名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

中埜和英(八代目・中埜又左衛門)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中埜和英(八代目・中埜又左衛門)のプロフィール

中埜和英、なかの・かずひで。日本の経営者。「ミツカン」社長・会長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、中埜酢店(のちのミツカン)に入社。専務、副社長、社長、会長を務めた。また、全国食酢協会中央会会長、全国食酢公正取引協議会委員長などを務めた。創業家8代目当主。

中埜和英(八代目・中埜又左衛門)の名言 一覧

社員が意見を言わない傾向は、やっぱりうちもありますよ。だから定期的に外部の人たちを招いて、できるだけ意見を言ってもらうようにしています。そして私自身、若いときほどは頻繁には行けないのですが、時間があれば、工場を含めて職場をできるだけ回ろうと心がけています。


場合によっては使うかもしれませんし、使わないかもしれない。絶対こうだというものはない。その時々の環境に合わせます。


これからの時代は、デジタル化で売り方はすごく変わっていくと思います。単に商品を流すのではなくて、企業と消費者がどうコミュニケーションできるかが重要です。


米国のパスタソースブランドを買収したのは、主要通貨で資産と収益面をどう分散化するかという考え方で買収を決めました。一般的に海外事業の買収というと、海外の成長戦略だと考える人がほとんどだと思いますが、私どもは少し考え方が違います。


10年後にありたい姿としては、現状の4倍、つまり1兆円を想定しています。ただ1兆円自体が目的というわけではありません。規模として、それぐらいないと、消費者と関係をつくっていく上でも、存在感がなくなり、難しいだろうなと思っているのです。


当社には2つの原点があります。「脚下照顧に基づく現状否認の実行」と「買う身になって、まごころこめて、よい品を」です。この2つを、私は「限りない品質向上による業績向上」と言い換えています。商品の品質だけでなく、経営の品質も含まれます。この姿勢は変えてはいけませんが、それ以外は環境変化によって変えてもいいのです。


これから世の中はすごく変わっていくでしょう。デジタル化という流れの中で、18世紀の産業革命を上回る、想像を超えた変化が起こるかもしれない。我々は10年先を占うことはできませんが、仮説を立てることはできるはずです。1年ほど前から、専門家も交えて議論を始めました。社内のメンバーは私以外に8人います。国内外の幅広い分野について10年先を予測して、どういう課題があり、それをどう乗り切るのかを考えるのです。


当社が200年以上続いているのは、代々の経営者が、江戸時代、戦前、戦後と大きく世の中が変化していく中で、会社を新しく、環境に合わせて変えることに常に挑戦してきたからでしょう。現状に甘んじなかった。一方で、守らなきゃいけないことは、守りました。これらのことに徹してきたから続いていると思います。単に現状維持では難しかったでしょう。事業の創出と改廃を繰り返しながら、成長してきたのです。


後継者は、この会社のことを理解してもらうと同時に、企業の成長や存続をきちんと保ってもらうことが必要です。でも何が大切かは、環境によって変わります。そういう点では、変わっていけるような人間が好ましい。社是である「脚下照顧に基づく現状否認の実行」は足元をよく見て、現状の問題点を考え、改善策を実行することです。常に消費者の考えに沿って変えていくことさえやってくれればいいと思っています。


事業会社と違い、ホールディングスは俊敏な判断よりも、中長期的な方向性を定めることが重要です。今は専務・常務取締役で構成する「常務会」が中長期計画を作成しています。あとはグループCOO(最高執行責任者)を務める結城幸一が、何かあったときの「ばんそうこう貼り」をやってくれています。この仕組みがいいバランスになっている。もちろん、この体制がいつまでも続くとは思ってはいませんが、性急に変える必要もないと思います。


私が結婚した当時、義理の父とよく話す機会がありました。そのときに聞いた彼の家業についての話に影響を受けたのです。江戸時代に藍商人として活躍していた8代目の話です。当時、藍商人は阿波藩(のちの徳島県) と密接なつながりで商売をしていたのですが、その8代目は阿波藩との関係で、ほかの地に行かなくてはならなくなった。そこで琴平(香川県)の酒造会社を買ったそうです。当時としては、リスクを分散しながら、色々なことを考えてやっていたんですね。その話を聞いて、私が思ったのは、資産をどう分散化して、資産から収益を上げていくかということです。


