名言DB

9490 人 / 112001 名言

中山悠の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山悠のプロフィール

中山悠、なかやま・ひさし。日本の経営者。明治乳業社長・会長。福岡県生まれ。北海道大学農学部を卒業し、明治乳業へ入社。常務、東京支社長を経て社長。社長就任時から牛乳のおいしさを追求することを提唱。「明治おいしい牛乳」を発売し、同製品を牛乳のトップブランドに押し上げた。それまで業界トップだった雪印乳業を追い抜き、明治乳業を業界最大手へと飛躍させた経営者。日本乳業協会会長なども務めた

中山悠の名言 一覧

いままさに日本の乳業の競争環境はこうなると思った通りになりました。世界の大企業は市場支配を広げようと国境を越え統廃合に動いている。変化が激しいから先が見えたんです。波もなく平穏だと、逆に将来予測が難しい。5年後も変わっていないのでは社員を鼓舞できません。


「おいしい牛乳」は搾ってすぐの風味をおいしさと定義し、特許技術の裏付けもあるが、商標にはなりません。製品は類似品が出ないようにするのが原則で、私は商標登録できるネーミングをと、かなり言いましたが、それを上回る若い人の熱意に押し切られてしまいました。
【覚書き|自己と他人の商品・サービスとを区別することができない名称は商標登録できない】


牛乳はコップに注いだらどこのメーカーかわからないと言われましたが、一昨年全国発売した「明治おいしい牛乳」は消費者に違いを分かっていただけた。コマーシャルで流したら怒られますけど、一番うれしかったのは、嗅覚の鋭い犬に選ばせると必ず「おいしい牛乳」を飲むんですよ。それほど味覚がフレッシュということ。デフレでも高い値段を維持し、2003年度の販売額は6割伸び、まだ増えます。


「新しい時代が来るよ。すべて変わらないと駄目だね」とただ漠然に言っても、社内はなかなか動きません。そこで、工場のプロジェクトチームに言いました「コスト3分の1の工場を作ろうじゃないか。おまえたち、好きなものを作ってみろよ。明治乳業で俺はこの仕事をしたんだと言えるものを」と。そうして突破口が開けました。新しいものを作る。創造する。その仕事がうねりとなって会社全体を動かしていく。それは喜びだし、生きがいです。末代まで言えます。


中山悠の経歴・略歴

中山悠、なかやま・ひさし。日本の経営者。明治乳業社長・会長。福岡県生まれ。北海道大学農学部を卒業し、明治乳業へ入社。常務、東京支社長を経て社長。社長就任時から牛乳のおいしさを追求することを提唱。「明治おいしい牛乳」を発売し、同製品を牛乳のトップブランドに押し上げた。それまで業界トップだった雪印乳業を追い抜き、明治乳業を業界最大手へと飛躍させた経営者。日本乳業協会会長なども務めた

他の記事も読んでみる

似鳥航一

生きていくことは時間を積み重ねていくことであり、時間とは経験であり情報であり記憶です。嫌な経験でも、つらい記憶でも、それらがないよりはあった方がいいと思います。苦しかったことも楽しかったことも、いろんなものが混在して積み重なって人生を形づくっていく。そして、どんなにつらいことがあっても人生は最先端が一番いい。そんな自分の実感も反映されていますね。


ドナルド・トランプ

どんな業界であろうと、誰にでもターゲット市場というものがあり、対象がどんな層かは重要である。


ショーンK

上司からの「おまえは向いていないから、コンサルタントを辞めたほうがいい」という忠告を、当時の私は、納得することも、否定することもできませんでした。本当にそのとおりなのか考えようにも、まだ若くて考えられなかったのです。そこで私は、とにかく、今、自分ができることに意識を集中させました。


樺沢紫苑

自殺する人の7割は誰にも相談していない。自殺のほとんどは孤独と絶望が原因。絶望しても相談する人が1人でもいれば自殺はしない。


安原弘展

残業だけでなく、無駄な会議や余分な書類を減らしていくことも重要です。ある社員が言っていたのですが、以前からつくるのが習慣になっていた書類について、本当に必要なのかどうか疑問に思い、試しにつくるのをやめてみたそうです。そのうち指摘されるかと思ったら、誰も気づかないままだった。ということで、その書類はなくなりました。そういう無駄が減れば減るほど、生産性は高まっていきますよね。


伊東信一郎

アジアでナンバーワンになり、世界における知名度を高めるには、安全運航、定時運行はもちろん、機内・機外におけるサービスの質を向上させることで顧客満足度を高め、「乗るならANA」と言ってもらうことです。そういう人が増えていけば利益は自然についてきます。こうしたサイクルを地道に回しつつ、ときにはアッと驚くプロダクトを投入するのです。


三国大吾

「自分の最愛の人に対して行える治療」こそが最善の治療。仮に高い技術をもつ歯科医が最先端の治療を行うとしても、最先端であるだけに不確定な要素をはらんでいます。それでは必ずしも最善とは言い切れません。大切なのは、リスクとベネフィットのバランスで、その基準が「最愛の人に対して行えるかどうか」。


守屋淳

『十八史略』には唐代の名宰相・婁師徳(ろうしとく)が残した「唾面自乾(だめんじかん)」という言葉が収められています。顔に唾を吐きかけられたとき、顔を拭えば相手の怒りを買うかもしれないから乾くまで笑って待て、という教えです。怒りに身を任せて、「倍返しだ!」と叫んでも、現実には殺されておしまい。我慢や忍耐は、生き残るための処世術です。表面ではひたすらニコニコ笑いながら、復讐のチャンスをじっと待つ。中国の古典はそう教えています。


森川亮

チーム作りを考える時、私はいつもサッカーをイメージします。まずリーダーが選手として得点を入れなければならない。自分のドリブルで相手のディフェンスを突破できないなら、チームの他のメンバーにパスする。そのパスをきちんと受け取れる人を育てるか、よそのチームから引き抜く必要があります。リーダーは監督だと思っている人もいるかもしれませんが、リーダーは選手です。リーダーシップとマネジメントの違いはその点にあります。マネジメントは、自分はベンチに座っていて、選手に動いてもらう監督型です。しかし、今の時代は変化が早いので、自ら試合に出て動きながら、他のメンバーに指示するタイプでないと、なかなか得点できないでしょう。


佐藤隆太

現場に入って、多くの人から刺激をもらえるのが嬉しい。今回の映画では麻生久美子さんや子役の土師野隆之介君にも本当にいい刺激をもらいました。


マハトマ・ガンジー

私は生きんがため、奉仕せんがために食べる。また、たまたま楽しむために食べることがあっても、快楽を追求するために食べるわけではない。


猪子寿之

東京はシンガポールなどアジアの強力なライバルに対抗していかなくてはなりません。五輪はその東京が、世界との接点を深める瞬間になります。日本では特に、地方に歴史と文化が根付いた素晴らしい場所が点在しており、その多くはアクセスがいい。人が能動的に動く楽しさに気づき始めたという事実を受け止め、日本の入り口の一つとなる東京が新しい流れをどんどん取り入れていくべきです。