名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中原伸之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中原伸之のプロフィール

中原伸之、なかはら・のぶゆき。日本の経営者。東亜燃料工業(のちの東燃ゼネラル石油)社長。東京大学経済学部、ハーバード大学経済学部大学院修了後、東亜燃料工業に入社。退任後は日本銀行政策委員会審議委員、金融庁顧問、日本工営社外取締役などを務めた。藍綬褒章受章者。

中原伸之の名言 一覧

日本工営の社外取締役になったいまも、経営改革などについて積極的に発言しています。社外取締役がお飾りになってしまっては、何の意味もありません。


日銀の独立性とは突き詰めれば、個々の審議委員が周囲から影響を受けずに、独立して判断できるかにかかっています。議論はすべて政策決定会合の場でなされるべきとの信念から、事前の根回しのようなものは一切しませんでした。ずいぶん変な人間が来た、と見られたかもしれませんが、真剣勝負というのはそういうものだと思います。


株主とは何でしょうか?独立した市民が株主として権利を行使するのが本来の資本主義社会であると私は考えます。法人株主は短期利益を追求することで、ともすれば会社の富をゆがめてしまうのです。同時に、東燃を成長させてくれた株主には、いまも感謝しています。
【覚書き|エクソン、モービルから東燃の資本金に相当する金額を配当として求められたときを振り返っての話。エクソン、モービルが持ち株比率50%を超えていたため飲まざるを得なかった】


まだまだ駄目だという自分に対する怒りを忘れてはいけない。みずからまいた種をみずから刈りとることによってはじめて自分の甘さがわかる(中原伸之、なかはらのぶゆき、東亜燃料工業社長、日本銀行政策委員会審議委員、金融庁顧問、東京大学経済学部出身、日本空手協会会長、藍綬褒章受章)


中原伸之の経歴・略歴

中原伸之、なかはら・のぶゆき。日本の経営者。東亜燃料工業(のちの東燃ゼネラル石油)社長。東京大学経済学部、ハーバード大学経済学部大学院修了後、東亜燃料工業に入社。退任後は日本銀行政策委員会審議委員、金融庁顧問、日本工営社外取締役などを務めた。藍綬褒章受章者。

他の記事も読んでみる

山西健一郎

明日できることを明日に回せば、今日は別の仕事ができるため生産性は倍増する。


赤井益久

仕事も企業も生き方も多様ですから、成功もあれば失敗もあります。いろいろなことに自ら挑戦し、失敗も経験すれば自分の視点と選択肢が増えていく。


東英弥

社会の中でいかに存在するか、この先どの方向を目指すかについて、「広く報告する」広報は企業経営そのものでもあります。社会の共感を得られなければ、企業活動が続けられない時代とも言えます。


倉重英樹

私は社長を務めていますが、いつも「売上を稼いでいるのは社員であって、自分はその社員に養ってもらっている最大の扶養家族だ」と思っています。


森川亮

事業計画はほとんど作らない。計画を作ると、そのとおりやろうとして変化に弱くなる。


佐藤康人

やる気のある集団を作れないのは、そもそも「売りたい」と思えるような仕組みが作れていなかったり、自信を与えていないから。


荘司雅彦

初対面の人にはとにかく色々な質問をしてみること。とかく自分の話ばかりしがちですが、相手を知るということが、相手を説得する場合でも大前提になる。


堀江貴文

稼ぐようになるには、自分で思考することが大切。他人の意見に安直に乗る人は、損したままの負け組からずっと抜け出せないでしょう。


平井一夫

分社化の目的は事業部長ではなく、社長を育てたいということ。


樋口武男

私心があれば子に事業を譲ろうと考えてもおかしくありません。しかし創業者(石橋信夫氏)は私を後継に指名しました。4万人を超える従業員とその家族を抱える企業のトップは、厳しいことも含めてありとあらゆることを考えなければいけません。リーダーが自分のことだけ、自分の家族のことだけがいいと少しでも考えていたら、そんな会社は早晩潰れるでしょう。


前田晃伸

文字というのは、その人の持つ個性そのものです。自分の思いを伝えるためには、時と場合によってはパソコンではなく、あえて手書きにこだわる。できればそういう点も大切にしたい。


逢沢明

「論理思考」というのは「AだからBになる」、つまりAという前提でBという結論が導かれるという「論理推論」が基本です。ところが多くの人たちがここで大間違いを犯します。なぜならAという前提がいい加減で、本来考えなければいけない「条件」を見逃してしまっているわけです。これは株やFXの世界でもよく見られます。間違った前提で「いまが投資のチャンス」と結論づけ、結果大損してしまう。