名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中井貴一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中井貴一のプロフィール

中井貴一、なかい・きいち。日本の俳優、歌手。東京都出身。成蹊大学経済学部卒業。大学在学中に映画『連合艦隊』でデビュー。その後、映画、テレビドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞新人俳優賞・助演男優賞・主演男優賞を受賞。

中井貴一の名言 一覧

常に、これから先の自分を目指して生きてきた。だから、過去の出演作には興味がない。


皆に好かれようとムリしても、さほど好きになってもらえないもの(笑)。いい割合で人の意見を聴きながら、自分らしく生きるのが一番だと、この年になるとわかってきますね。


出演作のDVDをいただいても1回観たら終わりです。次回作を自分の代表作にしたいって気持ちで取り組んでますからね。いまの現場で新しく撮られるシーンで、いかに楽しく勉強できるかがすべてだと。


「若いときはネクタイを地味にしろ。年を取ったら派手にしろ」。僕の人生はそうありたいんです。50代60代になってもメシが食える俳優になろうと20代から取り組んできました。


たとえば、市民からの抗議を受ける場面。そのときは昔クレーム処理を担当していた友達との会話で「とにかく丁寧に言うしかないんだよ」と聞いた話を取り出す。そのくり返し。30年間の引き出しへの蓄積が役者としての財産ですからね。


オレは30年やってきたけど、ほとんどが水の中。水面で泳げているのは、そのうちの数年だけ。それが自分の体と感性を使って、お客さんに夢を見ていただく生業の難しさ。その覚悟がなければ、俳優という職業を選ばない方がいいよ。


失敗したり、嫌なことがあったら、ドン底まで落ち込みますね。そのほうが立ち直りが早い。よく溺れることにたとえるんですけど、パニックになって手足をバタバタさせれば、水の抵抗が増して、上がりにくくなる。むしろフッと力を抜くほうが浮力がつきやすい。心も同じ。落ち込んではいけないとムリに力を入れるより、あえて、底まで沈んで地面についたら、もう落ち込みようがないから上がるしかない。


あらためてサラリーマン役を演じることの難しさを実感していますね。たとえば、歴史上の人物のようにかけ離れた役なら、イメージをつくりやすいんです。書物など読んで人物像を膨らませられますからね。でも、現実のサラリーマン像には、見ている人たちが納得できるリアリティが、より必要になる。だから、いままで自分の中の引き出しに入れてきた経験を、最大限に活かしていますね。


中井貴一の経歴・略歴

中井貴一、なかい・きいち。日本の俳優、歌手。東京都出身。成蹊大学経済学部卒業。大学在学中に映画『連合艦隊』でデビュー。その後、映画、テレビドラマ、舞台で活躍。日本アカデミー賞新人俳優賞・助演男優賞・主演男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

新浪剛史

経営者は「短期」的な収益を求めるマーケットから常に攻められている。しかもどんどん短期的になっている。そんな中で、資本市場から「よくやった」と言われるのがいいのか、それとも、いまは歯を食いしばって「自分たちのやり方でやるんだ」と企業文化を残していくのか。経営者として決めなきゃいけない問題ですね。恐らく「長期」と「短期」で、どちらが正しい、誤っているというものではない。中間点があるんだと思うんだけど。


八郷隆弘

ホンダはいつの時代も一般大衆に喜んでもらえる製品をつくってきた。競合メーカーの後追いではなく先発で出してきた。この原点はこれからも変わらない。


田中仁(経営者)

もし、赤字部門を任されたなら、まずいろいろな人の話を聞いて回り、問題の本質を見つけなければなりません。そして明確なビジョンとシナリオをつくり、従業員のやる気に火をつけることです。


宋文洲

ホワイトカラーの仕事では、時間当たりのパフォーマンスを重視すべきであって、労働時間の長さとは関係ありません。短時間正社員が増えていけば、長時間労働が評価される慣習は徐々に改められるのではないでしょうか。


石原加受子

不安を脱出する方法の第一歩は、「不安になってもいい」と思うことです。「~しなくてはいけない」という考えにとらわれていると、不安状態を「よくないもの」として抑え込み、コントロールしようとしがちです。しかし、不安とはコントロールするものではありません。「解決すべき問題がある」という心のサインとして、まずそれを認めることから始めましょう。


坂本龍馬

人というものは短気を起こし、滅多やたらに死ぬものではない。


藤井孝一

休日の使い方で着目したいのは、個人の時間をどれくらい持つことができているかです。よく仕事と家庭のバランスが言われますが、それに個人の時間をプラスしたバランスが、これからのビジネスマンには必要です。会社が定年まで面倒を見てくれると思っている人は、もはやいないでしょう。個人の時間を意図して設けることは、そのまま人生の目的を考え、自分と向き合うだけではなく、自身を棚卸する時間にもつながります。


トム・ピーターズ

熱意が衰えたときにリーダーは素直に一線を退くべきだ。そうしなければ、いずれチームは信念を失い、挑戦する気概を失い、面白みのない製品しか生み出せなくなるだろう。


江崎勝久

ポッキーは3~4歳の子供から100歳のお年寄りまで食べてもらえる商品です。永久に売っていくためには、絶えず自分の菓子として愛用してもらうことが大事なんです。


高山善司(髙山善司)

私どもが取り組んでいるのは、「十人十色の地図」という考え方なんです。たとえば、ひとつの建物があるとしましょう。そこに行く目的というのは、人によって様々ですよね。たとえば、1階のコンビニか、上の階の飲食店か。コンビニに何をしに行くかによっても、目的が変わってくるはずです。それによって、地図上の表現も変わってくる。それをデータベース化して、その人の目的に応じて、いろいろ出せる仕組みをつくりたい。


福沢諭吉

今年がだめであったら、また来年に期待しましょう。


林文子

長時間勤務をすれば仕事の生産性が上がるわけではありません。限られた時間内にどれだけの密度の濃い仕事ができるかが大切なんです。会社一色に染まらず、週末はきちんと休んで、自然に親しむとか、芸術や文化に触れるとか、たくさんのものに興味を持って、たくさんの人に出会うことです。