名言DB

9412 人 / 110637 名言

中井戸信英の名言

twitter Facebook はてブ

中井戸信英のプロフィール

中井戸信英、なかいど・のぶひで。日本の経営者。「SCSK」会長。奈良県出身。大阪大学大学院工学研究科修士課程修了後、住友商事に入社。米国住友商事会社機械・プラント部門長、米国住友商事機電第一部門長サンフランシスコ支店長、住友商事理事情報産業部門エレクトロニクス本部副本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て住友情報システム(のちのSCSK)社長・会長に就任。

中井戸信英の名言 一覧

経営者が覚悟すれば働き方はいくらでも変わる。


役員の健康なくして、企業の発展はあり得ない。


さらなる業務品質の向上は大きな課題です。そして、その品質を担保するのは人です。


残業をせず、定時退社して家族と夕飯を一緒に食べてどこが悪いんですか。まとまって休暇が取得できる制度を会社が用意しているのに、それを利用することは間違ったことなのでしょうか。欧米では当たり前です。日本企業は「グローバル展開」はよくやれても、「グローバルセンス」が磨かれていない。


腹がくくれたのは個人的な事情によるところもあったと思います。息子も娘も独立しました。多少の蓄えもある。年金ももらえるから、食うには困らないだろう。これに向こう見ずな性格が加わって「責任は俺が取る」と言えました。


健康経営を開始し、少なくとも業界の常識を覆したという自負はありますが、それ相応の覚悟がいりました。業績が伴わなければ、経営者としては失格なわけですから。でも「それはそれで、ええやないか」と腹をくくった。


まず、一人ひとりが潤いある人生を送るというのが大前提です。そのための必要コストは会社が払う。充実した生活の妨げになっている制度や慣習があれば、徹底的に障害を取り除く。そうすれば人は効率的に働くようになり、会社も潤うはず。


家族を含めて健康第一。どんな経営者だって「その通り」と言うでしょう。でも、ほとんどは掛け声だけです。「社員が残業をせず、有給休暇もフルに取得しても業績を上げられるのか」。きっとそう考えるのでしょう。これ、おかしいですよ。考えの中心に会社がある。私はそうは考えません。


日本には見えない壁がある。滅私奉公の精神がこびりついている。世間の目や短期的なステークホルダーの目を気にしすぎる。


決まった時間が来たらオフィスに鍵をかけて追い出す、といったやり方では残業は「地下に潜る」だけです。本当に残業を減らすには社員一人ひとりの働き方の見直ししかない。


「人が財産だ」とはどんな企業でも言うことですが、中でもITベンダーの仕事は人がすべてだと私は考えています。当社グループに一万人近くいるプログラマやシステムエンジニアの心身の健康が確保されていなければ、日々の仕事が立ち行かない。


日本経済新聞の「人を活かす会社」の一位に選ばれて、率直な驚きと喜びがあります。ただ、同時に「うちは本当に日本一、人を活かす会社なのか?」という自問自答を続けているのも事実です。あらゆる観点から評価して「日本一です」と胸を張れるわけではない。驕りはまったくありません。


残業を減らす魔法はありません。社員に「どういう人生を送りたいのか」と語りかけ、気づいてもらう。そして、改善を促す施策を打ち、さらにまた語りかける。これを経営者がどこまで心を砕いてやれるか。これが本当の意味で「現場に入る」ということです。そうすれば、具体的な優れた改善案は、現場から出てくるものなのです。


長時間残業が常態化している人にとっては、残業代が減ることは死活問題。「残業を半分にしろ」と言っても無理です。こで、浮いたぶんの残業代は報奨金として社員に還元する施策を採りました。言ってみれば、残業はしなくても残業代は払うということです。なぜこんなことをしたのかと言えば、残業しないことの良さを気づかせたいからです。残業しなくても残業代がもらえるなら、残業しないほうがいい。そこで効率化を考え出す。試行錯誤するうちに「意外とやれるな」「身体がラクになり、早く帰れて子供と話す時間もできた」と実感するようになります。社員の心に訴え、業務上の悪癖を改善する方法を自分で考えられるようになってもらうための投資だということです。この方針で、残業時間は目に見えて減り出しました。労働時間が減っても、今のところ業務に逼迫感が出ている部署はありません。売上高も営業利益も伸びています。


私は、経営の根幹として第一に役職員の健康をあげています。次に当然のことながら役職員の健康的な活動の基になる健康で充実した家庭生活の大切さをあげています。


SCSKの会長兼CEO時代、残業半減などの働き方改革に取り組んだ。その際、残業をしてもしなくても残業代を払うことにした。労働時間は減るが、人件費は変わらない。一時的に利益が減ることを覚悟した。だが結果は、残業代を払い続けても利益は増えた。従業員の意識が高まり、残業をカバーするくらい生産性が上がったからだ。社員にとっても時間当たりでみれば賃上げできたことになる。


