名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

中尾ゆうすけの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中尾ゆうすけのプロフィール

中尾ゆうすけ、なかお・ゆうすけ。日本のコンサルタント。大阪府出身。著書に『頭がいい人の仕事は何が違うのか』『上に行く人が早くから徹底している仕事の習慣』『人材育成の教科書 自分で考え行動できる新入社員の育て方』。

中尾ゆうすけの名言 一覧

人は、指示されて働くより、ある程度裁量を持って自分で考え実行するほうが、やりがいや面白みを感じることができる。


一つ上のゴールを達成するには、上司を巻き込むことも必要。そのためには嫌われず、信頼されていることが重要。


環境は簡単には変えられませんが、自分の仕事の仕方は変えられる。


どんな仕事でも、必ず目的があるはずです。まずはそれを把握することが大切。そうすればそこに最短最良な形でたどり着く方法を見出せるようになるはず。


上司に嫌われない方法は「自分が上司を嫌わないこと」に尽きる。


目的を確認し、方法を見極め、失敗を繰り返しながら経験を積む。そしてうまくいったときに新たなノウハウが得られ、次に活かすことが可能になる。


効率を上げるには2つ方法があります。まず「通例の工程の中に無駄がないか見直す」こと。もうひとつは、「いったんゼロベースに戻る」こと。改めて考えることで、省いてよい作業が見えてきます。


製造業の現場で実際にあった話です。部品の組立工程に携わる人が数名いましたが、人によって、出来上がりの品質にバラつきが見られました。調べると、「その部品が製品のどこで使われ、どういう役割を担っているか」を理解している人が担当した部品の品質が高いことがわかりました。設備投資に費用をかけずとも、意識ひとつ変えれば高い成果に結びつくことを実感した出来事でした。


組織の歯車というとあまりいい意味で使われない表現ですが、実際のところ仕事は一人では完結しません。組織で働く以上、何かしらの役目を担う=歯車になるのは当然のこと。ただし、私はこの歯車にも二種類あると思っています。「回れと言われたから、とにかく回る」という指示待ち歯車と、「自分が回ることで、○○が可能になる」と自らの意志で回っている自立型歯車です。


全休像を把握し、どんな手順が必要か見極めて計画を立て進めていくと、当然効率はよくなります。さらに、求められていることをしっかり理解しているので、アウトプットにズレがありません。


「出来る人」と「出来ない人」の差を生む一つの要因として、「仕事の全体像を把握したうえで仕事ができているか」ということが大いに関係している。


仕事の目的や全体像・結果から逆算して自分の仕事をすること。これは、ビジネスパーソンの成長に欠かせない最も根本的なスキル、マインドであり、上昇志向に直結するもの。


中尾ゆうすけの経歴・略歴

中尾ゆうすけ、なかお・ゆうすけ。日本のコンサルタント。大阪府出身。著書に『頭がいい人の仕事は何が違うのか』『上に行く人が早くから徹底している仕事の習慣』『人材育成の教科書 自分で考え行動できる新入社員の育て方』。

他の記事も読んでみる

下川浩二

高収入の人は多くの仕事をこなさなければなりません。そのなかで細かいことまで含めたら、1日のうちやるべきことが100件などというのはザラです。そのすべてを記憶しておくのは土台無理です。かといって電話一本かけ忘れただけでお客さんの信用を失うのがビジネスの世界ですから、多くの仕事を抱える人ほど、TODOリストを利用しないわけにはいかないのです。


近藤大輔

僕自身、会社を興した当初、若くて未経験という理由で、仕事をもらえませんでしたから。
【覚書き|あえて若い人材を起用する理由について語った言葉】


森本千賀子

40代以降の活躍を左右する最大の要因は「健康」と言っても過言ではありません。


木村惠司(木村恵司)

先見性を持ってイメージをハッキリさせ、それが本当にチャレンジできるものであるかどうかの裏付けを取る。それを繰り返し、繰り返し、徹底的にやりました。学んでは思い、思っては学ぶという論語の「学思」の教えを実践したのです。高めの価格設定だったのですが、火がついたように皆さんに買っていただくことができました。
【覚書き|30代前半に担当した群馬県大泉町での分譲住宅の企画が大成功したことを振り返っての発言】


細田収

集客して販売する力がなければ、商品が優れていることも伝えられません。それなのに、営業力の大切さに気づいている起業家は、恐らく半分以下だと感じます。


黒川博昭

営業とSE(システム技術者)を一体化しました。営業は契約をとるのが仕事ですが、SEはその後もお客様と直に接する機会が続きます。つまりお客様や市場の変化を一人一人が感じています。従って、お客様との契約交渉をする際にも、現実的なコスト意識を持ち込めます。


茂木友三郎

会社の株が急に下がったり上がったりして驚くこともあるかもしれません。しかし、長い経済の歴史の中では、いろいろなことが起きてくるのは確かですから、あまり慌てず常にイノベーションを考えていくべきです。


永守重信

経営の素質は、ある程度は持って生まれたものなんです。トレーニングで変わる部分は半分以下ですよ。


齋藤利勝

依頼されたクライアント企業の取り巻く環境を多角的に分析するところからスタートします。次に実行すべきことを明確にした上でアクションプランを作り、業務を遂行しています。成果を積み重ね、螺旋状に成長させることが企業の「やりたいこと」につながると確信をしております。


小久保裕紀

王(貞治)さんはいつもミーティングで金言を伝えています。でも、右から左に流れてしまう選手も多い。金言を自身の宝にできる人は、普段から問題意識を持ってアンテナを張り巡らせ、言葉の真意を探るクセがあると思う。世の中に飛び交う金言をキャッチして生かすために、本を読んで思考を磨くことをお勧めします。


瀧本哲史

どんな権威にも、もはや頼ることができません。そんな時代だからこそ、これからの時代を生き抜くために自分で考えて自分で決断することが、ますます重要になってきます。


宮本武蔵

大将は大工の棟梁として、天下の法や規範をわきまえ、その国の利非・曲直を正し、その家の秩序を保つこと、まさに棟梁の道である。大工の棟梁は堂塔伽藍の寸法を覚え、宮殿や楼閣の設計図を理解し、職人たちをつかって家々を建てる。これは大工の棟梁も武家の棟梁も同じことである。