中丸薫の名言

中丸薫のプロフィール

中丸薫、なかまる・かおる。日本の国際政治評論家。中国出身。幼少期に松村正之北京大学教授夫妻に預けられ、山梨県甲府市に移り住む。その後、東京都立小石川高等学校を経て、米国コロンビア大学国際政治学部に進学。コロンビア大学大学院修了で博士号取得。その後、ジャーナリスト、国際政治評論家として活躍。リビアのカダフィ大佐やイラクのサダム・フセイン大統領を始め、様々な人々にインタビューを行った。

中丸薫の名言 一覧

富や名声、権力が人間を幸せにするのではなく、本当の幸せは愛、調和、安らぎに満たされた心から生まれる。


市民からVIPまで、一人一人の心の内側を平和にすることが世界平和を実現する。


人生80年とすると、日数にすると3万日しかない。27歳が1万日、54歳が2万日、80歳で3万日となる。人生を計画に生きないと駄目ですよ。


中丸薫の経歴・略歴

中丸薫、なかまる・かおる。日本の国際政治評論家。中国出身。幼少期に松村正之北京大学教授夫妻に預けられ、山梨県甲府市に移り住む。その後、東京都立小石川高等学校を経て、米国コロンビア大学国際政治学部に進学。コロンビア大学大学院修了で博士号取得。その後、ジャーナリスト、国際政治評論家として活躍。リビアのカダフィ大佐やイラクのサダム・フセイン大統領を始め、様々な人々にインタビューを行った。

他の記事も読んでみる

石川康晴

緊張感のある会議では創造性は発揮できない。それよりも立ち飲み屋やカフェのような気楽な雰囲気でミーティングを行うと、いろんな発想が出てくる。


蒲生氏郷

商人などこそ利銭や利潤を第一に考えるのであるが、侍たる者は利銭や利潤などを心にかけてはならぬ。その年の知行や年貢を、来年の6、7月に払ったならば、その秋は1万石にかさむであろう。侍の本分は、武勇のある者を召し抱え置くにある。武勇の誉れさえあったならば、立身疑いなきものである。


矢沢永吉

卒業したら、京に上る。首都に攻めていってスーパースターになる。首都に行かなきゃ、首都!京に上って旗あげないと。広島で旗あげても、なびかないものね。パタパタポロっ。新聞紙の破けちゃうような旗だもの。ところが、首都ではそうじゃない。バタバタバタバタとなびいてくれる。信じてた。


千本倖生

会社は誰がどう経営するかで決まる。もちろんビジネスプランも、周到にきちっとやることが大事ですが、誰がやるかが最も大切。


金児昭

そこ(自分が目指す給料の額や役職)に行き着くまではペコペコしておいた方がいい。少なくとも横柄な態度はよくありません。ペコペコといっても、卑屈にならない範囲で丁寧に接しましょうということです。何といっても、人事権と受け取り給料の査定は上司が握っているということを忘れてはなりません。家計を考えた場合、ビジネスパーソンにとってのお客様、それはお金をくれる上司と会社であると考えることが大切です。


清水勝彦

人の器は決まっているようにも見えますが、経験しながら化けていく、成長していく人もいるわけです。


小路明善

社内メールでは虚礼廃止を徹底しています。資料のアップを知らせるメールに、部下が「社長、お忙しいなか大変申し訳ございません」などと付け加えることはありません。私からのメールも簡潔を旨とします。


中野信子

まずは外面を変えてみるといい。内面は後から変わるんです。


前田修司

オールセコムのシナジーを最大限に活かし、社会システム産業の構築を急ぐ。そして「困ったときはセコム」と言っていただける企業を目指す。


松井忠三

スポーツでも芸術でも、すべてには基本があり、基本の上に創造性がある。基本なくして創造はない。


大坪清

段ボールの生産で15%の廃棄があるとして、これを10%にできれば大きなインパクトがあります。しかし、実現するには、全要素生産性、トータルファクタープロダクティビティで考えていかないと実現できません。そうしていくと、生産性が上がる、ロスも減る、結果として労働時間も減っていくということが起きる。今話題の働き方改革も、全要素生産性で考えないとうまくいかないでしょうね。


伊藤謙介

経営理念はただ掲げているだけでなく、リーダーがことあるごとに語り続けなければ受け継がれていきません。


ピーター・ドラッカー

実践なき理論は空虚であり、理論なき実践は無謀である。


田岡信夫

人間は考えることがあまりにも多くなると、かえって単純労働に逃避するものである。


田代隼朗

職人の世界は厳しく、例えば日本料理では20年修業して初めて板場に立て、その後の給料も十分とはいえず、独立できる人が少ないのが現状です。他業態も含め、そうした腕のある職人が活躍できる環境を整え、チャンスを与えることが当社の使命だと考えています。


ページの先頭へ