名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中原圭介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中原圭介のプロフィール

中原圭介、なかはら・けいすけ。日本のファイナンシャルプランナー、エコノミスト。茨城県出身。慶應義塾大学文学部卒業。土浦市市税務課職員を経てエコノミスト、ファイナンシャルプランナーとして独立。経済学やお金についての著書を多数執筆した。

中原圭介の名言 一覧

経済は経済学の視点だけでとらえていては、見誤ることがある。多くの経済学者は歴史を見ない。大前提を欠落させたまま経済を論じてしまっている。


いまの職種の技術を磨くために自己投資しましょう。まったく関係ない資格への投資は無駄。「資格オタク」のような勉強はやめ、分野を絞って、集中投資することが肝要。


意識と無意識の中にある「経験知の集大成」が直観なので、ひらめきに比べて思考が広く、深く、判断を誤ることが少ない点が特徴です。ビジネスでも直観からイノベーションが起こるケースがよくあります。


哲学書を読んでいれば、合理的な考え方ができるようになり、思考力や洞察力がぐんと高まります。初心者にはハードルが高いので、哲学の入門書や漫画からスタートしてもいいでしょう。


年利7%の金融商品に投資しても、倍にするのには10年かかります。ところが自分に投資しスキルを高めれば、年収をいまの20%、うまくいけば2倍以上、上げることも可能です。自己投資は投資効率が抜群に良いうえ、仕事が途絶えるリスクも減ります。


金融商品に投資して稼ぐのも、たしかにひとつの手です。でも、10年後に利益が1000万円にも2000万円にもなり得る身近な投資先を忘れていませんか? 「自分」です。つまりは自己投資。スキルを高めるセミナーや書籍に積極的に投資し、自分の力で稼ぐ能力と自信を高めておけば、金融危機だろうが不景気だろうが、収入は途切れません。


最大の問題は、経済学が原因と結果を取り違えていること。デフレが原因で不況になるといった誤った認識が広まったのは、バーナンキが世界大恐慌時の経済状況だけを分析して「デフレ=不況」と結論づけたためだ。たしかに、この時期は主要国の中で米国の経済成長率のマイナス幅が最も大きかったが、過去100年間の統計を遡って調べれば、デフレと不況は何ら因果関係がないし、デフレでも好況のときもあれば、インフレ時の不況もある。また、GDP成長率と国民生活の間にも直接的な関係性はない。GDPと国民生活は2000年以降、全くリンクしていないというのが私の見解である。


皆さんクルーグマンやバーナンキのご高説に流されているが、その元となる経済学は欧米の主流派経済学で、それを世界各国が一緒くたに採用している。そこが大きな間違いなのだ。例えば、企業が中国やインドに進出する際に、どこでも一緒だと同じ経営のやり方で進出するだろうか。その国の国民性や生活スタイルなどを勘案し、いろいろな側面から現地に合ったマーケティングを行うはずだ。しかし、こと経済学の世界になると、どこの国も同じ経済政策で当てはまると考えるのは傲慢なことである。


中原圭介の経歴・略歴

中原圭介、なかはら・けいすけ。日本のファイナンシャルプランナー、エコノミスト。茨城県出身。慶應義塾大学文学部卒業。土浦市市税務課職員を経てエコノミスト、ファイナンシャルプランナーとして独立。経済学やお金についての著書を多数執筆した。

他の記事も読んでみる

上野和典

アイデアを2本出せと言われて、2本しか考えない人の案が良かったということはほとんどありません。良い案を出す人は、その良い案1、2本の裏で100本は考えているはず。その作業を通して、発想力そのものが鍛えられていく。


有馬利男

全社一丸となって改革に取り組めたのは、最悪の事態を想定して、その想定を正視したからです。自分にとって不都合な想定は「ここまでひどくはならない」と思い込みたくなるんです。私たちは、今後うちの業界には異業種が一気に参入して価格破壊が起きるという想定までしていました。実際にはそこまでは起きませんでしたが、備えは無駄になりません。


市川典男

生活家電は毎日使うもの。おいしさに直結する基本機能をどこまで高めるかが勝負。そうすれば価格競争にならずに買っていただける。


永井浩二(経営者)

お客様にいかに楽しんでいただくかが大事。まわりの人を慮る、どのような場面でも相手を思い気遣うことが最高のマナー。


平田耕也

私と言う人間は世界でただ一人です。他人より少し違ったところがあるはずだ。それを表現する方法はないかとずっと考え続けて事業をしただけです。リーダーシップとは何かといいますが、経営にはその人の生き方そのものが表れるのではないでしょうか?


西任暁子(西任白鵠)

相手は必ず、退屈のサインを出しています。目をそらしていたり、あいづちがおざなりだったりしたら、すぐに相手に話を振りましょう。「あなたのところはどう?」「あなたならどうする?」など、相手を主語にすると質問しやすいでしょう。この「あなたは?」を徹底的に習慣化することです。


石川康晴

仕事という趣味ともう一つ何か違う趣味を持つべきだと思っています。私の場合は、それがアートです。休日を利用して美術館に行ったり、海外のアートコレクターがうちに遊びに来たり、アパレル業界に閉じこもっていては絶対に会えない方とも出会えます。沢山の友人を作ると、その分多くの情報が入ってきますから、やりたいことが実現できる可能性が高まるでしょう。


藤田晋

自慢ばかりする人は、その時点で「終わっている」とも言えます。将来性を感じないからです。自慢をすればするほど、底の浅い、小さな人間であることを露呈するのも気づいていないのでしょう。「自慢はしない。自慢と捉えられてしまう発言にも注意する」という意識を持ちましょう。


小嶋淳司

偶然だけではなく、努力だけでもない。運をも呼び込む。運も実力のうちというのはそういうことです。偶然ですら力になってくれる。運とは、現場で頑張っている人が、偶然の事象を自分の味方につけることをいう。


窪田良

違和感を持ったり、苦しいと思う経験を乗り越えたとき、人間は一番成長する。


渡辺元智

横浜高校にはプロ志望の生徒が集まってきます。そうした彼らには入学直後、「君たちの中でプロになれるのはせいぜい1人」と話します。4人がプロ入りした学年もありますが、ならすと1学年1人という実績なんです。だからといって諦めてはいけない。甲子園やプロを目指して努力を重ねる。その結果、最後までベンチに入れなくても、「あの横浜で3年間頑張った」という経験は必ず自信になる。その自信をもって人生の勝利者を目指しなさいと。


藤田田

人間は歴史の流れから判断しなければいけない。自分はどういう歴史の上を走っているか、ものごとを歴史的にとらえることが重要だ。