名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中山マコトの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山マコトのプロフィール

中山マコト、なかやま・まこと。日本のマーケッター、シンクロニスト。独自のマーケティング手法「キキダスマーケティング」を提唱。コピーライティングやウェブサイト・店舗の改善法について教えている。著書に『たった1行で「アピールする」技術』『「バカ売れ」キャッチコピ-が面白いほど書ける本』『タイトルが面白いほど書ける本』『40歳からの「捨てる!」技術』『成功する人が必ずやっている時間の使い方』ほか。

中山マコトの名言 一覧

自分は当然と思ってこなしている事が、人から見たら欲しい能力ということがよくある。


上司の小言には、注意だけでなく期待も込められているもの。それを感情的に反論しても、上司の機嫌は悪くなるだけ。いったん上司の言葉を消化すること。


印象に残る名刺、何をしているかが一目で分かる名刺は、それ自体が営業してくれる。名前と肩書き、連絡先だけのシンプルな名刺は論外。


自分のスキルと個性を出し、スキマに入りこめれば、それなりの固定客ができる。そこで商売ができれば収入は確保できるはず。


企画立案のタブーは自分の想像、つまり思い込みでつくることです。自分の頭のなかだけで無理やり企画をひねり出そうとするのは、驕りであり、これほど相手に対して失礼なことはありません。


不思議なものでネタ帳をアトランダムにパラパラ見返すと、一見、関係のないネタ同士から企画が生まれることがあります。それは、時代の空気を吸ったネタ同士が引き起こす化学反応のようなもの。個々のネタの感じ方や捉え方が深ければ深いほど、化学反応が起きる確率は高まります。逆に数カ月しても何の反応も起こさないネタは、破り捨ててしまえばよい。躊躇する必要はありません。よいネタなら脳が必ず覚えているはずです。


企画の人脈というと、その道のプロが頭に浮かぶかもしれませんが、灯台もと暗しのたとえのように、身近なところに宝の山が眠っていることが多いのです。仕事上では関係のない他部署の人間だからこそ、自分には想像もつかないネタをもっています。また、その人の知り合いまで広がりができれば、あなたのネタの発掘ソースは、飛躍的に増えるはず。人づき合いを大切にするというのは、社内の処世術のみならず、企画術でもあるのです。


アイデアマンと呼ばれるカリスマ社長がよくマスコミに登場します。企画スピードの速さゆえ、天才のごとく採り上げられますが、それは嘘です。彼らは、日ごろからあらゆることを考え抜いてネタとしてストックする習慣が身についており、尋ねられた時点で100の選択肢から成功確率の高い3個くらいまで絞り込んでいるのです。あとは、状況に応じて、残りの3個から1個を瞬時に選んでいるにすぎません。スピードとは努力なのです。


街で拾ったネタをメモにしている人は多いかもしれませんが、そのとき気をつけたいのは、ネタを加工しないことです。ある女子高生の会話を聞いて「この会話は女子高生向けの企画に使える」と考え、「女子高生の声」という属性の縛りをかけて整理してしまうと、あなたが感じて拾ったネタは企画としての広がりを失ってしまいます。あくまでも一個人が発した会話としてそのままメモし、感動の記憶としてストックしておくべきです。


できるビジネスマンは、自分が熟知している分野であっても、必ず人に尋ねる習慣をもっています。企画スピードを要求される時代とはいえ、拙速では何の意味もありません。恥ずかしがらずに、勇気を出して人に聞いてみることが大切です。


商品やサービスの情報をチェックするのではなく、なぜお客はその商品を買ったのか、なぜ買わなかったのか、店員の対応はどこが心地よかったのか、逆にどこが不愉快だったのか。プラス面もマイナス面も、ポジティブもネガティブも含めて、人の気持ちを集めることがネタのストックになります。


こんな話があります。冷やし中華や冷やしたぬきなど、「冷やし麺」と呼ばれるカテゴリー商品は、夏場の商品と相場が決まっていますが、あるメーカーの担当者は、春先ころから冷やし中華を家でつくって食べている家庭が多いことに気づきました。その気づきこそ、マスコミがつくった食の流行ではない、事実そのものです。固定観念にとらわれず事実に素早く反応できる人が、スピード企画の達人になれるのです。


私はよくコンビニに立ち寄り、人間ウォッチングをします。ときには、商品を手にとって棚に戻したお客に「なぜいま商品を棚に戻されたのですか」と尋ねます。


30秒で自分を語る練習をしましょう。名刺交換など、初対面の場で何分も話すことはできないときは、手短に自分を印象づけるための自己紹介をするのが効果的。5人に1人は後から「詳しい話を聞かせてください」と言ってきます。


勧めたいのは自分のこれまでやってきた仕事を細かく要素に分け、得意な仕事、そうでない仕事を選り分けること。営業の中には企画、情報収集、アポ取り、プレゼンからクロージングと様々な要素があるはず。その中でとくに得意とするものをピックアップ。それがあなたの売り。


