名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

中分孝一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中分孝一のプロフィール

中分孝一、なかぶん・こういち。日本の経営者。「エドウイン」社長。北海道大学経済学部卒業後、伊藤忠商事に入社。ブランドマーケティング第三部長代行、伊藤忠ファッションシステム専務取締役、中国のアパレル企業「寧波杉杉」董事兼総経理、伊藤忠商事ブランドマーケティング第一部門長代行などを経てエドウイン社長に就任。

中分孝一の名言 一覧

私は繊維部門のほぼすべての事業に関わりましたが、デニムには疎かった。社員との対話を通じて、この会社の課題がはっきり見えてきた。


エドウインには、「EDWIN」のほか、「Lee」「SOMETHING」などの有力ブランドがあります。しかし、それぞれ価格帯でトップエンド、ミドル、ボリュームゾーンのどこを狙うのか整理できていませんでした。これから位置付けを明確にします。


私の役目は、会社としての基盤を整え、成長戦略を描くことです。まず、社員自身に経営課題を洗い出してもらいました。若手とベテランの混成チームで13のタスクフォースを立ち上げ、結果を社内で発表し、新たな理念を掲げました。


エドウインは創業してから50年近く、創業家のカリスマ社長を中心に会社が回っていたので、企業としての体を成していませんでした。カリスマはいても、進むべき方向を示す理念がない。作る人と売る人は、良く言えば分業が徹底していましたが、その副作用か、ジーンズ1本売るといくら儲かるのかも十分に把握していない。そんな会社でした。


中分孝一の経歴・略歴

中分孝一、なかぶん・こういち。日本の経営者。「エドウイン」社長。北海道大学経済学部卒業後、伊藤忠商事に入社。ブランドマーケティング第三部長代行、伊藤忠ファッションシステム専務取締役、中国のアパレル企業「寧波杉杉」董事兼総経理、伊藤忠商事ブランドマーケティング第一部門長代行などを経てエドウイン社長に就任。

他の記事も読んでみる

鈴木治雄

社長、会長はコンダクター(指揮者)ですよ。いろんな音色の楽器をまとめて、全体がいい音楽になればいいんですよ。


山本真司

業務量を減らす余地は必ずあります。「他のメンバーと自分との仕事の配分を変えて暇をつくる」「顧客との信頼関係をきっちりつくって、電話で打ち合わせを済ませられるようにする」「社内向けの企画書なら、綺麗な体裁に整えずにA4一枚でいいじゃないか」……と。


深田晶恵

お金の話はいくら勉強しても実践が伴わないと不安が解消されない。納得のいく保険に加入する、少額から投資の練習を始め、良い商品を見つけたら積み立て投資に挑戦するなど、具体的な行動に移すことが大切。


井上武(経営者)

数年に一度、中小企業はピンチに見舞われます。しかし、ピンチは成長のための絶好の機会。落ち込んでいないで、ピンチをチャンスに変えることが重要。


佐久間昇二(佐久間曻二)

身近な例え話をすることで、多くの社員がそれまでの間違いに気が付いてくれました。


山下勝(経営学者)

大手電機メーカーの開発でサーバーのCPUを巡り、事業部長と部下が対立しました。事業部長は役員から自社のCPUの採用を厳命されており、部下は性能で優れるA社のCPU採用にこだわっていました。ある日、部下が上司を飲み屋に引っ張っていきました。そこにいたのはA社の社長。部下は上司に相談せずに会合をセッティングしたのです。A社製品の性能面の優位性を確認していた事業部長は、結局、A社のCPUを採用しました。このケースでは部下がリーダーシップをとっています。


丸山貴宏

全力を出せた、考えを全部伝えられた、そんな達成感がある面接に限って不合格ということは実はとても多い。理由はズバリ、面接官が聞いていない余計なことまで話してしまっているからです。1日に何件も面接をこなす面接官は、自分がした質問の答え以外の言葉を拾う余裕がないんです。結果、よかれと思って付け足した内容はスルー。志望理由がはっきりしていない人という印象を与えてしまい、不合格という結果になってしまうんです。


齋藤孝(教育学者)

何を話せばいいか悩んだときは、とにかく相手を褒めること。相手との距離を縮めるにはこれが一番の近道です。「何を褒めればいいのかわからない」という人は、目の前の相手の「見えるところ」を褒めてください。たとえば、「今日のネクタイ、おしゃれですね」というだけでいいのです。実際にそのネクタイがおしゃれかどうかは、この際関係ありません。褒める内容ではなく、褒めるという行為自体に雑談の目的があるからです。


ダン・ケネディー

扱いにくい顧客にどこまで尽くすかは、ビジネスをする人それぞれが決めればいい。だが少なくともいえるのは、「お客様は神様です」という格言を無批判に金科玉条のごとく信奉するのは賢明と言えないということだ。わたしや従業員のほうが間違ている場合もある。私たちもミスはする。そういう場合は顧客に謝罪して、失敗を埋め合わせるために最大限の努力をする。しかし、実際には、わがまますぎて取引相手として価値のない顧客が少なくない。


ベンジャミン・フランクリン

教育が高くつくというなら、無知はもっと高くつく。


高崎秀夫(高﨑秀夫)

銀行は、金融知識も大事ですが、それよりもお客さまに人格的なものを受け入れてもらわなければ、何の意味もなさない。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

悪い見本に惑わされないためには、ローンに関するたくさんの書籍も出ていますから、それらを読んでもいいですし、ファイナンシャルプランナーに相談してもいいでしょう。そうして情報収集をしつつ、自分のお金に関する判断力を高めていくべきです。それを面倒がっている人は、ほぼ間違いなくお金に関して後悔することになるでしょう。