名言DB

9412 人 / 110637 名言

中井隆栄の名言

twitter Facebook はてブ

中井隆栄のプロフィール

中井隆栄、なかい・たかよし。日本の経営コンサルタント。「サピエンスマネジメント」社長。京都府出身。同志社大学経済学部卒業。

中井隆栄の名言 一覧

みなさん、脳の仕組みを知らない。まず、それを知ることですね。そのうえで仕組みに沿った正しい働きかけをする。すると、成果は確実に上がる。


具体的に目標を設定したら、それが達成されたハッピーエンドのシーンをイメージする。たとえば、契約書を取り交わしている場面などですね。そして、それに向けて最初にやるべきことを書き出し「過去完了形」で脳にインプットする。つまり、やるべきことが、得意先とのアポイントの確認なら、「確認をしっかりとった」と脳に伝えておく。ここがきわめて大事。


「年間売上1200万円を達成するには?」という質問には脳は答えを出せません。「月に100万円売り上げるには?」もダメ。もっと具体化、細分化して、「1日○個売るには?」という質問をしてはじめて、脳は答えが出せる。つまり、それなら得意先のAさんとBさんを訪ねよう、というアイデアが出てくる。脳は自分がやることしか考えられませんから、「1日○万円売るには?」ではなく「1日○個売るには?」という質問でないとダメなのです。この違いは成果を大きく左右します。


中井隆栄の経歴・略歴

中井隆栄、なかい・たかよし。日本の経営コンサルタント。「サピエンスマネジメント」社長。京都府出身。同志社大学経済学部卒業。

他の記事も読んでみる

池上彰

情報を得たら、それをどのように解釈するのか、考える時間を意図的に作り出す必要がある。一日に何分間かでもいいので、必ずその時間を持つ。そうすれば、読んだだけでは忘れてしまうような情報も、身になっていくはず。


板倉広高

2年ほどはリーマンショックの影響を受けていましたが、その間、サイトをゼロから作り直しました。普段はクライアントのオーダーが多くて手を付けることができなかった、サイトの力を付けるためのシステムセキュリティ強化など、本来やるべきことに徹底的に取り組んだのです。そして2011年が明けてから、急激に業界が明るくなりましたが、その時に吹いたフォローのが風を一気に捕えられたというのは、いま思えば、その2年間があったからだと思います。


斉藤惇

神仏は人間に均等にチャンスを与える。そのチャンスに対して、真剣に、前向きに取り組むかどうかによって、人生が開くか開かないかが決まる。


松下幸之助

自分はタバコくわえて遊んでいて、社員に「働け」と言うたかて、そら働きよらんですよ。


ビル・ゲイツ

マイクロソフトでは起業家的な発想が今後もずっと大事にされるだろう。なぜなら、我々の大きな目標は「生まれ変わること」だからだ。我々の製品に取って代わる製品を生み出すのは、他社ではなく我々自身でなければならない。


畑彰之介

長く生き残るには並大抵でない努力がいる。ユーザーから見て足りない部分を常に探し、改善し続けなければ、強みはすぐ失われてしまう。ここに僕らほど情熱を注いできた会社はないし、簡単にはまねできないノウハウを蓄積できていると考えている。


高原良午

クオリティー、スピード、コストパフォーマンスの3つにこだわり抜いています。例えば、お客様から先方へ贈った花の画像を納品後、メールで報告しています。「オーダーした花がこんなアレンジで届けられた」という納品証明にもなり、お客様の信頼を得ています。


佐藤天彦

僕はプロデビューした直後から土台づくりを重視してきました。自分の理想や最終的なゴールから逆算した結果です。目先の勝利ばかりを求めたら、先々トップクラスの人と当たったときに勝てないのではないか、と考えたからです。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

僕は相手の職業や肩書で話し方が変わるようなことはありません。年下だろうがフリーターだろうが、自分の知らないことを教えてくれる人に、最大限の敬意を払うことは当たり前のことだし、相手が誰であろうと同じ目線で話すというのは、コミュニケーションの基本だと、僕は思っています。


守屋淳

ムダなものを切り捨てる「勘」が働かないと情報に振り回される。その「勘」を身につけるには経験を積み重ね、時に痛い思いをすることも必要だろう。


松井忠三

仕事に対する意識を高めるには、いろいろな分野の、それもハードルの高い仕事をすることが大切です。


南場智子

一人では経営上の不安や悩みを背負い切れないので、取締役のメンバーとは思いを共有しています。


安河内哲也

自信を持っていることをしっかり伝えるためにもっとも重要なことは、きわめて単純。ずばり、大きい声で話すべし。ジャパニーズ・イングリッシュで構わない。三単現のsが抜けてもいい。身振り手振りをまじえて大きな声で話さなければなりません。


松下幸之助

24歳の春、私は電灯会社の検査員に昇格した。非常に楽な仕事で、2、3時間もあれば済んでしまう。ところがこの楽な役に回ってみると不思議にいままでのように仕事に熱が入らず、なんとも物足らない気分をもてあますようになった。ちょうどその少し前、私は新しいソケットをつくろうと研究していた。どうにかしてソケットをモノにしたいという気が湧いてきた。何分若いだけに気が早い。主任が止めるのも聞かずにさっそく辞表を出した。
【覚書き|7年勤めた大阪電燈を退社し独立した当時を振り返っての発言】


堀紘一(コンサルタント)

教養は、長い年月をかけて岩山からしみ出してくる清水にたとえられます。10年、20年、あるいはもっとたくさんの時間の中で、すべての経験を通して、自然としみ出してくるものです。