名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中原祐治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中原祐治のプロフィール

中原祐治、なかはら・ゆうじ。日本のセールスパーソン。東京都出身。中央大学卒業後、サントリーを経てプルデンシャル生命に入社。エグゼクティブ・ライフプランナーを務め、トップセールスを達成。

中原祐治の名言 一覧

最初は相手に合った保険商品を提案するのですが「もう保険には入っているから」と聞く耳を持ってもらえませんでした。そこで「自分とつき合うことにメリットを感じてもらおう」と考え方を修正しました。保険の話をするのではなく、保険の話以外でも今困っていることは何か、相談に乗ることにしたのです。中原とつき合っていると、保険以外でも問題が解決すると思ってもらえればいい、と。将来保険が必要になったときに声をかけてくれますから。


中原祐治の経歴・略歴

中原祐治、なかはら・ゆうじ。日本のセールスパーソン。東京都出身。中央大学卒業後、サントリーを経てプルデンシャル生命に入社。エグゼクティブ・ライフプランナーを務め、トップセールスを達成。

他の記事も読んでみる

國光宏尚(国光宏尚)

会社って、いつも順調に成長できるほど甘いものではない。うまくいってはダメになり、そこを乗り越えて大きくなってはまたダメになるという繰り返し。だから失敗するのは、ある意味あたりまえ。


ベンサム

おそらく快楽は、苦痛の半分の印象も我々に与えない。


海渡寛記

どの国であろうと、ビジネスで大切なのは言いたいことを伝えること。英語はそのための手段に過ぎない。


牧野正幸

役員や経営者は50歳を超えたら、後輩のためにいかに自分の人生が面白いか語るべきなのかもしれません。それは頑張った末の果実なんですから。その楽しさを若い人に語るのも「天命」ではないでしょうか。


藤田晋

接待は「相手を楽しい気持ちにさせる」ことが何より大切です。接待を成功させる秘訣は、「自分も一緒に楽しむこと」。


山本憲明

緊急の仕事がないときは、あらかじめ順番を決めることはせず、取りかかりやすい仕事から、どんどんこなしていきました。気が進まない仕事から進めても、うまく進まないことが多かったからです。そのときの気分に応じて、手のつけやすい仕事から進めていくほうが、結局は仕事が速く進むものです。


新将命

企業理念というのは、漠然とした抽象的なものと思いがちですが、会社の持続的な成長に対して大きな貢献を果たすもの。企業の存在・発展の根源ともいえる理念には、真剣に向き合うべき。


田中仁(経営者)

小さな場面でも、自分で考えて決断し、行動することが大切。小さな勝負の積み重ねが、自分の中の価値観や判断基準といった「軸」を作りあげていく。


齋藤正勝

システム部門は金食い虫に見られ、支店では邪険に扱われました。嫌われないよう、事前に営業マン全員の名前を憶えて懐に飛び込むと結構可愛がられました。そうして集めた各支店の情報を、今度はレポートにまとめ、本社のエリート部門の経営企画部に持っていきました。生の情報ですから重宝がられ、以降、何かと呼ばれてはアイデアを求められました。実質、経営企画部付きのお抱え軍師みたいになって、お歴々にも謁見できる身になりました。
【覚書き|第一證券システム部時代を振り返っての発言】


橘玲

「80歳まで現役」という考えにシフトできれば、定年退職以外の選択肢が広がります。たとえば40歳のビジネスパーソンなら「3年後に辞めて起業する」「副業をいくつか試してみる」といった未来が開かれるわけです。考えてみれば、終身雇用における定年退職は、「超長期雇用下での強制解雇制度」。会社が生涯の面倒を見てくれるわけではない。ならば、対策は早く立てるに越したことはありません。


川村隆

人材のグローバル化、つまりダイバーシティー(多様性)について、私が最初に取り組んだのが取締役会改革です。取締役会メンバー13人のうち、社外取締役を4人から7人に増やし、外国人も2人増やして3人にしました。そうした結果、率先垂範、象徴的変革というだけでなく、実質的な変革も起こったのです。質の違うもの同士がぶつかることで変革が起こる――。ダイバーシティーについてよく教科書に書かれていますが、なるほどこれが実際に起きることか、と私自身が納得したくらいです。


下田進

私は自信家でいつでも自信を持ってやってきましたが、全く売れない3年間で完全に自信を打ち砕かれたことが良かったのかもしれません。