ビジネスのターゲットを決める際、属性(年齢、性別、年収、職業など)から考えるのは失敗のもと。属性で見ることは塊で見ること。すると個人を見失ってしまう。そうではなく、「あなたのスキルや強みで誰が助かるのか」「誰が喜ぶのか」そして「誰に喜んで欲しいのか」のかをイメージする。それがターゲットであり、同時にビジネスの目的や使命感に結びつくのです。


目の前に100人いたら、何も考えずに全員に名刺を配ろうとする考えは捨てましょう。キリがないし、現実的に不可能。重要なのは、相手に選んでもらうことです。自分はどんな人間か、何を求めているか、あるいは強みをハッキリさせて、それを周囲に示せば、興味を持った人からアプローチしてきます。


名刺を見て、その人の顔が浮かばない。どんな状況で会ったかもうろ覚え。では自分から連絡する、あるいは相手がコンタクトを取ってくる可能性は? 口ごもってしまうのはゼロということ。それでは会ってないのと同じだから、名刺を捨てても問題ないですよね。袋に入れてどこかにしまうだけでは駄目なんです。頭のどこかに雑念が残ってしまう。名刺を完全に手放して、頭の引き出しをクリアにしましょう。捨てた時の音を聞いて、脳みそに納得させる。これが大事です。


中山マコトの経歴・略歴

中山マコト、なかやま・まこと。日本のマーケッター、シンクロニスト。独自のマーケティング手法「キキダスマーケティング」を提唱。コピーライティングやウェブサイト・店舗の改善法について教えている。著書に『たった1行で「アピールする」技術』『「バカ売れ」キャッチコピ-が面白いほど書ける本』『タイトルが面白いほど書ける本』『40歳からの「捨てる!」技術』『成功する人が必ずやっている時間の使い方』ほか。

他の記事も読んでみる

吉川廣和

経営には「人」「金」「情報」が大事というけど、私が経営において重視するのは圧倒的に「人」。金も情報も人が使って価値が生まれるからね。


濱田純一

英米のトップ大学と同じことをするのではなく、日本の大学として売りをつくっていかなければ、存在意味はない。


渡邉美樹

直属の上司を尊敬できないぐらいで、仕事のモチベーションを下げている場合ではありません。「しっかりしろ」と私は言いたい。


養老孟司

理屈で説明がつかない物事は、世の中にいっぱいある。


遠藤功

現象面で現状を見ると、大規模な会社はダメで、中堅企業は比較的元気。実は、これは偶然ではありません。数千億円、数百億円規模の会社なら日本人のリーダーでも回せます。しかし、数兆円規模の会社になると、普通の日本人のリーダーでは回しきれない。


ビル・ゲイツ

子供のころからたくさん本を読んで自分でものを考えろと言われて育った。両親は、本や政治や、その他いろいろなことについて、子供たちを交えて話し合った。


築山節

従来の「丸暗記」的な記憶法は、今後の時代にどれだけ役立つでしょうか。現在、たいていの情報や知識はネット検索で即座に呼び出すことができます。分厚い辞書や何冊もの百科事典の情報を、スマートフォンにそっくり入れられる時代でもあります。たくさん覚えることのできる人が「賢い」と言われた時代は終わりつつあります。脳は、辛い丸暗記作業から解放されつつある、とも言えます。つまるところ「記憶」という概念の意味そのものが変化しているのです。これまで丸暗記に使っていた脳の働きを、これからは別のことに活用すべきです。「経験の蓄積」という名の記憶を、具体的行動に結びつけることが大切です。


村西とおる

想像力、妄想することは、人をポジティブにするんです。つまり、贅沢ができないから我慢するという発想ではなく、いま許されない贅沢をするにはどうすればいいかと考える。それが大事なんです。妄想をたくましくすると、心が豊かになります。現実的な感性も磨かれます。


ハロルド・ジェニーン

企業家精神は大企業の哲学とは相反するものだ。企業家とは、革新的な、独立独歩の、そして大きな報酬のために常識的な限界以上のリスクを進んで冒す人々である。安定した大企業は比較的小さな結果のため、漸進的な、比較的小さなリスクを冒すことしか許されない。大企業を経営する人々のおおかたは、失敗を犯さないように心がける。彼らの仕事の評価はそれにかかっている。


糸井重里

被災地から発信するからどんなものでも売れるわけではない。厳しいことを言うようですが、最初は同情で購入してくれたとしても、それは長く続かないんです。やっぱり人は満足するものにお金を払いたいから。


熊坂隆光

うちは組織が小さいですから、小回りが利くんです。


ジェームス・ギャンブル

満足な仕事ができないと思ったときは、素直に自分のレベルに合った仕事を探しなさい。たとえそれが石割りであったとしてもである。