中井紀之の名言

中井紀之のプロフィール

中井紀之、なかい・のりゆき。日本の記者、編集者、フリーライター。早稲田大学理工学部卒業。大手出版社のパソコン雑誌記者、ビジネス書籍編集者などを務めながら執筆活動を行った。

中井紀之の名言 一覧

モチベーションに頼ると、進行に波がでる。どんなときも、同じペースで進められる仕組みを先に作ればいい。


ゴールはすぐ近くに見えた方がやる気が出ます。仕事を早く終えて、キッパリ忘れることで、次の仕事に余裕を持って取りかかれます。


どうせ仕事をするなら、短時間で終わらせた方が気持ちもラク。時間が増えて、仕事もプライベートももっと充実するはず。


1時間を15分単位、さらに5分単位で意識してみましょう。時間を細分化して意識することで、時間のセンスが磨かれ、無駄な時間にも気づけます。


期日が明確でない仕事は、頼まれた時点で期日を確認すること。特に期日がない場合は自分で決めて、進めましょう。


報告書や企画書は、事例やデータなど、事実をそのまま書けばいいところから始めれば、悩まずに進められる。


仕事は先延ばしにすればするほど、気分が重くなっていきます。仕事がどんどん積み重なってますます時間がなくなり、さらに忙しくなるからでしょう。


仕事がうまくいかない人の一番の原因は、時間と心の余裕がないこと。そんな時に突然トラブルが起きたらどうしますか? 対処しているうちに、本来の仕事をする時間が削られていってしまいます。


仕事を始めるときは、まず終わる時間を決めます。終わる時間を決めたら、その仕事で使う資料などに「○時まで」と書いておく。期限直前になると集中力が高まる「タイムリミット効果」によって、仕事のスピードが上がります。


どんなに忙しくても1~2分の時間はあるはずです。その時間に、資料を集める、あるいは1ページだけ読んでみるといった「小さな一歩」を踏み出しておくと、時間ができた時にすぐにスタートできます。


私は次の日にやることを付箋に簡潔かつ具体的に書き出して、目につく電話機の上に貼っています。電話をかける予定がある場合は、電話番号も書いておくと、調べる手間が省けます。


仕事をなかなか始められない人は、「まず準備をしないと」「今はあまり時間がないから」などと、いつも先延ばしにする言い訳を考える。そんなことは考えずに、とにかく「今すぐ」始めること。動いてしまえば、仕事のスピードも加速する。


まずは見直しはせずにスピードを優先して「ひとまず完成」の状態に持っていきます。それを後半で徹底的に見直して完成度を高める。途中で振り返りながら積み上げていくよりも、いったん完成させたものを手直ししていく方が、気分もラクだし、時間も短縮できます。


頭の中と机の上は同じ。「忙しい」「時間がない」と言っている人ほど、机の上が乱雑になっていて、あれがない、これがないと、すぐにモノを探し始めます。その時間は大きなムダです。机の上も頭の中も「シンプル」に片づけると、ムダが省けて、仕事のスピードがアップします。


複数の仕事を抱え、何から手をつけたらいいのかわからなくなった時は1つの仕事を「調べる」「考える」「電話をする」といった作業に分解して、それぞれの仕事に共通する作業を1つだけ抜き出して実行します。いろいろな作業を並行してこなすよりも、電話なら電話だけに集中した方が、作業がシンプルになってはかどり、時間も短縮できます。


中井紀之の経歴・略歴

中井紀之、なかい・のりゆき。日本の記者、編集者、フリーライター。早稲田大学理工学部卒業。大手出版社のパソコン雑誌記者、ビジネス書籍編集者などを務めながら執筆活動を行った。

