名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

中山マコトの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中山マコトのプロフィール

中山マコト、なかやま・まこと。日本のマーケッター、シンクロニスト。独自のマーケティング手法「キキダスマーケティング」を提唱。コピーライティングやウェブサイト・店舗の改善法について教えている。著書に『たった1行で「アピールする」技術』『「バカ売れ」キャッチコピ-が面白いほど書ける本』『タイトルが面白いほど書ける本』『40歳からの「捨てる!」技術』『成功する人が必ずやっている時間の使い方』ほか。

中山マコトの名言 一覧

自分は当然と思ってこなしている事が、人から見たら欲しい能力ということがよくある。


上司の小言には、注意だけでなく期待も込められているもの。それを感情的に反論しても、上司の機嫌は悪くなるだけ。いったん上司の言葉を消化すること。


印象に残る名刺、何をしているかが一目で分かる名刺は、それ自体が営業してくれる。名前と肩書き、連絡先だけのシンプルな名刺は論外。


自分のスキルと個性を出し、スキマに入りこめれば、それなりの固定客ができる。そこで商売ができれば収入は確保できるはず。


企画立案のタブーは自分の想像、つまり思い込みでつくることです。自分の頭のなかだけで無理やり企画をひねり出そうとするのは、驕りであり、これほど相手に対して失礼なことはありません。


不思議なものでネタ帳をアトランダムにパラパラ見返すと、一見、関係のないネタ同士から企画が生まれることがあります。それは、時代の空気を吸ったネタ同士が引き起こす化学反応のようなもの。個々のネタの感じ方や捉え方が深ければ深いほど、化学反応が起きる確率は高まります。逆に数カ月しても何の反応も起こさないネタは、破り捨ててしまえばよい。躊躇する必要はありません。よいネタなら脳が必ず覚えているはずです。


企画の人脈というと、その道のプロが頭に浮かぶかもしれませんが、灯台もと暗しのたとえのように、身近なところに宝の山が眠っていることが多いのです。仕事上では関係のない他部署の人間だからこそ、自分には想像もつかないネタをもっています。また、その人の知り合いまで広がりができれば、あなたのネタの発掘ソースは、飛躍的に増えるはず。人づき合いを大切にするというのは、社内の処世術のみならず、企画術でもあるのです。


アイデアマンと呼ばれるカリスマ社長がよくマスコミに登場します。企画スピードの速さゆえ、天才のごとく採り上げられますが、それは嘘です。彼らは、日ごろからあらゆることを考え抜いてネタとしてストックする習慣が身についており、尋ねられた時点で100の選択肢から成功確率の高い3個くらいまで絞り込んでいるのです。あとは、状況に応じて、残りの3個から1個を瞬時に選んでいるにすぎません。スピードとは努力なのです。


街で拾ったネタをメモにしている人は多いかもしれませんが、そのとき気をつけたいのは、ネタを加工しないことです。ある女子高生の会話を聞いて「この会話は女子高生向けの企画に使える」と考え、「女子高生の声」という属性の縛りをかけて整理してしまうと、あなたが感じて拾ったネタは企画としての広がりを失ってしまいます。あくまでも一個人が発した会話としてそのままメモし、感動の記憶としてストックしておくべきです。


できるビジネスマンは、自分が熟知している分野であっても、必ず人に尋ねる習慣をもっています。企画スピードを要求される時代とはいえ、拙速では何の意味もありません。恥ずかしがらずに、勇気を出して人に聞いてみることが大切です。


商品やサービスの情報をチェックするのではなく、なぜお客はその商品を買ったのか、なぜ買わなかったのか、店員の対応はどこが心地よかったのか、逆にどこが不愉快だったのか。プラス面もマイナス面も、ポジティブもネガティブも含めて、人の気持ちを集めることがネタのストックになります。


こんな話があります。冷やし中華や冷やしたぬきなど、「冷やし麺」と呼ばれるカテゴリー商品は、夏場の商品と相場が決まっていますが、あるメーカーの担当者は、春先ころから冷やし中華を家でつくって食べている家庭が多いことに気づきました。その気づきこそ、マスコミがつくった食の流行ではない、事実そのものです。固定観念にとらわれず事実に素早く反応できる人が、スピード企画の達人になれるのです。


私はよくコンビニに立ち寄り、人間ウォッチングをします。ときには、商品を手にとって棚に戻したお客に「なぜいま商品を棚に戻されたのですか」と尋ねます。


30秒で自分を語る練習をしましょう。名刺交換など、初対面の場で何分も話すことはできないときは、手短に自分を印象づけるための自己紹介をするのが効果的。5人に1人は後から「詳しい話を聞かせてください」と言ってきます。


勧めたいのは自分のこれまでやってきた仕事を細かく要素に分け、得意な仕事、そうでない仕事を選り分けること。営業の中には企画、情報収集、アポ取り、プレゼンからクロージングと様々な要素があるはず。その中でとくに得意とするものをピックアップ。それがあなたの売り。


ビジネスのターゲットを決める際、属性(年齢、性別、年収、職業など)から考えるのは失敗のもと。属性で見ることは塊で見ること。すると個人を見失ってしまう。そうではなく、「あなたのスキルや強みで誰が助かるのか」「誰が喜ぶのか」そして「誰に喜んで欲しいのか」のかをイメージする。それがターゲットであり、同時にビジネスの目的や使命感に結びつくのです。


