名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中塚晃章の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中塚晃章のプロフィール

中塚晃章、なかつか・てるあき。日本の経営者。自動車部品メーカー「ジヤトコ」社長。岡山県出身。慶應義塾大学卒業後、丸紅に入社。その後、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク、米国GEなどを経てジヤトコ社長に就任。

中塚晃章の名言 一覧

ジヤトコに移って以来、少なくとも週に1回は現場を訪れ、生の声を聞くようにしています。定期的に全社員向けにメールを出すなど、自分の思いや価値観をダイレクトに伝え、社員と直接対話するように心がけています。


ジヤトコに入るまでの12年間を米ゼネラル・エレクトリック(GE)で過ごしました。GEは資本主義の権化のような会社です。強い会社とはこういうものかと、内側で体感しました。何より、「リーダーシップとは何か」を教えてくれました。


中塚晃章の経歴・略歴

中塚晃章、なかつか・てるあき。日本の経営者。自動車部品メーカー「ジヤトコ」社長。岡山県出身。慶應義塾大学卒業後、丸紅に入社。その後、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク、米国GEなどを経てジヤトコ社長に就任。

他の記事も読んでみる

仙田満

学生時代、登山をしていましたが、「山登りの3分法」というものがあります。自分のエネルギーの3分の1は登り降りするために、3分の1は景色や天候など山の状況を把握するために使い、残りの3分の1は温存しておく。山の天気が変わりやすいのと同じように、起業の世界も想定外のピンチに遭うことがある。しっかり状況を見極めながら、温存した体力を使って時にはビジネスを撤退、縮小する勇気と備えと覚悟が必要。


小川仁志

「頼る」は依存ではなく、信頼の証し。問題が山積みなら、職場や周囲の人に頼ってしまえばいい。


瀧本哲史

自分が熟知していたり、興味や関心がある分野だけに投資するわけではないので、知らないことはいくらでも出てきます。その時は、世界中でその分野に最も詳しい人に話を聞くのです。もちろんその人でも、分からないことはあります。その場合、誰も手を付けていない今が好機とリスクを取りに行くこともあれば、状況が見えるまで待つという選択もあります。


柴田昌治(コンサルタント)

月一回、テーマを立てて、定期的に議論を行うようにすると、自分と違う意見を許容する姿勢が身について、みるみるうちに組織が変わります。健康的で創造性のある意見交換が行われる風土になっていくのです。


市村洋文

不摂生な人は、30分早く就寝し、起床時間を30分早くしてみてはいかがでしょうか。そして、その30分で、その日にやることをメモします。そしてそれに沿って行動を開始します。時間的な余裕を感じ始めたら、それがモチベーションになり、早起きするのが楽しくなってきます。するといつの間にか、それが習慣になってくるのです。


永守重信

危機ほど楽しいものはない。困難と出合うたびにそう思う。克服することで、会社がますます強くなるからだ。


たむらけんじ

僕はホンマにビビリですねん。裸に獅子舞でテレビに出てますけど、ガラスのハートです。けど経営者としては、数字に関してそれくらい慎重でいいと思ってますわ。


北野泰男

海外と日本の社員が交流する場も積極的に設けています。社員たちがカット技術を競い合うイベント「カットコンテスト」もその一つ。日本の社員が優勝して喜ぶ姿を見ると、海外の社員たちも刺激されて一生懸命練習するし、海外の社員が優勝すると、今度は日本の社員たちが触発される。こうした機会を通じて、「仲間同士で成長を支え合い、お客様から必要とされる組織を目指す」という経営理念を社員自らが体感すれば、そこに込めた想いは組織の中に自然と浸透していきます。


田中良和(GREE)

慎重に結論を出して、それが必ず正しいならそうします。でも何が正解かなんて、結局やってみなければ誰もわからないんです。だったら早く試して、修正したほうがいいに決まっています。


嶋浩一郎

書店のメリットのひとつは、ネット検索では見つからない情報に出合えるということ。人は知りたいことの、たった数%しか言語化できないそうです。実は、どんな情報を欲しいと思っているのかが分かっていない。リアルな書店では、たくさんの本を俯瞰して、自分でも気づかなかった興味関心領域を発見できるのです。たとえば私は以前、『自動販売機の文化史』という本を見つけて急に読みたくなり、買って一気に読んでみました。驚くことに、それが後になって、仕事に結びついたんです。


河村恭輔(経営者)

「あそこに頼んだらいいよ」と、お客さまに選ばれる会社、日本一のサービスを提供できる会社にすることが私の夢。各分野でプロを養成して、どんな問題にも対応できる会社にしたい。


ヘレン・ケラー

人生で最高のもの、最も美しいものは目に見えず、触ることもできません。それは心で感じるものなのです。世の中はつらいことでいっぱいですが、それに打ち勝つことも満ち溢れています。