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

もうダメだというときが仕事の始まり。


向井眞一

お客様だけでなく、「何かあったら内田洋行に相談しよう」という仲間を地域に作ることが大切です。


岡崎嘉平太

私の郷里の先輩に畠山蔵六さんという方がいます。若いころに聞いていまでも覚えていることのひとつは「人から手紙なり葉書なりを受け取ったら、必ず返事を書け」という教えです。向こうの人はこちらから何か言ってくるのを待っている。待たせるというのは相手に対し失礼だし、うっかりしてこちらが忘れてしまうと、相手の人は感じを悪くしてこちらを信用しなくなる。立派に書こうとか、丁寧に書こうとか思って長く置くと、つい忘れてしまう。だから葉書でもいいからあまり時間をおかないで返事を出しなさいと言われました。今日でも私は実行しております。


さそうあきら

僕が今、教えている大学のゼミでは、少人数でディスカッションしながらお話を作っています。1人ずつ、ストーリーの断片を提示してもらうんですね。そこからどういう物語ができるか議論しながら、1本の話にまとめていく。つまり、ストーリー作りは必ずしも始まりから順を追って考えていくわけではありません。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

収入と支出を把握し、目標を持ち、自分をコントロールすること。それができれば、年収が1500万円に届かなくとも金持ちになれる。


常見陽平

年間数億円も売っている敏腕営業マンでも、自分の将来について本気で悩むといいます。転職経験のない人ほどそれが顕著で、成績がいいのも商品自体の魅力や会社の看板のおかげで自身の能力はたいして高くないのでは、と疑心暗鬼になるらしいのです。漠然とした不安をなくすには、努力と根性で勝ち取る仕事の自信作をひたすら増やすしかありません。


清水信次

どうすればお客様に支持されるのか。それが経営の根幹。それを忘れた途端に経営はおかしくなる。


阿部祐二

どんな状況に置かれても、そこから一歩でも前に進むことを考える。そう見方を変えれば、やれることはたくさんある。


竹下雄真

第一線で活躍されている方を見ていると、酒や夜遊びをまったくしないわけではありません。その後どうリカバリー(回復)して翌日の心身をクリアにするか、とか、どうやって睡眠の質を高めるかを意識しながら、メリハリのある生活をするわけです。遊ぶときは思いっきり遊ぶ、休むときはしっかり休むなど、何もかも意図的にやっているように見えます。これは一流のアスリートも同じ。


高橋祥子

頭がいいからといって種を残せるかというと、また別の話ですよね。頭がいい人のほうが豊かな生活をしやすいかもしれませんが、実際には高学歴な女性のほうが結婚していない、子供をつくっていないという現実もあります。高学歴であることが生命にとって本当に重要であるなら、私ももっとモテるはずなのですが、そうなってない(笑)。だから生命にとって何が最適なのかは、一概に決められません。


三浦善司

私の考え方や思い、事業の方向性など、何回も同じことを繰り返し伝えています。これに尽きます。


小宮一慶

日本の企業は目標を掲げるときに、こうありたい姿ばかりにとらわれがちです。本当に大切なのはそれに至るプロセスです。そこが戦略、戦術です。具体的に取り組むことがなければ、戦略が成功することは、まずありえません。その最初のステップが数字だと私は思っています。何でも数値化する。ビジネスにおいてはほとんどすべてのものが数値化できます。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

電通に入社すると、広告というのは課題も期日も相手の都合や制約だらけだから「自分の意見」なんてものと戦わなくてよくなりました。会話や会議を通して自分たちの行くべき方向を考えるという仕事のやり方が、僕には逆に自由を与えてくれたんです。


ジョージ・ハーバート

もし金を貸すならば、なくしても惜しくないだけの額を貸すことだ。


中嶌武夫

社員がきちんとあいさつができて礼儀正しくあらねばならないことは言うまでもありませんが、これは社員が家庭の中でもあいさつする習慣ができていないとなかなかむずかしい。夫婦や親子のあいだで「おはようございます」と毎朝言っていることが積み重なってようやく社風にも反映されるのです。


ページの先頭へ