名言DB

9429 人 / 110879 名言

並河萬里の名言

twitter Facebook はてブ

並河萬里のプロフィール

並河萬里、なみかわ・ばんり。日本の写真家。日本大学写真科卒、世界中の遺跡写真を撮り続けた。

並河萬里の名言 一覧

いまの日本社会や人々には一途さがたりないような感じがします。どうも最初から逃げ道を用意しているような傾向がある。いつも前進を考え、全力を尽くすことが一番大切なんだと思います。


並河萬里の経歴・略歴

並河萬里、なみかわ・ばんり。日本の写真家。日本大学写真科卒、世界中の遺跡写真を撮り続けた。

他の記事も読んでみる

藤沢武夫

流通の管が細ければ、問屋の方は儲かります。品不足という状況ならば、販売の方は努力しなくても金が入ってくる。ところが、それではメーカーは飛躍できません。売る努力をさせなければいけない。そのためには、ルートをたくさんつくって、競争原理を導入しなければならない。そうしない限り、どんな大きな夢を持ち、それが実現しかけても、流通の管がネックになってしまう。


林望

意識して「こう自分の人生を組み立てていくんだ」という合理性を持たないといけません。お金の使い方でも「これはまずい」と思ったら、改めるに躊躇することなかれです。まず行動してください。


岸田周三

古典的な技法の中にヒントを見つけるということは少なくない。


小川直也

プロレスに元気がないのは時代の変化に対応できていないからです。プロレスはいま、総合格闘技とは違う独自の魅力を生み出さなきゃいけない変革期にあるんです。それなのに、変わろうとしない奴が多すぎる。変わるということは、自分のこれまでのプロレス観を否定しなきゃいけないということですからね。


竹内一郎

近年、「見た目重視」の傾向がより強まっているのを感じます。「人は見た目で判断してはならない」という建前に対して、「やっぱり人は見た目に左右される」という本音が表に出てきた、ということでしょう。


石川善樹

普段の仕事で、ゾーン状態を要求されることは多くないはず。それより不調の状態を減らして全体を底上げしたほうが、長期的強パフォーマンスは高まります。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

社内の勢力地図の中だけで自分の未来像を描き、上司の顔色ばかりうかがっているヤツは必ず潰れていく。


上條努

読書は頭の中の選択肢を増やすためのひとつの方法なんです。考えるための糧はできるだけたくさん持っていた方がいいわけで、社内でも「ブックチャレンジ制度」という形で、社員への読書推奨システムを導入しています。自由参加で、各人がテーマと冊数を決め、達成したら図書券をプレゼントする制度です。


高城幸司

飲みニケーションの最大のメリットは本音で話せることです。しかし、ただ飲みに誘えば本音を聞けるわけではありません。何気ないことのように思えるかもしれませんが、飲みに行くきっかけ作りが重要。今の上司世代が若かった頃は、上司が誘ったら、部下は有無を言わさず連れて行かれたことでしょう。しかし、今の若い人には「なぜ、この人と飲みに行くのか」が納得できる理由が必要なのです。


韓昌祐

若い者に負けるもんか、という気持ちは持っていますが、歳には勝てません。記憶力とか企画力とか弱まってきています。ですから、最近は「こうしよう、ああしよう」とまず若手ぞろいの役員に提案させる形にしています。その上でそれぞれを、僕の経験を基にマルかバツを決めるように変えました。
【覚書き|76歳のころの発言】