中室牧子の名言

中室牧子のプロフィール

中室牧子、なかむろ・まきこ。日本の教育経済学者。「慶應義塾大学総合政策学部」准教授。奈良県出身。慶應義塾大学卒業、コロンビア大学で博士号を取得。日本銀行、世界銀行を経て慶應義塾大学総合政策学部准教授。

中室牧子の名言 一覧

リーダーシップとは、個人の生得的な能力ではなく、リーダーとして取るべき「行動」を身に付けられているかどうか。

リーダーシップのような能力は、IQや学力で数値化できる「認知能力」と区別して、「非認知能力」と呼ばれます。自制心や勤勉性などの非認知能力が学力などの認知能力を改善することは示されていますが、その逆――認知能力が非認知能力を改善するというエビデンス(証拠)はありません。

アメリカでは、大学入試において、必ずといっていいほど課外活動の経験を聞かれます。志願者がそれらの活動の中でどのようにリーダーシップを発揮してきたかを知りたいからです。トップスクールほど、高校生までの間にリーダーシップをとった経験があるかどうかを重視しているというのはよく知られた話です。

日本では、リーダーシップというのは、企業の中で、相当上の職位についたり、幹部になったりしなければ必要とされないという考え方が支配的かもしれませんが、それは必ずしも、それから身に付けても遅くない、ということを意味しません。就学期にリーダーシップを鍛えるような機会を得られれば、就職した後の長い人生において大きな財産となるのではないでしょうか。

中室牧子の経歴・略歴

中室牧子、なかむろ・まきこ。日本の教育経済学者。「慶應義塾大学総合政策学部」准教授。奈良県出身。慶應義塾大学卒業、コロンビア大学で博士号を取得。日本銀行、世界銀行を経て慶應義塾大学総合政策学部准教授。

ページの先頭へ