中分孝一の名言

中分孝一のプロフィール

中分孝一、なかぶん・こういち。日本の経営者。「エドウイン」社長。北海道大学経済学部卒業後、伊藤忠商事に入社。ブランドマーケティング第三部長代行、伊藤忠ファッションシステム専務取締役、中国のアパレル企業「寧波杉杉」董事兼総経理、伊藤忠商事ブランドマーケティング第一部門長代行などを経てエドウイン社長に就任。

中分孝一の名言 一覧

私は繊維部門のほぼすべての事業に関わりましたが、デニムには疎かった。社員との対話を通じて、この会社の課題がはっきり見えてきた。


エドウインには、「EDWIN」のほか、「Lee」「SOMETHING」などの有力ブランドがあります。しかし、それぞれ価格帯でトップエンド、ミドル、ボリュームゾーンのどこを狙うのか整理できていませんでした。これから位置付けを明確にします。


私の役目は、会社としての基盤を整え、成長戦略を描くことです。まず、社員自身に経営課題を洗い出してもらいました。若手とベテランの混成チームで13のタスクフォースを立ち上げ、結果を社内で発表し、新たな理念を掲げました。


エドウインは創業してから50年近く、創業家のカリスマ社長を中心に会社が回っていたので、企業としての体を成していませんでした。カリスマはいても、進むべき方向を示す理念がない。作る人と売る人は、良く言えば分業が徹底していましたが、その副作用か、ジーンズ1本売るといくら儲かるのかも十分に把握していない。そんな会社でした。


中分孝一の経歴・略歴

中分孝一、なかぶん・こういち。日本の経営者。「エドウイン」社長。北海道大学経済学部卒業後、伊藤忠商事に入社。ブランドマーケティング第三部長代行、伊藤忠ファッションシステム専務取締役、中国のアパレル企業「寧波杉杉」董事兼総経理、伊藤忠商事ブランドマーケティング第一部門長代行などを経てエドウイン社長に就任。

他の記事も読んでみる

安野モヨコ

「先生のお好きなように」が許されるのは、大御所、もしくは大人気漫画家だけなんですよ。それなら、こちらは編集さんから「描いてくれるなら何でもいい」と言われるようにならなければ、と考えるようになりました。


野村克也

一芸を持つだけでなく、「一芸が光る場所」を選ぶことも大事。俺の場合は南海だった。若手の捕手がいなくて、レギュラーになれるチャンスがあると思って入団テストを受けたんや。


中村聡

Jリーグヒューマンキャピタルの参加者の内訳は多様です。2期生調人も3分の2が外部のビジネスパーソン、3分の1がスポーツ界からの参加です。コンサルティングファームや金融、弁護士から音楽プロデューサー。スポーツ界もクラブスタッフや元日本代表選手まで、そうしたバックグラウンドが違う人たちが、年齢や性別も超えてグループワークで経営課題に取り組んでいくことは、究極のダイバーシティであり刺激的な学びの場になっています。


高野誠鮮

疑って始めるのではなく、信じて始める。成功と失敗は紙一重。だけど、やるとやらないでは雲泥の差が生じることを証明してやろうと思っています。


安永竜夫

商社における重要な仕事は、投資に値する案件を見つけ、顧客、パートナーとともにビジネスの骨格をつくり、それを実現すること。


小暮真久

嫌いな仕事をしていると顔に出るものです。逆に自分のやりたい仕事をしている人、いい仕事をしている人は肌艶がいい。目の輝きも違います。


土井健資

社内に「私の声」という箱を設けて、仕事に関する意見からプライベートの相談まで、どんなことでも投函してもらい、社員の気持ちに寄り添えるよう努めています。箱の鍵は私しか持っていませんので、投函内容を他の人に知られることはありません。投函した社員とじっくりと話し合って、一緒に問題解決を図っています。


永守重信

変わってほしくない立場にある人は、変化のスピードをどうしても甘めに評価します。ここは注意して見ておかなければなりません。デジタルカメラが出始めたころ、大手フィルムメーカーのトップは「デジタルがフィルムと置き換わるには10年かかる」と公言していました。しかし、実際には3年くらいしかかかりませんでした。


出口治明

将来のための準備は、第一に健康でいることです。どうせ長生きするのなら、健康で動ける体のほうが断然楽しく生きていけますから。特別な健康法は必要ないと思います。好きな物を食べ、上司の悪口などを自由に話せる仲のいい友達と話し、クヨクヨせずにぐっすり眠ること。これに尽きると思います。


高原豪久

私は結果よりプロセスや行動を重視します。時には運よく結果が出る時がありますが、結果が出ない時は行動が間違っている。取引先への訪問が少ないとか、キーパーソンに会えていないとか。行動を問われるのは厳しいことですが、私自身も社長になってから行動を改善して結果を求めてきました。社員にも地道な作業を継続してもらっています。この真面目な企業文化を作った先輩方には、本当に感謝していますね。


松本幸夫

中長期の仕事だからじっくりと取り組めるはずと考えがちですが、時間的にゆとりのある仕事に限って、締め切り直前まで手につかず、最後にあせって拙速な結果に陥りがちです。手帳に中長期計画を書き込んでおけば、毎日、手帳を見返すたびに、数カ月先の予定が目に飛び込んでくるので、締め切りに対する意識づけが図れると同時に、中長期計画から逆算されてくる短期計画の具体化に弾みがつきます。適度に自分を追い込みましょう。


吉越浩一郎

仕事のスピードを上げたければ即断即決に限る。即断即決で進めるほうが、仕事の質は確実に上がる。


宮田昇始

今後も、ユーザーとヒアリングを重ね、機能拡張に力を入れていきます。多くの店舗を持つ企業は、人事・労務機能を本社に集約して管理することが多いのですが、本社と各店舗間はファクスや郵送でのやり取りが中心となっています。社会保険の手続きが煩雑なため、各店舗の店長の中には苦手とする方も多く、本社としても情報を守り吸いあげることには大きな労力がかかるので、こうした悩みの解決に応えていきます。あくまでも他のジャンルには手を出さず、労務分野を集中的に開発し、便利にしていきます。


渥美育子

私は企業経営をよく「幕の内弁当」に例えます。幕の内弁当は器と中身がセットとなって完成します。英語はひとつの「おかず」でしかありません。今の日本企業を見ると、全体像が見えないまま議論している気がします。日本から世界へ器が大きくなった時に、どのようなおかずを入れるべきか。日本企業の立ち位置が問われます。


塚田彊

会社のため、家族のため、生産人口として燃焼し、成果を上げることは素晴らしい人生だ。ファーストライフの充実が大切なことに異論はない。しかし、人生はそれだけではない。定年後、ファーストライフでは望めなかった、もう一つの人生を設計したらいい。20年間という長い時間を趣味や晴耕雨読のみで過ごせるものではない。


ページの先頭へ