中尾彰宏(経営者・医師)の名言

中尾彰宏(経営者・医師)のプロフィール

中尾彰宏、なかお・あきひろ。日本の経営者、医師。「ヒメナ・アンド・カンパニー」社長。熊本県出身。宮崎大学医学部卒業、医師免許取得後、イーマーキュリー(のちのミクシィ)、通販コスメ会社CTO(最高技術責任者)などを経てヒメナ・アンド・カンパニーを設立。

中尾彰宏(経営者・医師)の名言 一覧

経営で心がけていることは、フィードバック時間の最短化です。アクションを起こしてから結果になるまでの時間をできるだけ短くしたいと考えています。それが素早いアクションにつながります。


中尾彰宏(経営者・医師)の経歴・略歴

中尾彰宏、なかお・あきひろ。日本の経営者、医師。「ヒメナ・アンド・カンパニー」社長。熊本県出身。宮崎大学医学部卒業、医師免許取得後、イーマーキュリー(のちのミクシィ)、通販コスメ会社CTO(最高技術責任者)などを経てヒメナ・アンド・カンパニーを設立。

他の記事も読んでみる

二宮清純

アスリート全般に広げていえば、彼らが何をもって楽しいと感じるかは、それこそ百人百様です。世界記録に近づくことが人もいれば、お金や名誉、栄光を手に入れることが楽しいという人もいる。苦しい練習に耐えること自体が快感だという人だっているでしょう。要するに価値観の問題です。


藤本篤志

営業で面談にこぎつけるまでの「門前払いの回数」を計ってみるのも有益です。なんの目安もなしに門前払いを受け続けるのはつらいですが、「平均13回で会ってくれる」というような数字が頭にあれば、その回数までは頑張ろうという気が湧いてくるものです。数字が自分を励ましてくれることもあるのです。


塚越友子(水希)

会社の人間関係は、心理学で言う「役割期待交換モデル」で成り立っています。会社の目的に沿って上司は上司の、部下は部下の仕事をすれば十分であり、仲良しである必要はありません。


宮崎輝

仕事は楽しみなんだ。どんな難しい問題でも真っ向から取り組み、それをひとつひとつ解決していくことが、実に楽しい。


樺沢紫苑

日本人の平均睡眠時間は約7時間半、アメリカは約8時間半というデータがあります。一部の日本人には睡眠時間を削って仕事をする習慣がありますが、これは健康の側面からも考えられません。私は睡眠に関する実験データから、6時間以下の睡眠が続いている状態を睡眠不足と定義しています。睡眠時間が6時間を切ると注意力、思考力、判断力すべての能力が低下するという結果が出ています。


市川秀夫(経営者)

これ以上政策だとか、あるいはマクロの経済関係に期待するのはもう間違いだ。あとは我々がどう自分達の事業を変えていくか。


野村克也

怒りの感情は、思考を停止させてしまう。それは勝負において不利な状況を自ら作り上げている。怒りの感情に支配されやすい人間ほど力を発揮できない。


日向方齊

いかなる困難をも乗り切って、目的を成し遂げようとする強靭なる精神力。それを実行するための頑健な肉体。そして部下を統合していく統率力。これらなくして社長の職を務めることはできないと言っていい。


堀久作

映画は休むことなく流れ、人が休息をとるときに、活動しなければならない仕事である。経営者として、休日だからといって安閑と鼻歌を歌っていられないのである。自分の打込んだ事業には、このくらいの熱を持たなければ嘘だと思っている。事業は、この熱と、信用である。


鳩山玲人

私のことをハローキティを世界に広めた立役者と評価してくださる方がいますが、私はキャラクターを有名にしたわけではありません。もともとハローキティは海外でも有名でしたから。私は、このダイヤの原石をマネジメントしただけです。


中田卓也

企業理念の「感動を・ともに・創る」が表すように、お客様が主役となる価値ある商品を生み出し、200年、300年と続く企業へと成長を続けたい。


小阪裕司

棚の前の床に「コチラへ!」と書いたり、お客様の視点で思わず行動したくなるポップを書いたり。人間の行動に焦点をあてて一つひとつ分析し、トライ&エラーを重ねれば打開策は見える。


安藤俊介

シチュエーションや手段も大切。人前で怒ることは、相手のプライドを傷つけるのでやめましょう。また、メールや人づてで伝えるのは不信感を生むもとです。以上を心がければ、相手との関係を壊すことなく、本来の目的を果たすことができるはずです。


西澤敬二

我々の業界で、環境の変化としては人口動態や気候変動がある。日本の人口は50年後には8000万人に減少するといわれているが、50年の間に準備することができる。グローバルトップのアリアンツはドイツ企業だが、ドイツの人口は8100万人だ。それでも世界最大級の保険会社になっているわけだから、悲観する必要はない。


高松雄康

インターネットサービスは「気持ちを動かす」のではなく「気持ちが動いたものを刈り取る」仕組みが多い。インターネットの仕組みは、需要を興すものになっていない。需要を興しているのは、今もテレビや雑誌などのコンテンツ屋さんが中心。それならば、インターネットが出遅れているこの部分をやるべきだと思った。


ページの先頭へ