名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中山悠の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山悠のプロフィール

中山悠、なかやま・ひさし。日本の経営者。明治乳業社長・会長。福岡県生まれ。北海道大学農学部を卒業し、明治乳業へ入社。常務、東京支社長を経て社長。社長就任時から牛乳のおいしさを追求することを提唱。「明治おいしい牛乳」を発売し、同製品を牛乳のトップブランドに押し上げた。それまで業界トップだった雪印乳業を追い抜き、明治乳業を業界最大手へと飛躍させた経営者。日本乳業協会会長なども務めた

中山悠の名言 一覧

いままさに日本の乳業の競争環境はこうなると思った通りになりました。世界の大企業は市場支配を広げようと国境を越え統廃合に動いている。変化が激しいから先が見えたんです。波もなく平穏だと、逆に将来予測が難しい。5年後も変わっていないのでは社員を鼓舞できません。


「おいしい牛乳」は搾ってすぐの風味をおいしさと定義し、特許技術の裏付けもあるが、商標にはなりません。製品は類似品が出ないようにするのが原則で、私は商標登録できるネーミングをと、かなり言いましたが、それを上回る若い人の熱意に押し切られてしまいました。
【覚書き|自己と他人の商品・サービスとを区別することができない名称は商標登録できない】


牛乳はコップに注いだらどこのメーカーかわからないと言われましたが、一昨年全国発売した「明治おいしい牛乳」は消費者に違いを分かっていただけた。コマーシャルで流したら怒られますけど、一番うれしかったのは、嗅覚の鋭い犬に選ばせると必ず「おいしい牛乳」を飲むんですよ。それほど味覚がフレッシュということ。デフレでも高い値段を維持し、2003年度の販売額は6割伸び、まだ増えます。


「新しい時代が来るよ。すべて変わらないと駄目だね」とただ漠然に言っても、社内はなかなか動きません。そこで、工場のプロジェクトチームに言いました「コスト3分の1の工場を作ろうじゃないか。おまえたち、好きなものを作ってみろよ。明治乳業で俺はこの仕事をしたんだと言えるものを」と。そうして突破口が開けました。新しいものを作る。創造する。その仕事がうねりとなって会社全体を動かしていく。それは喜びだし、生きがいです。末代まで言えます。


中山悠の経歴・略歴

中山悠、なかやま・ひさし。日本の経営者。明治乳業社長・会長。福岡県生まれ。北海道大学農学部を卒業し、明治乳業へ入社。常務、東京支社長を経て社長。社長就任時から牛乳のおいしさを追求することを提唱。「明治おいしい牛乳」を発売し、同製品を牛乳のトップブランドに押し上げた。それまで業界トップだった雪印乳業を追い抜き、明治乳業を業界最大手へと飛躍させた経営者。日本乳業協会会長なども務めた

他の記事も読んでみる

ケリー・マクゴニガル

「この仕事、おっくうだな」と思う瞬間が私にもあります。そんな時、「この仕事が思いやりのある教師、助言者になるという目標を達成するために私を鍛え、導いてくれる」と考えるようにしています。学生の成績をつけたり、講演のために出張することは苦痛でしたが、今では、心からエンジョイしながらやれるようになりました。


土岐大介

トーク中にその場でいい返答ができなくても、次回までに調べて相手が興味を持つことができる話題を伝える。そうすれば、相手は「自分のことを気にかけてくれている」と感じ、信頼閻係も一段高くなるかもしれません。トークの内容が取引に関わるストライクゾーンではないからこちらに関係ない、と判断するのではなく、ボール1~2個分外れたような、言ってみれば相手の趣味や好き嫌い、時事ニュースなどの話題でも、ファウルでもいいからなんとか打ち返せるように普段から準備しておくといいでしょう。


大塚寿

20代の頃に意識的に取り組んでほしいのは、実務、勉強、実務、勉強、実務……というサンドイッチ構造の重層的な学びです。著作で新しいノウハウをインプットし、実地に生かし、その後その実地体験を著作で確認しつつ、また新しいノウハウを吸収する。その循環を続けることがビジネスパーソンとしての器をより大きなものにしてくれるはずです。


竹中平蔵

やはりトップの姿勢が大事。リーダーは将来を洞察する力があると同時に、従業員など組織関係者に自分の考えを明確に伝え、説得する力が重要になります。今の優れた経営者はみんな話がとても上手です。


和田裕美

日経新聞を隅から隅まで読んで、みんなと同じ情報を持っていても、話は弾まない。それよりも、心に引っかかった「ワンフレーズ」や、「本に書かれていたエピソード」などを一つでもいいので覚えておいて、いつでも話せるようにしたほうがいい。一つでもすごく詳しく語ると、みんな感心して、「よく勉強している」と勝手に誤解してくれる。


朝倉孝景(朝倉敏景)

我も一個の人間として、不思議に今日まで生きながらえて、かく国を握って立つようになったが、その間、日夜を分かたい工夫努力をし、ある時は諸方からその道の達人を集めて、その語るのを聞き、つねに怠らぬ注意をして、今に至っている次第である。


渡辺良機

私は先代のビジネスモデル(単品で困っている会社のお役に立つ、量は追わない、付加価値を追求する)を迷うことなく、一途に、どう維持するかに徹してきた。今あるのはその結果に過ぎない。


永江朗

「よき相談相手に恵まれない」という悩みを持っているなら、周囲を見回して、よき相談相手に恵まれている人、つまりは周囲と良好な関係を築けている人を探してみましょう。彼の人気の理由を分析してみると、人から好かれる理由がわかるはず。要は、それを自分自身が実践できるかどうか。


宮内義彦

1980年代前半の海運不況で船舶のリース事業が大打撃を受けたことがあります。リース料が回収できずに不良債権化し、ほかの金融機関が船を売却処分していく中で、私は「売るな、自分で船を動かせ」と指示しました。同時に、今で言う減損処理にも踏み切っています。海運市況は不動産と比べて好不況のサイクルが短いので、数年我慢すれば再び戻る。その間は所有しながら船の運航管理のノウハウを蓄積し、市況が戻った時に船を売却すればいいと思ったのです。減損処理をした以上、後はアップサイドしかありませんから。一般的には、思い切って損切りして終わりにするのでしょう。ただ、それだけでは後に何のノウハウも残らない。簡単に諦めてはいけません。


松田公太

ジョイント・コーポレーション方式(複数の大口出資者を募って会社を作る方式)には私の会社に対する考え方が込められていた。創業者として会社を後々まで支配することを考えれば、株式会社の資本金として最低限の一千万円で立上げ、私の出資比率をもっと高める方法もあった。しかし、私は協力関係にある企業と一緒に成長していくべきだと思った。また、そうした企業に出資してもらえば、彼らもタリーズの将来を本気で考えてくれるはずだ。


筒井康隆

僕はパンの中でもバケットが一番好きなんです。そのバケットを、「エッ!」とビックリするほどリアルな腕の形にしたら「面白いだろうな」と、前から考えていたんですよ。掌から指の一本一本までをキッチリ形造って。でも、それだけじゃ小説になりませんからね。「なんかとくっつけなきゃな」と思っていたら、昔からずっと頭の片隅に居座っていた「神」というテーマが降りてきて、『モナドの領域』という作品に結びついていったんです。


中鉢良治

情報のストックには、できればパソコンではなく、手書きをお勧めしたい。手を動かすと記憶に残るし、書き写すときに丸写しは面倒なので、自然と情報を取捨選択することになる。この過程で情報が自分のものになります。