名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

中井戸信英の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中井戸信英のプロフィール

中井戸信英、なかいど・のぶひで。日本の経営者。「SCSK」会長。奈良県出身。大阪大学大学院工学研究科修士課程修了後、住友商事に入社。米国住友商事会社機械・プラント部門長、米国住友商事機電第一部門長サンフランシスコ支店長、住友商事理事情報産業部門エレクトロニクス本部副本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て住友情報システム(のちのSCSK)社長・会長に就任。

中井戸信英の名言 一覧

経営者が覚悟すれば働き方はいくらでも変わる。


役員の健康なくして、企業の発展はあり得ない。


さらなる業務品質の向上は大きな課題です。そして、その品質を担保するのは人です。


残業をせず、定時退社して家族と夕飯を一緒に食べてどこが悪いんですか。まとまって休暇が取得できる制度を会社が用意しているのに、それを利用することは間違ったことなのでしょうか。欧米では当たり前です。日本企業は「グローバル展開」はよくやれても、「グローバルセンス」が磨かれていない。


腹がくくれたのは個人的な事情によるところもあったと思います。息子も娘も独立しました。多少の蓄えもある。年金ももらえるから、食うには困らないだろう。これに向こう見ずな性格が加わって「責任は俺が取る」と言えました。


健康経営を開始し、少なくとも業界の常識を覆したという自負はありますが、それ相応の覚悟がいりました。業績が伴わなければ、経営者としては失格なわけですから。でも「それはそれで、ええやないか」と腹をくくった。


まず、一人ひとりが潤いある人生を送るというのが大前提です。そのための必要コストは会社が払う。充実した生活の妨げになっている制度や慣習があれば、徹底的に障害を取り除く。そうすれば人は効率的に働くようになり、会社も潤うはず。


家族を含めて健康第一。どんな経営者だって「その通り」と言うでしょう。でも、ほとんどは掛け声だけです。「社員が残業をせず、有給休暇もフルに取得しても業績を上げられるのか」。きっとそう考えるのでしょう。これ、おかしいですよ。考えの中心に会社がある。私はそうは考えません。


日本には見えない壁がある。滅私奉公の精神がこびりついている。世間の目や短期的なステークホルダーの目を気にしすぎる。


決まった時間が来たらオフィスに鍵をかけて追い出す、といったやり方では残業は「地下に潜る」だけです。本当に残業を減らすには社員一人ひとりの働き方の見直ししかない。


「人が財産だ」とはどんな企業でも言うことですが、中でもITベンダーの仕事は人がすべてだと私は考えています。当社グループに一万人近くいるプログラマやシステムエンジニアの心身の健康が確保されていなければ、日々の仕事が立ち行かない。


日本経済新聞の「人を活かす会社」の一位に選ばれて、率直な驚きと喜びがあります。ただ、同時に「うちは本当に日本一、人を活かす会社なのか?」という自問自答を続けているのも事実です。あらゆる観点から評価して「日本一です」と胸を張れるわけではない。驕りはまったくありません。


残業を減らす魔法はありません。社員に「どういう人生を送りたいのか」と語りかけ、気づいてもらう。そして、改善を促す施策を打ち、さらにまた語りかける。これを経営者がどこまで心を砕いてやれるか。これが本当の意味で「現場に入る」ということです。そうすれば、具体的な優れた改善案は、現場から出てくるものなのです。


長時間残業が常態化している人にとっては、残業代が減ることは死活問題。「残業を半分にしろ」と言っても無理です。こで、浮いたぶんの残業代は報奨金として社員に還元する施策を採りました。言ってみれば、残業はしなくても残業代は払うということです。なぜこんなことをしたのかと言えば、残業しないことの良さを気づかせたいからです。残業しなくても残業代がもらえるなら、残業しないほうがいい。そこで効率化を考え出す。試行錯誤するうちに「意外とやれるな」「身体がラクになり、早く帰れて子供と話す時間もできた」と実感するようになります。社員の心に訴え、業務上の悪癖を改善する方法を自分で考えられるようになってもらうための投資だということです。この方針で、残業時間は目に見えて減り出しました。労働時間が減っても、今のところ業務に逼迫感が出ている部署はありません。売上高も営業利益も伸びています。


私は、経営の根幹として第一に役職員の健康をあげています。次に当然のことながら役職員の健康的な活動の基になる健康で充実した家庭生活の大切さをあげています。


SCSKの会長兼CEO時代、残業半減などの働き方改革に取り組んだ。その際、残業をしてもしなくても残業代を払うことにした。労働時間は減るが、人件費は変わらない。一時的に利益が減ることを覚悟した。だが結果は、残業代を払い続けても利益は増えた。従業員の意識が高まり、残業をカバーするくらい生産性が上がったからだ。社員にとっても時間当たりでみれば賃上げできたことになる。