働き方改革の本質は社員の生産性を上げ、より付加価値の高い事業を生み出すことだ。今やどんな企業も働き方改革を標榜し、残業を減らそうとしている。だが、その本質を分かっている経営者がどれだけいるか。ある関西の大手企業の幹部は「残業していないのに残業代を払うなんてできませんわ」と言っていた。確かに、働き方改革で残業代が減ればそのまま企業の利益になる。経営者はそうしたくなる誘惑に駆られるだろう。しかし、これまでもらっていた残業代は社員にとって大事な生活費なのだ。仕事の中身を変えずに残業代を払わなくするだけでは従業員はやる気を失うだけだ。それで生産性向上など進むはずがない。働き方改革を盾にした実質的な賃下げは許されない。


中井戸信英の経歴・略歴

中井戸信英、なかいど・のぶひで。日本の経営者。「SCSK」会長。奈良県出身。大阪大学大学院工学研究科修士課程修了後、住友商事に入社。米国住友商事会社機械・プラント部門長、米国住友商事機電第一部門長サンフランシスコ支店長、住友商事理事情報産業部門エレクトロニクス本部副本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て住友情報システム(のちのSCSK)社長・会長に就任。

他の記事も読んでみる

三井高利

単木は折れやすく、林木は折れ難い。汝ら相協力して家運の強固を図れ。


清野智

「安全」に終わりはないということに加え、もう一つ大切なこと、それは事故を語り継いでいくことです。過去の、特に痛い歴史を次の世代に伝えることは、過去を知る者の使命です。そうすることにより、「安全」に対する思いも伝えていけると考えています。


坂根正弘

評価された人すべてが、社長になれるわけではありません。運も必要です。トップリーダーになれるかなれないかに執着するのではなく、定年を迎えても、周囲から「残ってほしい」と言われる人材を目指してはいかがでしょうか。そういう人は、人の神輿に乗って管理職として仕事をしてきた人ではなく、自ら汗をかき、知恵を絞って働いてきた人です。自分で考え実行する。そんな人こそ、企業に最も必要な人材だと思います。


坂田栄男

勝負は時の運などというように、力だけでは勝てない時もある。しかし、普段から努力してコツコツと実力をつけていくことがまず最初に必要なことだ。実力が本当に十分発揮できるとき、それを波とかツキとか呼ぶのだと私は考える。


ドナルド・トランプ

事業を経営するのは怖いだろうか。この質問を別の言葉でしなおしてみよう。自分で事業を経営するうえで懸念はあるだろうか。具体的に何が気がかりなのだろうか。恐怖よりも懸念を分解するほうがはるかにやりやすい。恐怖心はクリエイティブ思考を邪魔するだけの障害物になる。


新田喜男

私たちは「アフターM&A」こそ重要だと考えています。お互いの価値観を尊重せず、覇権争いや片方のやり方に偏った場合、M&A成立後に企業価値は縮小してしまいます。買収後は新しい経営者の度量が試されるのです。


勝俣州和

富士登山とか、プライベートでもいろんなことにも挑戦したり、パパをやったりすることで、世界がまた広がった。


杉野正

しなの鉄道のときには、社内に「打倒JR」「打倒、県企画局」などのビラも貼りました。目に見える形で、自分の意志を浸透させるためです。僕は自分の言葉にコミットしているから、目標を曖昧にせず、目的もしっかりと書いて貼っておく。口頭ならば言いっぱなしになりますから。その分大きなプレッシャーですけど。


グレン・スミス

当社が成功した要因は、お客様の期待を超えるサービスを提供していくための適正な在庫・物流の設備と仕組み、そして高い意識を持ち、設計者や購買部門を徹底的にサポートする基盤を構築した点にある。これらを実現する体制は、お客様が設計から商品化までの時間を短縮できるようになることを目指してそろえました。購買担当者にとっても、必要になった商品が常に在庫されているため、どのようなニーズにも的確に応えることができる頼れる存在になれると思います。


北村正志

カメラを売った日から、キタムラとお客様との繋がりが始まります。売って終わりではないのが、カメラのキタムラなのです。


ジョセフ・キャンベル

私たちはこの冒険をひとりで冒す必要はない。今までの英雄たちが、私たちの先へ行ってくれているからだ。迷宮の道順はすでに解き明かされている。


山崎将志

会社や上司になんらかの不満を感じているサラリーマンの方は、ぜひ副業をしてみるといいですよ。たとえは、ネットでモノを売ってみる。そうすると、仕入れや在庫管理、PRに対するリターンなど、経営者としての視点が身につきます。だまっていても給料が入ってくる会社員とお金を稼ぐ人では、お金に対する考え方が全く違うんです。


エリック・シュミット

たとえば、誰かが道を歩いていたとする。Googleが集めたその人の情報によって、私たちには、あなたが大体どこにいるか、大体どんなことに関心があるか、大体どんな友だちがいるかわかるのです。


後田良輔

叱るときは人前ではなく一対一で叱ること。そして、褒め言葉とセットにするのがコツです。たとえば、商談で失敗した部下には、「そのタイミングでお金の話を出しちゃダメだ」と叱りつつ、「でも事前準備は完璧だったね」と褒め言葉を添えるのです。


新将命

ビジネスの現場において、常に求められるのは、技術や能力を表す仕事力と人間性や人柄を表す人間力です。仕事力が傑出しているけれども、人間力があまりない人を才子といいます。ただこの人は器が大きいとは思われません。それにはやはり人間力が必要で、この2つを併せ持つことが大切です。