名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中尾清(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中尾清(経営者)のプロフィール

中尾清、なかお・きよし。日本の経営者。「東洋エンジニアリング」社長。京都大学工学研究科修士課程修了後、東洋エンジニアリングに入社。プラントエンジニアリングセンター機器設計グループマネージャー、執行役員海外事業本部プロポーザル本部長、常務執行役員海外プロジェクト統括本部調達本部長、中国法人総経理(社長)、取締役専務執行役員などを経て社長に就任。

中尾清(経営者)の名言 一覧

中国とつきあう際は、文化の違いは違いとして認識したうえで、諦めずに接することが大事。


中国法人社長就任当初、現地スタッフは他人のせい、顧客のせいにして弁明する傾向が見られましたが、「自分の仕事にプライドを持て」と口を酸っぱくして注意すると、次第にわかってくれました。


中国法人社長時代、重視したのは、業務を現地のスタッフに任せること。日本から派遣された人材になるべく依存せずに、現地スタッフの自立心ややる気を高めるのが狙いです。


中尾清(経営者)の経歴・略歴

中尾清、なかお・きよし。日本の経営者。「東洋エンジニアリング」社長。京都大学工学研究科修士課程修了後、東洋エンジニアリングに入社。プラントエンジニアリングセンター機器設計グループマネージャー、執行役員海外事業本部プロポーザル本部長、常務執行役員海外プロジェクト統括本部調達本部長、中国法人総経理(社長)、取締役専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

西岡務

怖いのは、失敗を恐れて誰がやってもすぐに作れるものに手を出すこと。こうした分野はキャッシュが豊富で生産コストが低い企業にすぐに真似される。


松井道夫

インターネット株取引を開始したことがイノベーションだったとは思っていません。誰でも思いつきますから。外交営業をやめたことの方が遥かに画期的だったと思います。顧客はそれを欲していないと気が付いただけに過ぎません。今から思うと当たり前のことなんですが、実行するのは大変でした。


佐藤裕久

正しいか間違っているかはわからないけれど、自分が信じている想い、個人的なマターをかたちにすることに賭けてみようと思った。まあ、誰に聞いても「そんなん、あかんて。やめとき!」って言われたけどね。そもそも僕は人の意見をあまり聞かないから(笑)。
【覚え書き|カフェを始めた当時を振り返っての発言】


羽鳥兼市

状況が困難であればあるほど、それを乗り越えたときに得るものは大きい。


江上治

ターゲットを明確にすることが大切。誰が受け取るかわからないチラシ配りの「1時間」と、ターゲットとする顧客の年齢、家族構成、年収、貯蓄額まで理解した上での提案書作りの「1時間」。どちらが稼ぎに直結するかは言うまでもありません。


横川竟

高倉町珈琲を作った一番の理由は、消費者が喜ぶお店を作りたいと思ったから。ファミレスに限ったことではありませんが、今のお店はどれも食べることばかりでちっとも楽しくない。もっとゆっくり休んだり、楽しんだり、仕事をしたりできるお店があってもいいんじゃないかと思ったんです。カフェチェーンは色々あるけれども、ほとんどは休憩所代わりにしかならない。言ってみれば席貸し業ですよね。便利ではあるし、それを否定もしないけれども、出しているコーヒーやフードはファミレスでやっていることと大差ありません。それならはこの業態で心の休まるような場所を作ってみようと。


横田英毅

仕事で何が一番大切かといえば、やりがいを感じられることです。会社経営をする上で一番大切にしなくてはならないのは、社員一人ひとりのやりがい、ということになります。


市川平三郎

アイデアは誰にでも浮かぶと思います。ところが、私には目先の生活や楽しみに心を奪われてせっかくのチャンスを生かさない人が多いように思えてなりません。これが、結果として日本という国の力の低下を招いているようにも思えてならないのです。


龍華明裕

私は大学時代に学習塾を経営した経験から、きちんとしたプロセスを踏めば成功するだろうという自信を持っていました。この塾を興したときのモチベーションや経験は現在に至るまで自分の教訓となっています。


楠木建

自分が面白いと思うから勉強できるわけで、本を読むにしても何かを考えるにしても、面白がる力があることが大切だ。センスはその人が経験の中で練り上げてきた論理の引き出しだから、大切なのはむしろ、自分の面白がることを見つける力といってもいい。


酒巻久

当社では同じフロアの社員にメールを送信したことが3回発覚するとPC没収、5回で降格。面と向かって話せば3秒で済むことを、メールを使うと、執筆、送信、受信、閲読と相手に意図が伝わるまで早くても3分かかるから。


浅野秀則

父が病に倒れてからは、小遣いにも窮するようになりました。しかし持っていた楽器やスキー用具を売ったり、高校生相手の麻雀大会を企画したり、知恵を絞って稼ぎました。高3のときは、貯めたお金でハワイに旅行し、それがきっかけで、大学生時代に学生向け旅行サービス業を立ち上げました。結局、大学を卒業するのに6年もかかってしまいました。母は、私が勤め人に向いていないと思ったのか、常々「あなたは子分をつくりなきい」と言っていました。実際、学生ながら旅行サービス業を運営する私を、助けてくれる仲間や後輩がかなり増えていました。