中山和義の名言

中山和義のプロフィール

中山和義、なかやま・かずよし。日本の経営者、作家、心理カウンセラー、コンサルタント。「テニスサポートセンター」社長。成蹊大学経営工学科卒業後、ヨネックスなどを経て家業のテニスクラブを継承。テニスクラブ経営の傍ら、執筆活動を行った。

中山和義の名言 一覧

テクニックを高めることは仕事をする上で重要ですが、それ以上に心も高めなければビジネスはうまくいかない。


命令をしているだけでは、人は育たない。自分自身で考えてもらうことが成長には必要。


言葉にこそ、人を変える力がある。


経営をする中で私が重要だと感じたことがあります。それは自分の失敗や不幸を他人のせいにしてしまうことに自らが気づくということ。


経営方針を転換した当初、自分だけが苦労していると感じていました。そんなときに出会った言葉が、ある方の「他人や過去は変えられない。変えられるのは、自分と未来だけ」という言葉でした。この言葉が私を変えてくれたおかげで、スタッフとの関係が改善されました。それ以来、私の思考は180度変わりました。


中山和義の経歴・略歴

中山和義、なかやま・かずよし。日本の経営者、作家、心理カウンセラー、コンサルタント。「テニスサポートセンター」社長。成蹊大学経営工学科卒業後、ヨネックスなどを経て家業のテニスクラブを継承。テニスクラブ経営の傍ら、執筆活動を行った。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

1つの製品カテゴリーで1割のシェアを獲れば十分だと思っています。100億円のマーケットなら10億円の売り上げで良いと。いきなり大手メーカーとシェアを争うことは難しいですが、今までの家電製品に満足していない顧客層に対して、1割の新しい提案や需要を創造することはできると思います。


三宅宏実

これからの4年間、ロンドン五輪やリオ五輪とは異なる悩みが、私の前に立ちはだかると思います。そのたびに「自分は何者か」と問いながら、答えを見つけて乗り越えていきたい。そのヒントは周りにたくさんあると思う。


グレン・ガンペル

なぜ来園者を重視するのか。それは、来園者こそが再びUSJを訪れてくれるであろうリピーターになる人たちだからです。友人や仲間たちにUSJのことを話し、新しい人を引っ張ってきてくれる可能性も高いでしょう。そういう意味でも、来園者の動向からヒントを得ています。


堀之内九一郎

壁って、これ以上はもう頑張りたくない、と思ったときに自分で勝手につくるもの。自分でつくらない限り、壁なんてどこにもない。


龍前隆

賃貸ビジネスで最も大切なことは、住む人の利益を一番に考え、よりよいものをつくること。それが信用力や成功につながるんです。


山中伸弥

一見社会の役に立ちそうな研究でも、他人の真似をしているだけなのではないかという観点で評価すべきだと思うんです。単に真似するだけだったら、一カ所か二カ所の研究機関でやればいいのであって、日本中のあちこちでやる必要はありません。それよりも、すぐに役には立たないけれど、世界で誰もやっていないような研究を応援する気風が、日本にも生まれればいいなと思っています。


似鳥昭雄

時代遅れにならない店をつくるには、常に変化をさせていく必要がある。


坂井宏行

失敗したら周囲の人、スタッフと共有する。そうすることで、同じミスをすることがなくなり、周囲との信頼関係もつくることにつながっていく。


國貞克則

感性を磨くことも重要です。仕事をしていて得たワクワク感、ドキドキ感を素直に受け止めましょう。そして、楽しいと感じたことを大切にしていきます。そうすれば、自分にとって一番大事なものが少しずつ見えてくるでしょう。


石渡美奈

相手の年齢や役職が自分より上の場合、カッコつけないことが大切です。若いうちは実力がないのは当たり前だし、ましてや百戦錬磨の相手なら、若造がいくら取り繕ったところで、簡単に見破られてしまいます。それよりも、ありのままの自分を見せた方がいいですね。もちろん、そうするには勇気がいりますけれど、その勇気が案外、高く評価されたりするのです。


貝沼由久

問題はシナジーが出るかどうか。(M&Aをすることで)どんなシナジーが出るのか。我々が行きたいゴールに対して、その会社がどのようにフィットして、どんなシナジーが出るか。これを自然体で判断していく。


北島康介

僕は音楽で集中力を高められません。自分のモチベーションは自分でしか高められないと思っています。


森久保有司

金型用部品を販売している競合企業もありますが、パンチ工業の強みは製販一体の事業体制を取ることで、顧客の要求に迅速かつ的確に応えることができる点です。この強みは、特に特注品の製造・販売で効果を発揮しています。


岡田尊司

どんな人にも、性格のクセや偏りがあります。それを理解したうえで、少し工夫して対話をする。こうすることで、うまくいかなかった相手ともすんなりうまくいく場合が多い。


セネカ

つまづいた人のために手を差し伸べようと身をかがめないのは、正義の拒絶である。それは人類共通の正しい行ないなのだから。


ページの先頭へ