名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

中山廣男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山廣男のプロフィール

中山廣男、なかやま・ひろお。海外の超一流企業向けの金属文字の転写シールなどで知られるテフコ青森の創業者。青森県出身。神奈川大学法学部貿易学科卒業後、伊藤忠商事に入社。その後、旺電舎で取締役製造本部長・営業本部長などを務めたのち、49歳でテフコ青森を創業。主な受賞に文部科学大臣賞、黄綬褒章ほか。

中山廣男の名言 一覧

研究開発理念8カ条

  1. 思いこみは捨てよ。
  2. 思いつき(ひらめき)を拾え。
  3. やらぬ後悔よりやった後悔が良い。
  4. 発明や開発は常識の裏にある。
  5. 不良の山に宝ある。
  6. 研究開発はエンドレス、常にその時がスタートである。
  7. 満足したときにその技術はストップする。
  8. 過去の栄光はその瞬間で終わっている。

学問は過去の知識の集積であることから新しい発見や開発には役立たないどころか障害になることもある。何かに取りつかれたように、誰も見向きもしないテーマに取り組み、無駄とも思われる実験や試作を黙々と積み重ねる中から開発が生まれる。失敗の積み重ねが生きた学問である。


会社経営の究極の目的は何なのかと問われたら「新しい製品を創る」ことだと答えます。


伊藤忠兵衛さんも松下幸之助さんも、業種は違えども、自分の足でコツコツと商品を売りに回ったことでは同じ。基本中の基本です。


中山廣男の経歴・略歴

中山廣男、なかやま・ひろお。海外の超一流企業向けの金属文字の転写シールなどで知られるテフコ青森の創業者。青森県出身。神奈川大学法学部貿易学科卒業後、伊藤忠商事に入社。その後、旺電舎で取締役製造本部長・営業本部長などを務めたのち、49歳でテフコ青森を創業。主な受賞に文部科学大臣賞、黄綬褒章ほか。

他の記事も読んでみる

原田まりる

他人の批判を恐れずに受け入れ、常に自分を変化させていかないと人は成長しない。もちろん、批判を受け入れるといっても、それに無批判に従うのではなく、相手の意見が自分と違えば、はっきりと「違う」と言っていい。


林成之

人間は結果を求めると、持てる能力を十分に発揮できなくなります。スポーツでいえば、敵に勝とうと思った瞬間、能力にブレーキがかかります。脳の持つ根源的な本能に反するからです。


樫尾和宏

作るべきは、ブームではなく文化。


濱逸夫

今までは、マーケティング部門が考えた売り方で、そのまま商談をする営業も多かったのですが、今ではそれぞれの営業が自分たちの取引先が何を求めているかを真剣に考えて、独自の提案ができるようになってきました。それで実績が出ると、販売店から棚割りを任されて自信が湧くんですよ。


藤井孝一

投資や副業をやると言ったら、家族や友人は反対するものです。「どうせうまくいかないよ」と。くじけそうになったときのために、ネットやセミナーで仲間をつくっておくことをおすすめします。


渥美育子

「日本がどう見られているのか、日本はどうすべきか」といった感覚は小学生から身につけてほしい。小さい時から易しい言葉で理解しておくと、後は道具である英語や専門性さえ勉強すればグローバル人材になれます。


武藤真祐

キャリアを捨てて心配なかったのかと聞かれることは多いんですけど、全くそれはないんです。むしろやりたいことを追求できなかった時の怖さの方がある。


鈴木修

振り返ってみれば1980年をはさむ数年間に、いまのスズキの原型をつくったと言ってもよいでしょう。とにもかくにも、がむしゃらに前だけを見て走ってきたのです。30年後のスズキを考える余裕などまるでありませんでした。クルマに例えてみれば設計図があったわけでもありません。明確な経営戦略や戦術が当時の私にあったはずもありません。それこそ我流というか、無手勝流でした。


秋元康

同じことをして勝てないものは、やるべきではない。そこにパテント(特許)なり何かがないと簡単に逆転されてしまう。


堀之内九一郎

ものをひとつ売ったら、客が一回来たら、それでおしまいではなく、それをいかに続けていくかを考えていきます。新規開店で出血サービスをしても、あとが続かないのは、最初だけ客が来れば、自然と次も来てくれると考えるからです。けれど、普段の接客の中で、一人の客をいかに次につなげるかを考える。それがシステム作りなのです


大江英樹

目先の損得を気にする人ほど、損をしやすい。


中村獅童(二代目)

先輩方の姿を見てきたから、僕も常にチャレンジ精神を失わないようにしています。古典を守りつつ、自分たちの世代だからこそできる新しいことを探さないといけないと思う。