名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中埜和英(八代目・中埜又左衛門)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中埜和英(八代目・中埜又左衛門)のプロフィール

中埜和英、なかの・かずひで。日本の経営者。「ミツカン」社長・会長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、中埜酢店(のちのミツカン)に入社。専務、副社長、社長、会長を務めた。また、全国食酢協会中央会会長、全国食酢公正取引協議会委員長などを務めた。創業家8代目当主。

中埜和英(八代目・中埜又左衛門)の名言 一覧

社員が意見を言わない傾向は、やっぱりうちもありますよ。だから定期的に外部の人たちを招いて、できるだけ意見を言ってもらうようにしています。そして私自身、若いときほどは頻繁には行けないのですが、時間があれば、工場を含めて職場をできるだけ回ろうと心がけています。


場合によっては使うかもしれませんし、使わないかもしれない。絶対こうだというものはない。その時々の環境に合わせます。


これからの時代は、デジタル化で売り方はすごく変わっていくと思います。単に商品を流すのではなくて、企業と消費者がどうコミュニケーションできるかが重要です。


米国のパスタソースブランドを買収したのは、主要通貨で資産と収益面をどう分散化するかという考え方で買収を決めました。一般的に海外事業の買収というと、海外の成長戦略だと考える人がほとんどだと思いますが、私どもは少し考え方が違います。


10年後にありたい姿としては、現状の4倍、つまり1兆円を想定しています。ただ1兆円自体が目的というわけではありません。規模として、それぐらいないと、消費者と関係をつくっていく上でも、存在感がなくなり、難しいだろうなと思っているのです。


当社には2つの原点があります。「脚下照顧に基づく現状否認の実行」と「買う身になって、まごころこめて、よい品を」です。この2つを、私は「限りない品質向上による業績向上」と言い換えています。商品の品質だけでなく、経営の品質も含まれます。この姿勢は変えてはいけませんが、それ以外は環境変化によって変えてもいいのです。


これから世の中はすごく変わっていくでしょう。デジタル化という流れの中で、18世紀の産業革命を上回る、想像を超えた変化が起こるかもしれない。我々は10年先を占うことはできませんが、仮説を立てることはできるはずです。1年ほど前から、専門家も交えて議論を始めました。社内のメンバーは私以外に8人います。国内外の幅広い分野について10年先を予測して、どういう課題があり、それをどう乗り切るのかを考えるのです。


当社が200年以上続いているのは、代々の経営者が、江戸時代、戦前、戦後と大きく世の中が変化していく中で、会社を新しく、環境に合わせて変えることに常に挑戦してきたからでしょう。現状に甘んじなかった。一方で、守らなきゃいけないことは、守りました。これらのことに徹してきたから続いていると思います。単に現状維持では難しかったでしょう。事業の創出と改廃を繰り返しながら、成長してきたのです。


後継者は、この会社のことを理解してもらうと同時に、企業の成長や存続をきちんと保ってもらうことが必要です。でも何が大切かは、環境によって変わります。そういう点では、変わっていけるような人間が好ましい。社是である「脚下照顧に基づく現状否認の実行」は足元をよく見て、現状の問題点を考え、改善策を実行することです。常に消費者の考えに沿って変えていくことさえやってくれればいいと思っています。


事業会社と違い、ホールディングスは俊敏な判断よりも、中長期的な方向性を定めることが重要です。今は専務・常務取締役で構成する「常務会」が中長期計画を作成しています。あとはグループCOO(最高執行責任者)を務める結城幸一が、何かあったときの「ばんそうこう貼り」をやってくれています。この仕組みがいいバランスになっている。もちろん、この体制がいつまでも続くとは思ってはいませんが、性急に変える必要もないと思います。


私が結婚した当時、義理の父とよく話す機会がありました。そのときに聞いた彼の家業についての話に影響を受けたのです。江戸時代に藍商人として活躍していた8代目の話です。当時、藍商人は阿波藩(のちの徳島県) と密接なつながりで商売をしていたのですが、その8代目は阿波藩との関係で、ほかの地に行かなくてはならなくなった。そこで琴平(香川県)の酒造会社を買ったそうです。当時としては、リスクを分散しながら、色々なことを考えてやっていたんですね。その話を聞いて、私が思ったのは、資産をどう分散化して、資産から収益を上げていくかということです。


