中山哲也の名言

中山哲也のプロフィール

中山哲也、なかやま・てつや。日本の経営者。機械工具商社「トラスコ中山」社長。大阪出身。近畿大学商学部卒業後、家業のトラスコ中山に入社。同社社長を務めた。

中山哲也の名言 一覧

人は怠け者になってはいけない、働き者でなければならないということで、早寝早起きを心掛けています。私は朝、目が覚めた瞬間からパッと動けるようにしたいので、夜はできるだけ早く寝るようにしています。


我々の基点は常にお客様のため、お客様のビジネスに貢献すること。そうした原点を忘れず、今後も成長を図っていきたい。


大切にしている考え方の一つに「取捨善択」というのがあります。物事の判断基準は損得勘定ではなく、「善か悪か」にあるという意味です。銭勘定で判断する「取捨銭択」では結果的に良くない結果になると思います。


たとえ苦しいと感じても、社員の前ではニコニコして乗り切ろうと思っています(笑)。やはりトップが気難しい顔をしていては、会社全体の空気がよどんできますから。ニコニコしている方が運も縁も上がりそうな気がします。


私は企業の差というのは独創力の差だと思っています。みんな頑張っていると言うけれど、どこの会社も頑張っている。だから、人が考えつかないことをやっていかないと差はつかないと思います。


誰もが思いつき、誰もが進む方向に成功の文字はない。やはり、人の思いつかないこと、考えないことをやるのが一番の成功のカギになる。


世間の常識を鵜呑みにせず、いかに自分たちのアイデアで仕組みをつくっていくか。今の企業にはそこが問われている。


在庫は成長のエネルギー。当社は売れているから在庫を置くのではなく、在庫が無いから売れないと考え、在庫アイテムを拡充している。


当社の売上が伸びるということはお客様との取引が拡大しているということです。ということは、お客様の売上に貢献させてもらっている。そういう意識で仕事を進めてきました。


「当社がお客様のお役に立てることとは何か?」。それだけを考えてここまでやって来た。お金儲けや効率のことだけを考えていたら、ここまで成長することはなかった。


世間的に、在庫は少なければ少ない方がいいと言うが、これは売る側の立場の発想。買う側の立場で考えたら、品揃えの悪い問屋より品揃えのいい問屋の方がいいはず。


経営トップと社員の自己満足意識が衰退へと導く。


我々が成長できたのは在庫を持つようになったからですが、もう一点加えれば、社員が一体となってモノづくりの現場のお役に立ちたいという考えを共有し、真摯に事業に取り組んできたからです。


年に数回しか注文のないロングテール商品もありますが、普段の注文が少ないモノほど緊急性を要する。在庫を抱えているからこそ、お客様の要望にスピーディにお応えできるのです。


企業には社員が安心し、安定して働くことのできる職場を提供する義務があります。ですから、いくらITシステムだけ構築しても、働く人が面白いと思わなければ意味がない。


よく部下に「報告、連絡、相談をしろ」という人がいますが、私はそればかりだと上司の発想やアイデアの枠から抜け出せず、人間が小さくなって、物事を考えなくなるだけだと思うんですね。だから、「誰かに相談している暇があったら考えて動け」と言っています。


どうしても毎日の仕事をしているとストレスを抱えることもありますが、ストレス解消のために酒を飲んだり、歌を歌っても解決しない。真摯に仕事に向き合い、原因を究明しなければなりませんので、早寝早起きをして朝の静かな時間に考えごとをするのはとてもいいと思っています。


朝起きるのはだいたい4時半から5時の間。とりわけ月曜日は3時前に起きるので、日曜の夜は22時過ぎには寝るようにしています。早起きすると頭がすっきりしますから、いろいろなことを考えたりするのに貴重な時間となっています。


当社の特徴の一つが、単にメーカー様の商品を卸売りするのではなく、自社ブランドのPB(プライベートブランド)製品の企画・開発を行っていることです。これも当社が業界最後発だったことで、かつては思うようにメーカー様の販売代理店の権利を得ることができませんでした。そこでアイデアや創意工夫をし、メーカー様と変わらない商品開発機能を持とうと考えました。


当社は最後発でしたので、歴史もない、お金もない、信用もない……。そういうところから始まりましたから、何か他社にない特徴を打ち出していかないといけない。始めから在庫を持とうと考えたわけではありませんでしたが、少しずつでも会社が成長していったのは、在庫を持つようになってからです。


(販売)数は少なくても世の中の人に必要とされている商品は、必ず販売機会が訪れます。それが積み重なっていくと、売れないと思っていたものが、少しずつ売れるようになっていった。それが評判を呼び、トラスコ中山に聞けば在庫があるはず……ということになり、少しずつ仕事ができる環境が整ってきた。


