名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

中山七里(小説家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山七里(小説家)のプロフィール

中山七里、なかやま・しちり。日本の小説家。岐阜県出身。花園大学文学部国文学科卒業。サラリーマンをしながら執筆活動をし、『さよならドビュッシー』で『このミステリーがすごい!』大賞を受賞しデビュー。

中山七里(小説家)の名言 一覧

想像力に勝る取材はない。


夢は追っているだけではダメ。責任を持った大人というのは、現実を見ながら、夢を語れる人だと思う。


一気読みしてもらうためのテクニックがまたわかったんです。そのカギは、人間が集中できる時間の計算、そして「緊張と弛緩」かな。


物語を考えるとき、必ずマイノリティの立場でものを見たい、という思いが、僕にはあるんです。マジョリティの目は範囲こそ広いけれど深みがない。しかし、マイノリティの目は、物の見方は狭いかもしれないけど、深いんです。そしてもうひとつ。僕は味方したいんですよね、マイノリティに。


夢に近づくため、人一倍努力してきた人間にとって、挫折は恐ろしいものがあります。そして、そこから這い上がるためには、それまでの2倍、3倍ものエネルギーを使う。人間がそうしたエネルギーを発揮するところを書けたら、この小説は成功だなと。

【覚え書き|小説『翼がなくても』について】


読む方が体験をしていなくても、物語の中で、自分のみに起きたように感じてもらえなければ、物書きとしてはダメ。その感覚や感情を、人から聞いたことや、テクニックを使って書くんだったら、僕はそこまでだなと。


中山七里(小説家)の経歴・略歴

中山七里、なかやま・しちり。日本の小説家。岐阜県出身。花園大学文学部国文学科卒業。サラリーマンをしながら執筆活動をし、『さよならドビュッシー』で『このミステリーがすごい!』大賞を受賞しデビュー。

他の記事も読んでみる

重久吉弘

私の基本は20代の頃から「利他主義」、つまり「相手のために何ができるか」を常に考えています。「ギブ・アンド・テイク」ではなく、「ギブ・ギブ・アンド・テイク」です。


ジェームズ・ダイソン

今回開発したコードレス掃除機に使うモーターの開発でも、もう数千回は失敗しましたね。


水留浩一

私たちが大切にしているのは、すしを流す回転レーンです。このレーンをお客様と我々をつなぐコミュニケーションの場と捉えています。流したネタがレーンに載ってお客様の目の前を巡回し、どのくらいの頻度でお取りいただけるのか。それは一種の会話とも言えるものです。お客様に薦めたい旬のメニューを並べるなど、レーンは我々の意思を表現する場でもあります。だから各店長には、「レーンで勝負せよ」「レーンにこだわれ」と話しています。


松井道夫

会社勤めには向いていない性格だと、いまでも思います。よく言えば他人に影響されない。悪く言えば唯我独尊。やっぱり画家的なんですよ。


本郷陽二

接待で相手を説得する心理テクニックを「ランチョンテクニック」というように、会食が人間関係のショートカットになるのは明らか。接待費は大目に見たほうがよさそうです。


大儀見浩介

上司には部下との信頼関係を構築し、失敗や成功を受け止める環境づくりが求められる。一番ダメなのは、選手や部下がミスを隠そうとしたり、失敗をとりつくろおうとするような環境です。失敗に気づき、経験、成長、進化のきっかけと捉えると、ミスを次に生かしていけます。こうしたミスを受け止められる環境づくりが、職場の上司の重要な役割なのです。


武田双雲

何に対しても新しく接する年にしたい。奥さんに対しても、新鮮な目で見る。毎日そう思う。すると新妻に見えてくる。だから、軽く触れられただけでも感動します!


門昌央

商談中に競合の商品について話題になったら、褒めてみるというのも意外と効果的です。「人は褒めると、ケチをつけたくなる」という心理を利用するのです。相手が他社の商品にケチをつけたら、各商品のメリット、デメリットが見えてきます。そこから出し抜くヒントが見つかるかもしれません。


古森重隆

新たな価値をお客様に提供し続けるために必要なのは、不断の努力によるイノベーションです。


白石康次郎

何より大事なのは平常心。体のちょっとした傷口から雑菌が入り込むように、心もほころびがあると、そこから不安や油断が広がって、正しい判断ができなくなります。だから、激しい嵐の中でも、まったく風が吹かない凪のときも、普段どおりやるべきことをやる。そうして1マイル1マイル積み重ねた先に、ゴールがあるんです。


中田敦彦

RADIO FISHでは個性を束ねた経験を通して、多くのことを学べました。一番大きな発見は、興味と適性は一人ひとり「細かく」違うということです。チームって、一つの目的を共有するものですよね。RADIO FISHもダンスと音楽をやりたいという目的を共有しています。だから、最初は「ダンスができて、ダンスをやりたい人たち」に均等にタスクを割り振っていたのですが、これがなかなかうまくいかない。そこで、よくよく各メンバーを観察してみると、細かな適性の違いが見えてきました。目的をともにした一つの「箱」の中にメンバーを入れて、何をやりたいのか、できるのか、どんな可能性があるのかを見極めて、適材適所に配するのが、チームを運営する僕の役割なんだとわかりました。


所ジョージ

今でも、お金を使わずにジャンジャン楽しめる。たとえば、使い切ったボールペンのバネを抜き出して取っておくの。別にその瞬間は何かに使おうとか決めてないけどね。ただ捨てるのももったいねーなあって。そうしたら、車の玩具の車高を高くするスプリングにちょうどいいと、ある時気づくわけです。改造する部品に使ってダダで楽しく遊べた。だから、お金がないとか、運が悪いから面白くないって言ってる人って、きっとその人自身が面白くないんじゃない? 今の自分を面白くしようと考えてみない人は、お金が増えても、運が回ってきても、つまんないと思うよ。