名言DB

9429 人 / 110879 名言

中室牧子の名言

twitter Facebook はてブ

中室牧子のプロフィール

中室牧子、なかむろ・まきこ。日本の教育経済学者。「慶應義塾大学総合政策学部」准教授。奈良県出身。慶應義塾大学卒業、コロンビア大学で博士号を取得。日本銀行、世界銀行を経て慶應義塾大学総合政策学部准教授。

中室牧子の名言 一覧

リーダーシップとは、個人の生得的な能力ではなく、リーダーとして取るべき「行動」を身に付けられているかどうか。


リーダーシップのような能力は、IQや学力で数値化できる「認知能力」と区別して、「非認知能力」と呼ばれます。自制心や勤勉性などの非認知能力が学力などの認知能力を改善することは示されていますが、その逆――認知能力が非認知能力を改善するというエビデンス(証拠)はありません。


アメリカでは、大学入試において、必ずといっていいほど課外活動の経験を聞かれます。志願者がそれらの活動の中でどのようにリーダーシップを発揮してきたかを知りたいからです。トップスクールほど、高校生までの間にリーダーシップをとった経験があるかどうかを重視しているというのはよく知られた話です。


日本では、リーダーシップというのは、企業の中で、相当上の職位についたり、幹部になったりしなければ必要とされないという考え方が支配的かもしれませんが、それは必ずしも、それから身に付けても遅くない、ということを意味しません。就学期にリーダーシップを鍛えるような機会を得られれば、就職した後の長い人生において大きな財産となるのではないでしょうか。


中室牧子の経歴・略歴

中室牧子、なかむろ・まきこ。日本の教育経済学者。「慶應義塾大学総合政策学部」准教授。奈良県出身。慶應義塾大学卒業、コロンビア大学で博士号を取得。日本銀行、世界銀行を経て慶應義塾大学総合政策学部准教授。

他の記事も読んでみる

沙村広明

自分のなかに欲求があるジャンルは、全部やってみたい。


池谷裕二

原稿や企画書を書かなければならないのに、集中できない。やる気が出ない。そんなときには、ワープロの前で指も動かさず呻吟するのではなく、まずはペンを持ってとにかく書いてみるのも一案です。そうすることで、脳が次第に活性化し、のめり込んでゆくということがあるのです。これを作業興奮といいます。興奮とは脳の神経細胞が活性化するという意味です。
【覚書き|呻吟、しんぎん。苦しみうめくこと】


松井忠三

2001年上期に無印良品は38億円の赤字を計上したものの、経営改革の甲斐あって業績はその後大きく回復。しかし経費はまだまだカットしなくてはいけない状況でした。ところが役員に指示を出しても、削減目標をほとんど達成できない。会議を重ねても、解決案は出ない。いま思えば、当然の話でした。役員はみんな無印の母体であったセゾングループの出身。セゾンのなかだけで純粋培養されてきた人間なので、新しい知恵が出るはずもないのです。役員になるほどの人材が集まっているにもかかわらず、凡庸な案しか出てこない。私は確信しました。自社で考えてもいい知恵は出ないなと。そこで私は社外から知恵をもらうことを決意します。そのなかで出会ったのが、「しまむら」でした。


江上治

意識したいのが、予算思考ではなく、投資思考で考えることです。予算思考とは、財布の中身を気にしながらお金を使うこと、つまり節約して貯めることに重点を置く考え方です。小金は貯まるかもしれませんが、大きなリターンを得ることはできません。


鈴木修

減産のときには、外注先にコストの削減を強いるのはもってのほか。そんなことをしてはいかんのです。それは生産が増えているときにすることです。いまみたいなときは、内なるコスト削減。すなわち、おのれのマイナスをいかに減らすかに努力する。


国枝慎吾

9歳で車いす生活が始まり、人と同じ行動が取れないことで悔しい思いもしました。でも、テニスに出合い、成長を感じられる日々は本当に面白く、自信を持って人生を歩めるようになった。


雲川俊夫

人員の増加を抑えた結果、海外拠点の現地化も進みました。日本から人を送り込む代わりに、現地採用スタッフを増やしたからです。2002年5月の時点で海外法人社員の現地採用比率は一般社員99%、管理職層85%、役員層58%に達しています。クローバル化には、進出先での現地化が欠かせません。


樫尾和雄

ニーズに合わなければどんな技術を入れてもダメ。


山本明弘

なぜ我々信組が地域に必要かと言うと、企業の中には赤字、債務超過、担保がなく、地銀さん以上では融資ができないけれども、技術力を持ったところがあります。これらの企業は日本を成長させるために必要な企業です。これを応援していくのが信組の仕事です。


吉田松陰

立派な人が大事にするのは、議論ではなく行動である。多言を費やすことなく、人としての誠をしっかり蓄えなさい。