名言DB

9419 人 / 110788 名言

中原圭介の名言

twitter Facebook はてブ

中原圭介のプロフィール

中原圭介、なかはら・けいすけ。日本のファイナンシャルプランナー、エコノミスト。茨城県出身。慶應義塾大学文学部卒業。土浦市市税務課職員を経てエコノミスト、ファイナンシャルプランナーとして独立。経済学やお金についての著書を多数執筆した。

中原圭介の名言 一覧

経済は経済学の視点だけでとらえていては、見誤ることがある。多くの経済学者は歴史を見ない。大前提を欠落させたまま経済を論じてしまっている。


いまの職種の技術を磨くために自己投資しましょう。まったく関係ない資格への投資は無駄。「資格オタク」のような勉強はやめ、分野を絞って、集中投資することが肝要。


意識と無意識の中にある「経験知の集大成」が直観なので、ひらめきに比べて思考が広く、深く、判断を誤ることが少ない点が特徴です。ビジネスでも直観からイノベーションが起こるケースがよくあります。


哲学書を読んでいれば、合理的な考え方ができるようになり、思考力や洞察力がぐんと高まります。初心者にはハードルが高いので、哲学の入門書や漫画からスタートしてもいいでしょう。


年利7%の金融商品に投資しても、倍にするのには10年かかります。ところが自分に投資しスキルを高めれば、年収をいまの20%、うまくいけば2倍以上、上げることも可能です。自己投資は投資効率が抜群に良いうえ、仕事が途絶えるリスクも減ります。


金融商品に投資して稼ぐのも、たしかにひとつの手です。でも、10年後に利益が1000万円にも2000万円にもなり得る身近な投資先を忘れていませんか? 「自分」です。つまりは自己投資。スキルを高めるセミナーや書籍に積極的に投資し、自分の力で稼ぐ能力と自信を高めておけば、金融危機だろうが不景気だろうが、収入は途切れません。


最大の問題は、経済学が原因と結果を取り違えていること。デフレが原因で不況になるといった誤った認識が広まったのは、バーナンキが世界大恐慌時の経済状況だけを分析して「デフレ=不況」と結論づけたためだ。たしかに、この時期は主要国の中で米国の経済成長率のマイナス幅が最も大きかったが、過去100年間の統計を遡って調べれば、デフレと不況は何ら因果関係がないし、デフレでも好況のときもあれば、インフレ時の不況もある。また、GDP成長率と国民生活の間にも直接的な関係性はない。GDPと国民生活は2000年以降、全くリンクしていないというのが私の見解である。


皆さんクルーグマンやバーナンキのご高説に流されているが、その元となる経済学は欧米の主流派経済学で、それを世界各国が一緒くたに採用している。そこが大きな間違いなのだ。例えば、企業が中国やインドに進出する際に、どこでも一緒だと同じ経営のやり方で進出するだろうか。その国の国民性や生活スタイルなどを勘案し、いろいろな側面から現地に合ったマーケティングを行うはずだ。しかし、こと経済学の世界になると、どこの国も同じ経済政策で当てはまると考えるのは傲慢なことである。


中原圭介の経歴・略歴

中原圭介、なかはら・けいすけ。日本のファイナンシャルプランナー、エコノミスト。茨城県出身。慶應義塾大学文学部卒業。土浦市市税務課職員を経てエコノミスト、ファイナンシャルプランナーとして独立。経済学やお金についての著書を多数執筆した。

他の記事も読んでみる

森川亮

使う人の気持ちがわかるためには、専門知識や経験がむしろ邪魔だったりします。楽しいサービスをつくるには、どれだけバカになれるか、どれだけ過去を捨てられるかが重要です。


清水久三子

自分の思い込みで「きっとこれが聞きたいに違いない」と強引に進めても相手を納得させることは難しいでしょう。


鍜治真起

規模が大きくなると、どうしても商品やサービスが、自分の手の届かない読者やお客さんに向けたものになってしまいます。でも、手の届かないお客さんに向けた仕事って、どうなんでしょう。どうも僕にはピンときません。


天羽稔

エンジニアリングポリマー事業のアジア太平洋地域の総責任者時代、アジア太平洋地域の幹部約70人の評価を全17カ国の同事業の責任者を一堂に集めて行い、透明化しました。人事評価を一緒に行うようになったことで各国の責任者が他国の幹部を知るようになり、国を越えた協力関係が生まれていきました。ある年はA国が悪くても、B国がそれを補うといった具合です。おかげで「5年で売上高2倍」の目標を達成できました。


似鳥昭雄

以前は楽をするのが好きでしたが、誰かのためにと高い目標に向かって皆で努力する達成感を知ったあとは、たとえ休みがなくても仕事が楽しいのです。


藤田晋

当社が2011年に「スマホ元年」と掲げて主力事業をスマートフォンにシフトした時、多くのマスコミから「どうしてスマホに大きく舵を切ったのですか?」と聞かれましたが、答えは単純でした。「電車の中でもどこでも、周りを見渡せば、みんなスマホを使っているからです」。少し周りを見渡すだけで、いくらでもビジネスのヒントは転がっているものです。


平本清

会社の経営方針も、社員からの提案も、いつでもだれでも書き込むことができ、だれでも反対意見を述べられる。あいだに中間管理職のような人を介さないので、全社員が即座に、かつ正確に情報を共有し、決定までのスピードも、周知徹底も、とにかく速い。「打てば響く」と言えば、これほど響きが感じられる会社は、そう多くはないのではないでしょうか。


木内博一

当社は事業部制をとっていますが、各事業部は3~5人の少人数です。組織のサイズは3人が原型だと思うのです。つまり爺ちゃん、父ちゃん、倅(せがれ)です。父ちゃんが第一線で働き、爺ちゃんは外向的な窓口の役割を果たす。倅は使われる身分ですが、いずれ確実に父ちゃんになれるから、使われる立場に耐えられる。このサイズだと、各世代がそれぞれの将来像をきちんと描けるわけですから、組織が活力を失わないのです。


吉越浩一郎

70歳になって同年代の人たちを見ると、昔、仕事に振り回されていた人ほどいま孤独であることに気づかされます。人は本来何のために生まれてきたのか。それは、自分のDNAを残すということにつながる子孫繁栄。その延長線上で、家族の中で人生を楽しむことが理想のあり方です。それなのに、仕事を天職のように崇めて、家庭を顧みずに働く人のなんと多いことか。


吉永泰之

怖いのは、目指すべきゴールを失ってしまうことです。トップが何も言わなければ、何もしなくてもいいことになる。そうならないように、新しい旗を立てることが必要でした。