名言DB

9419 人 / 110788 名言

中丸薫の名言

twitter Facebook はてブ

中丸薫のプロフィール

中丸薫、なかまる・かおる。日本の国際政治評論家。中国出身。幼少期に松村正之北京大学教授夫妻に預けられ、山梨県甲府市に移り住む。その後、東京都立小石川高等学校を経て、米国コロンビア大学国際政治学部に進学。コロンビア大学大学院修了で博士号取得。その後、ジャーナリスト、国際政治評論家として活躍。リビアのカダフィ大佐やイラクのサダム・フセイン大統領を始め、様々な人々にインタビューを行った。

中丸薫の名言 一覧

富や名声、権力が人間を幸せにするのではなく、本当の幸せは愛、調和、安らぎに満たされた心から生まれる。


市民からVIPまで、一人一人の心の内側を平和にすることが世界平和を実現する。


人生80年とすると、日数にすると3万日しかない。27歳が1万日、54歳が2万日、80歳で3万日となる。人生を計画に生きないと駄目ですよ。


中丸薫の経歴・略歴

中丸薫、なかまる・かおる。日本の国際政治評論家。中国出身。幼少期に松村正之北京大学教授夫妻に預けられ、山梨県甲府市に移り住む。その後、東京都立小石川高等学校を経て、米国コロンビア大学国際政治学部に進学。コロンビア大学大学院修了で博士号取得。その後、ジャーナリスト、国際政治評論家として活躍。リビアのカダフィ大佐やイラクのサダム・フセイン大統領を始め、様々な人々にインタビューを行った。

他の記事も読んでみる

田原総一朗

世の中は、正解のない問題の方が圧倒的に多い。正解のない問題にどう対処するのか。さらにいうと、自分でどうやって問題を見つけるのか。そこに焦点を当てる教育をして欲しい。


妹尾堅一郎

コモディティ(日用標準品)化する自社製品を他社製品と差別化するために、製品自体を高機能化・多機能化する方法もある。だが、ソリューションの考え方では、ハードとしての製品競争は避けて、サービス・レイヤー(サービスの分野・階層)で競うことがポイントとなる。


山口拓朗

会話では「沈黙」を怖がらないことが肝心です。つまらなそうに見えて実は楽しんでいる、というケースは多いもの。相手はもともと寡黙なタイプで、沈黙を心地よく思っているかもしれません。


勝海舟

世の中は時々刻々変転極まりない。機来たり、機去り、その間実に髪を入れない。こういう世界に処して、万事、小理屈をもって、これに応じようとしてもそれはとても及ばない。


ジャック・ドーシー

スクエアの参入でこれまで手つかずだった層をカード決済に取り込めるようになり、決済業界は変わり始めている。この業界の問題を解決するという目的意識を持って突き進んだ結果、スクエアとい会社自体がムーブメントになっている。


和田裕美

今回、初めて「日めくり」という商品を作りました。メッセージを1つずつ記した紙を31日分綴じたものです。1日1枚ずつめくって、メッセージを読んでいただけたらいいなと思っています。出版社さんにこの企画を打診した時は、「日めくりはあまり売れないんですよね」と渋いお返事でした。けれど、どうしても作りたいという思いがあって、何度も何度も説得して実現に漕ぎ着けました。実は私の回りに、今年、いくつかの大変なことに見舞われて、心を前に向けることができなくなってしまった人がいました。その人を見て、「人は本当に辛い時は、字がたくさん詰まっている本を読む気にはならないかもしれない。ならば、短い言葉で元気が与えられるものを作れないだろうか。日めくりにすれば、毎日1つずつメッセージが目に飛び込んでくるから、きっと読んでもらえるはずだ」と考えたのです。世の中には素晴らしい格言がたくさんありますから、私の言葉を読んで元気になるきっかけに……なんて厚かましいとは思います。でも、私には、話すことと書くことしかできない。だから、思いを込めて作りました。


津田秀晴

最も説得力のあるセールストークというのは、「すごくいい商品だと思うから、ぜひお勧めしたい」という、営業マンの商品への思い入れにあることが多い。つまり、いま一度担当する商品やサービスと向き合い、自分はどこに魅力を感じるか、なぜその魅力を顧客に勧めたいのか、そう考え、言葉にして書き出すのである。すると、あなたならではの商品やサービスへの思い入れが、セールストークに迫力をつけるはずである。


堀江徹

グローバル化時代に日本企業が生き残るためには、各国の優秀な現地人材をいかに登用してダイバーシティ(人種・国籍・性別・年齢を問わない人材活用)なオペレーション(事業・運営)を実現していくかにかかっている。そのためには現地人材を選抜育成するシステムを構築すること、優秀な人材に働いてみたいと思ってもらえるグローバルブランディングが不可欠である。


森川亮

ソニーの通信のカンパニーに入って、トヨタさん、東急さんとブロードバンドサービスのジョイントベンチャーをやったのですが、その会社がうまくいき始めると、本社から退職間際のおじさんが入ってきました。大企業の関連会社は、やっぱりそういうものから逃れられないんですよね。それで、何のしがらみもない真つさらな会社で働きたいと思いまして。
【覚書き|ソニーを退職した理由について語った言葉】


山西健一郎

私も管理職になる前は、あまり教育、育成などということを意識していませんでした。会社は教育機関ではなく、プロフェッショナルの集団として給料をもらうのだから、当然アウトプットのみを出せばいいと考えていました。極端なことをいえば、教育育成してもらいたかったら指導料を払えくらいに思っていました。けれど、それでは組織として最終目的地にたどり着くことができません。