名言DB

9413 人 / 110706 名言

中山和義の名言

twitter Facebook はてブ

中山和義のプロフィール

中山和義、なかやま・かずよし。日本の経営者、作家、心理カウンセラー、コンサルタント。「テニスサポートセンター」社長。成蹊大学経営工学科卒業後、ヨネックスなどを経て家業のテニスクラブを継承。テニスクラブ経営の傍ら、執筆活動を行った。

中山和義の名言 一覧

テクニックを高めることは仕事をする上で重要ですが、それ以上に心も高めなければビジネスはうまくいかない。


命令をしているだけでは、人は育たない。自分自身で考えてもらうことが成長には必要。


言葉にこそ、人を変える力がある。


経営をする中で私が重要だと感じたことがあります。それは自分の失敗や不幸を他人のせいにしてしまうことに自らが気づくということ。


経営方針を転換した当初、自分だけが苦労していると感じていました。そんなときに出会った言葉が、ある方の「他人や過去は変えられない。変えられるのは、自分と未来だけ」という言葉でした。この言葉が私を変えてくれたおかげで、スタッフとの関係が改善されました。それ以来、私の思考は180度変わりました。


中山和義の経歴・略歴

中山和義、なかやま・かずよし。日本の経営者、作家、心理カウンセラー、コンサルタント。「テニスサポートセンター」社長。成蹊大学経営工学科卒業後、ヨネックスなどを経て家業のテニスクラブを継承。テニスクラブ経営の傍ら、執筆活動を行った。

他の記事も読んでみる

心屋仁之助

上手くいった結果を当然と見なせばハッピーな気分になり、上手くいかない結果に照準を合わせると憂鬱になる。


秋元康

最初から目の前にあるもので何かを生み出そうとしても、予定調和になってしまう。


江口ともみ

筋の通らないことが嫌いというか。私って、芸能界に向いていないのかな、と思ったりもしました。しゃべる仕事に変わってからの私は、水を得た魚のように「ああ、自分の進むべき道はこっちだったんだ」と自然に思えるようになりました。今後もメディアの大小にかかわらず、どんな形でもいいので、しゃべって伝える仕事を続けていきたいと思っています。


鈴木修

時間がかかりますが、自分で工場を作った方が、他人の工場を買うよりも最後は大きく成長します。企業には独自の文化があって、経営主体が変わったからといって体質は簡単には変わりません。それが外国の企業であればなおさらです。私は金輪際、外国企業を買収しようとは思いません。
【覚書き|スペインのサンタナで工場を買収し大損失を出したことを振り返っての言葉】


山田真哉

大事なことは一定の利益を計上しながら、潤沢なキャッシュ・フローを維持することであり、本当の意味で数字を見ていくには「キャッシュ・フローの視点」と「利益の視点」というように、複眼的な味方をしていく必要があります。


奥田務

仕事とは会社に貢献することである。


近藤良平

(コンドルズを立ち上げて)最初はやっぱりダンスのお客さんが多かったですよ。そこから「何かへんてこだ」ということで、演劇のお客さんも見に来るようになって、一方で「これはダンスじゃない」というダンスのお客さんは減っていって。でも、面白いと思ってくれた人は戻ってきてくれた。今はもう、いろんなもののミクスチャーがコンドルズだから、何のジャンルだろうと自分たちが面白いと思ったことをやっていけばいいやと思ってます。


川村益之

JTBモチベーションズ立上げの際、国内でも例のない事業だったので、役員の多くは反対でした。しかし、私は必要だと考えていたし、何としても成し遂げたいと思っていたので、役員が何といおうと立ち上げたかった。最後には社長に直接プレゼンして、説得しました。


堤智章

売り上げを伸ばすには二つの要素がある。一つは商品の付加価値を高め、単価を上げること。もう一つはチャネルを変えること。


佐藤優

人が思い悩むのは自然の心理。悪いことではありませんし、悩みながら新たな何かをつかみ取ることもあります。が、あまりにそこに囚われすぎると目が曇ります。


伊東信一郎

日本航空が破綻していく様子を見ながら、実は私たちも紙一重でした。幸いにも乗り切れたのは、ホテルを売却して得たキャッシュと、全社一丸となって逆境に挑む社風があったからです。


村田早耶香

考えがまとまらないときには、「何のために今、考えているのか」という原点に立ち返ってみれば、きっと答えが見えてくると思います。


枝廣憲

新卒で入社した大手広告代理店を辞める際は「高水準の安定」を、自分の会社を構えると決めた際は「何も考えない時間」を代償にしました。悩んでいる時は眉間にシワを寄せ、ベッドの中でもうなされていましたが、今となっては何の事はないただの思い出です。むしろ、そんな時に親身になってくれた方々の言動が今でも大きな財産になっています。


赤井益久

学生に「伝わる」講義を常に意識しています。教育は希望どおりに進まない。繰り返し伝えることで100%伝わることを目指しています。


佐々木大輔(経営者)

投資していただいている以上、株式上場は視野に入れています。ただ、しっかりと事業を作り上げてからでなければ、上場する意味は無い。