名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

中室牧子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中室牧子のプロフィール

中室牧子、なかむろ・まきこ。日本の教育経済学者。「慶應義塾大学総合政策学部」准教授。奈良県出身。慶應義塾大学卒業、コロンビア大学で博士号を取得。日本銀行、世界銀行を経て慶應義塾大学総合政策学部准教授。

中室牧子の名言 一覧

リーダーシップとは、個人の生得的な能力ではなく、リーダーとして取るべき「行動」を身に付けられているかどうか。


リーダーシップのような能力は、IQや学力で数値化できる「認知能力」と区別して、「非認知能力」と呼ばれます。自制心や勤勉性などの非認知能力が学力などの認知能力を改善することは示されていますが、その逆――認知能力が非認知能力を改善するというエビデンス(証拠)はありません。


アメリカでは、大学入試において、必ずといっていいほど課外活動の経験を聞かれます。志願者がそれらの活動の中でどのようにリーダーシップを発揮してきたかを知りたいからです。トップスクールほど、高校生までの間にリーダーシップをとった経験があるかどうかを重視しているというのはよく知られた話です。


日本では、リーダーシップというのは、企業の中で、相当上の職位についたり、幹部になったりしなければ必要とされないという考え方が支配的かもしれませんが、それは必ずしも、それから身に付けても遅くない、ということを意味しません。就学期にリーダーシップを鍛えるような機会を得られれば、就職した後の長い人生において大きな財産となるのではないでしょうか。


中室牧子の経歴・略歴

中室牧子、なかむろ・まきこ。日本の教育経済学者。「慶應義塾大学総合政策学部」准教授。奈良県出身。慶應義塾大学卒業、コロンビア大学で博士号を取得。日本銀行、世界銀行を経て慶應義塾大学総合政策学部准教授。

他の記事も読んでみる

町田勝彦

トップには多少上手くいかなくとも強引に引っ張っていくリーダーシップが要求される。しかしもっと重要なのは、この制度しかないという強い信念と、何が何でもやり遂げるという本気の覚悟だ。継続することでしか会社の風土は作られないからだ。


神田正

多くの現場の意見を参考に、改善を積み重ねてきたからこそ、いまの日高屋はある。


川崎秀一

お客様がせっかく乗り気になっていても、時間が経つと冷めてしまうものです。ですからすぐに解決できない疑問や要望を受けたら、その場で「では、来週の水曜日までに答えをおもちします。ご都合はいかがですか?」とうかがう。つまり、次に訪問する約束を先に取りつけてしまうのです。そうすれば、お客様の気持ちをそらすことなく、また、期日をはっきりさせることで自分自身を追い込むこともできます。そして、期日までにきちんと答えをおもちする。約束を守ることが信頼を得る第一歩です。


辻野晃一郎

弊社の社員にもよくいっていることがあります。電車がトンネルに入ると、真っ暗で不安になりますね。だからといって、電車がそこで止まってしまったら、永久にトンネルから抜け出すことはできません。その代わり、前進することを止めなければ、いつかは必ずトンネルを抜けることができます。


高田明(ジャパネットたかた)

ITが発達し、これだけ情報過多の時代になっていくと、変化に対応しているだけでは、お客さんを振り向かせることができなくなるんじゃないですか。むしろ、自分たちから「変化をつくり出していく」という気概がないと。変化対応では、もう遅いので、どう変化をつくり出していけるかがこれからの企業の課題になるでしょう。


池田全徳

私は社長として「物事は損得ではなく、善悪で判断し、行動するべき」を座右の銘にしてきました。儲かることであっても、善悪の判断に照らして、悪になるならすべきではない。


大西洋

百貨店が低迷してきた原因の1つは同質化。同質化を崩していかない限り百貨店の再生はおぼつかない。


ジミー・ウェールズ

人々には無償で働く意思があると言ったら、あなたは困惑するだろう。しかし、人々が無償ですることは楽しいことなのだ。それを面白いと思うからするのだ。それは知的に面白いことだったり、コミュニティに暖かい気持ちを感じることだったり、友人と一緒に活動することだったりする。人々が無償で働く理由はたくさんある。


楠木建

ビジネスはスキルをどんどん獲得していけばうまく進められるような、そんな甘いものではない。もちろん基礎的なスキルがないと会社は回っていかない。ところが、経営はスキルと違い、担当部署があるわけではない。商売丸ごと動かして、それで成果を出すのが経営者だ。肝心要の経営がないと、担当の仕事というのも本来ありえない。だから、誰かが経営をしないといけない。担当者レベルのスキルを足し算して、いわゆるゼネラリストがいい経営者かというと全然違う。担当者と経営者の間にはつねに大きなギャップがある。それだけ経営人材は希少であり、どの国でも不足している。


小路明善

2位、3位のブランドを、ナンバーワンブランドに持っていくことが成長につながる要件。


梅森浩一

仕事の評価は誰がするものでしょうか。顧客や上司といった、自分以外の人です。仕事というのは、いつだって他人目線なものです。たとえあなたが、「これは自分の力からすれば8割の出来だ」と感じたとしても、相手がOKなら、それでいいのです。


カル・リプケン・ジュニア

いまこの試合でうまくやりたい。明日になれば、明日の試合に出てそこでプレーしたい。そうやって僕はここまで来た。僕の目標は「連続出場なんて全然視野になかった1、2年目のころの試合に対するアプローチ」をずっと保ち続けることだ。
【覚書き:ルー・ゲーリックの連続試合出場記録に近づいたとき感想を聞かれての発言】