名言DB

9425 人 / 110833 名言

中原誠(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

中原誠(経営者)のプロフィール

中原誠、なかはら・まこと。日本の経営者。「喜多方ラーメン坂内」を展開する「麺食」社長。埼玉県出身。都立大学卒業後、第一勧業銀行、ベンチャー・リンク、グローバルダイニングを経て麺食に入社。同社社長を務めた。

中原誠(経営者)の名言 一覧

「あっさり醤油」という分野では意外と競争がないので、いつか競合が参入したときに備えて、ダントツのブランドにしてやりたい。いまはそういう意識の方が強いですね。


味のクオリティーの高さは各店舗の集客エンジンになっており、そこは厳格に管理しています。材料の仕込みから各店舗に任せ、調理してもらっています。むしろ今後の課題も味の管理にあり、各店舗の経営を指導するSV(スーパーバイザー)の他、調理そのものをチェックする「味の番人」のような管理者を各店につかせ、1店舗につき2人のチェック体制を敷こうと思っています。


フランチャイズの世界には、自動販売機みたいにお金を出してお店を出しさえすれば「儲かる」と思っている人が結構います。しかし我々は競争の激しい「食」をビジネスにしているから、そこに対する思いが強くないと、絶対うまくいかないという気持ちで運営しています。だから加盟の面接のときは「ここのラーメンが好きかどうか」を慎重に見極めます。そこを乗り越えれば、余程のことがない限り、出店までのサポートをさせていただいています。


既存店の売上は4年連続あがっています。そこはオーナーとしては安心してくれているはずです。ただ、現場の店長たちに、売上達成に対する危機感に欠けていた時期があり、そこを乗り越えるために意識改革を徹底して行いました。コンサル会社のリヴァンプから力を借り、ほぼ自分の会社のメンバーになってもらう形で協力を得たこともありました。年間52週間、週ごとに成績を見てもらい、そこから改善して戦略を立てて、それを習慣化するのは、いまもやっています。


うちの醤油ラーメンは、「毎日食べられる」ということを目指してつくっており、味が重たいと食べられないので、カロリーや油の量を抑えています。そば・うどんのような「日本人が親しみやすい味」と、ラーメン独特の「とんがった味」のハイブリッドみたいな存在です。麺は消化しやすいようにうどんに近いものを採用し、スープも醤油をベースにして日本人の舌に合わせています。たとえ商圏が狭くても繰り返し来てもらえる店舗になっています。


中原誠(経営者)の経歴・略歴

中原誠、なかはら・まこと。日本の経営者。「喜多方ラーメン坂内」を展開する「麺食」社長。埼玉県出身。都立大学卒業後、第一勧業銀行、ベンチャー・リンク、グローバルダイニングを経て麺食に入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

岩井克人

大学で教える者として学生に言い続けてきたことがあります。「本は2回以上、読まないと分からない」。最初読むときは、自分自身がその本に対して持っている先入観、またはその本の解説書などに書いてあることを確認するだけで終わってしまうことが多いからです。


トニー・ブザン

100年後までのビジョンを持っている企業ほど強い。個人も同じ。


石川祝男

経営統合をすると、情報共有を密にして、いち早く成果を出さねばと焦ります。しかし、急がば回れです。とくにゲーム開発には焦りは禁物です。


松井道夫

あるテーマについて考え続け、考えがある程度まとまってきたら、500~600字のエッセイにまとめて、自分宛にメールを送っています。書く前に「このことについて前にも何か書いたな」と思い出したら、そのメールを探して読み返す。メーラーの「返信」ボタンを押して、過去の文章を引用した状態にし、「この時考えたことは正しかった」あるいは「全然考え違いをしていた」というふうに、新たな考えを前後に書き足す。それをまた、自分にメールで送ります。こうすることで思考を深めていくことができる。毎日必ず書くのではなく、ふと思い立ったら書くという感じで、肩肘張らず自然体で取り組んでいます。


田村潤

主なお客であった飲食店や酒販店のオーナーは、日々の経営に必死です。「もっとお客を呼ぶ手はないか」と悩んでいる。しかも大抵、相談相手がいなくて孤独です。そこで「何かお手伝いできることはありませんか?」と投げかければ、ぐっと心の距離が近づく。


藤井孝一

「勤める」ということは他人からの評価に依存することを意味しています。上司が変わったら評価も変わってしまいます。組織に属していると、自分ではコントロールできない部分が多くなります。それなのに、ひとつの会社で働き続け、丁半博打のように突き進むのは非常に危険です。


橋本信次郎

全国の花の生産者を回るうちに、見えてきたことは、みなさん流通で困られているということ。当時は、卸売市場法により花の販売は必ず市場を通すのがルールでしたが、市場に出すには寸法や花の開き具合など細かい条件があり、規格に沿わないために出荷できない花が大量に出てしまう。また当然ですが、市場を通すと時間がかかる分、花の鮮度は下がるし、間に物流会社が入れば価格は上がる。生産者から直接お客さんに届ける産地直送が、鮮度・価格の両面で大事だと分かりました。


山本真司

もし、努力の割に成果があがらないと悩んでいる人がいるなら、一度自分の努力の対象を見直して、これはというものにフォーカスすることをぜひおすすめします。言い換えれば、ほかの対象を捨てるわけです。


R・C・バルガバ

新興国でブランドを築き上げることは、先進国以上にトラブルがつきまといます。そのたびに重要な意思決定を求められるため、本社がどの程度真剣に市場開拓を考えているのかが簡単に消費者に伝わってしまいます。


樋口泰行

我々には従来のビジネスで顧客との接点を持っている強みがあります。日本企業はアップルの営業マンに会ったことはないでしょうし、アマゾンの営業マンにも会ったことはないでしょう? 名刺すら見たことがない。我々はきっちりと顧客を最後まで責任を持ってサポートできる。これこそが我々の信頼感を生んでいます。