名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中山和義の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山和義のプロフィール

中山和義、なかやま・かずよし。日本の経営者、作家、心理カウンセラー、コンサルタント。「テニスサポートセンター」社長。成蹊大学経営工学科卒業後、ヨネックスなどを経て家業のテニスクラブを継承。テニスクラブ経営の傍ら、執筆活動を行った。

中山和義の名言 一覧

テクニックを高めることは仕事をする上で重要ですが、それ以上に心も高めなければビジネスはうまくいかない。


命令をしているだけでは、人は育たない。自分自身で考えてもらうことが成長には必要。


言葉にこそ、人を変える力がある。


経営をする中で私が重要だと感じたことがあります。それは自分の失敗や不幸を他人のせいにしてしまうことに自らが気づくということ。


経営方針を転換した当初、自分だけが苦労していると感じていました。そんなときに出会った言葉が、ある方の「他人や過去は変えられない。変えられるのは、自分と未来だけ」という言葉でした。この言葉が私を変えてくれたおかげで、スタッフとの関係が改善されました。それ以来、私の思考は180度変わりました。


中山和義の経歴・略歴

中山和義、なかやま・かずよし。日本の経営者、作家、心理カウンセラー、コンサルタント。「テニスサポートセンター」社長。成蹊大学経営工学科卒業後、ヨネックスなどを経て家業のテニスクラブを継承。テニスクラブ経営の傍ら、執筆活動を行った。

他の記事も読んでみる

ジャン・ポール・ゲティ

私の成功の方程式は何かだって?早く起きて、遅くまで働き、油田を掘り当てる。ただそれだけさ。


小倉昌男

ヤマト運輸は戦前、関東一円にネットワークを持つ日本一のトラック輸送会社でした。その成功が災いし、長距離輸送に出遅れました。社長だった父、康臣を説得して東京大阪間の免許を申請したのは1957年のことです。すでに西濃運輸など長距離輸送で先行した会社が、厳しい競争を繰り広げていました。


岩崎裕美子

紋切型の条件で採用するのではなく、その人物を見ている。出産したばかりの女性が、面接に赤ちゃんを連れて来るという事例もあります。自分が独立した時、出産したばかりの人を採用できるかと自問しました。「そんな綺麗事は通用しない」と言われますが、弊社は残業ゼロですし、その綺麗事を通しています。その結果、今では様々な方が増え、お互いにフォローし合って仕事をしています。


五木寛之

先日、考古学の研究のために明日香に行く機会がありましたが、大勢の観光客で賑わっていました。周りを見回しても大したものはないのに、なぜ多くの人が集まるかというと、ここから万葉集が生まれ、古事記が生まれと物語があるからです。一木一草にまで伝説が染み付いているのです。古のある日、石川女郎(いしかわのいらつめ、奈良時代の大伴安万呂の妻)が、この道を髪を振り乱して走ったのだとか、この先には大津皇子(おおつのみこ、飛鳥時代の皇族)の墓があるなどと思いながら見ると有り難みが出てくるものです。そういう物語があるから人はそこに行くのです。


中澤優子(経営者)

カシオでは、「自分が好きなものは誰でもつくれる。ユーザーが欲しいものを考えられたら商品企画として一人前」と教えられました。


中村獅童(二代目)

歌舞伎はもともと江戸時代では最先端のカルチャーで、現代のロックの精神に通じるものがある。


本山和夫

課題解決の視点を持つかどうかで、どんな仕事でもがぜんとオモシロさが違ってくる。


上野和典

僕は、説得で変わる人間なんていないと思っているんです。だから部下に対する会話でも、頭ごなしに命令するのではなくて、自分で気づくように持っていくことを意識しています。それにはやはり、相手のペースに合わせるのが一番なんです。


鈴木敏文

売り手から買い手へ視点を変えると、違ったデータが見える。マーケティングとは顧客の潜在的ニーズを察知して応えつづけることです。


柏木理佳

何かひとつでも他人より秀でているかもしれないと思う部分があれば、30代はそれに向かって挑戦しても、まだ間に合います。


小路明善

私は自分自身にも、そして社内に対しても、「前例は自分でつくれ」と言い聞かせています。弊社に入社する社員は、ほとんどがアサヒスーパードライのファンですから、心のどこかに「いまのスーパードライを変えたくない」という気持ちがある。だから、姉妹商品をつくるなんて発想がなかなか出てこない。そこで私は社内に向けて「向う傷は問わない」ともいっています。


石田衣良

若い社員が毎日終電間際まで働いて疲れ切っていますよね。上司が残っているから部下が帰りにくいといった、職場の和を重んずる雰囲気もいまだに残っている。でも、もう会社が一生を保障してくれる時代でもないし、必ず給料が上がる時代でもない。そろそろ会社のためにとか、自分の出世のためではなく、自分の時間を充実させるための仕事の効率化というものを、真剣に考える時期に来ていると思います。