名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中山善郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山善郎のプロフィール

中山善郎、なかやま・よしろう。コスモ石油社長・会長。福島大学の前身である福島高等商業学校卒業後、大協石油に入社。同社社長時に丸善石油との合併を行い、コスモ石油を創設。初代社長となる。日本アラブ協会会長なども務める。

中山善郎の名言 一覧

会社が大きくなるほど、誰かが手抜きをしても分からなくなる。しかし、手抜きはいずれ必ず悪影響が出る。【覚書き:上記発言はコスモ石油発足5年目に語った言葉。コスモ石油は大協石油と丸善石油の合併で誕生した】


明るい会社にするために不可欠なのは、公平な人事である。適材適所、一番合った人を登用するのが、理解を得るうえで最善の道なのである。【覚書き:大協石油と丸善石油との合併でコスモ石油を創設した時を振り返っての言葉。両社とも赤字企業で、合併時は企業内の雰囲気が沈み込んでいた。そこで適材適所の人事を行い、組織の立て直しを行った】


冬が来るなら冬支度をせねばなりません。父親がストーブもオーバーも用意できないなら、子供は凍え死んでしまいます。未経験の事態代からといって適切な対応ができないようでは経営者失格です。


中山善郎の経歴・略歴

中山善郎、なかやま・よしろう。コスモ石油社長・会長。福島大学の前身である福島高等商業学校卒業後、大協石油に入社。同社社長時に丸善石油との合併を行い、コスモ石油を創設。初代社長となる。日本アラブ協会会長なども務める。

他の記事も読んでみる

藤高郁夫

工夫の継続に才能は宿る。


丹羽宇一郎

これからリーダーになろうとする人は、相当に人間性が問われることを覚悟したほうがいい。平社員のころのように、目の前の仕事だけをひたすらやっていればいいというわけではありません。新規事業に参入するとか、海外でプロジェクトを立ち上げるとか、そうした大きなビジネスを展開する局面では、「どんを人間がやっているのか」ということが重要な要素になるので、相手と信頼関係を築けなければ、仕事になりません。


柳井正

チャンスはあらゆる人の前を通っている。でも、ほとんどの人は気づかない。「もし、こうなったら」っていうことを前もって把握し準備して、自分から取りに行かなきゃチャンスは掴めない。


天谷雅俊

住友の家訓に「信用を重んじ、確実を旨とする」という言葉があります。私はこれを仕事上の信条にしていました。顧客あっての商売です。得意先大小合わせて500社ほどを、これまでどんなお付き合いをし、恩義を受けてきたのか、一社一社詳細に調べました。そして、関係の太さを考慮しながら、注文全部に応えられなくとも、信頼を失わないようギリギリの調整を行い、納得してもらいました。


阿部正次

城をかように高く築いてあるものも、かほどに堀を広く設けてあるのも、みな戦争の備えなのだぞ。西国の敵がこの城を奪わんとしたときは、徳川の武人の屍が、この塁をもっと高め、戦士の血がこの池をなお深くするはずである。死を忌みごとと思う了見なら、最初から城など造らぬがよい。【覚書き|城代として勤めていた大坂城で病にかかったとき、息子の重次がやってきて正次を私宅に下がらせようとしたときの発言】


茂木健一郎

人間には、やりたくないこと、苦手なこと、嫌なことは先に延ばしてしまうという困った性質がある。とてももったいないことである。というのも、そのように避けていることこそが、自分にとって必要なことであり、成長のきっかけになるということがあるからだ。人間の脳にとって、苦手なことほど、やり遂げたとき、成功したときには大きな飛躍の糧になる。苦手だからといって逃げ回っているのはもったいない。本来、苦手なことほど取り組む必要があるのだ。


羽鳥兼市

目を凝らして周りを見てみれば、一見暗い状況の中でも明るい材料はたくさん転がっています。「不況だ不況だ」という世間の声に惑わされていては、それが見えてきません。大勢に逆らって、非常識な発想をすることが大事なんです。そうすれば、逆境に打ち勝つことも難しくはないでしょう。


深川真

父から受け継いだ会社ですが、父とは性格も何もかも違う。同じようなやり方で経営することはできないと思いました。じゃあどうすればいいのかと考えて稲盛和夫さんの「盛和塾」に入ることにしました。経営者としての基礎を一生懸命学んで、愚直に実行していきました。


太田彩子

自分はお客様にとって得になる情報や商品サービスを提供しているんだ、と思うことができれば、「しつこく電話して申し訳ない」といった遠慮も消え、それが声にも表われます。それだけで電話営業の成功率はぐっと高まり、営業の電話もきっと楽しくなるはずです。


中内功

もはや手本はない。いまこそ主体的に変革を実行していくときである。企業家精神を大いに発揮し、痛みを伴いながらも、創造的で活力のある新時代を切り開いていく。それが日本経済を再生し、透明度の高い経済社会を作ることになる。


井上貞治郎

人よりいい商品を安く売ることだ。こうすれば金は自然に儲かる。金は儲からないのではなく、人が儲けないのだ。そして、天から授かった福運は絶対に自分のものとすること。つまり、握ったら離すな!


筒井義信

海外で組む相手は、その国や地域で歴史があり、堅実で、哲学を共有できるようなパートナー、いわば強者連合という形で一緒にビジネスができればいいと考えています。