名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中山廣男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山廣男のプロフィール

中山廣男、なかやま・ひろお。海外の超一流企業向けの金属文字の転写シールなどで知られるテフコ青森の創業者。青森県出身。神奈川大学法学部貿易学科卒業後、伊藤忠商事に入社。その後、旺電舎で取締役製造本部長・営業本部長などを務めたのち、49歳でテフコ青森を創業。主な受賞に文部科学大臣賞、黄綬褒章ほか。

中山廣男の名言 一覧

研究開発理念8カ条

  1. 思いこみは捨てよ。
  2. 思いつき(ひらめき)を拾え。
  3. やらぬ後悔よりやった後悔が良い。
  4. 発明や開発は常識の裏にある。
  5. 不良の山に宝ある。
  6. 研究開発はエンドレス、常にその時がスタートである。
  7. 満足したときにその技術はストップする。
  8. 過去の栄光はその瞬間で終わっている。

学問は過去の知識の集積であることから新しい発見や開発には役立たないどころか障害になることもある。何かに取りつかれたように、誰も見向きもしないテーマに取り組み、無駄とも思われる実験や試作を黙々と積み重ねる中から開発が生まれる。失敗の積み重ねが生きた学問である。


会社経営の究極の目的は何なのかと問われたら「新しい製品を創る」ことだと答えます。


伊藤忠兵衛さんも松下幸之助さんも、業種は違えども、自分の足でコツコツと商品を売りに回ったことでは同じ。基本中の基本です。


中山廣男の経歴・略歴

中山廣男、なかやま・ひろお。海外の超一流企業向けの金属文字の転写シールなどで知られるテフコ青森の創業者。青森県出身。神奈川大学法学部貿易学科卒業後、伊藤忠商事に入社。その後、旺電舎で取締役製造本部長・営業本部長などを務めたのち、49歳でテフコ青森を創業。主な受賞に文部科学大臣賞、黄綬褒章ほか。

他の記事も読んでみる

藤巻幸夫(藤巻幸大)

最初から面白い仕事なんか世の中にはないんだよ。どんな仕事だって、最初はつまらない作業の連続。その作業を積み重ねてきた人間だけが、創造的な仕事を切り拓いていけるようになる。


太宰俊吾

ビジネスはやはり持ちつ持たれつです。現地の声を聞き入れ、お互いの利益につながる事業を展開することが我々の役目であり、それが成功のカギでしょう。


永守重信

M&Aをするときに絶対に必要なのは技術があるかどうかです。技術とは蓄積なのでどうしても最低、10年はかかります。建物や設備はお金を掛ければできますし、社員の意識改革も1年あれば十分です。大事なのはやはり技術ですね。


天谷雅俊

私が初めて『三国志』を手にしたのは、いまから20年ほど前、住友金属工業の薄板営業部長の職にあり、吉川英治歴史時代文庫シリーズが刊行されたときです。全八巻を一気に読破しました。第一に人物眼が養えます。さらに、顧客のもとに足しげく通い、じっくり話し込みながら頭の中でめぐらせている戦略思考が鍛えられます。商社マンに限らず、ビジネスマンにとって必読の書といっていいでしょう。


常見陽平

「この会社では好きなことができません」と言っている若者には、「そんなの当たり前だろ。ちゃんと儲かることを企画して、会社と社会に貢献した人だけが好きなことをできる」と力説すべきである。


久保正行

説得しているとき、沈黙が訪れるのは怖いものですが、それは決して無意味な時間ではありません。実際、上司があきれて口を閉ざしていることより、案件について考えている場合が多いものです。だから余計な話で間を埋めず、上司からの質問を待つ。慣れてきたら肝心なポイントをわざとはずして説明し、相手の質問を誘う方法もあります。


島正博

会社のエントランスにロダンの考える人と大きな手の彫刻が飾ってあるのですが、「考えているだけではいけない、すぐに手を動かしなさい」という社員へのメッセージです。


安永竜夫

新しい分野を切り拓いていくときには、(益田孝の説く)士魂商才というものがなければいけないと思っています。天下国家があって、天下国家のためにビジネスをやる。ビジネスを通じて国づくりや、未来づくりに貢献するという部分が、必ず根底にないと。これが我々の生き様。


藤野英人

株式投資で儲ける側になりたければ、情報の発信よりも情報の取得に力を入れるべき。


泉谷しげる

家族関係は杓子定規のスケジュールでは進まない。子供は「命」。命は思い通りに管理できるわけない。だから、こうあるべきだと、親か観念を押しつけるのは間違いだと思うね。子供自身が経験していけばいい。


スティーブ・ヴァンアンデル

私どもは全世界で様々な社会貢献活動を行っています。そのバックグラウンドは、私どもの創立の理念、基本的な価値観のひとつである「ファミリーを大切にする」にさかのぼります。ここで言うファミリーとは、自分の家族だけでなく隣人や地域社会も含みます。それに基づき、ホームレスのために家屋を提供したり、オペラ公演を主催したりと、さまざまな側面から数限りない社会貢献活動を実施してきました。


ウド鈴木

思っていても、行動にできるかどうか。天野くん(相方)がすごかったのは、仕事を頑張りながらすぐに自分のマンションを買ってしまったこと。いまの生活をする上で、毎月6万5000円の賃貸住宅でいいのか。同じ家賃で買ったほうがいいのか。僕らは芸人になってこの先どうなるかわからない。水商売で、不動産を購入なんて考えもしなかったんですけど、いち早く具現化したのが天野くんでした。しかも、きちんと完済していてびっくりです。僕も天野くんと同じタイミングで、不動産を買っていたら、貯金をしていたらって……。この年になるとますます思います。本当にうらやましいっす。