名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中司祉岐の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中司祉岐のプロフィール

中司祉岐、なかづか・よしき。日本の日報コンサルタント。「日報ステーション」代表。山口県出身。著書に『A4 1枚で「いま、やるべきこと」に気づく なかづか日報』『書くだけで自分が9割変わる』『小さなひらめきが成果に変わる A4マイ日報で「勝ちパターン」仕事術』。

中司祉岐の名言 一覧

冷静になって、徹底して客観視するということに尽きます。自分の行動を様々な角度から見てください。自分が憧れているあの先輩ならどう言うだろう。あの上司ならどう考えるだろうか、と他人になりきって考えてみましょう。


やったことや気づきは忘れないうちに日報に記録するのが大事。


予定を手帳に書き込む行為は、今日がどんな日になるかを、ただ予測しているに過ぎません。本来は、今日がどんな日だったかを克明に書き起こし、それを材料に行動を分析して、翌日の行動を変えることの方が大事。


中司祉岐の経歴・略歴

中司祉岐、なかづか・よしき。日本の日報コンサルタント。「日報ステーション」代表。山口県出身。著書に『A4 1枚で「いま、やるべきこと」に気づく なかづか日報』『書くだけで自分が9割変わる』『小さなひらめきが成果に変わる A4マイ日報で「勝ちパターン」仕事術』。

他の記事も読んでみる

佐久間昇二(佐久間曻二)

経営理念を共有することが大切。企業の志が社員一人ひとりの志となり、行動に結びつく。


有本隆浩

ホワイトカラーのシニアの方々は優秀な方が多いんです。当社にもご登録いただいていますが、経験を積んでいるので知識が深く、対応力も高いので、仕事ができます。若手を採用するよりも、シニアを採用したほうがコストパフォーマンスが断然良いと言ってもいい。けれども、世の中は、まだそれに気付いていない。そこで当社が、このマーケットを創っていこうと考えています。


長谷川和廣

リーダーになるためには、叱り方も上手くなければなりません。私の場合は、部下を叱りつけているときに何を考えていたかというと、その部下の長所です。叱るときは部下の悪い部分一点のみと決め、叱ったあとは24時間以内にその部下の長所を、叱った倍の量で褒めるように心がけていました。


オグ・マンディーノ

ひとたび何かしらの勝利をおさめると、自惚れという罠にはまりやすく、自分は並みの人間と違うんだと思いあがるようになります。そしてそうした思いが人と接するときに態度に出るようになると、前進が大きく阻まれる恐れがあります。高慢と思い上がりほど自分に害を及ぼすものはないのです。


上村愛子

細かいところをあげていけばキリはありませんが、いままでのオリンピックで全力を出すことが難しかったので、全力で滑るというのは果たせて満足です。


本庄八郎

兄(本庄正則)のすごいところは、人の育て方でした。年齢に関係なく、能力を見て思い切って権限を委譲する。そうやって人を育ててきました。


二宮尊徳(二宮金次郎)

奪うに益なく譲るに益あり。


一力健

人生、何が幸運を呼ぶかわかりません。振り返ってみると、私にとって新しい会社へ移ったことは幸運でした。電通での営業経験が生かせる職場ではありませんが、企業というものに対する考え方、人生観といったものが、電通より新しい会社に合っていたのです。日本の大企業の年功序列や集団主義というものに、どこか釈然としないものを感じていました。また、ゴルフ、マージャンとカラオケという、大組織の中では重要な潤滑油とされるものが大嫌いだった私にとって、新しい会社は過ごしやすい環境でした。
【覚書き|設立されたばかりの電通子会社、電通国際情報サービスに移籍し、まったく異分野の仕事に飛び込んだ時を振り返っての発言】


田中仁(経営者)

大きな決断の際、私は十人くらいの意見を聞くようにしています。できれば、私とは90度、あるいは180度違う視点を持つ人物が良い。また、できるだけ自分とは違う立場にある人や、年齢層の違う人のほうが良いと考えています。課題がボールで、意見が針のようなイメージだとするならば、あらゆる角度からボールに針を刺していく中で、どこがボールの中心か、つまり本質かがわかってくるのです。


岡本純子

日本ではコミュニケーションについて戦略的にふるまうと、「狡猾だ」「あざとい」という言い方をされてしまい、コミュニケーションの技術を軽視する傾向があります。しかしアメリカではどのような表情やしぐさをすればコミュニケーションがうまくいくのか、大学の学問としてエビデンスを積み重ねながら真剣に研究されている分野です。心からの謝罪をするためには、思いが伝わるコミュニケーションの技術を軽視することはできないのです。


堀江徹

最大の課題は、世界のどの地域にも適用できるようなリーダー選抜の基準を準備することと、どのような人材をその企業のリーダーにするかというリーダー像を明確にすることだ。


井出健義

リーマンショック後、純輸入車市場が25万台前後から16万台まで落ち込みました。そのとき、ヤナセの経営の方向性をはっきり決めようということで、初めて中長期ビジョンをつくったんです。それが「顧客目線の原点に戻り、魅力ある全天候型持続・成長可能企業になる」という言葉です。