名言DB

9429 人 / 110879 名言

中尾浩治の名言

twitter Facebook はてブ

中尾浩治のプロフィール

中尾浩治、なかお・こうじ。日本の経営者。医療機器メーカー「テルモ」会長。広島県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、テルモに入社。取締役、社長室長、経営企画室長、取締役常務執行役員、米国テルモメディカル会長兼CEO(最高経営責任者)、テルモ取締役専務執行役員、取締役副社長執行役員などを経て会長に就任。

中尾浩治の名言 一覧

360度評価では、私も「会議中に目をつむって寝ているように見えることがある」と言われたりします。でも、そういう目を意識して上が自ら変わっていかない限り、自由闊達な会社にはできないと思っています。


日本人は交渉力やアピールカが欧米人に比べると弱いとも感じています。それも固定した上下関係の中にいすぎるから、交渉力やアピールカが弱くてもやっていけることが影響しているのではないでしょうか。


日本企業が上下、先輩後輩関係を重視するのは、儒教的な伝統もあるでしょう。でも、別の角度から見れば、そういう固定した関係を前提にする方が、中の人たちには楽でもあるのです。上下関係が事前にあるので、厳しい議論や評価をぶつけ合わなくてもやっていけるからです。ただ、それが行きすぎると、会社のために何をすべきかではなく、上司のために何をするかを優先する社員さえ出てきかねません。だからこそ、企業風土改革が必要なのです。


私は長く米国に駐在していましたが、米国人の社員は現地法人のトップでも私を「コウジ」と呼んできます。自由に議論し、アイデアをぶつけてくるのです。ですが、日本に戻ると「会長」。こちらはやはり、上下関係を固く持ったうえで話すわけです。一方はコウジ、一方は会長と呼ぶ風土にある社員同士が、闊達な議論をできるでしょうか。私は以前から、企業がグローバル化して、世界で一体の組織として力を発揮するには、そんなところを変えないと本当の力は出せないのではと思っていました。


私は会長に就任して以来、企業風土改革を訴え、進めてきました。社内の雰囲気をもっと自由闊達に、いろんな議論ができる風土に変えたい。


当社は昨年から、私の旗振りで役員の行動を変えようという2つの運動を行っています。ひとつは、「役員(Y)」と「率先(S)」の頭文字を取ってYSプロジェクトと名づけているもので、役員が率先して部下との話し方、表情から変えようという運動です。そしてもうひとつは、社長、会長を含めた役員・部長の360度評価です。こちらは、ご存じの通り直接の部下を含めた周囲の人たちに自身の評価をしてもらおうというものです。


「モノづくり」と言うと、何となくひとつひとつの部品を安く作るというイメージがありますが、今、私は「コトづくり」という言葉をいろんなところで使っています。多くの新聞、雑誌などのメディアではモノづくりばかりが前面に出てきますが、それだけでは付加価値を高められません。もっと価値を提供できるイノベーションを起こさないといけない。


スマートフォンにも日本メーカーの部品が多数使われていますが、利益の大半は機器メーカーが持っていき、部品メーカーの利益はわずか数%にとどまっています。なぜ優秀な部品を作っているのに儲からないのか。問題は付加価値、つまりアイデアの部分をつくっているのはどこなのかということです。


中尾浩治の経歴・略歴

中尾浩治、なかお・こうじ。日本の経営者。医療機器メーカー「テルモ」会長。広島県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、テルモに入社。取締役、社長室長、経営企画室長、取締役常務執行役員、米国テルモメディカル会長兼CEO(最高経営責任者)、テルモ取締役専務執行役員、取締役副社長執行役員などを経て会長に就任。

他の記事も読んでみる

門川義彦

営業のプロならお客様をハッピーのするのが仕事です。そのために、まず自分がハッピーになるのも仕事のうち。テンションをあげていきましょう。ハッピーじゃない人から営業されても楽しくありませんから。


岩渕拓也

特に海外市場におけるインテリジェンス活動を重要視しており、国際カンファレンスへの出席やキーパーソンへの面会に行くことを積極的に推進しています。もちろん、せっかく世界1周をするのであれば、しっかりと目的を持って準備し、社員全体に還元できるような知見を持って帰ってくることが求められます。


中村信仁

初対面の会話では、自分だけでなく相手も緊張しているものです。そのままでは緊張と緊張のぶつかり合いが起きて、心を開けないまま時間が過ぎてしまう。ですから、自分の方からその緊張を解くことが必要なのです。そうして自分から、第一声を切り出したほうが、その後の会話もイニシアチブをとることができます。


高岡浩三

当時すでに、いずれ乳児の数が減っていくのがわかっていたこともあり、これ以上やる意味がないという結論に達しました。そして本社を説得して、2年かけたプロジェクトを断念。今となっては正しい判断でしたが、当時は挫折感がありましたね。
【覚え書き|粉ミルク事業から撤退したことを振り返っての発言】


岸見一郎

仕事は人生の課題の一つにすぎません。アドラーは、人生には「仕事の課題」「交友の課題」「愛の課題」の三つがあると言っています。この三つのバランスが良いことを「人生の調和がとれている」と表現しているのです。仕事が忙しく、家族サービスもままならないという人は多いでしょう。家族を養うために働いていると言われるかもしれませんが、それを、他の課題に取り組めない口実にしていないでしょうか。


常見陽平

若い世代を育てるなら、積極的に声かけして説明を怠ってはいけない。もう「俺の背中を見て勝手に学べ」という時代ではないのだ。


田臥勇太

オンリーワンになりたいという気持ちはあった。誰も通っていない道だったので、やってみなきゃ損だと。


高杉尚孝

交渉の場では「絶対」という言葉は極力、避けましょう。交渉の過程で、状況は常に変化します。序盤で相手の要求を「絶対にできる」と言ったのに、状況が変わり「やはり無理です」となると、禍根を残す状況を招きかねません。


井上陽介

俯瞰する力を高めるポイントは、できる限りマクロデータにふれること。人口動態もそうですし、テクノロジーの変化についてもそうですね。二つめは、視野を無理やりにでも広げるために、あえて「フレームワーク」を活用すること。フレームワークとは「思考の枠組み」です。漏れやダブりがないように、何らかの枠組みを設けて情報を整理すると、全体の俯瞰が容易になり、それまで見落としていた視点もクリアにならざるをえません。


ヘミングウェイ

勇気とは、窮しても品位を失わないことだ。