名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中安閑一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中安閑一のプロフィール

中安閑一、なかやす・かんいち。宇部興産社長・会長。東京高等工業学校卒業後、三菱重工の前身である三菱造船に入社。その後、宇部セメント製造(のちの宇部興産)に移籍し技師長などを経て社長・会長。日本の技術者

中安閑一の名言 一覧

コストダウンは企業の大原則ではあるが、同時に質的大転換も忘れてはならない。質的大転換が、やがては量的大発展を導く。【覚書き:宇部興産が石炭からはじまり、セメント、化学工業へと発展していったことを振り返っての発言】


世の中には、ほんとうに使いようがないというカスはほとんどない。カスをいかに有用に生かすかが経営成功の秘訣だ。【覚書き:工場廃液、煤塵などの公害対策を研究した過程で得た教訓。廃液などには、まだ使える金属や資源が含まれていることが多い】


中安閑一の経歴・略歴

中安閑一、なかやす・かんいち。宇部興産社長・会長。東京高等工業学校卒業後、三菱重工の前身である三菱造船に入社。その後、宇部セメント製造(のちの宇部興産)に移籍し技師長などを経て社長・会長。日本の技術者

他の記事も読んでみる

江上治

人との食事に出費をいとわないというのは、人に対する投資でもある。自分と出会ったこと、ともに仕事をしたことに対し、最大限の感謝で相手を喜ばせたい。そういう気持ちは、確実に相手の心に刻まれるものなのだ。そうすれば相手は、「これからもずっと、この人と付き合っていきたい」と本音で付き合うことができるようになる。


堀田力

「こういうことをしたい」と自分の内から湧いてくる心の火を燃やし、「これぞ自分がやらなくて誰がやる」くらいの気概で情熱をかけていく。そうすると共鳴してくれる人が出てくる。人間のやりがいとか達成感というのは、他の人とつながっていくなかでふくらんでいくものではないでしょうか


山本晃則

社会における役割を理解して、付加価値を生み続けることで社会貢献ができる。短期的視点では顧客を最も重視する考え方もあるだろうが、事業を永続させて社会的責任を果たし続けるには株主、取引先、従業員などから成る社会に支持されなければならない。


森平茂生

モーリスギターの再建に取りかかったとき、私にはギター作りの経験はありません。社員の多くは年上です。改善提案をしても、「それならお前が作ってみろ」と言われることもありました。言葉がダメなら行動でなんとかするしかありません。海外のギターのイベントに行き、楽屋に飛び込んではプロに率直に意見を求めました。また、製造部長とともにアメリカ各地のギター作りの名工を訪ね、「本物」をこの目で確かめました。そうして技術を磨き、海外の高級ブランドと勝負できるギターを生み出そうとしたのです。もちろん簡単にはいきません。プロが納得するギターを求めて全員で試行錯誤を続ける日々。思いをわかってほしくて、社員を前に大泣きしたこともあります。そうして社員の意識を変えて品質を向上させながら、イベントやマスコミと協力したPR、アメリカ本土の楽器店を行脚する草の根活動などを通じて、新しい「モーリス」を作り上げていったのです。その結果、私が会社を辞めるときには、納期が半年待ちになるほどの人気ブランドになりました。


本田健

夫婦の間に価値観のズレがあるのは当然。お金の価値観は、それぞれが生まれ育った家庭の環境や親の職業からくるからです。たとえば、親が公務員の家と商売人の家とでは、お金の入り方、使い方も違いますし、投資などに対する考え方も違います。こうした金銭感覚は、親だけでなく、父方、母方、双方の祖父母の考え方も受け継いでいます。つまり、あなたとあなたのパートナーは、それぞれが過去2世代3家族の複雑に入り交じったお金観を背負って出会ったということです。ですから、ことお金に関しては「言わなくても、わかり合える」は幻想です。お金観の違いは、イデオロギーや宗教の違いに匹敵するほど大きな違いなのです。たとえ日本人同士であっても、国際結婚したくらいの覚悟でいないと、いつまでたっても夫婦の冷戦状態からは抜け出せません。


滝久雄

起業のため、三菱金属を辞めた日に尾高朝雄氏の『法学概論』を読み始めました。会社を辞めることに対して約束された将来を反故にすると、周囲は大反対しました。しかし面識のあった東急グループの大番頭、田中勇氏は、私がこの本を持っているのを見て「本気なんだな」と熱心に応援してくれました。往年の名実業家は、企業経営に法の概念が欠かせないことを知っていたんです。


長榮周作(長栄周作)

海外に工場をつくるときは、工場を建てる前にまず、現地に合わせた品質基準をつくらなければならない。そうしなければ、競争には勝てません。


川口順子

サントリーでは民間企業ならではのコスト意識の高さと、絶え間なく改革を進める姿勢に刺激を受けました。外務大臣に就任した時、外務省改革を最大の優先課題と位置付けたのは、この学びがあったからです。この時は「透明性」「スピード」「実効性」をスローガンに掲げて、外務省に対する国民の信頼を取り戻すべく、努力しました。


大野直竹

石橋(信夫)オーナーの言葉や考え方の中にある「世の中のためになることをやる」というのは絶対崩してもらいたくないし、崩せないと思う。そうした言葉や方針を僕らが体の中に入れて消化させ、時代に沿った経営をしていくべきです。


蛭子能収

相談できる友達は必要っていうけれど、大事なことは黙って自分で決めるもの。相談されたほうだって絶対迷惑ですよ。


岡野雅行(岡野工業)

金は天下の回りものって言葉があるけど、回ってきたお金をよそさまに回すから、また自分のところに回ってくるんだよ。欲出して抱え込んじまったら、それっきり回ってこなくなるもんなんだ。周囲を儲けさせれば、皆が岡野に仕事を取らせようぜということになる。


丹羽宇一郎

北風に身をさらす経験をすれば人は鍛えられます。だから配属部署は、儲かっている部署よりも、儲かっていない部署の方がいい。貧乏な部署で、「なんで俺はこんなに努力しても恵まれないんだ」と悔しい思いをしながら、それでも人や環境のせいにせず、必死に乗り越えようとしている人は間違いなく成長します。逆に、大儲けをしている部署に入って恵まれた仕事をしていたら、よっぽど高い意識を持たないと強くなれません。だから、「逆境はチャンス、順境はピンチ」なんです。