中山マコトの名言

中山マコトのプロフィール

中山マコト、なかやま・まこと。日本のマーケッター、シンクロニスト。独自のマーケティング手法「キキダスマーケティング」を提唱。コピーライティングやウェブサイト・店舗の改善法について教えている。著書に『たった1行で「アピールする」技術』『「バカ売れ」キャッチコピ-が面白いほど書ける本』『タイトルが面白いほど書ける本』『40歳からの「捨てる!」技術』『成功する人が必ずやっている時間の使い方』ほか。

中山マコトの名言 一覧

自分は当然と思ってこなしている事が、人から見たら欲しい能力ということがよくある。


上司の小言には、注意だけでなく期待も込められているもの。それを感情的に反論しても、上司の機嫌は悪くなるだけ。いったん上司の言葉を消化すること。


印象に残る名刺、何をしているかが一目で分かる名刺は、それ自体が営業してくれる。名前と肩書き、連絡先だけのシンプルな名刺は論外。


自分のスキルと個性を出し、スキマに入りこめれば、それなりの固定客ができる。そこで商売ができれば収入は確保できるはず。


企画立案のタブーは自分の想像、つまり思い込みでつくることです。自分の頭のなかだけで無理やり企画をひねり出そうとするのは、驕りであり、これほど相手に対して失礼なことはありません。


不思議なものでネタ帳をアトランダムにパラパラ見返すと、一見、関係のないネタ同士から企画が生まれることがあります。それは、時代の空気を吸ったネタ同士が引き起こす化学反応のようなもの。個々のネタの感じ方や捉え方が深ければ深いほど、化学反応が起きる確率は高まります。逆に数カ月しても何の反応も起こさないネタは、破り捨ててしまえばよい。躊躇する必要はありません。よいネタなら脳が必ず覚えているはずです。


企画の人脈というと、その道のプロが頭に浮かぶかもしれませんが、灯台もと暗しのたとえのように、身近なところに宝の山が眠っていることが多いのです。仕事上では関係のない他部署の人間だからこそ、自分には想像もつかないネタをもっています。また、その人の知り合いまで広がりができれば、あなたのネタの発掘ソースは、飛躍的に増えるはず。人づき合いを大切にするというのは、社内の処世術のみならず、企画術でもあるのです。


アイデアマンと呼ばれるカリスマ社長がよくマスコミに登場します。企画スピードの速さゆえ、天才のごとく採り上げられますが、それは嘘です。彼らは、日ごろからあらゆることを考え抜いてネタとしてストックする習慣が身についており、尋ねられた時点で100の選択肢から成功確率の高い3個くらいまで絞り込んでいるのです。あとは、状況に応じて、残りの3個から1個を瞬時に選んでいるにすぎません。スピードとは努力なのです。


街で拾ったネタをメモにしている人は多いかもしれませんが、そのとき気をつけたいのは、ネタを加工しないことです。ある女子高生の会話を聞いて「この会話は女子高生向けの企画に使える」と考え、「女子高生の声」という属性の縛りをかけて整理してしまうと、あなたが感じて拾ったネタは企画としての広がりを失ってしまいます。あくまでも一個人が発した会話としてそのままメモし、感動の記憶としてストックしておくべきです。


できるビジネスマンは、自分が熟知している分野であっても、必ず人に尋ねる習慣をもっています。企画スピードを要求される時代とはいえ、拙速では何の意味もありません。恥ずかしがらずに、勇気を出して人に聞いてみることが大切です。


商品やサービスの情報をチェックするのではなく、なぜお客はその商品を買ったのか、なぜ買わなかったのか、店員の対応はどこが心地よかったのか、逆にどこが不愉快だったのか。プラス面もマイナス面も、ポジティブもネガティブも含めて、人の気持ちを集めることがネタのストックになります。


こんな話があります。冷やし中華や冷やしたぬきなど、「冷やし麺」と呼ばれるカテゴリー商品は、夏場の商品と相場が決まっていますが、あるメーカーの担当者は、春先ころから冷やし中華を家でつくって食べている家庭が多いことに気づきました。その気づきこそ、マスコミがつくった食の流行ではない、事実そのものです。固定観念にとらわれず事実に素早く反応できる人が、スピード企画の達人になれるのです。


私はよくコンビニに立ち寄り、人間ウォッチングをします。ときには、商品を手にとって棚に戻したお客に「なぜいま商品を棚に戻されたのですか」と尋ねます。


30秒で自分を語る練習をしましょう。名刺交換など、初対面の場で何分も話すことはできないときは、手短に自分を印象づけるための自己紹介をするのが効果的。5人に1人は後から「詳しい話を聞かせてください」と言ってきます。


勧めたいのは自分のこれまでやってきた仕事を細かく要素に分け、得意な仕事、そうでない仕事を選り分けること。営業の中には企画、情報収集、アポ取り、プレゼンからクロージングと様々な要素があるはず。その中でとくに得意とするものをピックアップ。それがあなたの売り。


ビジネスのターゲットを決める際、属性(年齢、性別、年収、職業など)から考えるのは失敗のもと。属性で見ることは塊で見ること。すると個人を見失ってしまう。そうではなく、「あなたのスキルや強みで誰が助かるのか」「誰が喜ぶのか」そして「誰に喜んで欲しいのか」のかをイメージする。それがターゲットであり、同時にビジネスの目的や使命感に結びつくのです。


目の前に100人いたら、何も考えずに全員に名刺を配ろうとする考えは捨てましょう。キリがないし、現実的に不可能。重要なのは、相手に選んでもらうことです。自分はどんな人間か、何を求めているか、あるいは強みをハッキリさせて、それを周囲に示せば、興味を持った人からアプローチしてきます。


