名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中山七里(小説家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山七里(小説家)のプロフィール

中山七里、なかやま・しちり。日本の小説家。岐阜県出身。花園大学文学部国文学科卒業。サラリーマンをしながら執筆活動をし、『さよならドビュッシー』で『このミステリーがすごい!』大賞を受賞しデビュー。

中山七里(小説家)の名言 一覧

想像力に勝る取材はない。


夢は追っているだけではダメ。責任を持った大人というのは、現実を見ながら、夢を語れる人だと思う。


一気読みしてもらうためのテクニックがまたわかったんです。そのカギは、人間が集中できる時間の計算、そして「緊張と弛緩」かな。


物語を考えるとき、必ずマイノリティの立場でものを見たい、という思いが、僕にはあるんです。マジョリティの目は範囲こそ広いけれど深みがない。しかし、マイノリティの目は、物の見方は狭いかもしれないけど、深いんです。そしてもうひとつ。僕は味方したいんですよね、マイノリティに。


夢に近づくため、人一倍努力してきた人間にとって、挫折は恐ろしいものがあります。そして、そこから這い上がるためには、それまでの2倍、3倍ものエネルギーを使う。人間がそうしたエネルギーを発揮するところを書けたら、この小説は成功だなと。

【覚え書き|小説『翼がなくても』について】


読む方が体験をしていなくても、物語の中で、自分のみに起きたように感じてもらえなければ、物書きとしてはダメ。その感覚や感情を、人から聞いたことや、テクニックを使って書くんだったら、僕はそこまでだなと。


中山七里(小説家)の経歴・略歴

中山七里、なかやま・しちり。日本の小説家。岐阜県出身。花園大学文学部国文学科卒業。サラリーマンをしながら執筆活動をし、『さよならドビュッシー』で『このミステリーがすごい!』大賞を受賞しデビュー。

他の記事も読んでみる

生田正治

課長時代に当時の永井社長の政策秘書を2年間勤めた経験があります。そのときに自分の次元を超えた大きな政策判断を目の当たりにし、政財界の付き合いに同行したことで思考回路の幅を広げてもらったと思っています。


マザー・テレサ

●人は一切れのパンではなく、愛に飢えているのです。
●強い愛は分け隔てをしません。ただ与えるものなのです。
●愛とは、大きな愛情で小さなことをすることです。


兼元謙任

「お金がない」といっても、本当に1円も持っていない人はまずいないでしょう。「いますぐ、欲しいものを手に入れるだけのお金はない」だけです。ところが「いますぐ」という枕詞を取って、「お金がない」と簡単に口に出してしまう。「俺はお金に不自由している!」というマインドコントロールを自分に施しているようなものです。これを長年にわたって続けていれば、惰性が働いて自己信頼が弱まってしまうのは当然です。


安藤忠雄

私が若い頃はあまり海外旅行がなかったですよね。それが、今より幸せだったと思うんです。と、いうのも見るものすべてが楽しかったし、自分の目に映るものから読むものまですべて自分の栄養になっていきましたから。それで、いわゆる教養的にも空腹で肉体的にも空腹で歩いていたときにかなり充実した時間を過ごせていたと思うんです。例えば、今パリに行くのに10時間くらいで行けますが、当時は苦労しました。シベリア鉄道で1週間くらいかかったんです。お陰で、いろいろなことが見えましたね。便利になった分だけ人間の心が貧しくなった気がします。


丸谷智保

消費者がどんな商品やサービスを求めているのかを知る上で、最終的な答えは店という現場にしかありません。


肥後克広

タイミングと巡り合わせで生き残ってきた。僕らがやってきたことは基本同じですから。


橋本真由美

若い人が当社に来てバリバリ働きだす例はたくさんあります。それは信頼して仕事を任せ、店舗の売上が上がったら、周囲が「あなたのおかげよ」と感謝する職場風土があるからだと思います。


石田宏樹

できないと言っている人に対してその理由を聞いてみると、実は合理的ではないことが多い。


御手洗瑞子

私の次に社長になる人は、私のコピーじゃないほうがいいと思っています。次の社長は「あなたの信じることを、好きにやっていいよ」と心から思える人に、任せたいと思っています。会社がこの人のかたちになったら、お客様も編み手さんもうれしいだろうなと思う人に。


森田敏夫

お客様の側に立ち、やるべきでないM&Aは断るくらいの姿勢で臨むよう社員に指導している。


ヒクソン・グレイシー

以前ある記者に「シロクマと戦うことがあったらどうするか」と質問されたことがあります。できれば避けたいですよ。でも、もし戦う必要があれば、その日の晩ご飯はシロクマでしょうね(笑)。


内藤誼人

脳は騙されやすい性質を持っています。最初は楽しい気分ではなくても、ニコニコしていると、脳がそれに引っ張られて楽しい気分になる。これを顔面フィードバック仮説といいます。