名言DB

9419 人 / 110788 名言

中山善郎の名言

twitter Facebook はてブ

中山善郎のプロフィール

中山善郎、なかやま・よしろう。コスモ石油社長・会長。福島大学の前身である福島高等商業学校卒業後、大協石油に入社。同社社長時に丸善石油との合併を行い、コスモ石油を創設。初代社長となる。日本アラブ協会会長なども務める。

中山善郎の名言 一覧

会社が大きくなるほど、誰かが手抜きをしても分からなくなる。しかし、手抜きはいずれ必ず悪影響が出る。【覚書き:上記発言はコスモ石油発足5年目に語った言葉。コスモ石油は大協石油と丸善石油の合併で誕生した】


明るい会社にするために不可欠なのは、公平な人事である。適材適所、一番合った人を登用するのが、理解を得るうえで最善の道なのである。【覚書き:大協石油と丸善石油との合併でコスモ石油を創設した時を振り返っての言葉。両社とも赤字企業で、合併時は企業内の雰囲気が沈み込んでいた。そこで適材適所の人事を行い、組織の立て直しを行った】


冬が来るなら冬支度をせねばなりません。父親がストーブもオーバーも用意できないなら、子供は凍え死んでしまいます。未経験の事態代からといって適切な対応ができないようでは経営者失格です。


中山善郎の経歴・略歴

中山善郎、なかやま・よしろう。コスモ石油社長・会長。福島大学の前身である福島高等商業学校卒業後、大協石油に入社。同社社長時に丸善石油との合併を行い、コスモ石油を創設。初代社長となる。日本アラブ協会会長なども務める。

他の記事も読んでみる

徳岡邦夫

料亭だからといって「これが最高の味です」といって押し付けるのは間違いだと思います。店の都合ではなく、お客様に美味しいと感じていただける料理こそが、いい料理なのですから。


松原耕二

発表するあてもないのに、文章を書くことができたのは村上春樹さんのエッセイを読んだことが大きい。「書くという仕事は毎日、10円玉を貯金箱に積み立てていくようなこと」。そうだ、と思い、その日から机の前に座ることにしました。一行でも二行でも原稿を書くために。
【覚書き|エッセイや小説を書き始めたきっかけについて語った言葉】


大倉忠司

各テーブルのタッチパネルは採用しません。理由は従業員が全テーブルについて、一斉にオーダーを聞くようなものですから、厨房がパンクしてしまいます。それによってお客様にも迷惑がかかってしまいます。


大塚寿

できれば30代までに、自分が一生かけて力を入れていく分野を見つけておきたいものです。30代でその分野に気づいて、時間とお金をかけて力を磨き、40代でその成果を実らせるというイメージを描くといいでしょう。


やすひさてっぺい(安久鉄兵)

実績が伴えば、今までなら相手にもされなさそうな大手企業が、商売相手として声をかけてくれる。ローソンの「からあげクン」や、サンリオのキティちゃんとコラボした商品も実現しました。


榊原定征

いままでの延長線上では数字は伸びません。新しい発想、新しい挑戦を考えだし、積極的に挑戦せよと言っています。


遠藤功

大事なのは目標を口に出し続けること。すると必ず共感者が集まります。志を共にする仲間が増えるのです。我々のもとにいい人材が集まってきたのも、夢を熱く語り続けていたからだと思います。


大山健太郎

アイリスでは取引先とは言わず、取組先と言うように従業員を教育しています。小売りやお客さんとともに、一緒に課題解決に取り組む。そして、お互いにメリットを感じ、利益を得る。そういうウィン・ウィンの関係でなければなりません。小売りだけが強く、メーカーが常に泣き寝入りしていては製造業が崩壊してしまう。


倉本圭造

短所の裏側にしか、本当の長所はない。


坂根正弘

コマツの場合、競争相手は世界一の建設機械メーカーである米キャタピラー社である。アメリカという国に存在している彼らの強さ、弱さを見たときに、少なくともものづくりの部分で、我々が彼らに負ける要素は少ない。だが、その一方で、いわゆるトップダウンのリーダーシップという点やホワイトカラーの生産性では負ける恐れがある、というのが私の分析だ。逆に、そこさえしっかりすれば鬼に金棒である。