名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中尾浩治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中尾浩治のプロフィール

中尾浩治、なかお・こうじ。日本の経営者。医療機器メーカー「テルモ」会長。広島県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、テルモに入社。取締役、社長室長、経営企画室長、取締役常務執行役員、米国テルモメディカル会長兼CEO(最高経営責任者)、テルモ取締役専務執行役員、取締役副社長執行役員などを経て会長に就任。

中尾浩治の名言 一覧

360度評価では、私も「会議中に目をつむって寝ているように見えることがある」と言われたりします。でも、そういう目を意識して上が自ら変わっていかない限り、自由闊達な会社にはできないと思っています。


日本人は交渉力やアピールカが欧米人に比べると弱いとも感じています。それも固定した上下関係の中にいすぎるから、交渉力やアピールカが弱くてもやっていけることが影響しているのではないでしょうか。


日本企業が上下、先輩後輩関係を重視するのは、儒教的な伝統もあるでしょう。でも、別の角度から見れば、そういう固定した関係を前提にする方が、中の人たちには楽でもあるのです。上下関係が事前にあるので、厳しい議論や評価をぶつけ合わなくてもやっていけるからです。ただ、それが行きすぎると、会社のために何をすべきかではなく、上司のために何をするかを優先する社員さえ出てきかねません。だからこそ、企業風土改革が必要なのです。


私は長く米国に駐在していましたが、米国人の社員は現地法人のトップでも私を「コウジ」と呼んできます。自由に議論し、アイデアをぶつけてくるのです。ですが、日本に戻ると「会長」。こちらはやはり、上下関係を固く持ったうえで話すわけです。一方はコウジ、一方は会長と呼ぶ風土にある社員同士が、闊達な議論をできるでしょうか。私は以前から、企業がグローバル化して、世界で一体の組織として力を発揮するには、そんなところを変えないと本当の力は出せないのではと思っていました。


私は会長に就任して以来、企業風土改革を訴え、進めてきました。社内の雰囲気をもっと自由闊達に、いろんな議論ができる風土に変えたい。


当社は昨年から、私の旗振りで役員の行動を変えようという2つの運動を行っています。ひとつは、「役員(Y)」と「率先(S)」の頭文字を取ってYSプロジェクトと名づけているもので、役員が率先して部下との話し方、表情から変えようという運動です。そしてもうひとつは、社長、会長を含めた役員・部長の360度評価です。こちらは、ご存じの通り直接の部下を含めた周囲の人たちに自身の評価をしてもらおうというものです。


「モノづくり」と言うと、何となくひとつひとつの部品を安く作るというイメージがありますが、今、私は「コトづくり」という言葉をいろんなところで使っています。多くの新聞、雑誌などのメディアではモノづくりばかりが前面に出てきますが、それだけでは付加価値を高められません。もっと価値を提供できるイノベーションを起こさないといけない。


スマートフォンにも日本メーカーの部品が多数使われていますが、利益の大半は機器メーカーが持っていき、部品メーカーの利益はわずか数%にとどまっています。なぜ優秀な部品を作っているのに儲からないのか。問題は付加価値、つまりアイデアの部分をつくっているのはどこなのかということです。


中尾浩治の経歴・略歴

中尾浩治、なかお・こうじ。日本の経営者。医療機器メーカー「テルモ」会長。広島県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、テルモに入社。取締役、社長室長、経営企画室長、取締役常務執行役員、米国テルモメディカル会長兼CEO(最高経営責任者)、テルモ取締役専務執行役員、取締役副社長執行役員などを経て会長に就任。

他の記事も読んでみる

桜井博志

まず日本酒を知らない人に飲んでもらうことが重要。そのためにも美味しくなければ何の価値もない。


ジョン・ハム(経営者)

自分に誠実であることが大切です。自分に対しての誠実さが欠けていると長期的につじつまが合わなくなります。


程近智

海外が日本を評価するポイントは、実は昔から変わっていません。安土桃山時代に活躍した宣教師ルイス・フロイスが着目したのは、決められたことを忠実かつ几帳面にやりとげる、日本人の性格でした。明治維新前後のお雇い外国人も同様の感想を残しています。


濱川智

おもてなしは、もてなす側だけの問題ではない。もてなされた相手も「感動」を体験することがポイントなのだ。もてなす側ともてなされる側の心が双方向で通じないと成立は難しい。企業から顧客への一方的なサービスと異なり、おもてなしは、企業のアクションに顧客が応えることで、両者の絆が深まる。


高橋恭介(経営者)

「頑張っても、頑張らなくても賃金が同じ」ということでは納得感がありません。人事評価制度に必要な視点は、ひと言でいえば、「フェアに差を付ける」こと。頑張っている人にもそうでない人にも一律の賃金が支払われる「平等という名の不平等」から脱却しなければいけない。


スティーブン・セア

私たちは個性や多様性を尊重しています。なぜなら、様々な個性を持つ社員が、それぞれの「違った視点」を持ち寄ると、新たな解決策が生まれるからです。多様な個性の持ち主が協力体制を組むことは、組織にとってもメリットであり、価値を生みます。


貫啓二

串カツ田中は、これまでの経験から、店のオペレーションは極力シンプルにして、アルバイトだけでも回せるようにしたのも特徴です。トヨタ系の会社にいた経験を生かし、例えば厨房はしゃがまずに作業できるような設計にするなど、業務の効率化を追求しています。


南壮一郎

話し方とは、自分自身の鏡なのだと思っています。自分の気持ちがすべて話し方に出てしまいます。ですので、仕事を楽しんでいない人がいくら話し方のテクニックを学んだとしても、相手には伝わらないでしょう。仕事をつまらないと思っている人が、楽しそうに自信を持ってビジネスの話ができるわけがありません。


篠原菊紀

一流のアスリートたちの間で当たり前に行われていることが、練習ノートを書くこと。プレーの課題を書き出し、対策を練ることで成功イメージを頭の中に描く。その結果、試合時には失敗を恐れる気持ちが振り払われ、脳のワーキングメモリーへの負荷が減り、集中力を高めることができる。


小籔千豊

正直に言って、僕は普段から自分がテレビでおもろいことを言ってウケたいなんてのは二の次。何のために頑張っているかと言ったら、嫁はんにビッグマネーをパスするため、座長をさせてもらっている吉本新喜劇に貢献するため、芸人をやめようとした時に止めてくれた先輩後輩に恩返しするためです。どれも僕が東京で死ぬほど売れたら、叶うんちゃうかな、と。


岡庭豊

私は自分さえいい暮らしができればいいとは思っていないのです。うちは若い社員が多いですが、30代前半でも編集長クラスには1000万円以上出しています。社員にも快適な暮らしを味わってもらうことによって、よりよい仕事をしてほしいからです。


出口治明

部下の残業が多いのは、上司が仕事量や効率を考えて、バランスを取ることができていない、つまりマネジメント能力が低いからです。ですが、そのことに問題意識を持つ人が非常に少ないのが現状なのです。