名言DB

9429 人 / 110879 名言

中尾政之の名言

twitter Facebook はてブ

中尾政之のプロフィール

中尾政之、なかお・まさゆき。日本の工学博士。東京大学大学院教授。東京大学工学部産業機械工学科卒業、東京大学大学院工学系研究科修了。日立金属、米HMTテクノロジー、東京大学工学部助教授などを経て教授に就任。「失敗学」を研究し、失敗学会副会長を務めた。

中尾政之の名言 一覧

失敗するのは「誰かが起こした、似たような失敗」に関する情報を知らなかったから。


ビジネスにおいて、絶対的な安全はありません。でも、こういうことも起きるのではないかと想定することならできる。


失敗学的に捉えると、歴史は失敗情報の宝庫です。人間という生物は似たような過ちを繰り返す。近現代か古代か、日本か外国か、場所や時代は関係ない。


海外旅行ガイドブックやサイトに、「あの国のどこそこでカバンを盗まれました」とよく書いていますよね。行ってきた人が、せっかく教えてくれているのだから、カバンが見えないように身構えないといけない。でも、得てして「自分には起きないだろう」と思いがち。それでは、被害に遭っても仕方がない。


ネットで検索してみるのもいい。自社や同業他社はこれまでにどんな失敗を重ねてきたのか。「グーグル」や「ウィキペディア」のように、半ば、ビッグデータ化したものを利用しない手はありません。


失敗防止は過去の情報をいかに引っ張ってこられるかにかかっている。極端に言えば、振り返るべき過去とは、この地球で人類が起こしたあらゆる失敗事例なんです。


失敗学会が掲げる「失敗学」とは、「失敗知識のナレッジマネジメント」。噛み砕いて言えば、「人のふり見て、我がふり直せ」という言葉に尽きます。誰かの失敗を「対岸の火事として見る」のではなく、「他山の石とする」ことが必須です。


中尾政之の経歴・略歴

中尾政之、なかお・まさゆき。日本の工学博士。東京大学大学院教授。東京大学工学部産業機械工学科卒業、東京大学大学院工学系研究科修了。日立金属、米HMTテクノロジー、東京大学工学部助教授などを経て教授に就任。「失敗学」を研究し、失敗学会副会長を務めた。

他の記事も読んでみる

樋口武男

大和団地の経営再建において、人員削減はいっさい行ないませんでした。人件費を減らせば、確かに短期的には財務状況を改善できるでしょう。しかし、「人減らし」をするということは、優秀な社員たちから先に辞めてしまうことにつながります。それでは、その先の再建が遠のく一方です。人員整理こそしませんでしたが、猛烈な改革を進めるうちに、バブル期に入社して「ぬるま湯」に浸かっていた世代の社員が、大量に退職していきました。その結果、本当にやる気のある社員だけが残り、強い組織へと生まれ変わっていったのです。


箱田忠昭

「○○したい」という願望のままでは、いつまでたっても実現しません。「○○する」という目標にすることが大切です。


マイケル・ポーター

一昔前は、「公害は利益」と考えられていました。ゴミを処分するコストを社会に外部化するから、企業は儲かるのだと。しかし、今は公害を出さないことが利益につながると、誰もが理解しているはずです。省エネを進めれば、利益率は良くなりますよね。つまり、社会的なコストを企業が内部化するビジネスモデルこそが、持続的な成長に欠かせなくなったわけです。


佐藤天彦

将棋では指し手が悪いと劣勢になりますが、それ以上に危険なのがその一手を後悔する感情が湧き起こり、集中力やモチベーションが下がることです。そういうときに決定的なミスを犯し、負けに直結するケースが多い。


小林一三

自分の長所を磨くことを忘れて、無理からに常識にのみよる行動をとる若い平凡人が多すぎて困る。


戸塚隆将

結果を出す一流人は、誰でもできそうなことを誰よりも徹底的にやっている。一流人も私たちと同じ人間であり、結果を出すためには「準備することが大事」といった仕事の「基本」を徹底している。それに気づくだけでも、私たちが「結果につながる愚直な準備」を実践するための、後押しになる。


稲盛和夫

哲学とは迷ったときに立ち返る原点のような役割を果たしてくれるもの。哲学とは人生観や価値観、「人間として何が正しいか」「人間はなんのために生きるのか」という自分なりの答えでいい。


奥谷禮子(奥谷礼子)

すべて自分でリスクを取る。起業家には、その覚悟が大切。


山村輝治

当社がリサイクル・リユースを徹底しているのは、「世の中のものはすべて、天からの預かりものである」という創業者(鈴木清一)の考え方にもとづいてのことです。多少費用がかかっても、「預かりもの」をきれいにして世の中にお返しすることで、皆さんに喜びと感動をお届けしたい。それが私どもダスキンの願いでもあり、すべての人々の幸せにつながる理念であると考えています。


堀紘一(コンサルタント)

相手の話を聞き、想像力を働かせることが大切。最近の若い人のコミュニケーションは一方的な感じがします。フェイスブックだって何だって、相手の状況を考えず自分の情報をアップするでしょう。で、返事や反応がないと不安になって、怒ったり(笑)。もっと生のやり取りというかな、相手の反応をその場その場で受け止め、相手の感情を汲み取りながらコミュニケーションして行く。交渉力の本質はそういうところにあると思いますね。