名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中原祐治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中原祐治のプロフィール

中原祐治、なかはら・ゆうじ。日本のセールスパーソン。東京都出身。中央大学卒業後、サントリーを経てプルデンシャル生命に入社。エグゼクティブ・ライフプランナーを務め、トップセールスを達成。

中原祐治の名言 一覧

最初は相手に合った保険商品を提案するのですが「もう保険には入っているから」と聞く耳を持ってもらえませんでした。そこで「自分とつき合うことにメリットを感じてもらおう」と考え方を修正しました。保険の話をするのではなく、保険の話以外でも今困っていることは何か、相談に乗ることにしたのです。中原とつき合っていると、保険以外でも問題が解決すると思ってもらえればいい、と。将来保険が必要になったときに声をかけてくれますから。


中原祐治の経歴・略歴

中原祐治、なかはら・ゆうじ。日本のセールスパーソン。東京都出身。中央大学卒業後、サントリーを経てプルデンシャル生命に入社。エグゼクティブ・ライフプランナーを務め、トップセールスを達成。

他の記事も読んでみる

登坂絵莉

私はもともと自分に自信があるわけじゃありません。試合でマットに上がるときは、いつも凄く怖いんですけど、負けたくない気持ちは人一倍強いから練習をするというか。臆病だけど、勝負に対して執念深いというか。ちょっと説明するのが難しいタイプです(笑)。


やましたひでこ

整理術とは新陳代謝。


西内啓

統計分析は単なる現状把握ではなく、「次にどのような行動を取ればいいのか」というアイデアにつながるかが重要なのです。


米山公啓

ストレスを減らすには、ストレスを生む元を取り除くことも大切。たとえば、仲のよい間柄でも、SNSに不快な投稿をする人の投稿は、画面表示されないよう設定。すると、楽しい話題などの投稿だけになり、SNSでストレスを感じることは減ります。


川村治

「熱意」は、それがあるのとないのとでは同じ提案をするにも、聞く方はその聞き方が非常に違ってきます。同業他社より熱意を持つ。経営陣の熱意は社員に伝わり、その熱意がお客様にも伝わります。


成瀬まゆみ

上司は部下の欠点ばかりを探しがちです。その思考回路を見直し、いいところ探しをする習慣をつければ、職場の雰囲気も自然と変わってくるはず。


高井昌史

やはり芸術は大事です。コロンビア大にはたしかファッション関連の学科もあると思いますが、東大でファッションなんて考えられません。ルイ・ヴィトンやシャネルといったブランドをつくったのはみな西洋人で、それを我々東洋人が買う。ああいうブランドをプロデュースできるような人は、まだ日本では育てられないですね。


三村マサカズ

30代はウケようと頑張れば頑張るほど、ムリしている感じになっていた。ある時、カミさんに「緊張していると面白くないよ」と言われて、気づきました。大雑把なタイプに見られるけど、すっごい緊張しやすいんですよ。


藤本篤志

ビジネス環境の変化にともない、営業に求められるスキルも変わりつつあります。その変化についてひと言で言うならば、「人間関係に依存した営業の時代は終わった」ということです。背景にあるのは、企業のコンプライアンス意識が高まったことです。今までは「社長が気に入っているから」「恩のある会社だから」という理由で、取引先を選んでいたかもしれません。しかし、今ではコンプライアンス意識から、「同業他社との比較」「コンペ開催の有無」などが確認される時代です。昔は、商品の情報は営業マンの持ってくるパンフレットだけが頼りでした。しかし、今は検索すれば様々な情報がすぐに手に入り、ライバル社との比較やクチコミなども確かめることができます。仲のいい営業マンが言っているから、とすべて信用してもらえる時代ではありません。ただし、人間関係を軽視して良いわけではないのです。顧客と直接会うことで担当者の人柄、趣味など周辺環境を把握するとともに、その人の発想や価値観を知っておくことは必要です。


根岸秋男

受け身ではなく能動的に、それぞれの持っている力を表に出して欲しい。みんなが挑戦する気持ちを出して欲しい。


松本晃(経営者)

経営の本質とは、すべてのステークホルダーに喜ばれること。顧客も、従業員とその家族も、地域社会も、世界も、環境も、株主も喜ぶということです。


ダン・ケネディー

大学は出ておいた方がいいと思うかもしれない。大学に行けば、企業に就職した場合に高卒より給料を多くもらえるかもしれないが、起業家の資質が育まれるわけではない。よく考えてほしい。現実社会では、学歴の低い起業家のもとで、学位を二つも三つも持っている人間が大勢働いているではないか。大学は資産家を養成する場所ではない。大学に行かない方がいいなどと言うつもりはない。大学で何が得られ、何が得られないかを承知したうえで行くのなら構わない。