名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中尾浩治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中尾浩治のプロフィール

中尾浩治、なかお・こうじ。日本の経営者。医療機器メーカー「テルモ」会長。広島県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、テルモに入社。取締役、社長室長、経営企画室長、取締役常務執行役員、米国テルモメディカル会長兼CEO(最高経営責任者)、テルモ取締役専務執行役員、取締役副社長執行役員などを経て会長に就任。

中尾浩治の名言 一覧

360度評価では、私も「会議中に目をつむって寝ているように見えることがある」と言われたりします。でも、そういう目を意識して上が自ら変わっていかない限り、自由闊達な会社にはできないと思っています。


日本人は交渉力やアピールカが欧米人に比べると弱いとも感じています。それも固定した上下関係の中にいすぎるから、交渉力やアピールカが弱くてもやっていけることが影響しているのではないでしょうか。


日本企業が上下、先輩後輩関係を重視するのは、儒教的な伝統もあるでしょう。でも、別の角度から見れば、そういう固定した関係を前提にする方が、中の人たちには楽でもあるのです。上下関係が事前にあるので、厳しい議論や評価をぶつけ合わなくてもやっていけるからです。ただ、それが行きすぎると、会社のために何をすべきかではなく、上司のために何をするかを優先する社員さえ出てきかねません。だからこそ、企業風土改革が必要なのです。


私は長く米国に駐在していましたが、米国人の社員は現地法人のトップでも私を「コウジ」と呼んできます。自由に議論し、アイデアをぶつけてくるのです。ですが、日本に戻ると「会長」。こちらはやはり、上下関係を固く持ったうえで話すわけです。一方はコウジ、一方は会長と呼ぶ風土にある社員同士が、闊達な議論をできるでしょうか。私は以前から、企業がグローバル化して、世界で一体の組織として力を発揮するには、そんなところを変えないと本当の力は出せないのではと思っていました。


私は会長に就任して以来、企業風土改革を訴え、進めてきました。社内の雰囲気をもっと自由闊達に、いろんな議論ができる風土に変えたい。


当社は昨年から、私の旗振りで役員の行動を変えようという2つの運動を行っています。ひとつは、「役員(Y)」と「率先(S)」の頭文字を取ってYSプロジェクトと名づけているもので、役員が率先して部下との話し方、表情から変えようという運動です。そしてもうひとつは、社長、会長を含めた役員・部長の360度評価です。こちらは、ご存じの通り直接の部下を含めた周囲の人たちに自身の評価をしてもらおうというものです。


「モノづくり」と言うと、何となくひとつひとつの部品を安く作るというイメージがありますが、今、私は「コトづくり」という言葉をいろんなところで使っています。多くの新聞、雑誌などのメディアではモノづくりばかりが前面に出てきますが、それだけでは付加価値を高められません。もっと価値を提供できるイノベーションを起こさないといけない。


スマートフォンにも日本メーカーの部品が多数使われていますが、利益の大半は機器メーカーが持っていき、部品メーカーの利益はわずか数%にとどまっています。なぜ優秀な部品を作っているのに儲からないのか。問題は付加価値、つまりアイデアの部分をつくっているのはどこなのかということです。


中尾浩治の経歴・略歴

中尾浩治、なかお・こうじ。日本の経営者。医療機器メーカー「テルモ」会長。広島県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、テルモに入社。取締役、社長室長、経営企画室長、取締役常務執行役員、米国テルモメディカル会長兼CEO(最高経営責任者)、テルモ取締役専務執行役員、取締役副社長執行役員などを経て会長に就任。

他の記事も読んでみる

内藤誼人

人たらしになりたいなら、些細な点ほど敏感になることをお勧めする。つまらない冗談にもちゃんと笑ってあげるとか、名前を呼ばれたらすぐに返事をするとか、そういう些細なことに注意を怠らないようにしよう。それだけであなたの評判はぐっと良くなるはずだ。


澤田秀雄

皆が不可能だと思うことでも、思い込みを排除してフラットな目で見れば、解決すべき道が見えてきます。


築山節

実は私も、記憶力にそれほど自信がないので、頭の整理ノートを長年持ち歩いています。そのノートはもう数十冊にもなります。人と雑談していて、気になる話があったり、ふとアイデアがわいてきたりしたら、それを個条書きでさっと書き留めるのです。キーワードだけでもいい。日付とともに、それを書き、夕食時に家族にその話を少しすれば再入力も完了。あとで読み返したときに、そのときの思いがよみがえってきやすいのです。


吉越浩一郎

例えば20枚の資料があり、これを1枚の報告書にまとめる場合、仕事の速い人は資料の10枚程度は無視します。重要箇所以外をいかに無視できるかが重要。


村上太一

うっすらとでも知っておくのと、まったく知らないのとでは、雲泥の差があると思っています。


水城せとな

描きたい話があっても当時はまだキャリアがないので、「王道のものを描いてヒットさせて信用ができてから」と言われていました。それでずっと「いつか描くぞ」と思っていたんですけど……30歳が見えてきたなというときに気づいたんですよね。「あ、いつかは来ないんだ」って。いつかいつかって思っていると、いつかは永遠に来ない。「いまやる」って思わないとダメなんです。「いま自分が死んだら、こういう作品が描きたい人だって周囲に思われたままになるんだ。やばい」と思うようになって、自分の描きたいものを描けるところを探すようになったんです。


渡邉英二

一緒に働く仲間とお客様の信頼に応えようと努力してきたことが、自分自身の気持ちを強くすることにつながった。


落合寛司

変化に対応することが結果的には大きな成長につながった。


石川典男

歯科技工士は仕事を受注するために歯科医師に対して営業を行わなければなりません。「製作の仕事」と「営業の仕事」を一人でやるのは大変です。職人さんが営業マンを兼ねるのはムリがある。歯科技工の業界で働き始めたころから、私はそう思っていました。この問題意識から生まれたのが、成田デンタルです。歯科技工物の販売会社を新たに立ち上げ、営業の仕事はそこで一手に引き受ける。そして歯科技工士には、技工物の製作という本来の仕事に専念してもらう。業界初の流通システムで新風を吹きこもうと、尊敬していた当時の先輩と一緒に、千葉県成田市で創業しました。


熊谷正寿

自走式組織を作るためのポイントは「褒める、叱る、誇りを持たせる」です。その中で最も重要なのが、社員に誇りを持たせることです。


新井直之(執事)

大富豪の方々はいつも20年後、30年後のことばかり考えておられます。あるお客様は、次の東京オリンピックに備えて競技場周辺の土地を所有されていますが、お買い上げ、になったのは2000年前後だそうです。「東京でまたオリンピックを開催しようという動きがあるようだ」と聞けば、すぐさま手を打つのが大富豪です。


安徳孝平

そもそもゲームの作り方を知らなかったので、最初から悪戦苦闘で失敗の連続でした。ユーザーもソーシャルサービスにゲームがあるだけで満足していたのですが、時間がたつにつれ、やはり、より面白いゲーム、完成度が高いゲームを求めるようになりました。そこで、グリーさんの出資を得て、ゲーム制作のノウハウを教えていただいたのです。そこからさらに試行錯誤の連続だったのですが、ようやく楽しんでいただけるゲームを提供できるようになりました。