名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中井源左衛門の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中井源左衛門のプロフィール

中井源左衛門(初代)、なかい・げんざえもん。江戸時代中期の近江商人。屋号は日野屋。名産品の漆器・日野椀を行商して種銭をつくったのち、金融業を開始。そのほか、醤油や酒の醸造業などを行い莫大な富を得た。

中井源左衛門の名言 一覧

国の長者とも呼ばれるようになるには一代だけではできず、二代三代と善き人が続けて生まれることが必要である。それには秘かに善行を積みながら、ひたすら祈るしかない。


「始末(倹約)」と「吝嗇(りんしょく)」とは違う。無智な者は同じと思うだろうが、「吝嗇」だと光は消えうせてしまう。一方、「始末」を心掛けるならば、十万億土を照らすほどの光に溢れるだろう。


多くの人々が、金の溜まるのは運のいい人で、自分にはそうした運がないなどと口にするのは愚かな間違いである。金持ちになりたいと思うならば、酒宴や遊興、贅沢などを禁じ、長寿を心掛けて、「始末(倹約)」することを第一に商売に励むより他にない。


中井源左衛門の経歴・略歴

中井源左衛門(初代)、なかい・げんざえもん。江戸時代中期の近江商人。屋号は日野屋。名産品の漆器・日野椀を行商して種銭をつくったのち、金融業を開始。そのほか、醤油や酒の醸造業などを行い莫大な富を得た。

他の記事も読んでみる

長谷川閑史

科学技術の基礎研究は、イノベーションを起こしていくために不可欠のもの。リスクは高いがやらねばならない。


孫泰蔵

兄(孫正義)はピラミッドのような巨大なインターネット財閥グループを作りました。私は企業グループの集団というよりはシリコンバレーのようなものをアジアに作りたいと思っています。


松本彰(経営者)

愛用している品は、生命保険会社で働いていた若い頃、上司から記念でもらったボールペン(クロス社クラシックセンチュリー)です。それまで普通のボールペンを使っていたのですか、上司に「お客様から大事な契約書にサインをいただくときは、ちょっと良いボールペンを使いなさい」と言われました。それ以来、古くなると買い替え、これが4代目か5代目になります。適度な重さが気に入っています。現在も大事な書類にサインするときくはクロス、それ以外は多機能ボールペンと使い分けています。


渡邊剛

そのつど対策を変えて手術に臨むというやり方は若い頃にはできなかったですね。昔はどの心臓も教科書通りに同じように手術しようとしていたから、どうしても何十回に一回ぐらいはつまずくことがありました。これをやっちゃうとあとでこうなるだろうからやめておこう、という判断ができなかったんです。でも、今はそれぞれの心臓ごとの個人的な性質をジャッジできるようになりました。


江口征男(経営者)

「毎朝、鏡に向かって、もし今日が人生最後の日だとしたら、今からやろうとしていることをしたいだろうかと問いかけよう」。スティーブ・ジョブズがスタンフォード大学で行なった有名なスピーチの一節です。私はこのスピーチを聞いて勇気をもらい、30代後半で会社を辞め、中国に移住して起業しました。47歳になる今でもプレイングマネージャーとして中国各地を飛び周り、泥水をすすりながら、中国人社員とともに今日より幸せな明日を信じて、日々戦っています。毎日のように突発事件が起き気が休まる日はありませんが、自分自身で選んだ充実した日々を送っています。


中島武

企画物で注目されトレンドを作っても、中身が伴わなければ結局、あっという間に終焉を迎える。企画物で引っ張るのであれば、それを定着させる、よほどしっかりした商材を作らなければならない。


高田明(ジャパネットたかた)

私もあまりゆったりと出来ない性格です。だからこそ、社長を辞めたのは正解かもしれません。75歳や80歳まで第一線で踏ん張っていると、辞めた頃には体も弱って、やりたいことも出来ないでしょうからね。


小笹芳央

私は今、「個人個人がアイ・カンパニーになりましょう」ということをあちこちで言い続けています。自分自身が、自分株式会社の経営者という意識を持ち、自分という商品を販売していくという意識を持とうという提案です。「アイ・カンパニー」を人気企業、優良企業にしていこうという意識がもっと持てるようになれば、たくさんの日本人がより自立的に人生やキャリアを切り開いていけるようになるでしょう。


清宮俊之

現在、全社員で創作ラーメンを競い合う「ラーメン総選挙」というイベントがあります。去年はカレーラーメンをお題とし、優勝した商品は全国に季節限定ラーメンとして提供されました。賞金も50万円と豪華です。今後もこのようなイベントをキャリアステップとしていけるような会社にしていきたい。


山村幸広

私は経営者の一番の仕事は、「毎月25日に社員に給料をきちんと支払うこと」だと思っています。だからこそ、アカウンタビリティ(説明責任)という言葉を大切にしています。社員に対しても、自分の思いと、行動を起こす理由を正確に伝えられることが大事です。


加藤壹康

私の数字に対する意識が大きく変わったのは、キリンUSAで仕事をしていた時代です。カナダに生産設備をつくるなどして相当な資源を投入するという夢を持って大きな目標を立てましたが達成できませんでした。悔しい思いをし、協力してくれた多くの人たちに大変な迷惑をかけ、申し訳なかった。立てた目標は絶対に達成しなければならないと強く思うようになったのはそれからです。


椎木隆太

私はかつてソニーの海外事業部で、日本の映画作品を海外に売り込む仕事をしていたので、こうした取り組みに伴う版権者や作者との調整などの困難さやクリエイティブの限界はよく知っています。そこでディー・エル・イーでは、自社でコンテンツ(キャラクター)を所有し、自由に製作・配給できるビジネスモデルを実現しようと考えたのです。鷹の爪は自社コンテンツだから、クリエイティブに関してはなんでもアリ。だからこそ、これだけ相手に合わせたフレキシブルな提案が打ち出せるのです。