働き方改革の本質は社員の生産性を上げ、より付加価値の高い事業を生み出すことだ。今やどんな企業も働き方改革を標榜し、残業を減らそうとしている。だが、その本質を分かっている経営者がどれだけいるか。ある関西の大手企業の幹部は「残業していないのに残業代を払うなんてできませんわ」と言っていた。確かに、働き方改革で残業代が減ればそのまま企業の利益になる。経営者はそうしたくなる誘惑に駆られるだろう。しかし、これまでもらっていた残業代は社員にとって大事な生活費なのだ。仕事の中身を変えずに残業代を払わなくするだけでは従業員はやる気を失うだけだ。それで生産性向上など進むはずがない。働き方改革を盾にした実質的な賃下げは許されない。


中井戸信英の経歴・略歴

中井戸信英、なかいど・のぶひで。日本の経営者。「SCSK」会長。奈良県出身。大阪大学大学院工学研究科修士課程修了後、住友商事に入社。米国住友商事会社機械・プラント部門長、米国住友商事機電第一部門長サンフランシスコ支店長、住友商事理事情報産業部門エレクトロニクス本部副本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て住友情報システム(のちのSCSK)社長・会長に就任。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

業界の枠にとらわれず、幅広く興味をもち情報収集することで、「これまでにない商品」をつくる糸口が掴める。


椋木修三

あなたも、自分の趣味に関することはスラスラと頭に入ってきますよね。それと同じで、相手に関心があれば、必ず記憶できるもの。あるいは、人の顔と名前を覚えることがどれだけ人脈作りに重要かがわかっていれば、やはり本気で覚えようと思いますよね。「この人はどういう人なんだろう」と興味を持ち、覚えることのメリットを再認識する。それが記憶力を高めるスタートです。


井上明義

市場から評価される商品は新しい発想から生まれる場合もありますが、すでにあるものを組み合わせて利便性を高めたケースも多い。


ますい志保

成功されている若い経営者の方には、自分の日々の生活を、ブログやSNSでオープンにされている方が多い。「どこの店で飲んでいるかまでばれちゃうのが困る」と言いながらも、プライベートも弱みも見せるわけです。そうすることで、周囲はその人に裏表がないと感じとるのです。私生活を見せる文化の内に本ですから、このような自己開示も、上に上がるためのひとつの手段ではないでしょうか。


中村友哉(経営者)

小型衛星50機を飛ばし、1日1回地球上の全陸地の約半分を撮影する地球観測網を構築する。衛星そのものを我々が持ち、リスクも我々が引き受ける。お客様は衛星を持たずにデータだけを使える形にすることで、幅広い顧客にアプローチできるようにする。


村上龍

酒がアイデアを生むことはありません。私は、酔って小説を書いたりしません。作家の中には、酒を飲みながら書く人もいるようですし、ウィリアム・バロウズという作家は麻薬をやりながら『裸のランチ』という大傑作を書きました。私が素面で小説を書くのは、そのほうが集中できて、脳が活性化するからです。酒を飲みながら小説を書く人は、たぶんその作家にとってはそのほうが集中できるからでしょう。


ウォーレン・バフェット

分散とは無知に対するリスク回避だ。だから勝手知ったる者にとって分散手法はほとんど意味を成さない。広範囲な分散投資が必要となるのは、投資家が投資にうとい場合のみだ。50から75の銘柄管理は私の手に余る。ノアの箱舟の投資をすれば、結局は動物園みたいなありさまになるだけだ。私は数銘柄を大量に持つのが好きだ


スチュアート・ハリントン

日本企業は会議に費やされる時間が長く、上司へのレポート作成にも時間がかかっています。まずはこれらの時間を短縮し、業務効率を高める必要がある。


川淵三郎

世界基準に沿って課題を突き詰め、定量的分析を基に改善策を具体的に明文化することが大事だ。それを各部門の専門家や各年代の指導者で共有することが未来への大きな布石となる。


テレンス・リー

自分のヤバいネタをつかまれたときの究極の一手は、相手のヤバいネタをつかむことです。冷戦時代の米国とソ連のように、どちらかが発射ボタンを押したら全面核戦争になるぞ、という状態に持っていくんです。清廉潔白そうな奴でも、叩けばホコリのひとつやふたつ絶対に出てきます。普段から「こいつは危ないな」と思うやつがいたら、何に弱いのかチェックしておくといいですね。


青木仁志

優秀なセールスマンは、売上のパフォーマンスのみならず「一年後、数年後、十年後に○○を実現するためには」という逆算力と、スケジュールの立案力・実行力が桁違いに高いのです。彼らは手間暇かかる大きなビジネスの開拓に積極的に時間を割いています。


山田匡通

まず働く環境としては、人がそこに行ってそれ自体でワクワクする空間であること。今までの会社のオフィスと言うと、決まったところに机が並んでいて決まったところで仕事をしていました。それとは全く違った環境で、人が集まり、精神が解放され、自由な論議ができ、いろいろな発想やひらめきがでてくるような雰囲気の空間を作ります。そのために、最先端のデザイン性を備えたインテリア設計を行っています。