中埜和英(八代目・中埜又左衛門)の経歴・略歴

中埜和英、なかの・かずひで。日本の経営者。「ミツカン」社長・会長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、中埜酢店(のちのミツカン)に入社。専務、副社長、社長、会長を務めた。また、全国食酢協会中央会会長、全国食酢公正取引協議会委員長などを務めた。創業家8代目当主。

他の記事も読んでみる

町田勝彦

半導体で重要なのは研究開発と設計だ。生産は優秀な製造企業に委託すればいい。君たちには、世界一流のファブレス(生産部門を持たない半導体メーカー)になって最先端の半導体を開発してほしい。
【覚書き:半導体事業を縮小し、液晶テレビに経営資源を集中させた際の発言。半導体事業は廃止するのではなく、生産部門は廃止しつつも開発のみに特化させることによって経営合理化と同時に技術の蓄積を可能にさせた】


藤原健嗣

M&Aでは高値掴みかどうかは、買った瞬間には分かりません。3年とか5年たってみて、自分たちが思っていた事業計画どおりに進んでいるかという点で判断すべきで、買収時の高いか安いかはあまり意味がないと思っています。


石田衣良

似た仕事はまとめるようにもしています。この日は執筆、この日は取材といった具合に、同じ種類の仕事をできるだけ同じ時期に仕上げています。そうすれば、無駄な時間もずいぶん削れます。


佐々木正

最近、日本では大学の先生がベンチャービジネスを起こしていますが、米国では一人の先生が行うのはもう限界との認識です。世の中は非常に早く進歩しているので、いろんな人たちの共創でなかったら産業は支えられない。だから物理とか化学、法学というように多くの先生が集まったドリームチームによるベンチャービジネスがいま増えています。


三浦雄一郎

いま、企業で働く中高年には、夢をなくしていた頃の私とだぶる人が多いような気がします。会社の業績もいまいちで、何とはなくしょぼくれている。年齢的にも「もう限界」と挑戦を諦めているのではないでしょうか。でも、私がそうだったように、50歳、60歳からでも相当のことができるんです。


井上ゆかり(経営者)

その仕事にどんな意味があるのか。会社に対してはどんな意味があり、あなたの部署にはどんな意味があって、あなた自身にはどんなベネフィットがあるのか。これをちゃんと説明できないといけない。しなかったときのデメリットも言えないといけない。これがグローバルでは、当たり前に求められるんです。そうでないと、「どうして私があなたの仕事をしないといけないのか」ということになる。


久保田進彦

パフォーマンス、つまり、製品、パッケージ、価格、チャネル、アフターサービス、そして顧客経験は常に時代に合わせて変化させていく。その一方で、ブランドのスタイル(らしさ・方向性・ポリシー)は変化させない。ブランドのスタイルを、マーケティングの世界では「ブランド・アイデンティティ」と呼びます。ほとんどのロングセラーブランドには、「パフォーマンスは進化させ、スタイルは変えない」というルールが当てはまります。


和田秀樹

やる気が出る要因というのは、とにかく個人差が大きい。ですから、こうすれば誰でもやる気が出るという万能薬ではなく、自分に合ったモチベーションの高め方をひとつでも多く見つけることが大事だといえます。そのためにもまずは、「自分はどうすればやる気になるか」ということをよく知っておくことです。


柴田励司

自分以外は全て「師」と考えよう。よく店員やタクシーの運転手に横柄な態度をとる人がいますが、どんな場面や相手からでも必ず学ぶことがあると考える謙虚さを持つべき。


石坂典子

自分たちが出したゴミを誰がどこで処理をすべきなのか。もっと根本的に考えていく社会とは何かなと思いました。そこでまずは自分たちの仕事の中で速やかに改善すべきことは改善する。ですから、まずは見た目を変えようと。そしてこの仕事をやっていく上で、やはり環境を変えていくのは教育でしか変えられないと考えました。


黒木渚

厳しい学校の寄宿舎で中・高時代を過ごした私は、音楽とは簡単に触れあえない環境にいたんですね。そこでひたすら向き合ったのが図書館の蔵書。出会ってきた膨大な言葉のストックが私の源です。


岩田弐夫

秘書に嫌われる人は社長には適しませんね。