目の前に100人いたら、何も考えずに全員に名刺を配ろうとする考えは捨てましょう。キリがないし、現実的に不可能。重要なのは、相手に選んでもらうことです。自分はどんな人間か、何を求めているか、あるいは強みをハッキリさせて、それを周囲に示せば、興味を持った人からアプローチしてきます。


名刺を見て、その人の顔が浮かばない。どんな状況で会ったかもうろ覚え。では自分から連絡する、あるいは相手がコンタクトを取ってくる可能性は? 口ごもってしまうのはゼロということ。それでは会ってないのと同じだから、名刺を捨てても問題ないですよね。袋に入れてどこかにしまうだけでは駄目なんです。頭のどこかに雑念が残ってしまう。名刺を完全に手放して、頭の引き出しをクリアにしましょう。捨てた時の音を聞いて、脳みそに納得させる。これが大事です。


中山マコトの経歴・略歴

中山マコト、なかやま・まこと。日本のマーケッター、シンクロニスト。独自のマーケティング手法「キキダスマーケティング」を提唱。コピーライティングやウェブサイト・店舗の改善法について教えている。著書に『たった1行で「アピールする」技術』『「バカ売れ」キャッチコピ-が面白いほど書ける本』『タイトルが面白いほど書ける本』『40歳からの「捨てる!」技術』『成功する人が必ずやっている時間の使い方』ほか。

他の記事も読んでみる

高原真由美(髙原真由美)

モノを減らすときには「使うか、使わないか」という基準の他にもう一つ、「持っていたいかどうか」という判断基準を取り入れると良いと思います。他者からは一見不要と思われるアイテムであっても、本人には「これがないと仕事への意欲がわかない」といったモノは、誰しもあるものです。仕事とは直接関係していないかもしれませんが、それがあることによって仕事の効率やモチベーションが上がり、結果パフォーマンスも高くなるようなモノであれば、ムダとして切り捨てるべきではないのです。また、そうした大切なモノだからこそ、ごちゃごちゃと不要なモノの中に埋もれさせずに整理しておこうという気持ちにもなるのではないでしょうか。


ガブリエル・ベルチ

社員が成果を上げる基本は、社員一人ひとりの育成です。その人の持つ潜在力を引き出し、力を伸ばすため、全社員がIDPと呼ばれる開発育成プログラムを実践しています。


北条氏綱

人の命わずかの間なれば、むさき心底(卑しい動機)、ゆめゆめ、あるべからず。


観世清和

何歳になっても、どんな立場になっても、その時点でのわが身の未熟さに気づいて、日々の精進を続けなければならない。それには、己にテーマを課して自分を磨き続けることです。


北尾吉孝

イー・トレード証券(のちのSBI証券)を始める時、手数料をオンライン証券の中で一番安くしました。当初は赤字だったので大損すると周囲から反対されましたが、踏み切った。そうしたところ、顧客から圧倒的な支持を集めた。そうなると多くの顧客を満足させなくてはいけないので、商品の品揃えを充実させたり、サーバーの数を増やしたり、システムをより堅固なものにしないといけない。こうしてサービスの質がどんどん改善されていきました。量があるために、質を必然的に向上させなくてはいけないのです。こうして量と質が好循環の中で伸びていく。


奥村綱雄

社長と会長の二元統制になったら会社はおしまいだ。


安倍昭恵

神道に「中今(なかいま)」という思想があって、今を生きることが一番大事だと教えているんですね。先々を考えて準備することは必要かもしれないけれども、心配ばかりしているよりは、今、この瞬間を楽しむ。その積み重ねが幸せな人生といえるんだろうなと思うんです。


田中孝司(経営者)

世の中がこうもスマホに変わるとは予想していませんでした。最初は「あんなもの、売れるわけがない」と言っていました。でも、違った。売れるわけがないと思っていたのは我々だけであって、お客さんではなかった。調子がいいときには、ちゃんと外を見ていないと、鼻が伸びてしまう。だから相当、自省しました。


鍵山秀三郎

運命というものは最後になってみなければわからない。


チャップリン

成功は人を愛想よくする。私はスタジオの人たち、誰ともみんな親しくなった。エキストラから道具方、衣装係からカメラマンに至るまで、私はみんなの「チャーリー」になった。もともとあまり社交好きではなかったが、さすがにこれは嬉しかった。つまり、みんなが親しんでくれるというのは、とりもなおさず私が成功者だという証拠だったからである。
【覚書き|イギリスの舞台俳優からアメリカの映画俳優に転身した当時、スタジオの面々と意見が衝突し孤立していたが、チャップリンの映画の成果が出始め周囲との関係が上手く行きだしたことを振り返っての発言】


織田裕二

自分は今これで幸せだと言えることが、「悔いのない」人生じゃないですか。そのためには、まずやりたいことに向かって突き進めばいいと思う。


平野拓也

過去の経験や知識にとらわれず、現状の市場環境や顧客のニーズに応じて解を出す「アダプティブ(順応性)」が今後重要になってくる。