名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中山善郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山善郎のプロフィール

中山善郎、なかやま・よしろう。コスモ石油社長・会長。福島大学の前身である福島高等商業学校卒業後、大協石油に入社。同社社長時に丸善石油との合併を行い、コスモ石油を創設。初代社長となる。日本アラブ協会会長なども務める。

中山善郎の名言 一覧

会社が大きくなるほど、誰かが手抜きをしても分からなくなる。しかし、手抜きはいずれ必ず悪影響が出る。【覚書き:上記発言はコスモ石油発足5年目に語った言葉。コスモ石油は大協石油と丸善石油の合併で誕生した】


明るい会社にするために不可欠なのは、公平な人事である。適材適所、一番合った人を登用するのが、理解を得るうえで最善の道なのである。【覚書き:大協石油と丸善石油との合併でコスモ石油を創設した時を振り返っての言葉。両社とも赤字企業で、合併時は企業内の雰囲気が沈み込んでいた。そこで適材適所の人事を行い、組織の立て直しを行った】


冬が来るなら冬支度をせねばなりません。父親がストーブもオーバーも用意できないなら、子供は凍え死んでしまいます。未経験の事態代からといって適切な対応ができないようでは経営者失格です。


中山善郎の経歴・略歴

中山善郎、なかやま・よしろう。コスモ石油社長・会長。福島大学の前身である福島高等商業学校卒業後、大協石油に入社。同社社長時に丸善石油との合併を行い、コスモ石油を創設。初代社長となる。日本アラブ協会会長なども務める。

他の記事も読んでみる

日覺昭廣

社長に就任して以来、国内外の関係会社に出向いては、現場での意見交換などを行ってきました。これも、東レグループ全体のベクトルを合わせるためです。そしてベクトルが合えば、さまざまな知恵や工夫が現場から出てきます。


小笹芳央

大切なことは、いかによい人材を育てるか、言い換えればいかによい企業文化を創造するかが企業の運命を分ける。


松下幸之助

会社の経営でも何でも、素直な心で見るということが極めて大事であると思う。そうすれば、ことをやっていいか悪いかの判断というものは、おのずとついてくる。岡目八目というけれど、渦中にいる自分にはなかなか自分というものがわからない。だから意地になってみたり、何かにとらわれたりして、知らず知らずのうちに判断を誤ってしまう。やはり自己観照ということが大事である。とくに経営者が決断するときには、この心構えが不可欠のように思う。


近藤史朗

現在、世界中で約230万台の複合機がネットにつながっていて、日々膨大なデータが我々のサーバーに蓄積されています。それらのデータを見ると、曜日や季節によって使用量が規則的に変化することや、国や地域ごとの利用傾向に特徴があることが把握できます。それに基づいて、お客様の需要に合わせてトナーや用紙などをお届けしたり、サポートを手厚くしたりといった判断ができます。また、どのような機能がよく利用されているか知ることで、その知見を商品企画や販売促進、設計開発、生産や在庫の管理、マーケティングなどにも活用できます。


太田光

自分の嫌いな短所を許すことが、自分を好きになることだ。


木村彌一

カード会員のお客様は我々にとってロイヤルカスタマーです。カードの魅力をいかに高めるかが、ブランド戦略の大きな柱です。その一方では、セルフサービスのスタンドへのニーズも強いので、積極的に展開していきます。


井原勝美

小学校6年生から大学までの11年間は、バスケットボール-色の生活を送っていました。私は松江市の出身ですが、当時の島根県の高校バスケは、全国でもトップクラス。私が2年生の時にはインターハイに出場し、準決勝まで進みました。練習はとてもハードでしたが、60代になっても肩こりすらなく健康なのは、学生時代に培った体力や筋力の恩恵だと思っています。


河原春郎

ケンウッドでは、まだ市場が成長していた携帯電話事業から撤退し、家庭用オーディオ事業も縮小。カーナビなど車載エレクトロニクスや無線といったものに力を注ぎました。いずれも成長するためでした。携帯電話事業は当たれば、売り上げと利益が大きく伸びますが、うまくいかないと損失も大きい。一方、車載や無線などは、伸びがなさそうに見えても力を集中すれば、安定的な収益を上げられる。一見すると、縮小均衡のように映るかもしれませんが、実際は成長を目指す改革なのです。赤字を垂れ流していたテレビ事業を大幅縮小したビクターとの統合後の改革も同じです。


ジェイ・エイブラハム

行動すればするほど、インパクトを与えれば与えるほど、価値を付加すればするほど、あなたの可能性は徐々に広がっていく。


喜多村円

過去の体験談はさておき、これからの話をしませんか。
【覚え書き|取材に来た記者に対しての発言】


奥田陽一

経営統合の成否は、両社の一体感の醸成にあります。そのためにはトップである私の考えや方針を、会社全体に周知徹底させることが欠かせません。それができているのだろうか、自分の発言はきっちりと現場の隅々にまで伝わっているのだろうか。正直、しばしば不安に駆られました。


熊切直美

私たちは「お客様目線」で考え、行動します。その意味でも、伝える言葉とコミュニケーション力は、業務遂行の上でポイントだと思っています。