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

エラい人間ではなく、立派な人間になることだ。部下に対して上司がエラい人間になるのは簡単なんだ。そもそも地位が上なんだから、エラそうにするための努力は必要ない。そして、エラそうに接すれば、部下も従うと短絡的に考えている上司が現実にたくさんいる。だけど、エラいだけじゃ人はついてこない。心から尊敬されるのは、エラい人間ではなく、立派な人間なんだ。部下から立派な上司だと思われていれば、絶対にナメられたりなんかしないはずだよ。


高宮勉(髙宮勉)

今まで取り逃がしていた市場を埋めていけば、まだまだ事業は拡大できる。


井上明美

状況にふさわしい言葉や表現を使っている、年齢にふさわしい言葉遣いができている、使っている敬語や慣用句が、その人の一部になっている、そのような人には教養を感じる。


酒巻久

一回の提案だけで企画がすんなり通ることはほとんどありません。上司はいろいろと問題点を指摘して、最初はその提案を突き返すものです。けれども、それでもめげずに指摘された点を改善したうえで、2回、3回と提案を持ってこられたら、「やってみたまえ」となるわけです。


オリバー・ストーン

教育レベルが高いのに就職ができないのは、教育・就職システムに問題があるのでしょう。ただ、若い人たちにも融通が利かないところもあるのでしょう。たとえば、「大学を出たから一流の企業に就職しなければならない」というように考えるのではなく、もっと柔軟な思考を身につけるのも大切なことだと思います。


吉川美代子

人が一度に処理しきれる情報量は多くありません。それなら「最も伝えたいことは何か」を絞る。それを意識するだけで、伝える力は高まります。


ページの先頭へ