名刺を見て、その人の顔が浮かばない。どんな状況で会ったかもうろ覚え。では自分から連絡する、あるいは相手がコンタクトを取ってくる可能性は? 口ごもってしまうのはゼロということ。それでは会ってないのと同じだから、名刺を捨てても問題ないですよね。袋に入れてどこかにしまうだけでは駄目なんです。頭のどこかに雑念が残ってしまう。名刺を完全に手放して、頭の引き出しをクリアにしましょう。捨てた時の音を聞いて、脳みそに納得させる。これが大事です。


中山マコトの経歴・略歴

中山マコト、なかやま・まこと。日本のマーケッター、シンクロニスト。独自のマーケティング手法「キキダスマーケティング」を提唱。コピーライティングやウェブサイト・店舗の改善法について教えている。著書に『たった1行で「アピールする」技術』『「バカ売れ」キャッチコピ-が面白いほど書ける本』『タイトルが面白いほど書ける本』『40歳からの「捨てる!」技術』『成功する人が必ずやっている時間の使い方』ほか。

他の記事も読んでみる

福元麻理恵

本当に洗練された情報や音楽というものには、人が集い、人の心を動かし、人をつなぐ力がある。


樋口武男

たとえば介護施設などは、そこまで儲かりはしないが損をするということもない。経営効率としてはよくないですけれど、ないと困る人がいるからやる。そこが企業の存在価値だと思っています。企業ですから利益を上げない事業は許されない。


西田厚聰

事業に応じたスピード、経営の判断基準があるということです。現在進行している事業には、私の任期中には実を結ばない長期の事業もたくさんある。直近の事業も、もちろん力を入れて取り組みます。しかし、自分の任期中に成功させる事業だけを考えていては駄目なんです。自分の任期を超えて、事業を持続的に成長させなければいけない。5年先、10年先を常に考え、結論を導き出し、決断することができるのは社長以外にいませんから。


森下篤史

馬鹿っぽい高校生が両手を離して自転車に乗っていた。私は40年自転車に乗っているが両手が離せない。彼は自転車通学で毎日学校に通っている道すがら、ふとしたきっかけで手を離してみた。面白がってやっているうちに両手を離して乗れるようになった。彼と私の差は決して能力ではない。手を離して乗ってみようと思ったか思わなかったかの違いだけである。


橋本孝之

進歩がないルーチンワーカーはいりません。自らが成長することに貪欲に取り組むスマートワーカーが欲しいのです。それが私の想いです。


前澤友作

会社の将来がいまの延長上にあるとは僕も思っていません。


野口吉昭

シアトルの鮮魚市場を描いたビジネス書『フィッシュ!』に、「仕事は選べないが、仕事のやり方は選べる」という一節があります。上司から単純作業を命じられたとき、つまらないと思いながら作業すると、苦痛が増すだけです。しかし作業の進め方を自分で工夫すれば、単純作業が興味深い仕事へと変わります。


吹越満

僕みたいないい加減なヤツが20年近く続けられたのは、信頼できるスタッフに恵まれたから。「やるよ」と言うと集まってくれるんです。その段階では僕自身「なにをやろうか」と見えていない状態。それでも信じてじっと待っていてくれる。うれしいですよね。僕が一番自分のことを信用していないのに。


柏本湊

重要なのは、「どれだけ稼ぐか」ではなく、「どれだけ残すか」です。


岩渕龍正

独立・起業はパワーがかかります。当初から従業員を雇用する余裕もありません。夫婦2人ならできることが増えます。ただし、夫はもっとやってほしいのに、妻はパート感覚になるなど期待値にギャップができ、もめる原因になります。妻を経営パートナーにするなら、初めから自覚を持ってもらうことが非常に重要です。


長谷川穂積

俺は全部の試合が紙一重やったと思っています。世界ランカーはみんな、相手を倒せるパンチを持っていますから。そういう試合で連続KO勝ちができているのは、運がよかっただけや、と受け止めている。


井上高志

私はよく社員たちに向けて、かの「薩摩の教え」を引用し、挑戦することの大切さを語っています。人として一番価値があるのは「何かに挑戦し、成功した者」。二番目が「何かに挑戦し、失敗した者」。三番目が「挑戦した人の手助けをした者」。とにかく、どんな結果やかたちであっても挑戦することが大事であり、たとえ失敗しても、挑戦を続けなければ人も組織も成長しないと。


吉田松陰

今人、大眼目(だいがんもく)なし、好んで些事末節を論ず。この弊(へい)読書人もっともはなはだし。
【覚書き|大眼目=ものごとを大局的に見ること】


磯崎功典

実際のところ、企業が地域に入り込むのはそう簡単ではありません。使う言語も違うし、企業に対して距離感をお持ちの産業もある。当社が「復興応援キリン絆プロジェクト」で東北の被災地の支援をしていった際には、日本財団に協業をお願いして力を借りました。各地域の問題を理解し、実働部隊としての蓄積があり、行政と強固なネットワークを持つ日本財団と協業できたことで、地域の水産業との連携がスムーズに進みました。


糸井重里

「ほぼ日(ほぼ日刊イトイ新聞)」創刊時は、そこでモノが売れるとは考えていなかったです。ただ、最初からインターネットはビジネスになるとは思っていました。銀座の4丁目の角に自動販売機を置いたら、それだけで食っていけますよね。おでん屋でも花屋でも何でもいい。重要なのは銀座4丁目にあるということです。大事なのは「人のにぎわい」。人が、その街に行きたくなる理由があるかぎり、何をしたらよいかわからなくても、食う道はあると思っていました。


ページの先頭へ