名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中山悠の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山悠のプロフィール

中山悠、なかやま・ひさし。日本の経営者。明治乳業社長・会長。福岡県生まれ。北海道大学農学部を卒業し、明治乳業へ入社。常務、東京支社長を経て社長。社長就任時から牛乳のおいしさを追求することを提唱。「明治おいしい牛乳」を発売し、同製品を牛乳のトップブランドに押し上げた。それまで業界トップだった雪印乳業を追い抜き、明治乳業を業界最大手へと飛躍させた経営者。日本乳業協会会長なども務めた

中山悠の名言 一覧

いままさに日本の乳業の競争環境はこうなると思った通りになりました。世界の大企業は市場支配を広げようと国境を越え統廃合に動いている。変化が激しいから先が見えたんです。波もなく平穏だと、逆に将来予測が難しい。5年後も変わっていないのでは社員を鼓舞できません。


「おいしい牛乳」は搾ってすぐの風味をおいしさと定義し、特許技術の裏付けもあるが、商標にはなりません。製品は類似品が出ないようにするのが原則で、私は商標登録できるネーミングをと、かなり言いましたが、それを上回る若い人の熱意に押し切られてしまいました。
【覚書き|自己と他人の商品・サービスとを区別することができない名称は商標登録できない】


牛乳はコップに注いだらどこのメーカーかわからないと言われましたが、一昨年全国発売した「明治おいしい牛乳」は消費者に違いを分かっていただけた。コマーシャルで流したら怒られますけど、一番うれしかったのは、嗅覚の鋭い犬に選ばせると必ず「おいしい牛乳」を飲むんですよ。それほど味覚がフレッシュということ。デフレでも高い値段を維持し、2003年度の販売額は6割伸び、まだ増えます。


「新しい時代が来るよ。すべて変わらないと駄目だね」とただ漠然に言っても、社内はなかなか動きません。そこで、工場のプロジェクトチームに言いました「コスト3分の1の工場を作ろうじゃないか。おまえたち、好きなものを作ってみろよ。明治乳業で俺はこの仕事をしたんだと言えるものを」と。そうして突破口が開けました。新しいものを作る。創造する。その仕事がうねりとなって会社全体を動かしていく。それは喜びだし、生きがいです。末代まで言えます。


中山悠の経歴・略歴

中山悠、なかやま・ひさし。日本の経営者。明治乳業社長・会長。福岡県生まれ。北海道大学農学部を卒業し、明治乳業へ入社。常務、東京支社長を経て社長。社長就任時から牛乳のおいしさを追求することを提唱。「明治おいしい牛乳」を発売し、同製品を牛乳のトップブランドに押し上げた。それまで業界トップだった雪印乳業を追い抜き、明治乳業を業界最大手へと飛躍させた経営者。日本乳業協会会長なども務めた

他の記事も読んでみる

大川隆法

経営者は、矛盾する性格を持っていなければ駄目です。大胆にやるべきときには大胆にやらなければいけないし、不動心を持ち、「動かざること山のごとし」で、じっと耐える力も要ります。しかし、「機を見るに敏」で、即時対応していく変化の速さも要るのです。


小川栄一

昔は学問がなくても立派な人間がいた。私はここで世の親御さんにお願いしたいのは、名をあこがれ、無理に子供を有名校に入れて、その魂を殺すよりも、子供の精神がのびのびと成長するよう心がけるべきだということである。私が世に出て感じたことは、いわゆる大学での秀才のみが社会のために尽くしているのではなくて、目に一丁字のない人がいかに世のため、人のためになっているかであった。


佐々木蔵之介(俳優)

過去をふり返って、「こうしておけばよかった」「こうだったら」と思うことは全くないです。どれだけ遠回りしても、今があるのはやっぱり過去があったからですし、無駄があったなら、それもいいじゃないかと。


森正文(経営者)

営業するときに断られた先で「おたくのライバルはどこですか?」と尋ねて、Aホテルだと聞くと、今度はすぐにそちらを口説きました。その結果、ライバルホテルが僕らのサイトに登録すると、それを見て最初は断ったホテルも、その気になったりします。最初は思いつきでやったことですが、いろいろなホテルに登録してもらいました。


金井政明

それぞれの会社がどんな思想を持っていて、どんなことに役に立っていくかということを社員が共有していることがすごく大事。だから私はずっと「中小企業」でいたいと言っています。風通しが良くて、社員が「無印って何だろうね」と言いながら一生懸命働くような中小企業の精神を維持したい。


貞末良雄

前に読んだ本に「驚愕のマーケティング」という言葉がありました。こんなにいいものが、この値段で買えるのかと驚くような商品をつくれば、事業は成功するという考え方でした。自分たちのシャツの良さがわかってもらえれば、絶対に売れると信じていました。
【覚書き|創業当時、自社のシャツがほとんど売れなかった時代を振り返っての発言】


江上治

一流ホテルに自腹で泊まってみるのもいいでしょう。帝国ホテルやリッツ・カールトンのサービス品質について書かれた本はありますが、本を読むだけでなく、実際に体験してみることで、一流とは何かの実感値を蓄積していくことができます。


石原明

たとえば100社すべてのお客様に手厚く接しろといわれても現実的に無理。2対8の法則じゃありませんが、利益を生み出すのは2割くらい。ですから、極端な話、残り8割は捨てる気持ちでいい。


小林義雄(経営者)

私が教えているのは心のサービスです。物を贈ったりしても限界があります。やはり誠意を持ってお客様に尽くすことこそ営業だと思うのです。ですから、己を売ってから商品を売る。会社は最後に売ればいいのです。


星野佳路

こだわりに立脚していれば、サービスのコモディティ化を避けることができます。


渡瀬謙

初対面の際に忘れがちだけど重要なこと、それは「遅刻しないための準備」です。約束の時間に遅れそうになり、汗を流しながら駆け込む。初対面であるうえにこんな状況では、まともに話せるわけがありません。


藤原健嗣

普通、多角化というと、本流の人から見ると飛び地です。うちの場合はいろんなことをやっていて、主流意識が薄いせいか、自分たちのところに全力投球できます。