名言DB

9429 人 / 110879 名言

中井隆栄の名言

twitter Facebook はてブ

中井隆栄のプロフィール

中井隆栄、なかい・たかよし。日本の経営コンサルタント。「サピエンスマネジメント」社長。京都府出身。同志社大学経済学部卒業。

中井隆栄の名言 一覧

みなさん、脳の仕組みを知らない。まず、それを知ることですね。そのうえで仕組みに沿った正しい働きかけをする。すると、成果は確実に上がる。


具体的に目標を設定したら、それが達成されたハッピーエンドのシーンをイメージする。たとえば、契約書を取り交わしている場面などですね。そして、それに向けて最初にやるべきことを書き出し「過去完了形」で脳にインプットする。つまり、やるべきことが、得意先とのアポイントの確認なら、「確認をしっかりとった」と脳に伝えておく。ここがきわめて大事。


「年間売上1200万円を達成するには?」という質問には脳は答えを出せません。「月に100万円売り上げるには?」もダメ。もっと具体化、細分化して、「1日○個売るには?」という質問をしてはじめて、脳は答えが出せる。つまり、それなら得意先のAさんとBさんを訪ねよう、というアイデアが出てくる。脳は自分がやることしか考えられませんから、「1日○万円売るには?」ではなく「1日○個売るには?」という質問でないとダメなのです。この違いは成果を大きく左右します。


中井隆栄の経歴・略歴

中井隆栄、なかい・たかよし。日本の経営コンサルタント。「サピエンスマネジメント」社長。京都府出身。同志社大学経済学部卒業。

他の記事も読んでみる

宮戸直輝

この5年間は、それぞれの会社が束になって突貫工事のようにひとつの目的に向かって走ってきたので、団結力があったと思います。グループ会社なのだから、職員一人一人はグループ最適と個社最適の両方を考えなければいけないといえるでしょうし、それができる人間をグループとして必要としています。


志賀俊之

産業革新機構の役割は、個別の企業の再生や手助けではありません。周囲からは「革新機構案はシャープを切り売りする」とか「解体だ」とか言われていました。私たちが考えていたのは、産業と事業の再編です。産業再編を軸にした形で企業が再生して成長していくという絵は、今の日本に必要なことです。


尾賀真城

M&Aは否定しませんが、単に規模が大きくなるというだけでなく、それでビールがおいしくなるのか、お客様にとって素晴らしいことが起きるかという観点が必要。


杉山彰泰

いいことがあったときのポーズを決めています。断られたときも、このポーズをすることで気持ちが切り替わります。


堀場厚

私たちはグループの全従業員を「ホリバリアン」と呼んでいます。企業買収で海外の優秀な人財を獲得したわけですが、もとより習慣や文化がまったく違う人たちです。そうした彼らでも同じホリバリアンとして活躍してもらわなければなりません。


中沢光昭

好感度が高い人は、仕事のチャンスに恵まれます。チャンスが多い分、成功の絶対数が増える。成功回数は評価に大きな影響を与えるので、「あの人はデキる」と評判になる。好評価がさらに好感度を高めるので、またまたチャンスが増える。


矢﨑雄一郎(矢崎雄一郎)

バイオベンチャーだからと言って技術だけを売りにはしません。常に患者さんに革新的なサービスを提供し、どうしたら社会に貢献できるのかを考えています。


福嶋康博

自分が大きな会社にしようと考えれば大きくなるし、小さくてもいいと思ったら、いつまでたっても小さいままです。だから、大きな会社にしようと強く願い、それを目指して実行していけばその通りになっていく。


町田公志

社会の公器として評価を受けるために、我々は真摯に事業活動に取り組んでいかなければなりません。「誰が」ではなく、私も含め全社一丸となって、全てのステークホルダーにとってフェアな会社になっていきたい。


永持孝之進

窮地に立った時、経営者の能力の差が歴然とする。