いつの時代が苦しかったかと言っても分かりませんが、私は大学を卒業してすぐに当社に入社しまして、先代の父はよく「これから農家と工具屋には嫁が来ないぞ」と言っておりました。代替わりする時にも、父は私の危機感を煽るように「こんな景気が続いたら3年で会社も潰れるな」と(笑)。その意味では、入った時が厳しかったのですから、後は前を向いて進んでいくだけですね。


在庫を持つようになって大きく変わったのが残業時間です。当社では全受注のうち83%がネット受注によるものですが、これは在庫があるから即座に商品を納品することができる。ところが、在庫が少なければメーカー様に問い合わせをして、残業して、いろいろな手続きを踏まなければならない。ですから、私が「在庫があるから社員の残業が減った」と言うと、皆さん「え?」と驚かれるんですが、ご説明すると理解してくれます。


今年のキーワードは「発展途上」。先細り業界の成熟企業ではなく、先太り業界の発展途上企業であることを自覚し、「一日一革」改善改良を積み重ねていく。


若さゆえの勢い。でも、結果は大成功。取引は減らず、不渡りもなくなり、やってよかった。
【覚え書き|手形取引全廃を行った当時を振り返っての発言】


朝ギリギリまで眠っていて、ぎゅうぎゅう詰めの満員電車に乗って通勤していたのでは、朝からやる気が失われてしまいます。私は朝起きてから散歩をするんですが、すれ違った人に「おはようございます」と挨拶すると、相手も返事をしてくれる。気持ちよく挨拶するとエネルギーが出てきて、今日も一日頑張ろうと思えるようになるのです。


私はお客様の利便性を向上させるために在庫は必要だと思います。在庫を持った結果、結果的にライバル企業がお客様になってくれたこともあります。また、社員の残業も減少し、女性のセールスを登用しやすくなりました。その他、ネット企業をはじめとする取引依頼が増加し、販路が拡大するなど、在庫を持つことでいろいろな効果が生まれました。


当社の経営信条の一つが「持つ経営」です。一般的に売れない在庫は置かないと言われていますが、当社は在庫があるから売れると考えています。売れているから在庫を抱えるのではなく、在庫が無いから売れないということで、現在約33万アイテムの在庫数を6年後までに50万アイテムにするべく在庫の拡充を進めております。


私が考えたのは、この会社は何のためにあるのかということです。工具を売るということは、エンドユーザーであるモノづくり現場のお役に立つということが大事だろう。そのために「頑張れ!! 日本のモノづくり」というキャッチフレーズをつくりまして、これが当社の存在意義であると定義づけました。そこから全国各地に営業拠点を置くとか、物流施設を構えるとか、今後やらなければいけないことを書き出しまして、それをひとつひとつ実現してきたということです。お金儲けや効率のことだけを考えて経営していたら、ここまで会社が成長することはなかったと思います。


一般的には、やれ「売れ筋商品」だ、やれ「死に筋商品」だ、「在庫回転率」だと言います。確かに、死に筋商品と呼ばれる商品は売れ筋商品に比べたら売れないかもしれませんが、世の中にその商品があるということは誰かが必要としているはずです。メーカー様も世の中で必要とされていない商品はつくりません。やはり在庫があることによってお客様のもとへ素早く商品をお届けすることができますし、私は「在庫は成長のエネルギー」だと考えています。


当社にはOJS(オープン・ジャッジ・システム)という電子投票システムがあります。人事考課というのは、どの会社も一番大事だけれども、答えの見つかりにくい課題ですよね。そこで、当社では社員を昇給や昇格させる時に、昇格対象者の名前が全社員のパソコンに流れてくるようになっています。この中から全社員が昇格にふさわしい人には「○」、ふさわしくない人には「×」と書いて、その理由を記入してもらうんです。そこで、投票者の8割が昇格にふさわしいと判断すれば昇格、ふさわしくないと判断すれば昇格は見送りになる。誰がどんな意見を書いたかというのは、私も見ることができません。これは社員のわだかまりをいかに少なくし、社員が納得して働ける環境をつくることができるか、というのが目的です。人間というのは、自分は頑張っているのに上司は見てくれない、会社は見てくれないと不満を持ちがちです。しかし、これなら客観的な評価ができると思います。誰が投票したかは分かりませんが、結果は必ず社員にフィードバックしています。社員にはそうやって自分の長所、短所をふまえて、納得して次の仕事に取り組んでいってほしいですね。


中山哲也の経歴・略歴

中山哲也、なかやま・てつや。日本の経営者。機械工具商社「トラスコ中山」社長。大阪出身。近畿大学商学部卒業後、家業のトラスコ中山に入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

