中井戸信英の名言

中井戸信英のプロフィール

中井戸信英、なかいど・のぶひで。日本の経営者。「SCSK」会長。奈良県出身。大阪大学大学院工学研究科修士課程修了後、住友商事に入社。米国住友商事会社機械・プラント部門長、米国住友商事機電第一部門長サンフランシスコ支店長、住友商事理事情報産業部門エレクトロニクス本部副本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て住友情報システム(のちのSCSK)社長・会長に就任。

中井戸信英の名言 一覧

経営者が覚悟すれば働き方はいくらでも変わる。


役員の健康なくして、企業の発展はあり得ない。


さらなる業務品質の向上は大きな課題です。そして、その品質を担保するのは人です。


残業をせず、定時退社して家族と夕飯を一緒に食べてどこが悪いんですか。まとまって休暇が取得できる制度を会社が用意しているのに、それを利用することは間違ったことなのでしょうか。欧米では当たり前です。日本企業は「グローバル展開」はよくやれても、「グローバルセンス」が磨かれていない。


腹がくくれたのは個人的な事情によるところもあったと思います。息子も娘も独立しました。多少の蓄えもある。年金ももらえるから、食うには困らないだろう。これに向こう見ずな性格が加わって「責任は俺が取る」と言えました。


健康経営を開始し、少なくとも業界の常識を覆したという自負はありますが、それ相応の覚悟がいりました。業績が伴わなければ、経営者としては失格なわけですから。でも「それはそれで、ええやないか」と腹をくくった。


まず、一人ひとりが潤いある人生を送るというのが大前提です。そのための必要コストは会社が払う。充実した生活の妨げになっている制度や慣習があれば、徹底的に障害を取り除く。そうすれば人は効率的に働くようになり、会社も潤うはず。


家族を含めて健康第一。どんな経営者だって「その通り」と言うでしょう。でも、ほとんどは掛け声だけです。「社員が残業をせず、有給休暇もフルに取得しても業績を上げられるのか」。きっとそう考えるのでしょう。これ、おかしいですよ。考えの中心に会社がある。私はそうは考えません。


日本には見えない壁がある。滅私奉公の精神がこびりついている。世間の目や短期的なステークホルダーの目を気にしすぎる。


決まった時間が来たらオフィスに鍵をかけて追い出す、といったやり方では残業は「地下に潜る」だけです。本当に残業を減らすには社員一人ひとりの働き方の見直ししかない。


「人が財産だ」とはどんな企業でも言うことですが、中でもITベンダーの仕事は人がすべてだと私は考えています。当社グループに一万人近くいるプログラマやシステムエンジニアの心身の健康が確保されていなければ、日々の仕事が立ち行かない。


日本経済新聞の「人を活かす会社」の一位に選ばれて、率直な驚きと喜びがあります。ただ、同時に「うちは本当に日本一、人を活かす会社なのか?」という自問自答を続けているのも事実です。あらゆる観点から評価して「日本一です」と胸を張れるわけではない。驕りはまったくありません。


残業を減らす魔法はありません。社員に「どういう人生を送りたいのか」と語りかけ、気づいてもらう。そして、改善を促す施策を打ち、さらにまた語りかける。これを経営者がどこまで心を砕いてやれるか。これが本当の意味で「現場に入る」ということです。そうすれば、具体的な優れた改善案は、現場から出てくるものなのです。


長時間残業が常態化している人にとっては、残業代が減ることは死活問題。「残業を半分にしろ」と言っても無理です。こで、浮いたぶんの残業代は報奨金として社員に還元する施策を採りました。言ってみれば、残業はしなくても残業代は払うということです。なぜこんなことをしたのかと言えば、残業しないことの良さを気づかせたいからです。残業しなくても残業代がもらえるなら、残業しないほうがいい。そこで効率化を考え出す。試行錯誤するうちに「意外とやれるな」「身体がラクになり、早く帰れて子供と話す時間もできた」と実感するようになります。社員の心に訴え、業務上の悪癖を改善する方法を自分で考えられるようになってもらうための投資だということです。この方針で、残業時間は目に見えて減り出しました。労働時間が減っても、今のところ業務に逼迫感が出ている部署はありません。売上高も営業利益も伸びています。


私は、経営の根幹として第一に役職員の健康をあげています。次に当然のことながら役職員の健康的な活動の基になる健康で充実した家庭生活の大切さをあげています。


SCSKの会長兼CEO時代、残業半減などの働き方改革に取り組んだ。その際、残業をしてもしなくても残業代を払うことにした。労働時間は減るが、人件費は変わらない。一時的に利益が減ることを覚悟した。だが結果は、残業代を払い続けても利益は増えた。従業員の意識が高まり、残業をカバーするくらい生産性が上がったからだ。社員にとっても時間当たりでみれば賃上げできたことになる。


