名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中山廣男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山廣男のプロフィール

中山廣男、なかやま・ひろお。海外の超一流企業向けの金属文字の転写シールなどで知られるテフコ青森の創業者。青森県出身。神奈川大学法学部貿易学科卒業後、伊藤忠商事に入社。その後、旺電舎で取締役製造本部長・営業本部長などを務めたのち、49歳でテフコ青森を創業。主な受賞に文部科学大臣賞、黄綬褒章ほか。

中山廣男の名言 一覧

研究開発理念8カ条

  1. 思いこみは捨てよ。
  2. 思いつき(ひらめき)を拾え。
  3. やらぬ後悔よりやった後悔が良い。
  4. 発明や開発は常識の裏にある。
  5. 不良の山に宝ある。
  6. 研究開発はエンドレス、常にその時がスタートである。
  7. 満足したときにその技術はストップする。
  8. 過去の栄光はその瞬間で終わっている。

学問は過去の知識の集積であることから新しい発見や開発には役立たないどころか障害になることもある。何かに取りつかれたように、誰も見向きもしないテーマに取り組み、無駄とも思われる実験や試作を黙々と積み重ねる中から開発が生まれる。失敗の積み重ねが生きた学問である。


会社経営の究極の目的は何なのかと問われたら「新しい製品を創る」ことだと答えます。


伊藤忠兵衛さんも松下幸之助さんも、業種は違えども、自分の足でコツコツと商品を売りに回ったことでは同じ。基本中の基本です。


中山廣男の経歴・略歴

中山廣男、なかやま・ひろお。海外の超一流企業向けの金属文字の転写シールなどで知られるテフコ青森の創業者。青森県出身。神奈川大学法学部貿易学科卒業後、伊藤忠商事に入社。その後、旺電舎で取締役製造本部長・営業本部長などを務めたのち、49歳でテフコ青森を創業。主な受賞に文部科学大臣賞、黄綬褒章ほか。

他の記事も読んでみる

岡島悦子

戦後の大物経営者は、戦争や投獄、大病によって成長したといわれます。戦争も投獄もなかなか体験できないいま、大病をすることが逆境を乗り越える力を与えてくれるかもしれません。産休のようなものと考えれば、半年くらいの入院は十分に挽回可能。むしろ仕事から離れ、自分を客観視するいい機会ととらえるべきです。


橘フクシマ咲江

人は、あなたが思うほど、あなたの話を正確に聞いてくれていないし、理解してくれてもいないものです。相手に自分の思いを伝えたいなら、わかってもらえるように努力することが不可欠です。


斉藤定一

時代や社会の変化に対応し、絶えず前進することが必要なのです。(経営再建終了後)すべてのステークホルダーのために、常に成長を続ける会社を目指しました。


能村龍太郎

発明家の多くが貧乏なのは、世の中のニーズというものを考えてないからです。どんなに画期的な良いものでも、人が求めていないものは商品としての価値がないのです。会社の経営も発明も、その点では全く同じで、ニーズに敏感でないとやってはいけない。


大澤成行

たとえいまは成果をあげていない人でも、会社は耐え忍んで彼らを育てていかなければなりません。


大西洋

伊勢丹が商品にこだわっていた理由は、立地という要因も大きく影響しています。伊勢丹は新宿のどの百貨店よりも駅から遠い。ですから、ほかにない商品を提供することで「伊勢丹」というブランドを確立し、そのブランド力で「わざわざお越しいただけるお店づくりを目指す」という強い思いが、伊勢丹のDNAとして刻まれていたのだと思います。


安原弘展

創業理念である「女性を美しく」とか「相互信頼」といった根幹の部分はしっかりと守りながら、「働き方」とか、「お客様とどのような関係をつくっていくか」という部分について、よりよいかたちに変えていこうとしているところです。これは経営をしていく上で、ごく当たり前のことだと思っています。


家次恒

お客様から言われたことを、すぐやるのはダメです。A先生はこれがいいと、B先生はこれが嫌だと。それぞれ求めていることが全然違うのですから、両方にいい顔をすると両方に嫌われる。そうではなくて、Cという違うものを考えろということです。お客様の期待を超えて、「これが欲しかったんだよ」と言わさないといけないのです。単なるご用聞きで、顧客ニーズを全部集めて、それを分析したら大丈夫という話ではない。


中山秀征

僕自身まだまだ目標を目指した山登りの途中。最終的にどんな景色が見えるのかは、登りきってみないとわからない。50代、60代が楽しみです。


吉田松陰

世の中のことは、何であっても、全て自分の望み通りになるということは大変難しい。


クリスティン・エドマン

好きな言葉は「Reach for the stars」です。本気で願い努力すれば、星にだって手が届く可能性がある。つまり、人には無限の可能性があるという意味。夢を持つことはとても重要だと思う。


本田宗一郎

僕らの若い頃も「いまどきの若い奴らは……」とよく言われたよ。でも、こんなものそれほど気にすることはないよ。結局、若い時に何をしたかが大事なんじゃないか。