スティーブ・ジョブズ

死は古いものを取り除き、新しいもののために道を開いてくれる、生命にとっての変革の担い手。


芦田昭充

周囲の人に自分の意見をぶつける前に、データを集めて、分析して、慎重、積極の両面から検討を加えておくことが大切です。自分の出した答えもパーフェクトではないわけですから、今度はそれを周囲の人に叩いてもらう。


辻野晃一郎

日本の製造業がかつて誇った、極めて精度の高い商品をじっくり世に送り出すというやり方は、目まぐるしく状況が変わる現在にはそぐわない。


川辺清

ホルモンは肉に比べ、料金もリーズナブルだったこともあり、会社員を中心に賑わいをみせました。今でこそ、豊富なコラーゲンを含有した美肌食としてホルモンは、老若男女に人気ですが、これほど注目されるとは思いませんでした。当時はBSE問題の影響もあり、全国40店舗に展開していた焼肉業態が苦戦していた時でしたので、ホルモン焼きのポテンシャルに気付かされて、本当に運が良かったと思います。


前田修司

文章で表現しようとすると、文字を細かく追う必要がありますし、人によっては読み飛ばす個所が出てきたり受け取り方にニュアンスの差が生まれてくるでしょう。そうなると、メンバーの意識を整えるのに時間がかかってしまいます。その点、絵や図解だと、誰もが感覚的に理解できますし、認識にズレがなくなるのです。


小島慶子

原因を探ることは、人を理解するうえで大事だと思うんです。たとえば、お気に入りの雑誌があったら、好きな理由は雑誌全体を通したメッセージなのか、記事なのか、デザインなのか、それとも写真なのかを考える。「好き」ということを入り口にして掘り下げれば、自分が見えてきますよ。デザインに興味があるんだ、一人称の文章を信用するタイプなんだ、自分と対極の意見を受け入れられるんだと、自分の思考や性格が見えてきます。「嫌い」なものから自分を探るのも同様で、深く考えないと自分のことすら本当は分からない。


鈴木喬(経営者)

大ぼら吹きと言われるくらいでちょうどいい。誇大妄想と思われても、根拠なき確信を持つことが大切。


山崎元

新しい分野のことについて知りたいと思ったときに、私は入門書数冊と、専門の雑誌を購入します。パラパラとめくって、ピンと来ないものは除外していきます。そうしているうちに、この本にもほかの本にも書いてあることが浮かびあがり、間違いや重要な部分がわかってきます。


佐瀬守男

色々やってきて、時にはブレたりしましたが、今はやりたいことが明確になってきました。以前は「あれもやりたい、これもやりたい」「これをやったらもっと儲かる」といったことばかり考えていましたが、今はその邪念が無くなりました。自分がやるべきことは銀だこを通じて美味しいものを安く世界中の皆様にお届けすることだと定まった。


杉村太蔵

議員時代に起こした失言騒動のときもそうでした。あれは、僕が不用意な発言を連発した「身から出た錆」によって批判の矢面に立たされたわけですが、じつは皆さんが思うほどつらくはなかったんです。なぜなら、新人議員としてやるべきことが山のようにあり、それらに取り組むしかなかったからです。ツラいと思う暇もなかった、というのが正直なところです。


小阪裕司

価値創造型の企業というのは、組織の構成員が持つ創造力=クリエイティビティこそが資本ですから。産み出すべき価値から逆算した人数、場所、マネジメントの考え方まで異なってくるのは当然なんですよね。


ミシェル・オバマ

大統領になっても、その人の人間性は変わらない。むしろ、その人本来の姿か明らかになる。


松澤萬紀

相手との距離を縮めるために大いに役立つのは、「褒め言葉」でしょう。褒められてうれしくない人はいません。少しでも褒めポイントを見つけたら、積極的に褒めていく習慣をつけましょう。むずかしく考える必要はありません。その人の長所を無理やり探して褒める必要もありません。「お茶がおいしいですね」「素敵なお名前ですね」そんな言葉でも十分なのです。あるいは、「最初は緊張していたのですが、リラックスしてお話できました」「今日を楽しみにしていました」「初めてお会いした気がしませんね」も相手に近づく褒め言葉です。


藤田晋

サイバーエージェントを設立したころは、平日は17時間、土日に12時間働くことを自分に課していました。会社をつくってすぐというのは、実はあまり仕事がないんです。でも、そこでボーっとしていたら終わりじゃないですか。そこで、「週110時間」という目標を決めて、「昼間は外に出てひたすら営業に回る」「戻っても、ああだこうだと戦略を練る」といったように無理やり仕事をつくりだしていました。


米山久

新しいビジネスモデルについて、外食だけをやってきた社員が会議室に集まって議論したところで、導き出されるアイデアは外食に少し毛の生えた程度でしょう。そこで私は、一次産業と二次産業から人材を採用し、新たな頭脳や知恵を取り込むことを決断しました。


ページの先頭へ