中埜和英(八代目・中埜又左衛門)の経歴・略歴

中埜和英、なかの・かずひで。日本の経営者。「ミツカン」社長・会長。愛知県出身。慶應義塾大学商学部卒業後、中埜酢店(のちのミツカン)に入社。専務、副社長、社長、会長を務めた。また、全国食酢協会中央会会長、全国食酢公正取引協議会委員長などを務めた。創業家8代目当主。

他の記事も読んでみる

田中優子(江戸文化研究者)

経営者や上司は若手が聞きやすい雰囲気をつくる必要があるでしょう。目標だけ与えて、あとは放っておくのは、少なくとも今の時代には適しません。現代は大量生産・大量消費から、ソリューション事業にシフトしています。そうした時代には、モノを売るにしても、お客さんの相談に真摯に向き合いながら売る必要があるでしょう。顧客との対応は外に対するコミュニケーションですが、その姿勢は中、つまり職場にも求められます。職場の内外で、コミュニケーションを取りやすくする。これは企業が伸びていくためにも必要なことだと思います。


市田清兵衛

奉公人は穏やかで謙譲なることを旨として、諸事倹約を心掛け、出入りの者は老若男女を問わず、丁寧に取り扱うこと。


松岡浩(経営者)

年商は8億3000万円、経常利益率は20%超あり、31年間ずっと無借金で経営をしています。当社がこれだけ利益率が高いのはきちんとした理由があって、一つは社員の能力を生かして、いい商品をつくっているということ。もう一つは「日本一の知恵工場」といって、社員が日本一知恵を出す。毎月150件を超える改善提案が社員から出されるので、常により良いものをつくろうという意欲が高いのです。


ジャスパー・チャン

私はいまでも毎日が「Day One(始まりの日)」だと考えています。「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」というミッションに向けて、毎日、新しいスタートを切っているつもりです。


長内厚

米パソコンメーカーのデルは自前の技術や工場は持っていませんが、日本のメーカーが軒並み失敗しているパソコン事業で今も収益を上げています。同社の場合、独自のサプライチェーンを戦略の差異化ポイントとして他社よりも効率的な事業で競争優位を築いています。


ジャック・ウェルチ

自社にぴったりな戦略を見つける5つの質問

  1. 競争する市場はどんな状況か?
  2. 最近、競争相手は何をしているのか?
  3. 私たちは最近、何をしたのか?
  4. 夜眠れなくなるような出来事あるいは起こりそうな変化があるとすればなんだろう?
  5. 以上のことをすべて踏まえて、私たちは勝つためにどう行動すればいいだろう?

外山滋比古

「儲けよう」という気持ちがあまりなくなると、儲かるようになります。若い時は「何とかして儲けてやろう」として失敗する。年を取って、「貯金するよりは少しましならいいか」という思いで株をやっていると、案外とびっくりするような儲けが出ます。


野村忠宏

オリンピックに出るような選手は子供の頃から強く、注目されていた人が多い。でも私は、ずっと弱かった。体は小さく、力もそれほど強くない。そうした中で、どんな柔道をしたらよいのか、いろいろ模索してきました。


一力健

大企業の組織の中にいては、必要性を痛感していても、集団主義で凝り固まっている経営の仕組みを変えるのは容易なことではありません。しかし、新しい会社ならしがらみがないので何にでも挑戦できます。


杉本哲太

どの役をやるにしても、やるのは自分自身。全く別人格にはなれません。そういう意味では、どんな役にも、素の自分が潜り込んでいる。時には素の杉本哲太が出過ぎて、監督から「もう少し押さえて」と指摘される失敗もあります。それでも、以前の現場で感じた「演者の中で完全に傍観者になっている感覚」はなくなりましたから。役に対するアプローチの仕方はだいぶ良くなったはず。若い時のように外見だけで作るとか、必要以上に力を入れて空回りするとか、そういうボタンの掛け違いは減りました。


南淵明宏

難局においては、ネガティブな考えしか浮かんできません。「失敗したらどうしよう」とか「ご家族にどう説明しよう」とか。そういうことは考えない方が平常心を保てるでしょうが、考えまいとするほど考えてしまう。基本的に、人間の心はコントロールできるものではありません。そこで、私はあえて不安を直視し、状況をしっかり見据えます。ネガティブなことを考え抜くのです。


方永義

もともと仕事が大好きで、人の倍働くのは当たり前。人の30倍働けば、ものすごいパワーが生まれる。とにかくひたすら頑張れば、事業は必ず成功する。