名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中井紀之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中井紀之のプロフィール

中井紀之、なかい・のりゆき。日本の記者、編集者、フリーライター。早稲田大学理工学部卒業。大手出版社のパソコン雑誌記者、ビジネス書籍編集者などを務めながら執筆活動を行った。

中井紀之の名言 一覧

モチベーションに頼ると、進行に波がでる。どんなときも、同じペースで進められる仕組みを先に作ればいい。


ゴールはすぐ近くに見えた方がやる気が出ます。仕事を早く終えて、キッパリ忘れることで、次の仕事に余裕を持って取りかかれます。


どうせ仕事をするなら、短時間で終わらせた方が気持ちもラク。時間が増えて、仕事もプライベートももっと充実するはず。


1時間を15分単位、さらに5分単位で意識してみましょう。時間を細分化して意識することで、時間のセンスが磨かれ、無駄な時間にも気づけます。


期日が明確でない仕事は、頼まれた時点で期日を確認すること。特に期日がない場合は自分で決めて、進めましょう。


報告書や企画書は、事例やデータなど、事実をそのまま書けばいいところから始めれば、悩まずに進められる。


仕事は先延ばしにすればするほど、気分が重くなっていきます。仕事がどんどん積み重なってますます時間がなくなり、さらに忙しくなるからでしょう。


仕事がうまくいかない人の一番の原因は、時間と心の余裕がないこと。そんな時に突然トラブルが起きたらどうしますか? 対処しているうちに、本来の仕事をする時間が削られていってしまいます。


仕事を始めるときは、まず終わる時間を決めます。終わる時間を決めたら、その仕事で使う資料などに「○時まで」と書いておく。期限直前になると集中力が高まる「タイムリミット効果」によって、仕事のスピードが上がります。


どんなに忙しくても1~2分の時間はあるはずです。その時間に、資料を集める、あるいは1ページだけ読んでみるといった「小さな一歩」を踏み出しておくと、時間ができた時にすぐにスタートできます。


私は次の日にやることを付箋に簡潔かつ具体的に書き出して、目につく電話機の上に貼っています。電話をかける予定がある場合は、電話番号も書いておくと、調べる手間が省けます。


仕事をなかなか始められない人は、「まず準備をしないと」「今はあまり時間がないから」などと、いつも先延ばしにする言い訳を考える。そんなことは考えずに、とにかく「今すぐ」始めること。動いてしまえば、仕事のスピードも加速する。


まずは見直しはせずにスピードを優先して「ひとまず完成」の状態に持っていきます。それを後半で徹底的に見直して完成度を高める。途中で振り返りながら積み上げていくよりも、いったん完成させたものを手直ししていく方が、気分もラクだし、時間も短縮できます。


頭の中と机の上は同じ。「忙しい」「時間がない」と言っている人ほど、机の上が乱雑になっていて、あれがない、これがないと、すぐにモノを探し始めます。その時間は大きなムダです。机の上も頭の中も「シンプル」に片づけると、ムダが省けて、仕事のスピードがアップします。


複数の仕事を抱え、何から手をつけたらいいのかわからなくなった時は1つの仕事を「調べる」「考える」「電話をする」といった作業に分解して、それぞれの仕事に共通する作業を1つだけ抜き出して実行します。いろいろな作業を並行してこなすよりも、電話なら電話だけに集中した方が、作業がシンプルになってはかどり、時間も短縮できます。


中井紀之の経歴・略歴

中井紀之、なかい・のりゆき。日本の記者、編集者、フリーライター。早稲田大学理工学部卒業。大手出版社のパソコン雑誌記者、ビジネス書籍編集者などを務めながら執筆活動を行った。

他の記事も読んでみる

芦田昭充

船舶の寿命は25年と大変長いのです。世界各国のGDP、新規住宅着工件数、海外投資の増加率など、十数項目ほどの数字は常にチェックしています。


真山仁

私は2年半、新聞記者をして独立しました。もともと新聞社に入ったのは小説家になるための修業と考えていましたが、一人の個として社会に物申したいという思いが強かった。これは「外からモノを見る」という視点でもあります。組織に属しているかどうかや職業にかかわらず、こうした視点は我々の世代が早くから意識すべきことだったと思います。


廣田尚子

アイデアが出ないときは表層しか見ていなくて、本質を分析していないことが多いので、少し前の段階に立ち戻ってみます。するとだいたい、何かが抜けているんですよね。何も出ないときは、理屈が足りない。それが発見できれば、何かしら出てきます。


藤堂高明(経営者)

ビジネスは戦いだから競合相手との喧嘩は避けられない。しかし無用な喧嘩ばかりでは売り上げも利益も増えない。戦うべき相手としっかり喧嘩するためにも、敵を増やさないことを心掛けてきた。


木暮太一

ワークとライフのバランスを取るのは、十分な地力をつけた後でいい。


高田純次

自分はどの道で行くのか、人生の基本方針を早めに決めたほうがいいだろうね。そのほうが、その人なりの人生が楽しめるんじゃないかな。俺の人生の基本方針? 当然「適当」だよ!


島田義彦

強みをつくることも重視しています。この分野は東武がすごいよ、他店には絶対に負けないよ、という特徴をつけたい。


藤本やすし

新しい雑誌の仕事を引き受けると、最初に「こんなビジュアルをこんな風にレイアウトする」という見本誌を一冊まるごとつくってしまいます。そうやって形にすることで、自分の中でもスタイルがはっきり固まるし、依頼してきた編集者とそれを共有して、方向性を確認する材料にもなります。いったんスタイルが決まってしまえば、あとは担当者に任せて、僕はズレていないかどうかをチェックするだけです。


寺尾玄

諦めず、人のために、本気で何かをしようとしていれば、誰かが必ず協力してくれる。というか、放っておかない。


河合映治

社長として最も意識するのが会社の持続です。そのためには企業として成長を続けないといけません。


剣持忠

WEB制作でも「構築」はコンサル業で世界一は難しい。「運用」は大変で利益が薄そうで、人も集まらないイメージがある。だが、そこにチャンスを見出した。


越智直正

システムをつくるのは簡単だけど、動かすのはまた別の話ですよ。システムは道具にすぎません。コンピュータ・ネットワークなんて、使う人たちの心が一体でなければ役に立ちません。どんな立派なシステムがあっても、問題になるのは人。協力者の心をつかまなければ意味がありません。