名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中分孝一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中分孝一のプロフィール

中分孝一、なかぶん・こういち。日本の経営者。「エドウイン」社長。北海道大学経済学部卒業後、伊藤忠商事に入社。ブランドマーケティング第三部長代行、伊藤忠ファッションシステム専務取締役、中国のアパレル企業「寧波杉杉」董事兼総経理、伊藤忠商事ブランドマーケティング第一部門長代行などを経てエドウイン社長に就任。

中分孝一の名言 一覧

私は繊維部門のほぼすべての事業に関わりましたが、デニムには疎かった。社員との対話を通じて、この会社の課題がはっきり見えてきた。


エドウインには、「EDWIN」のほか、「Lee」「SOMETHING」などの有力ブランドがあります。しかし、それぞれ価格帯でトップエンド、ミドル、ボリュームゾーンのどこを狙うのか整理できていませんでした。これから位置付けを明確にします。


私の役目は、会社としての基盤を整え、成長戦略を描くことです。まず、社員自身に経営課題を洗い出してもらいました。若手とベテランの混成チームで13のタスクフォースを立ち上げ、結果を社内で発表し、新たな理念を掲げました。


エドウインは創業してから50年近く、創業家のカリスマ社長を中心に会社が回っていたので、企業としての体を成していませんでした。カリスマはいても、進むべき方向を示す理念がない。作る人と売る人は、良く言えば分業が徹底していましたが、その副作用か、ジーンズ1本売るといくら儲かるのかも十分に把握していない。そんな会社でした。


中分孝一の経歴・略歴

中分孝一、なかぶん・こういち。日本の経営者。「エドウイン」社長。北海道大学経済学部卒業後、伊藤忠商事に入社。ブランドマーケティング第三部長代行、伊藤忠ファッションシステム専務取締役、中国のアパレル企業「寧波杉杉」董事兼総経理、伊藤忠商事ブランドマーケティング第一部門長代行などを経てエドウイン社長に就任。

他の記事も読んでみる

コシノジュンコ

「病は気から」と言うように、気持ちがダウンしている時には、何をやってもダメですが、自分にぴったりの服に出合うと、それだけで気持ちが自然に高揚し、いい仕事ができるようになるものです。そんな幸せを呼ぶ服を、私は「幸服(こうふく)」と呼んで、理想に掲げています。


逢坂剛

作家にとって子供のころの読書の経験も大きい。自然と頭に入った文体、語らい、思想は小説を書くうえで重要な資質になります。私の場合、とくにグリム童話をよく読みました。民話を集めたものですが、正しい心、邪な心など小説の下になる人間の原始的な欲望が詰まっています。また、ストーリー展開の参考にもなり、大人になってからも読み返しました。


東山紀之

この歳になると先輩よりも後輩が増えますが、事務所の後輩に指導は特に考えないですね。基本的にアドバイスもしません。それぞれが責任を持ってやっていますから。結局は本人が自分の仕事を説得力を持ってやっているかどうか。それを見ているのは、周りなんです。だから、僕についてこい、なんて感じじゃないです。あえていえば、自分の仕事をキッチリやって、その姿勢を見せるということぐらい。


川内正直

部下の様子に目を配り、困っているときに救いの手を差し伸べることで、部下は「あの人の恩に報いよう」と考えるようになります。


岩佐大輝

イチゴをブランド化するには、まず品質がいいものを安定的に供給することが大切です。それはIT化でクリアできました。次に必要なのは、売る場所です。具体的にいうと、伊勢丹のような高級百貨店に並べてもらうレベルにしないといけない。東京の大田市場に通って、最初から百貨店のバイヤーさんを巻き込みました。何回も食べてもらって、「これは酸っぱい」とか、「粒の大きさはこれくらいでいい」と意見を聞いて、売れるブランドを一緒につくっていったような感じですね。


丸山輝

社内の風通しをよくするには和気あいあいとした雰囲気も重要。毎月1回、終業時刻を過ぎてからアルコールやソフトドリンクを飲みながら話し合う「飲み会議」をグループごとに開いています。社内の会議室などを使って1時間半ほど行い、残業代も出します。議題は業務に関する様々な事柄で、議事録も取ります。最後に参加者同士でハイタッチをしたりスクラムを組むと、職場の一体感が醸成されるのです。


平井一夫

私自身、ソニー・コンピュータエンタテインメントという独立した子会社の社長をやっていたのでよく分かりますが、一国一城の主となると、自分に対しても厳しく、会社を経営していかなければならないという意識も生まれる。その経験を踏まえて、あえてカンパニー制ではなく分社化して、責任を持って会社を経営してもらうことを明確にしました。


田中仁(経営者)

あえて大変な道を選ぶ、苦しいことに正面から向かっていくというのは、言い方を変えれば「より本質的な解決策を取る」ということです。ポイントは、直近の1、2年でうまくいく解決策ではなく、「長期的な成長を考えたときにどうすればいいか?」を考えること。すると、たいていはより困難な道を選ぶことになるものです。


鳥原隆志

段取りの上手い人の特徴として、複数の仕事を同時に進めることが挙げられます。たとえば、企画書をつくる場合、企画書のフォーマットを上司への確認作業を同時並行に進めるため、上司にメールを送っておきます。上司からフィードバックがあったら、それを反映させながらフォーマットを仕上げることができるので、作業が止まることがありません。これが段取りの上手い人のやり方です。


長島徹

モノづくりやサービスづくりの基盤はカメがつくりますが、時間を買うためにウサギにもお世話になります。技術革新はときにウサギのようにジャンプします。それを追いかけると非常に時間がかかるのなら、小さなベンチャーの買収のようなM&Aやアライアンス(提携)の手を打つ必要があるでしょう。でも、基本はカメです。


落合陽一

今、私たちに求められていることは、AIへの恐怖をやみくもにかき立てることではなく、新たな価値観を作り上げていくことです。自分のできることと、好きなことを掛け合わせた仕事を探し、ストレスの溜まらない働き方を始める。この「働き方のアップデート」をいち早く始めることが、これからの「超AI時代」を生き抜く最善の手段なのです。


大野直竹

僕はそんなに長いこと、そばで仕えたわけではありませんが、石橋(信夫)オーナーは話した通りにやることを望んでいないでしょう。その通りにすればよいという甘い時代ではないし、ご自身も結構変わり身が早かったですしね。