中山七里(小説家)の名言

中山七里(小説家)のプロフィール

中山七里、なかやま・しちり。日本の小説家。岐阜県出身。花園大学文学部国文学科卒業。サラリーマンをしながら執筆活動をし、『さよならドビュッシー』で『このミステリーがすごい!』大賞を受賞しデビュー。

中山七里(小説家)の名言 一覧

想像力に勝る取材はない。


夢は追っているだけではダメ。責任を持った大人というのは、現実を見ながら、夢を語れる人だと思う。


一気読みしてもらうためのテクニックがまたわかったんです。そのカギは、人間が集中できる時間の計算、そして「緊張と弛緩」かな。


物語を考えるとき、必ずマイノリティの立場でものを見たい、という思いが、僕にはあるんです。マジョリティの目は範囲こそ広いけれど深みがない。しかし、マイノリティの目は、物の見方は狭いかもしれないけど、深いんです。そしてもうひとつ。僕は味方したいんですよね、マイノリティに。


夢に近づくため、人一倍努力してきた人間にとって、挫折は恐ろしいものがあります。そして、そこから這い上がるためには、それまでの2倍、3倍ものエネルギーを使う。人間がそうしたエネルギーを発揮するところを書けたら、この小説は成功だなと。

【覚え書き|小説『翼がなくても』について】


読む方が体験をしていなくても、物語の中で、自分のみに起きたように感じてもらえなければ、物書きとしてはダメ。その感覚や感情を、人から聞いたことや、テクニックを使って書くんだったら、僕はそこまでだなと。


中山七里(小説家)の経歴・略歴

中山七里、なかやま・しちり。日本の小説家。岐阜県出身。花園大学文学部国文学科卒業。サラリーマンをしながら執筆活動をし、『さよならドビュッシー』で『このミステリーがすごい!』大賞を受賞しデビュー。

他の記事も読んでみる

ヘンリー・フォード

汽車のように早く、そして馬のようにどこへでも走れる乗り物が欲しい。


村口和孝

事業というものは、常に現実の顧客の心を捉えた企業が勝利するようになっている


原丈人

祖父の言葉に大きな影響を受けました。「人は無一物でこの世に生を受け、父母の恵み、恩師の導きにて社会に出て、天職を与えられる。天職には貴賤の別なく、人は生ある限り、自らの全力を尽くして全うせねばならぬ。誠心誠意、不言実行。これが私の経営の信条である」という。


一力健

個人主義というと、日本人の体質に合わないのではないかと懸念する人がいますが、私は逆だと思います。案外、自分の会社がそうなってくれればいいと思っている社員は多いのではないでしょうか。「もっと自分に大きな仕事と責任を与えてほしい」と。


熊谷正寿

思い返せば、06年から2年間は、人生最大の危機でした。会社が倒産寸前に陥ったのです。買収を受け入れれば、僕個人はお金も入り悠々自適に暮らせますよ。でも、理念を持って起業し、共鳴した仲間が命を削って毎日働いているわけです。そんな彼らを裏切るわけにはいかなかった。


笛吹雅子

毎朝、今日やることを大まかに決めて「11時までにこれを」「11時半までにこれを」と、小刻みに締め切りをつくっています。ただ、突発的なニュースが次々と入ってくるので、なかなか予定通りには進まない。ですから優先順位をつけて、さっさと諦めることも必要です。


猪子寿之

昔と違って、いままでの概念で言う管理なんて必要ないです。20世紀まではメールもインターネットも、携帯もない時代だったから、情報をやり取りするのも大変でした。1人が情報をやり取りできる人数は限られているから、全体の人数が増えると、あいだに誰か管理者を入れざるをえなかった。そうしてピラミッド型の組織ができたわけです。でも、いまはメールで情報をみんなに一瞬で伝えたり、逆にみんなの情報を一瞬で集めることができるようになった。そうすると、管理職なんていらないかもしれないですね。


馬場信房

敵より味方が勇んでいるときは、それぞれ先を争えばよい。味方が臆して見えるときは、自分一人が進んできっかけをつくる。味方の中で手本になる人にふだんから親しみ、その人に負けないように働け。敵の兜の吹き返し(耳脇の兜の反り返っている部分)がうつむいていて、背中の指物(背中に指した小旗)が動揺していないならば、それは剛敵であるから避け、弱い敵へ向かってかかれ。


篠原正義

手作りにこだわるので、音色や絵に微妙な変化が現れやすく、職人の思い入れやこだわりといった気持ちが伝わりやすいので、ひとつひとつ「こんな好みを持つ人に向けてつくりたい」と、お客さんの顔をイメージしながら仕事をしています。


但木敬一

法律で規制しても、ガバナンスコードをつくっても、それを破ろうとする人が居る限りダメです。そこで必要なのは、破ろうとする人を出さないこと、破ろうとする人が出てきたときに、それを即座に発見するにはどういう仕組みが必要か、即座に対応するには何が必要か考えること。


川名潤

できあがったものがイメージと違ったとしても、描き直してもらうことはまずないですね。締め切りの問題もありますけど、最初のイメージとは違う絵を使ってなんとかしようとするうちに、最終的に良いデザインになることって意外と多いんですよ。


古市忠夫

頑張ればいいことがあるという考えをまずは捨てるべきです。それよりも、いま、この世に生まれてきた自分に感謝、自分を支えてくれているすべての人に感謝。震災を乗り越えたことで、私は「感謝のおっちゃん」になることができました。そして、59歳から、奇跡を起こすことができたのです。


松永守央

教育は十年のスパンが必要。今始めて、成果がでるのは十年後かもしれません。しかし今やらずに後で慌てても仕方がありません。


寺山修司

振り向くな、振り向くな、後ろには夢がない。


竹田陽一

世の中は常に変化していて、新しい商品が出たり、新しい経営のやり方が考え出されたりしています。もし今までと同じ経営のやり方を続けていれば、経営効率が毎年数%ずつ低下していきます。利益もジリ貧になってしまうでしょう。毎年多くの会社が廃業していますが、その原因は改革が行われなかったことに一因があります。


ページの先頭へ