働き方改革の本質は社員の生産性を上げ、より付加価値の高い事業を生み出すことだ。今やどんな企業も働き方改革を標榜し、残業を減らそうとしている。だが、その本質を分かっている経営者がどれだけいるか。ある関西の大手企業の幹部は「残業していないのに残業代を払うなんてできませんわ」と言っていた。確かに、働き方改革で残業代が減ればそのまま企業の利益になる。経営者はそうしたくなる誘惑に駆られるだろう。しかし、これまでもらっていた残業代は社員にとって大事な生活費なのだ。仕事の中身を変えずに残業代を払わなくするだけでは従業員はやる気を失うだけだ。それで生産性向上など進むはずがない。働き方改革を盾にした実質的な賃下げは許されない。


中井戸信英の経歴・略歴

中井戸信英、なかいど・のぶひで。日本の経営者。「SCSK」会長。奈良県出身。大阪大学大学院工学研究科修士課程修了後、住友商事に入社。米国住友商事会社機械・プラント部門長、米国住友商事機電第一部門長サンフランシスコ支店長、住友商事理事情報産業部門エレクトロニクス本部副本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て住友情報システム(のちのSCSK)社長・会長に就任。

他の記事も読んでみる

浦沢直樹

結局、読者っていうのは、誰がつくったものでもいいのかもしれない。面白いものが自分のところに届けば。


酒井田柿右衛門(14代目)

伝統とは、いまの地点にとどまることを意味しませんが、そのためにも技術の伝承は大事にすべきです。


ピーター・リンチ

【株式投資20の黄金律-その6】株を買うということは子供を養うのと同じで、世話を見ることができなくなるほど持ってはいけない。職業としない限りは、8~12社以上を十分に調査していくことは難しい。ポートフォリオには5銘柄を超えて保有してはいけない。


三池崇史

とんでもない企画のオファーが来た時は、「予算が少ない」「ヒットしなさそう」なんて否定材料ばかり探すのではなく、面白いところを探すようにします。そもそも、この人がなぜこの企画を僕のところに持ってきたのか、こんな低予算でどうやったら完成できると思っているのか。そんなことを考えるだけで面白いじゃないですか(笑)。しかもそういうものに限って、実際やってみると、問題なくできるどころか、意外と大ウケしたりするんです。


川島高之

私自身、妻がフルタイムで働いていたので家事・育児を分担しなければならないイクメンでした。妻の仕事が忙しい時や、出張の時は保育園のお迎えにもよく行っていました。息子の小・中学校のPTA会長、副会長なども計7年務めました。イクメンという言葉すらなかった時代の話です。家族のための時間を増やしている分、時間に制限のない社員と同じ働き方をしていたら、彼らと同じ成果は出せません。だから「仕事時間が非イクメンの60%ならば、成果は彼らと比較して120%は出さなければ差を埋められない」と考えていました。少ない時間で大きな成果を出すにはどうすればいいか、常に自分で試行錯誤してきました。


泉谷しげる

男は、宵越しの体力は持っちゃいけないよ。明日までとっとこうなんて考えんじゃねえぞ、このやろう。一個限界を超えると、自分でも知らなかった力が伸びてくるもんなんだよ。


鬼頭周

新しいビジネスを考えるときに私が強調することは「自分たちのつくってきたものを否定する」ということです。蓄積してきた知恵や労働力を違う領域で活用するためには、そういった考えが必要になると思うのです。


北沢利文

座右の銘は「至誠天に通ず」です。私も、これまで仕事を通じて、いろいろ難しい局面もありましたが、真実が一番強いと感じています。


櫻井英明

原理原則やイロハのイを忘れて奇妙な高等戦術っぽいものに籠絡されてはいけません。その原理原則は「業績の良い会社か悪い会社か」「その企業の未来展望が明確かどうか」「社会の役に立っているかどうか」。解釈は複雑ですが枝葉を切り落としてみれば、幹は一つのはず。世界の株式市場の動向も個別銘柄の推移も様々なお化粧に惑わされてはいけません。綺麗に飾ったって儲からなければ元の木阿弥。そのための審美眼を日々磨いていきましょう。


メンタリストDaiGo

残業しないと終わらない仕事は、残業しても終わらないと考えたほうがいい。残業して仕事が終わるわけがないですよね。一番集中できない夜の時間帯に仕事をするわけですから。全然仕事は進まないし、ネットを見たり、スマホをいじったりといった余計なことに気を取られる時間も増えます。


和田勇(積水ハウス)

不動産開発に取り組むとき、必ず自分の目で「地相」を確認します。その場所に立ち、住む人のことを想像してからでなければ手を出さないと決めています。


岩田松雄

スターバックスの成長を支えているのは、なんと言っても、そのミッションです。


櫻田武(桜田武)

偉い人は死ぬまで夢に向かって挑戦し続けたようだ。私もそうしたい。


大野直竹

各事業部がそれぞれ数千億円位の売り上げを占めるようになると、事業部間の壁が高くなりかねない。それを支店とか支社とか、そういう段階でできるだけその壁を低くして、情報を共有化させるということがすごく大事。


清水信次

私にとっての海図はお客様。いくらいい店をつくろうと、いい商品を置こうと、お客様がつかなくてはつぶれてしまう。


ページの先頭へ