名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

中丸薫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

中丸薫のプロフィール

中丸薫、なかまる・かおる。日本の国際政治評論家。中国出身。幼少期に松村正之北京大学教授夫妻に預けられ、山梨県甲府市に移り住む。その後、東京都立小石川高等学校を経て、米国コロンビア大学国際政治学部に進学。コロンビア大学大学院修了で博士号取得。その後、ジャーナリスト、国際政治評論家として活躍。リビアのカダフィ大佐やイラクのサダム・フセイン大統領を始め、様々な人々にインタビューを行った。

中丸薫の名言 一覧

富や名声、権力が人間を幸せにするのではなく、本当の幸せは愛、調和、安らぎに満たされた心から生まれる。


市民からVIPまで、一人一人の心の内側を平和にすることが世界平和を実現する。


人生80年とすると、日数にすると3万日しかない。27歳が1万日、54歳が2万日、80歳で3万日となる。人生を計画に生きないと駄目ですよ。


中丸薫の経歴・略歴

中丸薫、なかまる・かおる。日本の国際政治評論家。中国出身。幼少期に松村正之北京大学教授夫妻に預けられ、山梨県甲府市に移り住む。その後、東京都立小石川高等学校を経て、米国コロンビア大学国際政治学部に進学。コロンビア大学大学院修了で博士号取得。その後、ジャーナリスト、国際政治評論家として活躍。リビアのカダフィ大佐やイラクのサダム・フセイン大統領を始め、様々な人々にインタビューを行った。

他の記事も読んでみる

常盤百樹

我が社には多種多様な技術者がいます。電機の専門家はもちろん、火力発電では熱や蒸気の専門家、機械の専門家、電圧を変える変電技術者、それに情報通信の専門家もいます。大口のお客様から蒸気や熱をもっと効率的に使いたいという要望があれば、彼ら技術陣を動員して相談に応ずるというコンサル業務を始めました。初年度は34件でしたが、6年後には589件となり、まだ増え続けています。


和田秀樹

時間を仕事だけに使うほうが効率が悪い。時間の使い方で大事なのは、量より質。私が仕事と遊びに目一杯の時間を使えるのは、時間の質を高めようと意識を変えたから。


ジミー・ウェールズ

最高のビジネスは、大量の知識とビジネスプランを持ったMBA取得者によって作られているわけではない。そんなことがあったためしはない。最高のビジネスは、革新的な方法で顧客のニーズに応え、チャンスとアイディアを見い出し、やる必要があると知っている人がいることで機能すると私は考えている。


森川亮

LINEアプリにしても、同様のアプリはそれまでにもありました。新しいものではないからこそ、ユーザーが親しみやすい。ただ、ユーザーのニーズから少しでもズレないように設計しています。だから、大ヒットしたのです。


山下徹

画期的な汎用ツールを作ろうと精鋭を集めましたが、必ずしもうまくいきませんでした。革新は現場が起こすということを痛感しました。でも、ソフトウエアの自動生成を実現させよう、と号令をかけていたことはよかったと思います。そうしなければ、前進はなかったでしょうか。


遠藤信博

営幹部と話し合い、社会にどう貢献できるかを考えています。NECの良さとは何か。1つの答えは、人が豊かに生きるためのインフラをICT(情報通信技術)で提供することです。人が生きるために必要な通信網や社会インフラ、セキュリティーなどを整えていくのが、役割だと考えています。


森川宏平

化学(産業)全体としては、今までもこれからも悪いとは思いません。かつては瞬間的に悪い時期もありましたが、我々の身の回りを見ても、化学という産業が世の中を支えていることがわかります。その意味でも、化学の必要性がなくなることはないでしょう。


米山公啓

自分が興味を持っていることは覚えやすいし、嫌だと思えば覚えにくい。忘れっぽい人は、その対象に関心を持つことから始めるべきです。


平田進也

現場で生の声を聞くことが第一。以前、お客様が「旅行鞄が重い」ともらしたことがありました。それを聞いて、素材メーカーと共同でオリジナル旅行鞄を作ったことがあります。旅行会社だからといって、売るものを旅行に限定しなくてもいい。


梅原勝彦

人員が多いと、もし不況になった時に解雇できなくて苦しむ。また機械がないと迅速に仕事にかかれない。だから儲けたお金は社員にも設備にもちゃんと使いますよ。


林文子

セールスを始めた当初、あるトップ営業マンの書かれた本に「1日100件訪問すべし」と書かれていたのを読んで、すぐに飛び込み訪問を始めました。スマートなやり方ではないかもしれませんが、「飛び込みなんて」と思わずにやったからこそ、「モノを売る秘訣は人間関係なんだ」という、その後のセールスを進めるうえでもっとも重要な気づきを得られたのです。


大河原愛子

当時、母が世間一般と違って珍しかったのは、長女である私にも3人の弟と同じように平等に教育をしてくれたことでした。ですから、私を大学にも行かせてくれたわけです。大学に行って知識を学べば、男性と肩を並べて仕事ができる。それが母の信念でもありました。この信念は母のそれまでの歩みから生まれたものだと思います。母は専業主婦で1日も仕事をしたことがありませんでした。「他人に頼っていては駄目。自分で自分の人生をつくりなさい」。母はいつもこう言っていました。母が自分の弱さを自覚していた証拠かもしれません。自分は社会に出たことがないから外で活躍することはできない、独り立ちできない。そんな自分と同じような立場になって欲しくない――。娘である私に対しては特にそう思ったのでしょう。私が小さい頃から「男の子と同じようなことができる」「何でもできる」と自信を持っていたのは、母から教えられたからだと思います。