中室牧子の名言

中室牧子のプロフィール

中室牧子、なかむろ・まきこ。日本の教育経済学者。「慶應義塾大学総合政策学部」准教授。奈良県出身。慶應義塾大学卒業、コロンビア大学で博士号を取得。日本銀行、世界銀行を経て慶應義塾大学総合政策学部准教授。

中室牧子の名言 一覧

リーダーシップとは、個人の生得的な能力ではなく、リーダーとして取るべき「行動」を身に付けられているかどうか。


リーダーシップのような能力は、IQや学力で数値化できる「認知能力」と区別して、「非認知能力」と呼ばれます。自制心や勤勉性などの非認知能力が学力などの認知能力を改善することは示されていますが、その逆――認知能力が非認知能力を改善するというエビデンス(証拠)はありません。


アメリカでは、大学入試において、必ずといっていいほど課外活動の経験を聞かれます。志願者がそれらの活動の中でどのようにリーダーシップを発揮してきたかを知りたいからです。トップスクールほど、高校生までの間にリーダーシップをとった経験があるかどうかを重視しているというのはよく知られた話です。


日本では、リーダーシップというのは、企業の中で、相当上の職位についたり、幹部になったりしなければ必要とされないという考え方が支配的かもしれませんが、それは必ずしも、それから身に付けても遅くない、ということを意味しません。就学期にリーダーシップを鍛えるような機会を得られれば、就職した後の長い人生において大きな財産となるのではないでしょうか。


中室牧子の経歴・略歴

中室牧子、なかむろ・まきこ。日本の教育経済学者。「慶應義塾大学総合政策学部」准教授。奈良県出身。慶應義塾大学卒業、コロンビア大学で博士号を取得。日本銀行、世界銀行を経て慶應義塾大学総合政策学部准教授。

他の記事も読んでみる

野口悠紀雄

デジタルで楽になるのは、仕事の本質的な部分ではないことを忘れてはいけない。創造的な仕事に欠かせないのは、発想や分析といった「考える作業」。これが重要度で言うと8割を占めます。残りがデータ管理などの事務的な作業で、デジタルは、この2割の仕事を劇的に効率化してくれますが、自分の代わりに考えてくれるわけではありません。


フランソワ・ノーカット

すべてはお客様の目線から見てシンプルにすることです。決してものごとが複雑になってはいけません。


ジョン・フレデリック・チャールズ・フラー

浮浪者が熱い風呂に我慢できないように、平凡な将軍は変化に我慢できない。なぜなら、毛布にこびりついたタールのように、先輩から学んだ戦闘ドクトリン(軍隊の基本的な運用思想や主義)が先入観として頭の中を完全に支配しているからである。


宗岡正二

中期経営計画は構造改革の実行プログラムです。2000億円の削減は絵に描いた餅ではない。積み上げで作ったものですから、確実に実行していけば競争力が高まります。


永井浩二(経営者)

表層的なものにとらわれず、相手にとって本当に何が必要なのかを考える。そこから生まれた立ち居振る舞いが、いいマナー。


藤井佐和子

同僚は上下関係がない分、頼みごとをしにくい側面があるかもしれません。たとえば、仕事の納期が近く焦っているときに、隣の席の同僚が暇そうにしていたら、「暇そうに見えても実は忙しいかもしれない」と相手の都合を考慮したうえで、自分が困っている状況と、手伝ってもらえると助かることをストレートに伝えます。そうすれば、同僚の方でも素直に手を貸す気になってくれるでしょう。もちろん、普段から友好な関係を築いておくことが大切です。


上田準二

時間の使い方、時間に対する価値観を自分の中でどう持つかを考えないといけません。何も意識せずに仕事をすると、時間に拘束されるだけで、何十時間かけても結果は出ません。毎日忙しいという誤った先入観にのみとらわれてしまいます。


松下幸之助

開拓というのは大変ですなあ。大事なのは、一つは自分の努力、そして運ですわ。

【覚え書き|アメリカで販路開拓をしていた時期の言葉】


佐藤昌弘(コンサルタント)

営業の目的は、売上を最大化することです。だからといって、やたらとお客の数を増やせばいいというものではありません。たとえ、年間の営業活動を通じて新たに一社しか契約できなくても、相手がトヨタ自動車のような大口の取引先をできたならどうでしょう。細かな取引先を回るよりそちらに全力を注ごうと考える営業マンがいても、別に不思議ではありません。


藤野英人

株を買う際には、株価が正確だと考えた上で、なぜこの値段がついているのか企業分析をすることも大切です。しかし逆に株価が間違っていると考え、会社の実態価値と提示されている株価を見比べ、冷静に分析することも大切です。


平尾誠二

怒られるときというのは、たいてい相手も何が悪いか薄々感づいているので、頭ごなしに叱ると逆に頑なになったり、聞き流されたりします。これでは、せっかく怒ってもこちらが疲れるだけで、あまり意味がありません。とくに最近の若者は、なにくそと逆に奮起する反発係数が低下しているので、強く怒るとへこんだまま戻らないことも少なくありません。「最近の若者はヤワになった」と嘆いても仕方がないので、彼らに合った指導法を工夫していくべきでしょう。


小川栄一

しょせん月給取りは憎まれる「とり」なんだな。5円、10円、いまならば1000円、2000円という昇給にきゅうきゅうしておっても、それは人生の中のほんのつまらんことじゃないか。そんな月給取りにならずに、俺は月給をあげる人になろう。
【覚書き|安田信託銀行勤務時代を振り返っての発言】


鈴木茂晴

証券業界も自分たちのことだけを考えていていい時代は終わりました。持続可能であるためには、利益を出すだけではなく、利益を社会に還元していくことも欠かせません。絵空事ではなく、実現していく。証券業協会で話をすると、他の証券会社の経営者も、ほとんどが同じ意見ですね。


柿木厚司

うまくいかなかった事例もどんどん溜めていく。それを積み重ねることでスキルが上がっていく。


犬養岬太

良い会社とは、永続的に存続し続けることができる会社です。急成長もいいですが、何よりもまず、安心して働ける会社になること目指します。


ページの先頭へ